説明

Fターム[4C206MA03]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | 配合剤、剤型、適用部位 (52,323) | 配合成分が3以上のもの (3,518)

Fターム[4C206MA03]に分類される特許

2,081 - 2,100 / 3,518


【課題】D−リボース、コエンザイムQ10及びカルニチンなどの薬効物質の有する効果を高め、即効的に自律神経活動を活性化させて、血管拡張による血流を促進し、疲労を回復する効果に優れた食品組成物を提供すること。
【解決手段】D−リボース、コエンザイムQ10及びカルニチンなどの薬効物質を含有する食品組成物において、ペクチンの加水分解物を配合する。 (もっと読む)


【課題】かぜ薬などの経口液剤にトラネキサム酸を配合した場合、その安定性が損なわれる。
【解決手段】トラネキサム酸,甘味剤およびクエン酸などの可食性酸またはその塩を含有する経口液剤。 (もっと読む)


【課題】 手指の消毒効果と手荒れ防止効果を兼ね備えた新規な医薬組成物を提供すること。
【解決手段】 ビグアナイド系カチオン殺菌消毒剤グルコン酸クロロヘキシジン又はその塩、エタノール、油性基剤、高級脂肪族アルコール、親油性と親水性の非イオン界面活性剤、水溶性多価アルコール、及びグルコン酸を含み、前記グルコン酸クロロヘキシジンが殺菌消毒剤全重量あたり0.1−1重量%であり、かつ、手指消毒評価による殺菌効果が少なくとも3時間持続することを特徴とする医薬組成物。 (もっと読む)


内皮細胞特異的プロモーター活性を示す単離されたポリヌクレオチド配列、新規のシス調節因子、及び異常な血管新生または細胞増殖によって特徴付けられる弛緩の治療を可能にするそれらの使用方法が開示される。 (もっと読む)


【課題】眼精疲労の予防または回復のために用いられる眼精疲労改善組成物を提供すること。
【解決手段】式
【化1】


で表されるクロセチンまたはその薬理学的に許容しうる塩とビタミン類、アントシアニン類、カロテノイド類(クロセチン、ビタミンAを除く)、イチョウ葉エキス、n−3系多価不飽和脂肪酸から選ばれる少なくとも一種類を含有することを特徴とする眼精疲労改善組成物。 (もっと読む)


本発明は、活性成分として、これらに限定されるものではないが、コハク酸メトプロロールなどのβ遮断薬を含む徐放性医薬組成物およびそれら徐放性医薬組成物の調製方法を提供するものである。 (もっと読む)


【課題】 人体表面に薬剤を輸送する装置と方法を提供する。
【解決手段】 本発明の処方は薬剤,処方を固相以下から密着性の柔らかい固相へ変換可能な変換剤,および薬剤および変換剤のビヒクル媒体またはキャリアからなる。薬剤処方はこの人体表面へその固相以下で塗布され,次いで薬剤が人体表面を通って輸送される間に柔らかい固相へ変換される。薬剤の輸送の完了後,柔らかい固形処方は体表面から密着性の固体処方として除去または剥離することができる。薬剤処方は薬剤輸送速度の制御を行い,体表上に汚れた処方残査を残さずに処方を除去することができる。 (もっと読む)


【課題】腸菅がカルシウム等の元素を吸収するのを促進し、進んで人体の新陳代謝機能をも促進させ得る真珠酢及びその製造法を提供する。
【解決手段】真珠表面に付着した雑質を除去する洗浄ステップと、雑質除去後に真珠を乾燥させてから、更に粉末状になるまで粉砕を施す粉砕ステップと、前記真珠に酸化亜鉛及び酢酸溶液を混合させ、化学反応により二酸化炭素ガスを発生させ、前記反応が更に進んで前記二酸化炭素ガスが発生しなくなった時に、基本液化態様の真珠酢が完成されるようになる混合ステップと、を含んでなる真珠酢製造法と、前記方法によって製造された真珠酢である。また、基本液化態様の真珠酢に、リジン、タウリン、紅麹アルコール抽出物、及びステビオシドの中から選択された何れか一種または一種以上を適宜量添加してなることを特徴とする。 (もっと読む)


マイクロカプセル化した精油の新規の調製法を開示する。精油を含有するマイクロカプセルまたはそれを含有する製剤は種々の非農業用途に使用することができる。 (もっと読む)


【課題】刺激が少なく安全で、べとつきがなく使用感の良い涙液の蒸発亢進に伴うドライアイ及びその諸症状の予防又は改善に有効なO/W型エマルション水性点眼剤を提供する。
【解決手段】油分、ムコ多糖、並びに、レシチン及び非イオン性界面活性剤の少なくとも1種、を含有することを特徴とするO/W型エマルション水性点眼剤。 (もっと読む)


ブデソニド溶液などのコルチコステロイド混合物が、酸素欠乏条件下にて混合物の有効成分および非活性成分により調製される。得られる混合物は、薬学的有効成分であるコルチコステロイドの優れた安定性を示す。本発明は、コルチコステロイド混合物を製造する新規の方法であって、得られる混合物が既知の方法に比べて優れた安定性を有する、方法を提供する。また、本発明は、コルチコステロイド混合物を調製するプロセスを提供し、このプロセスは、前記コルチコステロイド混合物の成分(出発物質としてコルチコステロイドおよび水を含む)を、酸素欠乏条件下にて混合容器内で混合して前記コルチコステロイド混合物を産生する手順を含む。
(もっと読む)


