説明

日立エンジニアリング株式会社により出願された特許

11 - 20 / 134


【課題】端末装置での電源オン後の操作を禁止したい操作制限期間中は、端末装置の入力手段からの操作を制限し、利用者の悪戯を防止できる操作制御付端末装置を提供する。
【解決手段】オペレーティングシステムやアプリケーションプログラム等を保有するコンピュータ2と、このコンピュータ2に接続されて利用者への提供情報を表示する表示手段3と、コンピュータに接続されて利用者が操作する入力手段4で端末装置1を構成する。であって、前記コンピュータ2と入力手段4との間に、入力手段4からの入力操作の制限制御を行う操作制御手段10を介在させて構成している。操作制御手段10は、信号2cの通過を制御する信号遮断スイッチ12と、コンピュータ2からの指令信号2bによって信号遮断スイッチ12の切り替えを制御する切り替え処理部11を備えている。 (もっと読む)









【課題】分散型計算機制御システムの保守作業の訓練を行う際に、ヒューマンエラーに起因した障害に関する訓練を行うことができ、ヒューマンエラー防止のためのガイダンスを作成できる、保守作業訓練システムを提供する。
【解決手段】訓練者の操作を受け付けるマンマシン処理部12と、プラント機器の操作に対する応動を模擬するプラント状態模擬処理部13と、計算機や計算機に接続する装置の運転モード変更操作に対する応動を模擬する装置動作模擬処理部14と、ヒューマンエラーに起因する障害を模擬的に発生させる模擬障害発生処理部15と、訓練結果を評価し、ガイダンスを作成する訓練結果評価処理部17とを備えた。 (もっと読む)



11 - 20 / 134