説明

Fターム[4C083AB41]の内容

化粧料 (399,993) | 無機系成分 (34,917) | 過酸化物 (954)

Fターム[4C083AB41]に分類される特許

181 - 200 / 954


【課題】均一な染色等を実現しながら、毛髪の艶を向上させることができる毛髪化粧品及びその使用方法を提供する。
【解決手段】本発明の毛髪化粧品は、(A)ミツロウ、及び平均分子量が6000以上の(B)ポリエチレングリコールを含有し、染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物、並びに櫛付き容器を備えていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物において、使用時の塗布性の低下を抑制して、均一な染色等を実現することができる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物において、(A)ジグリセリン、(B)1,3−ブチレングリコール、及び平均分子量が1万以上の(C)ポリエチレングリコールを含有する。 (もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物において、毛髪の明度を向上させることができる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】染毛剤、又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物には、(A)ハチミツ、並びに(B)ラノリン及びその誘導体から選ばれる少なくとも一種の油性成分が含有されている。好ましくは、(A)ハチミツの含有量に対する(B)ラノリン及びその誘導体から選ばれる少なくとも一種の油性成分の含有量の質量比が10〜500である。 (もっと読む)


【課題】優れた塗布性を発揮し、かつ毛髪に対して均一な染色等を実現することのできる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】染毛剤、又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物には、(A)ハチミツ及び(B)平均分子量10000以上のポリエチレングリコールが含有されている。毛髪化粧料組成物には、好ましくは、さらに(C)シリコーンが含有されている。 (もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物において、毛髪に対し、感触の持続性の向上及び均一な染色等を実現することができる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】(A)アミノ変性シリコーン、(B)ジメチコン、及び(C)1,3−ブチレングリコールを含有し、染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物において、前記毛髪化粧料組成物中における(C)1,3−ブチレングリコールの含有量に対する(A)アミノ変性シリコーンの含有量と(B)ジメチコンの含有量との合計の質量比は、0.05〜0.25であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】日光等の紫外線や光線による酸性染料及び酸化染料の退色を防止又は軽減できる酸性染料の退色防止剤及び該退色防止剤を含有する酸性染毛料組成物、並びに酸化染料の退色防止剤、染毛後の退色防止剤及び該退色防止剤を含有する酸化染毛剤組成物の提供。
【解決手段】オウバク抽出物、ジユ抽出物、エイジツ抽出物、チンピ抽出物、アセンヤク抽出物、トウヒ抽出物、サルビア抽出物、シラカバ抽出物、オウレン抽出物、トルメンチラ抽出物、及びペパーミント抽出物から選択される少なくとも1種を含有することを特徴とする酸性染料の退色防止剤、又はガイヨウ抽出物、アセンヤク抽出物、トルメンチラ抽出物、及びオトギリソウ抽出物から選択される少なくとも1種を含有する酸化染料の退色防止剤である。 (もっと読む)


【課題】既存組成物のアンモニア水による欠点がなく、同時に有効である、ヒトケラチン繊維を明色化および/または着色する方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、
1種または複数の脂肪、1種または複数の非イオン性界面活性剤、1種または複数の特定のアミノトリアルコキシシランまたはアミノトリアルケニルオキシシラン化合物を含む第1の組成物、および
1種または複数の酸化剤を含む第2の組成物
を使用する。
最後に、本発明は、少なくとも1つの区画が上述の第1の組成物を含み、少なくとも1つの他の区画が酸化性組成物を含む多区画装置を提供する。 (もっと読む)


【課題】最終的に十分で耐久性のあるスタイリング効果で毛髪を満足に染色することを可能にする毛髪染色方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、順に、1種または複数種の染料前駆体を含む組成物を適用することによって染色するステップ、濯ぐステップ、ならびに水を少なくとも30%ならびに1個のケイ素原子を含むシランおよび2個または3個のケイ素原子を含むシロキサンから選択される1種または複数種の有機ケイ素化合物を少なくとも20%含む水性組成物を適用することによって毛髪の後処理をするステップを含む毛髪染色方法であって、前記有機ケイ素化合物が、さらに、1分子当たり1個または複数個の塩基性化学官能基および1個または複数個のヒドロキシル基もしくは加水分解性基を含む毛髪染色方法に関する。
本発明の方法は、毛髪のスタイル、ボリュームおよび弾力をもたらしながら、染色性が非常に満足できる毛髪染色を達成することを可能にする。 (もっと読む)


【課題】染毛力に優れ、鮮やかな暖色系の色調で染毛することができる固体状染毛剤組成物及びそれを用いた染毛方法を提供する。
【解決手段】(A)酸化剤及び(B)酸化染料を含有するとともに、暖色系の色調に染毛するための固体状染毛剤組成物において、前記(A)酸化剤は、過炭酸塩であり、前記(B)酸化染料は、少なくとも染料中間体として、(B−1)硫酸p−フェニレンジアミン及び硫酸トルエン−2,5−ジアミンから選ばれる少なくとも一種、(B−2)硫酸p−アミノフェノール、並びに(B−3)硫酸5−アミノ−2−メチルフェノールを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ヘアカラー施術後の毛髪の強度低下を抑制し、カチオン性高分子を配合しない場合でも施術後の毛髪に、「ツヤ感」と「滑らかさ」を付与することができる2剤式酸化染毛・脱色剤用第2剤を提供する。
【解決手段】本発明の酸化染毛・脱色剤用第2剤は、少なくとも酸化剤を含み、毛髪を酸化染毛または脱色する際に用いる2剤式酸化染毛・脱色剤用第2剤において、(a)吸着精製ラノリン、(b)コレステロール誘導体を含有するものである。 (もっと読む)