本発明は、エンベロープを持たないウイルス粒子を不活化する方法を提供する。この方法は、ウイルスを、殺ウイルス効果が増大されたアルコール組成物と接触させることを含んでなり、前記組成物は、アルコール、及びカチオン性オリゴマー又はポリマー、プロトンドナー、カオトロピック剤、及びそれらの混合物からなる群から選ばれるエンハンサーを含む。 (もっと読む)


【課題】 軽度のうつ病若しくはうつ症状に対し、効果的な改善或いは予防作用を有し、長期間服用しても安全な薬剤を提供する。
【解決手段】 冬虫夏草、南天、オレイン酸からなる群より選択される1種又は2種以上を有効成分とする、抗うつ剤。冬虫夏草としては、超臨界又は亜臨界流体で抽出した抽出物を用いることが好ましい。南天は、南天実を用いることが好ましい。 (もっと読む)


本発明は、ERβ選択的リガンドの水性配合物に関する。いくつかの実施形態において、配合物は、ERβ選択的リガンド、可溶化剤/錯生成剤成分、およびpH調節成分を含む。本発明は、さらに、配合物の調製法およびその使用も提供する。 (もっと読む)


α2アドレナリン受容体アゴニスト、例えばクロニジン、ブリモニジン、モノキシジン(monoxidine)、ロフェキシジンは、流涎症の治療に有用であり、、舌の側面、舌下又は頬側のルートで投与される。治療されるべき患者は、抗ムスカリン剤、例えばオキシブチニン、グリコピロラート、イプラトロピウムも投与される。 (もっと読む)


本発明は、髄腔内麻酔への使用を意図した、保存料を含まない、塩酸プリロカインの新規の高比重組成物に係り、大気温度(15〜27℃)において高い安定性を有することを特徴とするものである。また、本発明は、この組成物の製造方法にも関する。 (もっと読む)


【課題】 補助抗菌化合物の使用なしでも、常在型及び一時滞在型の皮膚フロラに対して、約3分未満で、約3より大のlog killを提供すると共に、塗布、乾燥後に、手に粘着性の残渣を残さない見た目にも美しい術前皮膚消毒用の組成物を提供する。
【解決手段】 術前消毒組成物を、組成物の全質量基準で、C1‐6アルコール少なくとも約50質量%;無機酸、有機酸、又はその混合物から選ばれる酸;及び陽イオン系オリゴマー又はポリマーにて構成する。 (もっと読む)


本発明の一態様は、プレコナリルまたはその薬学的に許容される塩を含有する溶液を含む薬剤であって、前記溶液を構成する少なくとも一種の溶媒がプレコナリル溶解グリセリド油で、該溶液はエアゾールミストとして吸入投与するのに適したものである薬剤を提供する。本発明の別の態様は、(i)プレコナリルまたはその薬学的に許容される塩を含有する少なくとも一種の溶液と、(ii)コルチコステロイド、抗ヒスタミン薬、去痰剤、非ステロイド性抗炎症剤、充血除去剤、抗コリン作動薬、薬学的に許容される亜鉛塩、抗生物質、ヒスタミンH受容体拮抗薬、ロイコトリエンD拮抗薬、ロイコトリエン抑制剤、PY作動薬、sykキナーゼ類似体、エキナシア、ビタミンC、およびビタミンEからなる群の中の一種以上を含む薬剤を提供することである。 (もっと読む)


【課題】エンドルフィンに関係する病状の治療用の薬剤の製造のための、アヘン剤拮抗物質の提供。
【解決手段】エンドルフィンが介在する病状の治療用の薬剤の製造のための、アヘン剤拮抗物質およびカルシウム塩の併用法であって、アヘン剤拮抗物質のナロキソン、ナルトレキソンおよび、ジプレモルフィン、ナルブフィン、ベータクロロナルトレキソニン、ナルトレキソナジン、ナロキサゾン、ナルメフェン、ベーターフナルトレキサミン、ICI 174.864、7−ベンジリデンナルトレキソン(BNTX)、ナルトリンドール、ノルビナルトルフィミン、ノルビナルトルファミン、ナルトリベンなど選択されるその他のアヘン剤拮抗物質を使用する、方法など。 (もっと読む)


【課題】 コエンザイムQ10は生体にとって必須の成分であり、これを飲食品・化粧品・医薬品・飼料に適用することは大きな需要がある。その利用を妨げているのは水への分散性が悪いこと、および結晶化しやすいことが挙げられる。本発明はコエンザイムQ10を水に容易に均一分散させることと、結晶化を抑制すること、この2点を同時に解決したコエンザイムQ10組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】 コエンザイムQ10と、ポリグリセリンの水酸基価が1,200以下であり、かつ全ての水酸基のうち1級水酸基が50%以上であるポリグリセリンと脂肪酸がエステル化されたポリグリセリン脂肪酸エステルを含有することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


2,081 - 2,100 / 3,518