説明

埼玉日本電気株式会社により出願された特許

1,001 - 1,010 / 1,228


【課題】 2つの結像用のレンズを有するものであっても、撮像素子の厚さ方向にコンパクトに構成され、いずれのレンズで結像させても鮮明な画像を得ることができ、モジュール外に反射板等を設ける必要がないようにする。
【解決手段】 チップ状に形成され一面が受光面206aをなし他面が基板220に接続される撮像素子206と、撮像素子206の受光面206aに臨むよう配され受光面206aに被写体像を結像させるための第1レンズ204と、第1レンズ204と光の入射経路が異なるよう配され撮像素子206の受光面206aに被写体像を結像させるための第2レンズ202と、第1レンズ204の入射経路上に位置し第2レンズ202から入射した光を撮像素子206へ向けて反射させる反射板208と、を備え、反射板208は第1レンズ204の入射経路から退去自在に構成される。 (もっと読む)


【課題】非接触ICカード機能を備えた携帯情報端末機器において、傾斜センサを内蔵させ、使用者が意図したタイミングでのみ非接触ICカード機能が有効となるように動作を制限する。
【解決手段】非接触ICカード機能部20を備えた携帯情報端末機器1において、傾斜センサ16がこの端末機器の傾き角度を検出し、制御部11は傾斜センサ16の検出角度が所定範囲角度外のときに非接触ICカード機能部20による外部からの情報の読み取りを禁止する。 (もっと読む)


【課題】複雑に入り組んだ装置に部品を組み込んだ場合でも、容易に引き剥がすことができる保護シール及び物品の実装方法の提供。
【解決手段】保護シール1を、保護対象物6の保護面と略等しい形状の保護部2aと該保護部2aから突出する少なくとも1つの突出部2bとを備える保護層2と、保護層2の裏面側の保護部2aの少なくとも一部に配設される粘着層3と、保護層の表面側の突出部2bの基部に配設される、熱収縮性又は光収縮性を有する収縮層4とで構成し、保護対象物6に予め保護シール1を貼り付け、該部品を装置に組み込んだ後に熱又は光を印加することによって、収縮層4を収縮させて突出部2bを起立させる。これにより、複雑に入り組んだ装置に部品を組み込んだ場合でも、該部品から保護シール1を容易に引き剥がすことができ、製造時間を短縮して装置の低コスト化を実現することができる。 (もっと読む)


【課題】1つの名前で登録されている同じ種別の情報が複数ある相手に発呼する際に、無駄な発呼を減らす手段を提供する。
【解決手段】電話帳を呼び出し、表示部に表示された電話番号を選択し、発信操作が行われると、電話帳に同じ名前をもつ異なる携帯電話番号があるかどうか検索され、同じ名前をもつ異なる携帯電話番号がない場合には、そのまま発信処理を継続する。検索の結果、同じ名前をもつ異なる携帯電話番号がある場合には、選択された電話番号と一緒に登録されている前回の発信日を参照し、発信しようとしている電話番号の前回の発信日から予め設定した所定期間以上経過しているか確認し、経過していない場合には、そのまま発信処理を継続する一方、予め設定した所定期間以上経過している場合には、発信処理を中止して、その旨を表示部に表示して伝える。 (もっと読む)


【課題】小型・軽量で、低消費電力で、低騒音な屋外用通信機器用の空冷熱交換器を提供する。
【解決手段】内部ファン用出口シャッタ56、外部ファン用入口シャッタ57、外部ファン用第1の出口シャッタ58、外部ファン用第2の出口シャッタ59、筐体内の温度を検知する温度検出器61、およびファンおよびシャッタを制御する制御部62を設け、通常の運転においては内部ファン用出口シャッタ56と外部ファン用第2の出口シャッタ59を閉じて熱交換部53による熱交換のみを行ない、高温時には内部ファン用出口シャッタ56と外部ファン用第2の出口シャッタ59を開いて外気を屋外通信機器64の筐体内に導入し、低温時にはすべてのシャッタを閉じ、外部ファン52を停止させて熱交換部53による放熱を中止し、検出温度に対応して内部ファン51および外部ファン52の回転数制御を行う。 (もっと読む)


【課題】 TV電話着信時に、ユーザがこの着信に応答することができない場合に、ユーザに対して何等の操作を要求することなく相手方にその旨を通知することができるようにしたTV電話機を提供する。
【解決手段】 TV電話着信の際に、制御部103のCPU104は、現在時刻が、メモリ105内のスケジュールに予定が登録されている日時に相当するかどうかを調べ、相当する場合には、TV電話着信動作を行うことなく、自動的に相手方へその旨通知するようにする。よって、ユーザに対して特別の操作を要求することがない。 (もっと読む)


【課題】 ブラシとコミュテータとの摩擦によって発生した摩耗粉を除去することができるブラシ付きモータを提供する。
【解決手段】 セグメント間の溝の底面に接するように、溝の長手方向に移動する摩耗粉除去素子を備える。各セグメントには、他のセグメントに向かい合う面に、セグメント間の溝の長手方向に第2の溝が設けられ、摩耗粉除去素子には、第2の溝に嵌合する凸部が設けられている。また、セグメント間の溝の底面に、溝の長手方向に第2の溝が設けられ、摩耗粉除去素子には、第2の溝に嵌合する凸部が設けられていてもよい。そのように構成すると、摩耗粉除去素子はセグメント間の底面に沿って移動し、摩耗粉を除去する。 (もっと読む)


【課題】 従来の情報配信システムには、ユーザの利便性の面で、一層の向上の余地がある。
【解決手段】 情報配信システム1は、基地局30を介して互いに接続される移動体通信端末10および情報配信サーバ20を備えている。移動体通信端末10は、記憶部100、決定部101、判断部102、送信部103、受信部104、GPS測位部105、選択部106、および選択命令部107を有している。情報配信サーバ20は、記憶部200、受信部201、選択部202および送信部203を有している。送信部103は、記憶部100に記憶された自動受信設定情報が自動受信する旨を示しており、且つ判断部102により不一致と判断された場合に、記憶部100に記憶された受信希望情報と最新の地域識別情報とを含む情報配信要求を情報配信サーバ20に送信する端末側送信手段である。 (もっと読む)


【課題】スケジュールの確認に要する操作を簡単にして使用者の負担を軽減することができる携帯端末装置及びスケジュール管理方法の提供。
【解決手段】携帯端末装置に、スケジュール管理機能を起動させるための特定キー10を含むキー操作部3と、キー操作部で入力されたスケジュールデータを記憶するメモリ1と、時計機能を備える時計部11と、スケジュールデータを音声信号に変換する音声変換部4と、変換された音声信号を増幅して出力するオーディオ部9及びスピーカ5と、各種手段の制御を行う制御部2とを設け、特定キー10が押下されると、制御部2はメモリ1に記憶されたスケジュールデータの中から時計部11で取得した現在の時刻直後のスケジュールデータを特定し、音声変換部4は特定されたスケジュールデータを音声信号に変換し、オーディオ部9及びスピーカ5は音声信号を音声として出力する。 (もっと読む)


【課題】 レギュレータ回路の保護機能が動作するタイミングを、レギュレータ回路等の状態に応じて変化させることができない。
【解決手段】 異なる短絡電流値が設定された複数の短絡保護回路32と、異なる最大出力電流値が設定された複数の最大出力電流制御回路31とを備える。そして、回路選択部30が、レギュレータ回路15や機器20の状態に応じて、電流制限回路16として用いる短絡保護回路と最大出力電流制御回路とを選択して、切り替える。 (もっと読む)


1,001 - 1,010 / 1,228