Fターム[2E141DD03]の内容

テント・膜構造 (3,144) | フレーム、支柱、ケーブル (929) | 素材 (191) | 合成樹脂 (59)

Fターム[2E141DD03]に分類される特許

41 - 59 / 59


【課題】より正確な折りたたみ可能な正4面体サーフィスモデルを構成する。
【解決手段】
不等辺三角形以外の合同な4つの三角形からなる4面体を構成するにあたり、少なくとも2組以上の平行な外形線をもつ合同な多角形板ユニット30,31の各々において、一組の平行な外形線の各中点を結ぶ垂直線を該4面体の一つの稜線に等しい長さをもつ第1の折線11とし、該各中点と隣り合う外形線の中点とを相互に結ぶ該稜線の2分の1に等しい長さの線分2本ずつを第2の折線12とし、第1の折線11で該一組の平行な外形線を左右対称に折り曲げて相互に可撓的に結合させ、すべての該第2の折線12を第1の折線11と同一方向に折り曲げた後に、該一組の平行な外形線以外の外形線からなる開閉可能な開口部を形成し、該多角形板ユニット30,31の該開口部の外周を相互に完全に一致させて、最終的に折りたたみ可能な4面体サーフィスモデルを構成する。 (もっと読む)


【課題】ゴム引布又はプラスチック引布からなり、容易に製造することができ、強度が大きい膨張式剛性気柱を提供する。
【解決手段】細長い帯状の引布の側縁を接着して形成された管状体3〜8個を側縁を積層して重ね合わせ、積層された側縁において縫製することにより一体化してなることを特徴とする膨張式剛性気柱、及び、細長い帯状の引布の側縁を接着して形成された垂直管状体4個と水平管状体4個を、垂直管状体の側縁と水平管状体の末端を一致させて交互にL字形に重ね合わせ、垂直管状体の側縁において縫製することにより一体化してなることを特徴とする膨張式剛性気柱。 (もっと読む)


複数の支柱2と、支柱2に接続される外周フレーム3と補強フレーム4とにより天幕が支持される折り畳みテント1において、外周フレーム3によって形成される、平面視における多角形の内部を通るように補強フレーム4が形成され、補強フレームが各支柱と多角形の中心を結ぶように配位されたことにより、従来の折り畳みテントに比べて強度が向上している。また、補強フレーム4の補強パイプユニット41,42を構成する単位パイプ体の一部が、設置面に対して水平であるか、中心方向に向かい下方に傾斜するものであるため、テント撤収時の補強パイプ要素41,42の折り曲げがスムーズに行われる。また、補強フレーム4が、支柱2あるいは中心支柱5を基準とした、略周方向の所定範囲内で移動可能な遊びを持って支持されたものであるため、スムーズに折り畳みを行うことができる。
(もっと読む)


【課題】災害時での避難用保護具、一人用テントなどとして好適な簡易シェルターを提供する。
【解決手段】簡易シェルター1は、軽量高強度素材によって半筒体状に展開縮小可能に形成された覆体でなり、該覆体は展開状態で人一人が仰臥するのに十分な内部空間を形成するとともに、収縮状態で持運び可能な可搬性を有する。前記覆体が展開状態で長手方向に沿って適宜間隔に離間配置される半円弧状の複数のフレームと、該フレーム間に掛け渡されて各フレーム同士を繋ぐ連結ロッドと、該フレームの内側に接合されて該連結ロッドによる各フレーム間の拡縮に応じて折畳み展張される断熱シートとからなる。前記連結ロッドが中央部で折れ曲げ可能であって、その両端が各フレームに対して回動自在に接合されて折畳み展開可能に連結されている。前記断熱シートが不織布層を内側として、その表面にポリエチレン層、アルミ蒸着層ポリエチレン層をライニングした4層構造である (もっと読む)


本発明は、以下の段階、すなわち、事実上均一に縮む材料で作られた可撓性包囲体1を、フレーム部材2aの組立体を含む支持フレーム2の周囲に装着する段階、および、包囲体1に、収縮を生じさせる物理的現象を働かせて収縮後に、包囲体1が支持フレーム2を緊密に抱え込む態様で形成された遮蔽構造体を強化する段階を含む空間遮蔽方法に関するものである。
(もっと読む)


