国際特許分類[G01N30/60]の内容

国際特許分類[G01N30/60]に分類される特許

51 - 60 / 342


カラム管と、カラム管内で複数の縦方向の位置に位置付けられ得るプランジャーを有する1以上の調節可能なアダプターアセンブリとを含むクロマトグラフィーカラムであって、ピストンがねじ山によって配置されたねじ山付きピストンロッドの端部に配置され、前記ねじ山は回転可能なエンドキャップと係合して、エンドキャップを回すことによってピストンの縦方向の移動を可能にし、アダプターアセンブリがエンドキャップの回転に応じたプランジャーロッドの回転を防ぐように構成された回転防止手段を含む。 (もっと読む)


【課題】繰り返し使用が可能な中圧液体クロマトグラフィー用カラムを提供する。
【解決手段】円筒状の室を形成する樹脂製の透明又は半透明の直胴部1と、直胴部1の一端に連設され、前記室の一端と外部とを連結する、前記室よりも小さい径の通路を有する先端部2と、通液性を有し、前記室内に充填剤が充填されたときに形成される充填層の一端及び他端に配置されて、充填剤の漏れを防止するための一対のフィルタ3、4と、前記室の他端を着脱自在に塞ぐ栓5とを有する中圧液体クロマトグラフィー用カラムにおいて、直胴部1をフッ素系樹脂で形成し、フィルタ4の前記室の他端方向への移動を規制する部材を設ける。 (もっと読む)


分離又は反応ユニット(1;1’;81;81’;101)、及び、そのようなユニットを無菌的に接続するための方法。この分離又は反応ユニット(1;1’;81;81’;101)は、1以上の流体入口(3a、3b、5a、5b;3a’、3b’、5a’、5b’;85a、85b;103a、103b)及び1以上の流体出口(3a、3b、5a、5b;3a’、3b’、5a’、5b’;85a、85b;103a、103b)を有する。入口又は出口の1以上は1以上のフィルム((7、9;11;87a、87b;107a、107b)で封止され、フィルムと分離又は反応ユニットとの間の接触表面が無菌状態となる。これらのフィルムは、別の分離又は反応ユニット上或いは分離又は反応ユニットが接続される流体分配ユニット(20;57;61)上の、対応するフィルムと対合するように適合され、上記の対合するフィルムが、対合後に2つずつ共に引き出されるように適合され、その結果、2つの接続されたユニットの対応する流体入口/出口が無菌的に接続される。 (もっと読む)


本発明は、ポリオレフィンポリマーの溶液を、液体クロマトグラフィー固定相を流れる液体に導入する工程(該液体クロマトグラフィー固定相はグラファイトカーボンを含む)を含み、該液体クロマトグラフィー固定相から現れる該ポリオレフィンポリマーが、0よりも大きい保持係数を有し、該液体クロマトグラフィー固定相に導入された該溶液が、温度勾配に供される、かつ/又は該溶液が溶媒勾配に供される、ポリオレフィンポリマーの一次元クロマトグラフィーのための方法を提供する。本発明はまた、ポリオレフィンポリマーの溶液を、第1の液体クロマトグラフィー固定相又はフィールドフロー分画装置を流れる液体に導入する工程と、及びその後に該溶液を第2の液体クロマトグラフィー固定相に流す工程(該第2の液体クロマトグラフィー固定相はグラファイトカーボンを含む)とを含み、該液体クロマトグラフィー固定相から現れる該ポリオレフィンポリマーが、0よりも大きい保持係数を有する、ポリオレフィンポリマーの多次元クロマトグラフィーのための方法も提供する。本発明はまた、液体クロマトグラフィー固定相を含むポリオレフィンポリマークロマトグラフィーのための機器を提供し、液体クロマトグラフィー固定相は、グラファイトカーボン及び少なくとも1つの不活性充填剤を含む。 (もっと読む)


【課題】PCB類を含む油性液体から分析結果に影響するような成分が除去されたPCB類が含まれる被分析液を抽出する前処理が短時間で行える被分析液抽出装置の提供。
【解決手段】精製カラム11内に供給されたPCB類が含まれる採取液Aを加熱して、PCB類以外の成分を精製カラム11内の第1充填剤11bと第2充填剤11cで捕捉する。常温に冷却された精製カラム11内に第1溶媒Bを供給して、精製カラム11内に捕捉されたPCB類を溶解して、精製カラム11から濃縮カラム12に供給する。精製カラム11から分離した濃縮カラム12を上下反転した後、PCB類が溶解した第1溶媒Bを濃縮カラム12内の第3充填剤12aに捕捉して乾燥させる。濃縮カラム12内に供給される第2溶媒Cで第3充填剤12aに捕捉されたPCB類を溶解して、PCB類が含まれる被分析液Dを抽出する。 (もっと読む)


本発明は、乾燥膨潤性粒子から出発して高効率のクロマトグラフィーカラムの充填方法、並びにその方法で充填されたカラム及びそのカラムの生体分子の分離における使用を提供する。本充填方法では、カラムチャンバー体積の約105〜120%の液体膨潤体積を与えるのに充分な量の乾燥膨潤性粒子をカラムに移し、カラムを閉じ、液体をカラムに供給する。 (もっと読む)


本発明は、クロマトグラフィー媒体用の容器又はバッグ及びかかる容器を使用してクロマトグラフィーカラムを充填する方法に関する。このバッグは、クロマトグラフィー媒体を保存及び/又は輸送するのに使用し得、使用の準備が整ったクロマトグラフィーカラムのチャンバーに直接挿入することができる。 (もっと読む)


分解のためにホイスト又はクレーンを使用することを必要としない、クロマトグラフィーカラムの保守方法が説明される。この方法は、カラム内の懸吊されている又は支持されている荷重の下で操作者が作業することの必要性を減らすことにより、操作者の安全を向上させる。カラムに可逆的に取り付けられ得るガイド要素を準備することにより、カラム構成要素を取り外すこと及び挿入することが容易になる。 (もっと読む)


【課題】機械的強度及び熱伝導性が向上した、液体クロマトグラフ用樹脂製カラム管を提供する。
【解決手段】ポリエーテルエーテルケトンに代表されるエンジニアリングプラスチック等の樹脂製の液体クロマトグラフ用カラム管の外表面を、厚さが50から3000μm程度の一種類以上の金属種の膜で被覆することにより、当該カラム管の機械的強度と熱伝導性を向上する。 (もっと読む)


【課題】被検液に含まれて分析に用いられる分析対象物を効率よく捕集することができる分析チップ及びこの分析チップの使用方法を提供する。
【解決手段】分析チップ1では、被検液を吸収した状態で吸収体31が、本体部10における凹部11の吸収体収容領域11Aに収容されて、分析チップ1の外部から吸収体31を押圧することで被検液に含まれる分析対象物よりも孔径が小さいフィルタ部材33を被検液が通過し、この分析対象物がフィルタ部材33により捕集される。したがって、被検液が少量であって分析対象物の濃度が低い場合であっても、分析対象物がフィルタ部材33により効率よく捕集できる。また、このように分析対象物を効率よく捕集した後にこの分析対象物に係る分析を行うことができるため、高い精度で分析をすることが可能となる。 (もっと読む)


51 - 60 / 342