説明

Fターム[3K007AB03]の内容

電場発光光源(EL) (25,498) | 目的、効果 (8,732) | 発光特性 (2,403) | 効率 (1,139)

Fターム[3K007AB03]に分類される特許

141 - 160 / 1,139


【解決手段】真空蒸着法により形成された薄膜であって、膜の密度が1.05g/cm以上である低分子有機材料からなる薄膜、該薄膜を作成可能な低分子有機材料、および該薄膜を含有してなる有機電界発光素子。
【効果】発光寿命が長く、耐久性に優れ、発光輝度が高い有機電界発光素子を提供することが可能になる。 (もっと読む)


【課題】新規なリン光材料、とくに青色リン光材料に適したワイドギャップな電子輸送層を形成するのに有用な新規なトリアジン誘導体およびそれを含む有機エレクトロルミネッセンス素子の提供。
【解決手段】一般式(1)


で表されるトリアジン誘導体およびそれを含む有機エレクトロルミネッセンス素子。 (もっと読む)


【課題】発光効率に優れ、高輝度に発光する有機EL素子を提供する。
【解決手段】有機EL素子は、下記式(I)で表される化合物を含有する、少なくとも1層の有機化合物層を有している。


(式中、X〜X14は、水素原子、または、置換または無置換のアリール基を表し、アリール基は複素環を含んでいてもよく、X,Xの少なくとも一方とX10,X11の少なくとも一方とは、置換または無置換のアリール基である) (もっと読む)


【課題】任意な表示パターンを描画・消去することが容易にでき、簡単な構造で安価な発光表示用媒体の提供。
【解決手段】背面電極、電界印加により紫外線を発光する蛍光体粒子が誘電体に分散されてなる発光層、透明電極がこの順に面全体に積層された基本構造を有する発光表示用媒体の提供による。更に、該発光表示用媒体に紫外線によりフォトルミネッセンス発光する蛍光体を、表示パターンに応じて描画・消去することにより達成される。 (もっと読む)


【課題】ほぼ全方位にわたって良好な視野角特性を有するエレクトロルミネッセンス装置
、および当該エレクトロルミネッセンス装置を搭載した電子機器を提供すること。
【解決手段】光共振器を利用したエレクトロルミネッセンス装置において、隣接画素列4
2間の画素40の色の順序を逆にする。すなわち、青、緑、赤の順に画素40が配列され
た画素列42Aと、青、赤、緑の順に画素40が配列された画素列42Bとを交互に配置
する。この構成により、画素列42A,42Bが有する視野角特性が平均され、有機EL
装置1全体としてほぼ全方位にわたって良好な視野角特性が得られる。 (もっと読む)


【課題】高い純度の青色光が高い発光効率で得られる高分子発光材料を提供する。
【解決手段】下記一般式のいずれかで表されるイリジウム錯体から導かれる構造単位を含む重合体からなる高分子発光材料。


(X1〜X7は水素原子、ハロゲン原子、アルキル基などを表す。) (もっと読む)


【課題】耐久性に優れた発光素子を可能にする発光素子材料、およびこれを用いた発光素子を提供すること。
【解決手段】下式(1)で表されるアントラセン化合物を含有することを特徴とする発光素子材料。


(Aは単結合、アリーレン基等であり、R〜R19は、H、アルキル基等である。但し、R11〜R18のうち少なくとも一つはアルキル基、アリール基等であり、R11〜R19及びR〜R10のうち少なくとも一つはAとの連結に用いられる。) (もっと読む)


【課題】絶縁層のコンタクトホールに起因した光量のムラを抑制する。
【解決手段】駆動トランジスタTdrを覆う第2絶縁層42の表面には第1電極61が形成
される。第1電極61は、第2絶縁層42のコンタクトホールCHを介して駆動トランジ
スタTdrのドレイン電極34に接触する。第1電極61とこれに対向する第2電極62と
の間には発光層66が形成される。発光層66はコンタクトホールCHの内側の空間に入
り込む。発光層66からの放射光の出射側には補助配線70が形成される。補助配線70
は、第2電極62よりも抵抗率が低い導電材料によって形成されて第2電極62に電気的
に接続される配線であり、第2絶縁層42のコンタクトホールCHと重なり合う部分を含
む。 (もっと読む)


