説明

倉敷紡績株式会社により出願された特許

201 - 210 / 296


【課題】被覆層と芯材との十分な接着性を有し、しかも生産性に優れた一体押出成形体および建築用部材を提供する。
【解決手段】アルミニウム製芯材1の外表面における周方向の一部または全部に、該芯材の長手方向に沿って合成樹脂からなる少なくとも2層以上の被覆層2が形成されてなり、被覆層2は、芯材と接触する合成樹脂層がポリエステル系樹脂層であり、芯材は、少なくとも被覆層形成領域において封孔処理を伴わないアルマイト処理が施されている一体押出成形体および該一体押出成形体からなる建築用部材。 (もっと読む)


【課題】吸音性能を維持しつつ、耐久性の改善を図りながら軽量化することが可能なタイヤ騒音低減装置及び空気入りタイヤを提供する。
【解決手段】タイヤ空洞部15に面したタイヤ内面14に装着される、軟質ポリウレタンフォームからなる吸音材3を備えたタイヤ騒音低減装置1Aである。吸音材3が、タイヤ内面側に配置した第1吸音層3Aと、第1吸音層3Aの反タイヤ内面側に積層した第2吸音層3Bとから構成されている。第1吸音層3Aの単位密度(kg/m3 )当たりの引裂強さ(N/cm)が0.30以上であり、かつ第2吸音層3Bの密度が第1吸音層3Aの密度より低くなっている。 (もっと読む)


【課題】スライドガラスに対する薄切片の新規な貼り付け手法を採用した薄切片試料作製装置を提供する。
【解決手段】前記キャリアテープの走行軌道に対して交差する方向に延在する第1搬送部10と、前記接着液をスライドガラス22の所定位置に塗布する接着液塗布部11と、薄切片がスライドガラスの貼着位置に位置あわせし、キャリアテープとスライドガラスとを接触させることによって薄切片をスライドガラスに貼り付ける薄切片貼付部12と、第1搬送部10によって搬送されたスライドガラスを前記第1搬送部の搬送方向と逆方向に搬送する第2搬送部13と、第2搬送部を搬送されたスライドガラスを再び第1搬送部に供給する再搬送部14と、前記第2搬送部を搬送されたスライドガラスを装置外部へ搬出する搬出部15と、前記再搬送部または搬出部に供給するかを切り換える切換部16とを備える。 (もっと読む)


【課題】薄切片試料を自動的且つ連続的に作製可能にするとともに、薄切片試料に求められる精度を維持しつつ、作業者の負担を軽減することができる薄切片試料作製方法及び装置を提供する。
【解決手段】試料ブロック搬送部とカッターとを相対的に移動させることにより薄切片試料を作製し、試料ブロックの切断表面が薄切可能位置に位置するように試料ブロックの高さ位置を調整させる薄切り動作を連続して行う際に、予め設定された回数の薄切り動作が完了する毎に、高さ位置調整後の試料ブロックに最初に当接するカッターの刃先の当接領域が逐次変更されるようにカッターを移動させたのち、変更後のカッターの刃先の高さ位置を検出部により測定し、検出部の測定情報に基づいて、上記薄切可能位置を補正して、上記薄切り動作を再開する。 (もっと読む)


【課題】試料ブロックの欠損などをおこすことなく、また、衛生上問題のない試料ブロックの面出し方法を提供する。
【解決手段】Y軸方向に配置され幅を有する光を射出する投光部61及び受光部62を有するラインセンサ60を備える薄切片試料作製装置100において、試料ブロック20の搬送方向略中間位置が前記ラインセンサ60の設置位置になるように試料ブロック20を搬送させ、Y軸方向に前記試料ブロック20を傾斜させながらラインセンサ60の受光量を検出し、当該受光量が最大になった時にY軸方向傾斜角を固定し、試料ブロック20を所定量前後するように搬送させて、それぞれの位置における前記ラインセンサの受光量を検出し、ラインセンサの受光量の情報に基づいて、前記試料ブロック20のX軸方向傾斜角を算出する。 (もっと読む)


【課題】外装化粧材と軒天との施工順序が不問となり、外装化粧材を施工した後であっても、軒天の取り付け又は取り外しを容易に行うことができる外装化粧材の提供を目的とする。
【解決手段】 軒を構成する木下地120の外側面及び軒天130の端縁部を覆い隠すための外装化粧材1であって、木下地120の外側面を覆い隠す略板状の化粧材本体10と、軒天130の端縁部を覆い隠す略板状の見切り材20とを備え、少なくとも、化粧材本体10の下端側に、木下地120に接合された軒天130と干渉しない係合部11を設け、この係合部11によって、化粧材本体10と見切り材20とを着脱可能に取り付けた構成としてある。 (もっと読む)


【課題】 外部から視認可能な外装化粧材の外面から直接ビス固定をすることなく、取付後の外装化粧材のデザイン性を確保でき、取付部材を用いて建物躯体に外装化粧材を確実に装着できる外装化粧材の取付構造を提供する。
【解決手段】 第1化粧材と第2化粧材とを含む建築用外装化粧材を備え、第1化粧材が所定位置に取り付けられるとき、第2化粧材が第1化粧材により建物躯体に押圧され固定される建築用外装化粧材の取付構造を提供する。 (もっと読む)


【課題】ビスホール部を有していても成形体の厚みを比較的小さく設定できる一体押出成形体および建築用部材を提供する。
【解決手段】中実な芯材本体1および該芯材本体1の長手方向に沿って芯材本体1に固定・配置された筒状ビスホール部2bからなるアルミ製芯材が、少なくとも1層の合成樹脂層からなる被覆層3を有してなり、芯材と接触する合成樹脂層が発泡合成樹脂層31であることを特徴とする一体押出成形体、および該一体押出成形体からなる建築用部材。 (もっと読む)


【課題】 製造時およびリサイクル時において環境負荷の極めて低い真空断熱材であって、取扱い性および作業性に優れ、また長期にわたって良好な断熱性を維持する真空断熱材を提供すること。
【解決手段】 少なくとも芯材と該芯材を収納し内部を減圧状態に維持できる外包材とを備えてなり、前記芯材は、繊維太さ1〜6デニールのポリエチレンテレフタレート繊維を50重量%以上含有する繊維集合体をシート状に加工してなり、密度が150〜300Kg/mであることを特徴とする、外包材に芯材を充填しその内部を減圧して密封した真空断熱材。 (もっと読む)


【課題】使用後、水切りが良く、手で振る程度で容易に乾いた状態にでき、また細菌の繁殖を抑えることのできる衛生的な清浄具を提供する。
【解決手段】少なくても原料として疎水性ポリオールあるいは非疎水性ポリオールと実質的に炭化水素である化合物、いずれかの原料から製造してなる疎水性ポリウレタンフォームであって、発泡後ポリウレタンフォームの気泡膜を後処理法により取り除いた膜無し疎水性ポリウレタン清浄具。 (もっと読む)


201 - 210 / 296