Fターム[5H180CC00]の内容

交通制御システム (133,182) | 検出手段 (15,986)

Fターム[5H180CC00]の下位に属するFターム

Fターム[5H180CC00]に分類される特許

1 - 4 / 4


【課題】本発明は、簡易な構成で、自在に道路の危険箇所に交通安全表示体を設置し、車両又は歩行者にに注意を喚起することのできる交通安全表示体及び交通安全表示体を用いた交通安全表示システムを提供することを課題とする。
【解決手段】 横断歩道等の道路の危険箇所に設置し、車両又は歩行者に発光表示することで危険を喚起する交通安全表示体を用いた交通安全表示システムにおいて、危険箇所に設置された表示本体より所望の距離をおいて設けられた感知体で車両又は歩行者を感知した後、感知した情報を表示本体に送信して早期の発光表示を行うことで、車両又は歩行者に注意を喚起することである。 (もっと読む)


【課題】多数のプローブデータから類似する特徴データを抽出し、その特徴データが対応する道路区間に交通情報をリアルタイムで付加し、配信する。
【解決手段】センタ装置10は、現況プローブデータ記憶部21に記憶されたある道路区間のプローブデータについて、特徴空間射影処理部14により特徴空間射影処理を行い、その特徴データを抽出し、変化点検出部15、イベント区間分割部16およびイベント割付部17により、その特徴データに対応する道路区間を定めてイベント情報を割り付け、イベント情報配信部18により配信する。車載端末装置30は、プローブデータ分割部34と直交成分分解部35により、センタ装置10から取得した主成分得点ベクトルを用いてプローブデータの分割と直交成分分解を行い、アップリンクするプローブデータの削減を図る。 (もっと読む)


【課題】 音像が定位された音に加えて機械的刺激をヘルメットの装着者に与えることにより、同装着者に認識させたい方向をより明瞭に知覚させることができる方向情報報知装置を提供すること。
【解決手段】 この方向情報報知装置は、自動二輪車BYに適用され、ヘルメット10に装着された運転者用ヘッドホン11及び複数のバイブレータ13、警報装置22、並びに車載ユニット30等からなる。方向情報報知装置は、警報装置から発生される音源信号とその付随情報(例えば、どの方向から障害物が接近するかについての情報)に基づいて同音源信号に基づく警報音の音像を定位させるとともに、その音像の定位位置の方向にあるバイブレータ13の少なくとも一つを振動させる。 (もっと読む)


【課題】交通トラヒック等の様々な要因によって変化する通信トラヒック量をより正確に予測する移動通信システムを提供することを目的とする。
【解決手段】移動通信システムは、交通トラヒックモニタが検知する交通トラヒック量から、時系列予測モデルを用いて、車両種別又はエリア別毎の未来の交通トラヒック量を予測する交通トラヒック量予測手段と、車両種別又はエリア別毎の現在以前の交通トラヒック量と、車両種別又はエリア別毎の現在以前の通信トラヒック量との関係に基づき、車両種別又はエリア別毎の現在以前の交通トラヒック量と、車両種別又はエリア別毎の未来の交通トラヒック量から、未来の通信トラヒック量を導き出す通信トラヒック量予測手段とを有する。 (もっと読む)


1 - 4 / 4