【課題】高い純度の青色光から赤色光までが高い発光効率で得られる高分子発光材料を提供すること。
【解決手段】本発明に係る高分子発光材料は、下記一般式(1)〜(6)のいずれかで表されるイリジウム錯体から導かれる構造単位を含む重合体からなることを特徴とする。


(式中、環Aは窒素原子を含む環状化合物から誘導される2価の置換基であり、該窒素原子はイリジウムに結合している。X1〜X6はそれぞれ独立に−R1、−OR2、−SR3
−OCOR4、−COOR5、−SiR678、および−NR910からなる群から選択される置換基であって、Lは、重合性官能基を有する、1価アニオンの2座配位子を表す。) (もっと読む)


【課題】耐久性に優れた発光素子を可能にする発光素子材料、およびこれを用いた発光素子を提供する。
【解決手段】一般式(1)で表わされるピレン化合物を含有する発光素子材料。(式中、R〜R15は水素、アルキル基、シクロアルキル基、複素環基など、並びに隣接置換基との間に形成される縮合環の中から選ばれる。但し、R〜R10のうち少なくとも一つとAが単結合している。Y〜Yは、窒素、炭素原子の中から選ばれる。但し、Y〜Yのうち、少なくとも一つは窒素原子であり、窒素原子の場合には窒素原子上の置換基であるR11〜R15は存在しない。)
(もっと読む)


【課題】低コスト、大面積、高信頼性および低環境負荷の有機EL素子を提供する。
【解決手段】電子輸送層および/または有機発光層は、トランス−1,2−ビス(9H−カルバゾール−9−イル)シクロブタン構造を有する下記式(1)で表わされる化合物を含む。


(式中、A1〜A4は置換基を表わし、これらのうち2つ以上は1つ以上の芳香環または縮合芳香環を含む置換基であり、水素は重水素に置換していても良い。) (もっと読む)


【課題】光の取り出し効率を向上させるとともに、相対的に青の光の取り出し効率および
視角を向上させることが可能なエレクトロルミネッセンス装置、および当該エレクトロル
ミネッセンス装置を搭載した電子機器を提供すること。
【解決手段】有機EL装置1は、画素電極16、有機発光層20、陰極24、薄膜封止層
26を含む素子基板と、カラーフィルタ34R,34G,34Bを含むカラーフィルタ基
板とを接着剤28を介して貼り合せたものである。カラーフィルタ34R,34G,34
Bは、界面37において青の光の全反射が最も少なくなるように屈折率が相互に異なるよ
うに設定されている。また、界面38は凹凸形状を呈しているため、当該界面38におい
て光の全反射が起きにくく、かつ青の光をもっともよく散乱して青の視角改善に寄与する
(もっと読む)


【課題】有機エレクトロルミネッセンス素子の発光層のホスト材料などの電子輸送性材料として用いて駆動電圧を低減することができ、発光効率を向上させることができる有機エレクトロルミネッセンス素子の提供。
【解決手段】以下の一般式(1)で表されるジベンゾチオフェン誘導体を有機エレクトロルミネッセンス素子の有機化合物層に用いる。


(R〜R18は、水素、アルキル基等を表す。) (もっと読む)


【課題】明るく色温度が高い白色表示が可能な発光装置及びその発光装置を備えた電子機器を提供する。
【解決手段】ハーフミラー25を、膜厚10nmのアルミニウム薄膜で構成した。従って、ハーフミラー25は、波長が450nmの光に対する透過率が550nmの光に対する透過率に比べて高い光透過特性を有するハーフミラーとして機能する。この結果、ハーフミラー25を透過する光は、青色の光の成分が緑色の光の成分に比べて多く含むことにより、赤、緑及び青用画素DR,DG,DBからの各光によって生成される白色の光を、色温度の高い色にすることができる。 (もっと読む)