【課題】歯を白化する組成物を提供すること。
【解決手段】組成物が提供され、ここでこの組成物は、水膨潤性で、水不溶性のポリマー、親水性ポリマーと親水性ポリマーに水素結合し得る相補的なオリゴマーとの混合物、および白化剤、好ましくは過酸化物を含む。組成物は、歯を白化する組成物としての有用性を見出し、白化することを必要とする歯に適用され、次いで、白化の程度が達成される場合、取り除かれる。特定の実施形態において、この組成物は光透過性である。組成物を調製および使用するための方法もまた、開示されている。 (もっと読む)


【課題】刺激臭の低減又は皮膚刺激の低減と明度の向上の両立を図ることができるとともに、感触の低下を抑制することができる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】毛髪化粧料組成物において、(A)酸化剤、(B)リン酸のアルカリ金属塩、(C)(C−1)アンモニア及び無機酸のアンモニウム塩から選ばれる少なくとも一種の成分を前記毛髪化粧料組成物中にアンモニア換算値として0.01〜0.5moL/L、又は(C−2)アルカノールアミンを前記毛髪化粧料組成物中に0.1〜1.75質量%含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】抗菌性金属イオンを担持させた無機物系担体からなる新規洗浄剤用殺菌剤および該洗浄剤用殺菌剤を含有する義歯洗浄剤を提供する。
【解決手段】銀イオンを担持させたハイドロキシアパタイトを0.05〜10重量%、ラウリル硫酸ナトリウムを1〜15重量%、過炭酸ナトリウムを15〜45重量%、漂白成分、例えばモノ過硫酸水素カリウムを5〜20重量%、クエン酸を10〜40重量%および炭酸水素ナトリウムを5〜25重量%含有する義歯洗浄剤。 (もっと読む)


【課題】経済性、操作性、および廃液の処理性に優れるとともに、生産物を高純度で得ることができるヒドロキシアルキルアミノフェノール誘導体の製造方法等を提供する。
【解決手段】アミノフェノール誘導体とクロロ炭酸クロロアルキルとをアルコール性のヒドロキシ基を有する溶媒中で反応させて対応するカルバマート誘導体を製造した後、該カルバマート誘導体を水酸化アルカリで処理することによる、下式で表されるヒドロキシアルキルアミノフェノール誘導体の製造方法。


(式中、R1は水素原子、C1−C4のアルキル基等を表し、R2は水素原子、C1−C4のアルキル基等を表し、R3は水素原子、又はC1−C2のアルキル基を表し、R5はC2−C6のヒドロキシアルキル基を表す。ここで、R1、R2、及びアミノ基は、互いに重複することなくヒドロキシ基に対してオルト、メタ、又はパラの位置にある。) (もっと読む)


本発明は、ケラチン繊維を酸化的染色するための着色組成物に関し、この組成物は阻害系のラジカルスカベンジャー及びキレート物質を染色組成物に含む。本発明はまた、このような着色組成物を使用することを含む酸化的染色時に、ケラチン繊維以外の場所で色が形成されるのを低減させるための方法に関する。 (もっと読む)


【課題】カチオン性ポリマーを含む安定な酸化染料組成物を提供すること。
【解決手段】本発明は、染色に適する媒体中に組成物が以下を含むことを特徴とする、ケラチン繊維、特にヒトのケラチン繊維、例えば毛髪を酸化染色する組成物に関する:
a) 少なくとも一つの酸化染料、
b) 少なくとも一つの脂肪アルコール、
c) 少なくとも一つの会合性ポリマー、及び
d) 少なくとも一つの脂肪酸エステル及び/又は金属酸化物。
本酸化染料組成物が満足すべきコンシステンシーを有し、かつ脂肪アルコールの含量を高めるか又は架橋ポリアクリル酸型の他の増粘剤を使用することなく長期間にわたって安定な粘度を有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、髪繊維、特に髪を処理するための新規な方法を提供する。
【解決手段】(i)髪繊維に、5g/分の量で蒸気を適用する工程、(ii)これら髪繊維を50℃より高い温度で成形する工程、を含み、前記蒸気の適用と前記成形とが、連続していない、髪繊維の処理方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、染色組成物中にラジカルスカベンジャーを含む、ケラチン繊維の酸化染色用の着色組成物に関する。本発明はまた、このような組成物を使用することを含む酸化的染色時に、ケラチン繊維以外の場所で色が形成されるのを低減させるための方法に関する。 (もっと読む)


【課題】特定の変性ペプチドを配合した毛髪処理剤を提供する。
【解決手段】下記式(1)で表される単位を有する基を側鎖基として備える変性ペプチドを配合した毛髪処理剤。
−S−S−(CHCOO− (1)
(式(1)中、nは1又は2である。) (もっと読む)


【課題】ショートヘアに全量を塗布するというような高い浴比での使用態様の場合であっても、吐出・塗布した泡が、放置中に液だれせず、かつ染色性又は脱色性も良好なノンエアゾールタイプの二剤式染毛剤の提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤、過酸化水素を含有する第2剤、及び第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するノンエアゾールフォーマー容器からなり、混合液中に次の成分(A)及び(B)
(A)モノ長鎖脂肪族基トリメチルアンモニウム塩:0.02〜10質量%
(B)アニオン界面活性剤:0.5〜10質量%
を含有し、混合液の25℃における粘度が1〜300mPa・sである二剤式染毛剤。 (もっと読む)


181 - 200 / 954