説明

Fターム[4C206MA03]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | 配合剤、剤型、適用部位 (52,323) | 配合成分が3以上のもの (3,518)

Fターム[4C206MA03]に分類される特許

181 - 200 / 3,518


【課題】優れた薬理作用を有する医薬組成物の提供。
【解決手段】ロキソプロフェン又はその塩、抗ヒスタミン剤及びコデイン類を含有する医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】従来の口腔用殺菌剤では得られなかった優れた持続効果を得ると共に金属に対する腐食防止効果をも兼ね備えた性能を得る。
【解決手段】クエン酸に塩化セチルピリジニウム及び酸化防止剤を配合し、それをpHが2〜7の水溶液として使用する (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は種々の有効性成分を組み合わせることによって美白作用を有する皮膚外用剤を得ることである。
【解決手段】
ハイドロキノンまたはその誘導体と、アミノ酸類の亜鉛塩及び/又は亜鉛錯体と、抗炎症剤を含む皮膚外用剤、さらにポリオキシアルキレングリセリルエーテル、アルカリゲネス レータス B−16株細菌の産生する多糖類、アスコルビン酸の誘導体の1種以上を含む皮膚外用剤が本発明の目的を達成することがわかった。 (もっと読む)


【課題】
優れた抗菌作用効果を示す抗菌剤組成物を提供する。
【解決手段】
本抗菌剤組成物は、(a)アルコールと、(b)有効量のカチオン性第四級アンモニウム化合物、フェノキシエタノール、および随意的に用いるビグアニド化合物と、(c)有効量の界面活性剤システムを含み、当該システムがアニオン性界面活性剤以外の界面活性剤を含有している。 (もっと読む)


【課題】口腔内に効率よく広がり咽頭だけでなく口腔内を万遍なく殺菌することができる口腔内用組成物、特に洗口うがい剤を提供する。
【解決手段】第四級アンモニウム塩を0.001〜0.0075重量/容量%、非イオン性界面活性剤を0.05〜1重量/容量%、及びメントール類を0.0075〜0.06重量/容量%の割合で配合して口腔内用組成物を調製する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、殺菌効果に優れ、特に創傷面等に対して優れた殺菌治療効果を有し、さらには長時間に渡って殺菌効果を維持することのできる殺菌組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、[A]水に[B]銀粒子を添加して調製される殺菌組成物であって、銀イオン濃度が30質量ppm以上1000質量ppm以下であることを特徴とする殺菌組成物である。また、本発明の殺菌組成物が含有する[B]銀粒子の平均粒子径は50nm以上500nm以下である。さらに銀粒子の添加量は0.003質量%以上10質量%以下である。 (もっと読む)


【課題】老眼等を好転させる又は治療すること。
【解決手段】本発明は、ヒト水晶体の遠近調節能力を変化させる様々な還元剤の使用を介して、および/またはヒト水晶体の遠近調節能力の変化に影響するエネルギーを適用することにより、老眼になったヒト水晶体の遠近調節に作用する。本発明は、老眼の発症を予防する及びそれを治療する。水晶体の硬化を生じる水晶体線維を互いに接着させる結合の形成を切断および/または予防することにより、本発明は、水晶体および/または水晶体嚢の弾性および伸展性を増加させる。 (もっと読む)


【課題】オメガ−3多価不飽和脂肪酸の遊離酸型又は薬理学的に許容されるその誘導体の少なくとも一つを含む医薬製剤を有する軟ゼラチンカプセルの提供。
【解決手段】オメガ−3多価不飽和脂肪酸の遊離酸型又は薬理学的に許容されるその誘導体の少なくとも一つを含む医薬製剤が、長期に亘り顕著に硬くなることが無く、有効期限がより長くなることを特徴とする、コラーゲン源の酸による前処理工程を含む抽出プロセスによって抽出されたゼラチンを含む軟ゼラチンカプセル。 (もっと読む)