【課題】 施設内を明るくし、防塵性、耐久性、耐候性、軽量化を図ることができる駐輪/駐車施設の屋根及びその取り付け方法を提供する。
【解決手段】 駐輪/駐車屋根は、屋根部材としてガラス繊維にフッ素樹脂コートしたテント膜材を使用し、前記テント膜材を施設の天井骨材に渡って張設し、屋根張設方法は、ガラス繊維にフッ素樹脂コートした膜本体の端部にテンション膜を取付け、前記膜本体端部を施設の天井骨材に固定した後、他端側のテンション膜を引っ張って膜本体を天井に張設固定し、固定後テンション膜を切断するようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】これまでのテントは雨や日差しの防止だけの対策用テントで落雷には対策効果がなかった。
【解決手段】雷は金属とくに導電性のあるものを介して伝わるため、金属板や金属箔等で雷をアース線を介してテントの4隅から引き出せるようにし、そのアース支線を金属性の杭に接合して地面に雷を逃がす。
具体的にいうと電気伝導性のよいアルミ等の金属箔及び板等を2〜数枚を防水用カバーで覆い板同士は金属線で電気的に結合しテントの4隅の金属箔及び板にボルトナット等で端子を取り付けアース支線に接続する。
その端子にアース線を繋ぎ片方は金属杭に接合し地面に打ち込んでアースを取る。又は、通常の屋外テントのように金属板で屋根を覆い、トップに避雷針を取付け4隅からアース支線を引き出し、同様にアース線を接地杭に接合し地面に雷を逃がす。 (もっと読む)


【課題】従来から市販されている子供用プールにも適用することができて、プール内を狭くすることもなく、子供の安全を図ることのできる日除けを、簡単な構成によって提供すること。
【解決手段】上下に重なったエア室21a内に空気を入れることにより形成されるプール側壁21と、このプール側壁21の底面に形成される底壁とにより囲まれる空間内に水を注入して形成される子供用プール20に取り付けられる日除け10であって、空気を入れることにより柱状となる複数の柱状袋11と、これら各柱状袋11間に張設される日除けシート13と、柱状袋11の先端部に形成されて、子供用プール20のプール側壁21の上端に係合されるエア爪部とにより構成したこと。 (もっと読む)


本発明は、上半身を局部的に保護するテントに関し、構成の特徴は、体の上半身の局部的に保護するためのテントにおいて、前記体の上半身を収容することができる内部空間を有し、支持部材によって半球形状を維持し、表面に防虫網が設置されている本体と、前記本体のいずれか一側に通じるように延長して設置され、終端には密閉手段を有する開口部を備えることを特徴とし、このような本発明は、既存のテントの構造を改善し、上半身を局部的に収容できるようにコンパクトな構造に製造することで、運搬及び収納のための携帯が便利であり、特に、野外で釣りのようなレジャースポーツを楽しむ際に上着を脱いだ上体で狭いスペースで休憩や睡眠をとるとき、蚊、ハエのような害虫から上体を安全に保護できるという効果がある。
(もっと読む)


部品のセットから容易に組み立てられる解体可能な建物構造物が開示される。この建物構造物は建物構造物の長さに沿って間隔を置かれた複数の弓形フレーム部材を含む。各々の弓形フレーム部材は第1の脚部から頂上へと延び、第2の脚部へと戻る。各々の弓形フレーム部材は複数の梁を含む。各々の梁は2つの対向するフランジを含む。各々のフランジは2つの二股に分かれた端部を有する。これらの端部は開放部を備えたC字形状のロープ溝を規定する。この建物構造物はさらに、第1および第2の脚部と摺動嵌合可能な基礎、および玉縁になった縦方向のエッジを有する複数の細長の膜を含む。これらの膜は隣り合う弓形フレーム部材の間に引き伸ばされる。これらの縦方向のエッジはロープ溝の中にある。弓形フレーム部材を強制的に互いから遠く離すため、およびこれらの膜を引き伸ばした状態に保つためにスプレッダが隣り合う弓形フレーム部材の間で広がる。
(もっと読む)


本発明の自動展張テントは、ベースループ(2)と、少なくとも1つのトップループ(3)と、これらベースループ(2)及びトップループ(3)に接続されたルーフスキン(5)とから成るアーチ構造を含む。前記テントは更に、前記ルーフスキン(5)の下方に位置するとともに、フレキシブルスプレッダ手段(8)によって前記トップループ(3)に接続されたトップ部(6a)と、前記ベースループ(2)に接続されたボトム部(6b)とを備える内部チャンバ(6)を有する。前記テントの展開状態において、前記ルーフスキン(5)と前記内部チャンバ(6)のテンションは、前記スプレッダ手段(8)によってそれらが互いから離間するように選択される。
(もっと読む)


【課題】 比較的強度を有して大型のものが製造可能で、しかも、敷地面積に対して内部の空間を大きくでき、更に、その高さや幅を変えることができる簡易バルーンシェルターを提供する。
【解決手段】 間隔をあけて配置され前後に長い左右の基礎部材11、12と、基礎部材11、12に連結され垂直配置された側壁部13、14及びこれらを連結する屋根部15を形成しているカバー部材16とを有し、基礎部材11、12及びカバー部材16が軟質の合成樹脂シート等からなり、空気注入によって膨らむバルーンによって形成され、カバー部材16は、少なくとも左右の側壁部13、14が、並べて配置されそれぞれの連結部分の一部が連通する複数の筒状気室22、23で全体が構成され、更にそれぞれの筒状気室22、23の基部が基礎部材11、12に立設されている。 (もっと読む)


