説明

Fターム[4C083AB41]の内容

化粧料 (399,993) | 無機系成分 (34,917) | 過酸化物 (954)

Fターム[4C083AB41]に分類される特許

121 - 140 / 954


本発明は、金属酸化物シェル内に封入された少なくとも1種の活性剤をコアが含む、コア安定化マイクロカプセル、それらを調製するための方法、マイクロカプセルを含む比較、及びマイクロカプセルの使用を提供する。 (もっと読む)


本発明は、約1〜2000g/Lの濃度で約20〜50nmの平均粒径(D50)を有するTiO2 のナノ粒子及び約2.5〜25容量%の最終濃度のH22を含んでなる組成物に関する。TiO2 粒子は組成物中のH22によって活性化されてラジカルを形成する。組成物は、抗菌及び抗炎症性を有し、例えば創傷壊死組織除去に使用し得る。本発明は、更に該組成物を含んでなる医薬品及び化粧品に関する。 (もっと読む)


【課題】ケラチン繊維、特に毛髪等のヒトのケラチン繊維を着色し及び/又は脱色するための、二成分型の剤を提供する。
【解決手段】1種又はそれ以上のアルカリ性化剤を含む、第一の組成物(A);及び1種又はそれ以上の酸化剤を含む第二の組成物を含み;該2種の組成物(A)及び(B)の少なくとも一つが、液状炭化水素から選択される1種又はそれ以上の脂肪を含み、該組成物(A)及び(B)の混合物における、該液状炭化水素の全量が、該混合物の全量に対して少なくとも20質量%に相当し、及び該2種の組成物(A)及び(B)の少なくとも一つが、1種又はそれ以上のレダクトンを含む、ことを特徴とする、ケラチン繊維を着色し及び/又は脱色するための剤。 (もっと読む)


【課題】ノンエアゾール式二剤式染毛剤の混合液の温度が、酸化染料の酸化反応により急激に上昇するような場合でも、吐出される泡の泡質が良好であり、かつ低温時の起泡性も良好で、しかも染毛剤として求められる基本的な性能も備え、ノンエアゾール式二剤式染毛剤特有の効果が得られる二剤式染毛剤の提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤、及びノンエアゾールフォーマー容器からなり、混合液中に次の成分(A)及び(B)を含有し、過酸化水素の混合液中の含有量が3.60質量%以上、混合液の粘度が1〜300mPa・sである二剤式染毛剤。及び当該二剤式染毛剤の第1剤と第2剤の混合液の泡を毛髪に適用し、3〜60分放置後、洗い流す毛髪の染色方法。
成分(A):酸化染料
成分(B):重量平均分子量200〜800のポリプロピレングリコール 0.50〜3.0質量% (もっと読む)


本発明は、改良された香料放出特性および改良された風味を備えた口腔ケア組成物、ならびにそれを使用する方法に関する。 (もっと読む)


本器具は、導電性繊維毛を持つブラシヘッドを含み、該導電性繊維毛により電位が印加されて、歯の近傍において過酸化物のような歯用ホワイトニング物質を電気化学的に活性化させる。インピーダンスによる器具システム62又は光学的な器具システム27は、該導電性繊維毛が歯に隣接しているか歯肉領域に隣接しているかに関する情報を提供する。インピーダンスによるシステムは、該繊維を通る電気信号を用いて、歯又は歯肉表面を含む回路のインピーダンスを決定する。該インピーダンスは、歯が該回路中にあるか歯肉の表面が該回路中にあるかに依存して異なる。光学的なシステムは、導電性繊維を通って口腔内の表面に向けられる光ビームを生成し、戻り光の色が、該表面が歯であるか歯肉領域であるかを示唆する。歯であると決定された場合には、歯用ホワイトニング物質が当該毛において活性化されるが、歯肉組織であると決定された場合には、歯用ホワイトニング物質は当該毛において活性化されない。
(もっと読む)


手動式のノンエアゾールタイプの分配容器から酸化染毛剤組成物が泡として分配される。酸化染毛剤組成物は、泡安定剤を含有し、かつ界面活性剤は実質的に含まない。
(もっと読む)


手動式のノンエアゾールタイプのディスペンサ(25)により生成された所望の泡状組成物を与える、比較的粘度の高いパーソナルケア組成物と組み合わせて使用される、手動式のノンエアゾールタイプのディスペンサ(25)。
(もっと読む)


本質的に界面活性剤を含まず、かつ特定の香料系を染毛剤組成物に含む染毛剤組成物。染毛剤組成物は起泡させた染毛剤組成物を形成することができる。
(もっと読む)


手動式のノンエアゾールタイプの分配容器(25)から生成される、所望の起泡組成物を与える、比較的高粘度のパーソナルケア組成物。
(もっと読む)



本発明は、一般式(I)のカチオン性アミノピリジン、その酸付加塩およびその溶媒和物:


