説明

株式会社大真空により出願された特許

71 - 80 / 312


【課題】接合応力が強い導電性バンプ73を用いた場合であっても、接合応力が振動領域52に伝わるのを抑制する。
【解決手段】水晶振動片2では、主面22,23が略矩形に形成された基板21に、一対の励振電極61,62が形成されて振動領域52が構成された振動部51と、外部と接合する一対の端子電極63,64が形成された接合部53とが一体的に設けられている。一対の端子電極63,64にはそれぞれ導電性バンプ73が形成され、一対の端子電極63,64は、一対の励振電極61,62にそれぞれ電気的に接続されている。また、水晶振動片2には、一対の端子電極63,64を導電性バンプ73を介してベース3の電極パッド36,37に接合する際に基板21に生じる接合応力が振動領域52に伝わるのを遮断する切り欠き部81が、振動部51と接合部53との間に設けられている。 (もっと読む)


【課題】 超小型化した場合でも、圧電振動素子の保持並びに気密封止を確実に行うことのできる新規なチップ型の圧電振動デバイスを提供することを目的とする。
【解決手段】 水晶振動板1の表裏主面の中央領域には各々励振電極111,112が形成されている。各励振電極は長方形状であり、水晶振動板を介して対向して形成され、また各励振電極とつながる引出電極111a,121aが形成されている。水晶振動板11の表裏主面には端子体12,13が接続されている。端子体12,13は直方体ブロック状であり、水晶あるいはセラミックス等の絶縁体で構成されている。前記端子体の接合面121,131にはキャビティCが設けられている。 (もっと読む)


【課題】バンプ高さ寸法やバンプ形状のバラツキを抑える。
【解決手段】水晶振動片2では、主面22,23が略矩形に形成された基板21に、一対の励振電極61,62が形成されて振動領域52が構成された振動部51と、ベース3の電極パッド36,37と接合する一対の端子電極63,64が形成された接合部53とが一体的に設けられている。一対の端子電極63,64にはそれぞれ導電性バンプ7373が形成され、一対の端子電極63,64は、一対の励振電極61,62にそれぞれ電気的に接続されている。一対の端子電極63,64が形成された位置の基板21が、凸状のポスト部71に成形されている。 (もっと読む)


【課題】 圧電振動片の傾きによる不具合をなくしたより信頼性の高い表面実装型圧電発振器を提供することにある。
【解決手段】 矩形状で励振電極が形成された圧電振動片と電子部品3と、外壁部と開口部と内部収納部が形成されたベース4と、前記ベースの開口部を覆う蓋とを有し、ベースの開口部に蓋を被せて気密封止してなる圧電発振器1であって、
前記ベースには、収納部と前記圧電振動片が搭載される絶縁性の保持台42とを有し、
前記保持台には、前記圧電振動片と接合される電極パッド51,52と、前記圧電振動片の一部の辺と重畳される絶縁性の補助保持部が形成され、
前記補助保持部には、前記圧電振動片の励振電極が接触しない接触回避部が形成されている。 (もっと読む)


【課題】 圧電振動素子の保持並びに気密封止を確実に行うことのできる新規なチップ型の圧電振動デバイスを提供する。
【解決手段】 圧電振動デバイスは平面視矩形状の枠体付き圧電振動板1と枠体付き圧電振動板を搭載する平面視矩形状の端子板3と、前記枠体内を被覆するフタ体2とで構成されている。枠体付き圧電振動板1は音叉型水晶振動板11を有し、その周囲に帯状の枠部が周状に形成された枠体12が形成された構成である。端子板3は基材がホウケイ酸ガラス等のガラス材からなり、平面視矩形状で薄肉部30と厚肉部31,32を有する構成である。端子板3上に枠体付き圧電振動板1が接合され、その上面にフタ体2が接合されている。端子板3と枠体付き圧電振動板1の枠体12が接合用の低融点ガラス材により気密接合され、またフタ体2も前記枠体12に接合用の低融点ガラス材により気密接合されている。 (もっと読む)