本発明は、注入又は積層材料(12)を覆うため、とりわけ腐敗ピットにおける残留廃棄物又は生ゴミ等の有機物を含有する廃棄物の好気性処理に使用される可撓性装置のカバー構成物(10)に関する。カバー構造は、ターポーリンを備えている。ターポーリンは、少なくとも一種の流体を満たすことができ、且つ少なくとも一部分が相互に接続されている多数の支持要素(22)と、少なくとも一つの防水性ガス透過性平面構造(14)を備えている。前記平面構造(14)は、支持要素に接続されている。本発明の装置は、支持要素が充填されているか又はいないかに応じて、組立状態と下がった状態を構成する。平面構造は、材料を覆い、支持要素が充填されたとき、及び空にされたときに、それぞれ上げられ、及び下げられる。
(もっと読む)


【課題】 テント正面においても雨水の滴下を確実に防止できる樋構造および樋の取付部材を提供する。
【解決手段】 樋構造にかかる発明は、掴持手段による掴持の中心位置から支持手段による支持の中心位置までの距離を異ならせた複数の取付部材3によって、勾配を有しつつ樋2を横架パイプ11に取り付け、樋の下流側先端付近において、連結部24を介して立て樋4を連続してなる。取付部材にかかる発明は、基部31と、基部の上端に設けられた掴持手段5と、基部の下端に設けられた支持手段6とで構成され、掴持手段は、横架パイプ11の円形断面の外周の1/2以上に当接可能な当接部51と、当接部先端52を係止する係止部53とを備え、支持手段は、樋の側面および底面を外側表面に沿って横断する支持アーム61と、支持アームの両端付近において樋の上部開口端縁を係止する係止部63,67とを備えている。 (もっと読む)


【課題】 各種イベント、年中行事等を行なう際、雨天炎天の気候に心配すること無く、快適にこれら行事を行なうことができる何かが必要とされていた。
【解決手段】 多数の支柱を桁材で連結したものを二組設け、この間に多数の固定ロープを張り、その上方に軽気体を充填できる構造の屋根体を設けたものである。 (もっと読む)


持ち運びできる車両カバー(10)は、基礎フレーム(12)と、複数の横に延びる輪状部品(14)とを備える。各輪状部品は、輪状部品の少なくとも2つが十字形の配置で、おおむね対角線状にフレームに交差して延びるように、前記基礎フレームと取り外し可能な接続ができるようにされている。フレキシブルなカバー(16)は、車両の風雨よけを形成するために、輪状部品と係合することができる。
(もっと読む)


シェルタ用ポールのねじれが防止されたハブ脚継手システムが提供される。ハブ脚継手システムは、シェルタ用ポールの一端を受けるためのソケットまたは開口を備えたハブを有する。前記開口および一端は、前記一端が前記開口中に挿入可能であるが、その中で回転しないように構成されている。例えば、開口および端部は、長円形の断面形状とする。 (もっと読む)


本発明は、加圧(P)を受ける1つの圧力媒体において影響を及ぼす1つの中空体(3)から構成される空気圧プレート要素(1)に関わる。該中空体は相互に端部で接続された2つの圧縮/張力要素(2)の間に位置し弾力性のある膜(9)で作られる。2つの支持部材(17)の間のプレート要素(1)に架かる力(F)が横方向に荷重される時、上部圧縮/張力要素(2,7)は圧力を受け、下部圧縮/張力要素(2,8)は張力を受ける。プレストレスト張力要素(4)は該圧縮/張力要素(2,8)の間の中空体(3)のチャンネルに横断する距離を置いて位置する。該張力要素(4)は張力要素(2)を分離している中空体(3)によってプレストレスを与えられる。接続部材(6)は仮説の固定された中間支持部材として作用し圧力による歪みを防ぐために圧力を甘受し圧縮/張力要素(2,7)を安定させる。ニ次元のプレート要素(1)は特に軽量構造物の屋根の建造に使われる。

(もっと読む)


本発明はワンタッチ式の折り畳みテントに関するもので、特に、テントの上部中央にポールを展開及び折曲するための連結体を設け、ポールの上段を中央連結体にヒンジ結合して、連結体の操作によって全体のポールが同時に展開及び折曲するように改良したワンタッチ式の折り畳みテントに関するものである。
(もっと読む)


41 - 59 / 59