【課題】視角によって色度ずれを抑制することが可能な発光装置及びその発光素子を備えた電子機器を提供する。
【解決手段】各青用画素DB、緑用画素DG及び赤用画素DRに光共振器構造を有した有機EL装置10において、各青用画素DB、緑用画素DG及び赤用画素DRの画素電極15B,15G,15Rを第1画素電極部と、該第1画素電極部とは膜厚の異なる第2画素電極部とから構成することで、各青用画素DB、緑用画素DG及び赤用画素DRに2つの共振条件を設けた。 (もっと読む)


【課題】無機蛍光体を用いるELで外部電流制御を有効とする。
【解決手段】無機蛍光体の片面状に半導体−蛍光体接合を形成し、反対面状に金属−蛍光体接触を形成し、半導体を負極に、金属を政局に電圧を印加してトンネリングにより蛍光体中に正孔を、接合を通して電子を注入するデバイスにおいて、蛍光体の発光を正孔のトンネリング注入量によって制御することを特徴とする正孔注入制御型直流駆動ELデバイス。 (もっと読む)


【課題】有機EL素子内部の導波光を効率よく利用し、発光効率を向上させることができる有機EL発光装置を提供する。
【解決手段】本発明の一態様にかかる有機EL発光装置は、陽極配線102と陰極配線104との間に配置された有機発光層を有する画素117と、有機発光層の側面に配置され、有機発光層から出射される光を励起光として吸収し発光する第1の発光体118aと、第1の発光体118aの側面に配置され、第1の発光体から出射される光を励起光として吸収し発光する第2の発光体を備え、有機発光層は青色域の光を出射し、第1の発光体118aは青色域に吸収帯を有し、緑色域の光を出射し、第2の発光体118bは緑色域に吸収帯を有し、赤色域の光を出射する。 (もっと読む)


【課題】陽極側からの発光層の発光を取り出し可能であり、かつ、発光効率等の特性に優れる発光素子、かかる発光素子を製造することができる発光素子の製造方法、この発光素子を備えた信頼性の高い発光装置および電子機器を提供すること。
【解決手段】発光素子1は、陽極8と、アルカリ金属およびアルカリ土類金属のうちの少なくとも1種の金属を含む陰極3と、陽極8と陰極3との間に設けられた有機半導体層7とを有し、陰極3と陽極8との間に通電することにより、有機半導体層7が発光し、この発光を陽極8側から取り出すように構成した発光素子1であり、陰極3と有機半導体層7との間に設けられた、ガスバリア性を有する保護層4を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】有機化合物層への水分や酸素の浸入を防止し、且つ有機化合物層から出る光を効率よく取り出すことの出来るバリア層を有する有機EL素子を提供する
【解決手段】ガラス基板1に積層された不透明電極2と有機化合物層6と透明電極7及びそれらを覆うバリア層8で構成された有機EL素子において、
前記透明電極7上に形成されるバリア層8を、シリコン、窒素、酸素の原子総数に対する酸素濃度が0より多く50atomic%以下で、且つ膜厚方向に周期的に酸素濃度勾配を周期的に変化させたものとする。 (もっと読む)


【課題】視角によって生ずる色度ずれを抑制することが可能な発光装置及びその発光装置を備えた電子機器を提供する。
【解決手段】青用画素DBの光学的距離を、発光層22から出射される3つの発光ピークのうち、450nm〜485nmの波長範囲であってそのうち最も短波長側に位置する発光ピークで光共振が生じるように設定するようにした。このとき、青用画素DBの光学的距離は、青用画素電極15Bの膜厚を調整することによって設定するようにした。 (もっと読む)


141 - 160 / 1,139