【課題】 この出願発明は、A.コール酸、シムノールまたはシムノール硫酸エステル
B.大豆イソフラボンまたは大豆イソフラボン配糖体
C.クルクミン
のA、BおよびCの成分を含むことを特徴とする抗炎症剤、抗肝炎剤、抗炎症性腸疾患剤、抗機能性腸障害剤、抗機能性肝臓障害剤、抗機能性腎臓障害剤、または、抗下痢剤を提供することを目的とする。
【解決手段】 この出願発明は、A.コール酸、シムノールまたはシムノール硫酸エステル
B.大豆イソフラボンまたは大豆イソフラボン配糖体
C.クルクミン
のA、BおよびCの成分を含むことを特徴とする抗炎症剤、抗肝炎剤、抗炎症性腸疾患剤、抗機能性腸障害剤、抗機能性肝臓障害剤、抗機能性腎臓障害剤、または、抗下痢剤に関する。 (もっと読む)


【課題】脂質制御薬物を微粉化することも、サーファクタントを使用することも必要とすることなく、先行技術によって製造された同様の薬物類の粒子に匹敵する溶出および吸収の特性を示す小粒子、より好ましくはフェノフィブラートの脂質制御薬物の提供。
【解決手段】フェノフィブラートなどの脂質制御薬物をサーファクタント不含の溶媒に溶解すること、乳糖、デンプン、ポリビニルピロリドン、ステアリン酸マグネシウムなどの賦形剤を予混合すること、前記薬物溶液/賦形剤混合物を湿式造粒すること、前記混合物を乾燥させること、最終剤型を形成することを含む、脂質制御薬物製剤の製造のための方法。 (もっと読む)


【課題】ゴム系エラストマーを主基剤成分として含む膏体層中に非ステロイド系鎮痛消炎薬を含有する鎮痛消炎貼付剤において、この薬物の皮膚透過性に優れ、且つ、付着性および安定性に優れた貼付剤を提供すること。
【解決手段】支持体、膏体層および剥離ライナーからなり、該膏体層中に有効成分として非ステロイド系鎮痛消炎薬および実質的に水を含まない固体の有機酸を含有する貼付剤において、該膏体層の基剤成分としてゴム系エラストマー、粘着付与樹脂、可塑剤、酸化防止剤、および温感刺激成分を含有する鎮痛消炎貼付剤。 (もっと読む)


【課題】N−メチル−D−アスパレート受容体サブユニットNR2−Bを含む症候群または病理学と闘うために与えられる病人食の提供。
【解決手段】1600ピコモル未満のポリアミンを有するヒト用食品組成物の新規使用。 (もっと読む)


【課題】テトラヒドロゾリン又はその塩、ネオスチグミン又はその塩、ベルベリン又はその塩、クロルフェニラミン又はその塩、ビタミンB12、ビタミンB6又はその塩、パンテノール、タウリン、コンドロイチン硫酸エステル又はその塩、テルペノイド、グリチルリチン酸又はその塩を配合した点眼液、更にはアスパラギン酸又はその塩を配合した点眼液は、低温条件下でその薬液がゲル状になったり沈殿が生じたりするという不具合があった。
【解決手段】しかし、このような薬液にイプシロン−アミノカプロン酸を配合することで、低温条件下であっても、ゲル状化、沈殿の発生をしない安定な点眼液が得られた。 (もっと読む)


【課題】より有効な、慢性心不全の急性憎悪に伴う症状の改善用組成物(例えば、医薬組成物、食品組成物)を提供すること、さらには、心不全治療薬により改善されない慢性心不全の急性増悪に伴う症状の改善用組成物などを提供すること。
【解決手段】イソロイシン、ロイシンおよびバリンの3種類の分岐鎖アミノ酸を有効成分とする、慢性心不全の急性増悪に伴う症状の改善用組成物ならびにイソロイシン、ロイシンおよびバリンの3種類の分岐鎖アミノ酸を有効成分とする、心不全治療薬により改善されない慢性心不全の急性増悪に伴う症状の改善用組成物。 (もっと読む)