【課題】 耐熱性および気密性に優れた鉛フリー対応した電子部品用ベースおよび圧電振動子を提供する。
【解決手段】
電子部品用のベース1は、金属製のシェル10と、当該シェル内に充填された絶縁ガラス13と、当該絶縁ガラス13に貫通固定されたリード端子11、12とからなる。シェルの基体表面およびリード端子の基体表面には、それぞれCu層からなる下地金属層102が形成され、その上面にはSn−Cu層103が形成されている。Sn−Cu層103はCu6Sn5領域103aとSn領域103bを有している。このような電子部品用ベース1のリード端子のインナー側11a,12aには電子素子である音叉型水晶振動子片2が電気的機械的に接合され、ベースに対してキャップを圧入して気密封止する。 (もっと読む)


【課題】ウエハへの研磨の際、安定したウエハの研磨を行うだけではなく、ウエハの研磨精度も高める。
【解決手段】研磨装置1は、対向配置された上定盤13と下定盤11の定盤間にウエハ5を配して上定盤13と下定盤11とでウエハ5を挟持し、上定盤13によってウエハ5に荷重をかけ、下定盤11を回転させることによりウエハ5を回転させてウエハ5を研磨する。この研磨装置1では、ウエハ5への研磨時間あるいはウエハの累積回転をパラメータとして、上定盤13のウエハ5への荷重と下定盤11の回転数とを可変制御し、かつ、上定盤13のウエハ5への荷重と下定盤11の回転数とを同期制御する制御部4が設けられる。 (もっと読む)


【課題】恒温槽型圧電発振器の本体筐体の低背化を行うこと、及び製造コストを低く抑えることができる恒温槽型圧電発振器を提供する。
【解決手段】恒温槽型圧電発振器1に、圧電振動子2と、圧電振動子2を発振子とした発振回路3を構成する発振部31と、圧電振動子2を所定温度に保つ恒温槽5とが設けられ、圧電振動子2と発振部31とは基板6の一主面60に配されている。また、基板6の内部に圧電振動子2を所定温度に保つ恒温部51が設けられ、基板6の一主面60に圧電振動子2と発振部31とを封止する金属ケース52が設けられている。恒温槽5は恒温部51と金属ケース52とによって構成される。 (もっと読む)


【課題】 ケースから光学デバイスを取り出す際の作業性を高めながら、ケース内部の光学デバイスの保持力を高めて搬送中に生じる振動にも対応でき、ゴミの発生やケースからの脱落もなくすことができる光学デバイスの品質を低下させない収納容器を提供する。
【解決手段】 光学デバイス3を収納する収納凹部を有するケース1と、当該ケースの収納凹部を被覆する被覆部を有するフタ2とからなる光学デバイスの収納容器であって、ケースの収納凹部11、あるいはフタの被覆部21のうち少なくとも一方には、光学デバイス3を保持する緩衝材212を有しており、当該緩衝材212は光学デバイスの接触面に粘着剤が形成されず、かつ光学デバイスの端面形状への追従性の高い発泡材料であり、光学デバイス3が緩衝材212を介して第1ケースと第2ケースの間に挟持されてなる。 (もっと読む)


【課題】リードタイプの電子部品を配線基板に実装する際の熱によって電子部品の電気的な特性が劣化してしまうことを防止できるリードタイプの電子部品及びリードフレームを提供する。
【解決手段】隣接して配されたパッド部7、パッド部8及びパッド部9と、パッド部7、パッド部8及びパッド部9からそれぞれ同一方向に延設されたリード端子1、リード端子2及びリード端子3とを備えており、リード端子1、リード端子2及びリード端子3は、隣り合うリード端子間のピッチが狭い狭ピッチ部位(図中、領域D1で示す部位)と、隣り合うリード端子間のピッチが広い広ピッチ部位(図中、領域D3で示す部位)とをそれぞれ備え、前記狭ピッチ部位は、前記広ピッチ部位よりもパッド部7、パッド部8及びパッド部9側に配され、リード端子1、リード端子2及びリード端子3のうちの少なくとも1つのリード端子は、前記広ピッチ部位に第1突出片12,12を備えた。 (もっと読む)


71 - 80 / 312