(式中、Rは、カチオン性ラジカルで置換されたおよび/または割り込まれた、直鎖もしくは分岐の飽和C〜C20アルキルラジカルである)に関する。本発明はまた、このカチオン性アミノピリジンの合成方法、組成物、使用、このカチオン性アミノピリジンを使用する毛髪染色方法およびデバイスを指向する。
(もっと読む)


口腔ケア組成物および方法を説明するものであり、本組成物は、キャリアー中に混入させたフィルムまたは複数のフィルム断片を含む。このフィルムまたは複数のフィルム断片は、比較的高濃度の非イオン界面活性剤を含む。本組成物および方法は、有効性改善のために上記フィルム配合中により多くの活性物質が充填されること、および、製品に必要なフィルムの量を減少させ、同時に、組成物中のフィルムの充填量がより低い場合に匹敵するか又はそれよりも改善された有効性を達成することといった利点を提供する。 (もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤用の過酸化水素含有組成物において、過酸化水素の安定性を向上させることができる過酸化水素含有組成物及びその製造方法を提供する。
【解決手段】本発明は、(A)過酸化水素、(B)両性界面活性剤、(C)アルカリ金属の無機塩、及び(D)水の各成分を含有する染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤用の過酸化水素含有組成物に関する。過酸化水素含有組成物は、好ましくは、先ず(B)両性界面活性剤、(C)アルカリ金属の無機塩、及び(D)水を混合することにより両性界面活性剤水溶液を調製し、次に該両性界面活性剤水溶液と(A)過酸化水素を含有する水溶液とを混合することによって調製される。 (もっと読む)


【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤と、酸化剤を含有する第2剤とかなる毛髪処理剤であって、(A)カチオン化ヒアルロン酸(好ましくは重量平均分子量10万〜30万のカチオン化ヒアルロン酸)、並びに(B)炭化水素類及び/又はロウ類(好ましくは室温で固形の炭化水素類及び/又はロウ類)、所望により更に(C)両性高分子化合物(好ましくはジメチルジアリルアンモニウムを構成単位として含む両性高分子化合物)を含有することを特徴とする毛髪処理剤とする。
【効果】施術後の毛髪のごわつき感を抑制し、毛先が硬い仕上がり感となることを抑制してまとまり性に優れる。加えて、毛髪脱色剤として用いると毛髪の脱色性に優れ、また、酸化染毛剤として用いると毛髪の染色性に優れる。 (もっと読む)


本発明は、皮膚または粘膜上で冷却効果を得るためのTRPM8モジュレーターに関するものである。 (もっと読む)


本発明は、酸又は塩基の存在下にて、基材に共有結合可能な基を有する活性物質と、光に曝露した際に酸又は塩基を生成可能な光触媒と、ビヒクルと、を含む、組成物を提供する。活性物質はシリコーンポリマー及び/又はシリコーンオリゴマーであり、1,000グラム/モルを超える分子量を有し、かつ少なくとも1つの有機官能基を有する。本組成物は、界面活性剤、乳化剤、酸化剤、及び他の成分を更に含んでよい。基材の処理方法もまた、開示されている。本明細書に記載される組成物及び方法は、パーソナルケア製品及び消費者ケア製品用途において有益である。
(もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられ、振とうにより泡状に発泡させて使用する毛髪化粧料組成物において、使用時の泡質を向上させることができる毛髪化粧料組成物及び毛髪化粧用品を提供する。
【解決手段】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として構成される毛髪化粧料組成物は、振とうにより発泡させて泡状の剤型として毛髪に適用される。毛髪化粧料組成物は、非イオン性ポリマーを含有し、好ましくは、使用時の含有量として0.3〜15質量%含有する。 (もっと読む)


【課題】発泡性を高めることの容易な毛髪化粧料組成物、及び毛髪化粧用品を提供する。
【解決手段】酸化染毛剤は、使用時に泡状の剤型とされるとともに、その泡状の剤型で毛髪に適用される。染毛用品は、酸化染毛剤10と閉塞可能容器20とを備えている。酸化染毛剤10には、両性界面活性剤が含有され、その酸化染毛剤10の振とうにより発泡させることで泡状の剤型とされる。閉塞可能容器20は、振とうにより発泡させる操作を行うためのものである。 (もっと読む)


【課題】炭酸塩を用いたときに特有のざらざら感を抑制して、仕上がり後における毛髪の感触に優れる毛髪染色・脱色用組成物を提供すること。
【解決手段】(A)炭酸塩、(B)キレート剤、(C)酸化剤を配合し、(B)成分の配合量が1〜5質量%の範囲内にあり、かつ、(B)成分に対する(A)成分の質量比が0.02〜6.5の範囲内にある毛髪染色・脱色用組成物とする。この際、さらに、(D)塩化ジメチルジアリルアンモニウムポリマー、塩化ジメチルジアリルアンモニウム−アクリルアミド共重合体、および、塩化ジメチルジアリルアンモニウム−アクリル酸共重合体から選択された1種以上のカチオン性ポリマーを含有することが好ましい。さらに、泡沫状であることが好ましい。 (もっと読む)


121 - 140 / 954