【課題】変色のない安定なミルナシプラン製剤を提供すること。
【解決手段】ミルナシプランにD-マンニトールなど特定の添加剤を組み合わせることにより上記課題が解決できた。 (もっと読む)


【課題】(A)イブプロフェン、ナプロキセン、ケトプロフェン及びピロキシカムから選ばれる薬物の溶出性に優れた粒状医薬製剤を提供する。
【解決手段】(A)イブプロフェン、ナプロキセン、ケトプロフェン及びピロキシカムから選ばれる薬物と、
(B)低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、クロスカルメロースナトリウム、カルメロースカルシウム及びクロスポビドンから選ばれる水不溶性高分子化合物と、
(C)ショ糖脂肪酸エステル及びポリエチレングリコールから選ばれる化合物とを含有する粒子を含む粒状医薬製剤。 (もっと読む)


【課題】よれが生じることなく、乾いた後のつっぱり感がなく、手袋の装着や取り外しをスムーズに行うことができる、使用感に優れたゲル状の手指消毒剤組成物を提供すること。
【解決手段】(A):エタノール及び/又はイソプロパノールを40〜95質量%、(B):カルボキシビニルポリマー又はその塩、及び/又はアクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体又はその塩、(C):水不溶性粉体を0.05〜2質量%、並びに(D):室温で固形の油を0.03〜1質量%含有するゲル状手指消毒剤組成物。 (もっと読む)


【課題】抗痴呆薬を含有した医薬組成物において、徐放性を有し、かつ保存安定性に優れた医薬組成物およびその製造方法、ならびに該医薬組成物における抗痴呆薬の安定化方法を提供すること。
【解決手段】抗痴呆薬および高分子量塩基性物質を含む医薬組成物に、高分子量酸性物質を添加する工程を含む、抗痴呆薬の安定化方法。 (もっと読む)


【解決課題】甲状腺眼症及び関連する症状(例えばグレーブス眼症)を治療するための組成物、製剤、方法及びシステムに関する。
【解決手段】患者に、全身的若しくは局所的にβアドレナリン作用アゴニストを(例えば遅延放出型の結晶微粒子懸濁液として)投与するステップを有してなる。該方法は更に、βアドレナリン受容体脱感作を減少させるための化合物(例えばグルココルチコステロイド)を、βアドレナリン作用アゴニストの投与前に投与してもよく、又は共投与してもよい。該方法は、眼に局所的に免疫抑制剤(例えばラパマイシン)を、βアドレナリン作用アゴニストを投与する前に投与してもよい。本願明細書に記載されている組成物には、遅延放出型の結晶微粒子懸濁液の形態の、βアドレナリン作用アゴニストの眼科用医薬組成物、又はβアドレナリン作用アゴニスト溶液と上記結晶微粒子懸濁液との混合物が包含される。上記組成物には、遅延放出型結晶微粒子懸濁液の形態の、βアドレナリン受容体脱感作を減少させるための化合物の眼科用医薬組成物も包含される。 (もっと読む)


【課題】親油性の治療薬を含む水性医薬組成物を提供する。
【解決手段】化合物2,6−ジイソプロピルフェノール(プロポフォール)を含む水性医薬組成物。好ましい組成物は、少なくとも1種のブロックコポリマー(例えば、P188または別のポロキサマー)およびポリエチレングリコール(PEG)の存在下でプロポフォールを含む。該組成物は、滅菌されているかまたは容易に滅菌される(例えばオートクレーブ処理によって)ことが好ましく、これはヒトを含む任意の動物に非経口投与するのに適している。該組成物は、また、広範囲の環境条件にわたり化学的にも物理的にも長期間安定である。 (もっと読む)


181 - 200 / 3,518