説明

国際特許分類[A23L1/221]の内容

国際特許分類[A23L1/221]の下位に属する分類

国際特許分類[A23L1/221]に分類される特許

81 - 90 / 377


【課題】クロモジ含有香料が長期安定に食品分野・医療分野・香料分野に存在する新規化合物の組成物を提供する。
【解決手段】クロモジ香料組成物の抽出成分を他の香料組成物の一種類又は、二種類以上の化合組成の含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 ゴマ及び/またはゴマ香料を含有する液状食品において、脂質量や熱量をさほど上げることなくゴマ様の外観、食感およびゴマ香気を付与することを課題とする。また、ゴマ使用量を抑制した液状食品であるにも関わらずゴマの外観や食感、香気の満足のいく食品を提供することを課題とする。
【解決手段】 ゴマ及び/またはゴマ香料と、穎果の果皮を含有することを特徴とする液状食品、;前記穎果の果皮が小麦ふすまである液状食品、;前記穎果の果皮が1mmメッシュパス、0.5mmメッシュオンの大きさのものであり、前記穎果の果皮を0.5質量%以上10質量%以下の割合で含有する液状食品、;前記穎果の果皮が焙煎されたものである液状食品、;;前記穎果の果皮が小麦ふすま及び/または米糠である液状食品、;前記液状食品が、脂質含有量が3質量%未満であるかまたは100g当たりの熱量が40kcal以下の液状調味料、;を提供する。 (もっと読む)


【課題】 従来技術では回収しきれなかった質の良い香気成分を回収し、さらには、前記香気成分を原料の一つとして用いてなるつゆ類を提供することを目的とした。
【解決手段】 節類、もしくは、節類及び節類乾燥重量の3倍量以下の抽出溶媒を混合したもの、を抽出タンク内に入れ、前記タンク内に蒸気を注入することによって前記節類から抽出された成分を、揮発させて冷却部に送気し、冷却凝縮温度が10℃より高い温度から70℃未満で留出する成分を回収することを特徴とする、香気成分含有液の製造方法、;前記方法から得られる節類の燻煙香を有し且つ嗜好性の高い香気成分含有液、;前記香気成分含有液をつゆ類の原料として用いることを特徴とするつゆ類の製造方法、;を提供する。 (もっと読む)


【課題】
植物性の素材から、非常に高濃度であって、さらに、素材の有する香りが従来のものに比べてより自然に表現されたフレーバーの回収方法を提供する。
【解決手段】
水蒸気蒸留法により植物性素材から香気成分を溜出させて得られた溜出液を気液向流接触蒸留法に供し、そこで得られる香気成分を回収することにより、ナチュラルフレーバーを調製する。 (もっと読む)


【課題】
わさび、からし等、香辛料の本来保有する辛味や風味を損なうことなく、そのまま保持して長期間保存を可能とし、従来のわさびの欠点を改良した、辛味、風味の保存性が向上されたはわさび粒状ペーストを提供することにある。
【解決手段】
はわさびの葉、茎、根の各々の単独、または混合系を破砕して、1mm〜5mmの形状にして、主成分としてグリシンを含有する添加剤を含むはわさび粒状ペーストである。 (もっと読む)


【課題】手間のかかるだし取り作業を行わなくても、魚由来のだしの風味を強く感じさせる魚だし風味増強剤を提供する。
【解決手段】寒天、ゼラチン、ジェランガム及びカラギーナンから選ばれる少なくとも1種と、ヒアルロン酸及び/又はその塩を有効成分として配合する魚だし風味増強剤及び魚だし入り食品。 (もっと読む)


本発明は、天日塩製造方法において、乾燥された天日塩を色差選別機に投じて異物を選別して除去する段階を含むことを特徴とする天日塩の製造方法及びその方法によって製造された天日塩を提供する。
前記乾燥された天日塩は、塩田で採塩した天日塩から苦塩を除去する段階;
苦塩が抜けた天日塩を濃縮含水で洗浄して異物を除去する段階;
洗浄された天日塩を下部が網紗になっているトンバックに保存して自然脱水させて水分含有量を12〜17w/w%になるべく減少させる段階;及び
水分が減少した天日塩を加熱して乾燥させる段階を含む方法によって製造されることができる。本発明によれば衛生的でありミネラル含有量が失われなかった天日塩を便利に製造することができる。
(もっと読む)


本発明は、濃縮野菜フレーバーであって、前記濃縮野菜フレーバーは所望の野菜フレーバーの食品を得るための濃度であり、最終濃度が食品の0.1%w/w未満になる量で前記食品に添加され、濃縮野菜フレーバーに関する。本発明はまた、前記濃縮野菜フレーバーを製造する方法と、濃縮野菜フレーバーを添加するステップを含んでなる食品を調製する方法にも関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、特に肥満、高脂血症、高血糖を抑制する効果を有する香辛料組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】少なくとも、ガルシニア、桑葉、トウガラシ及びショウガの4種の香辛料を含有する香辛料組成物が本発明により提供される。当該組成物を摂取することにより、抗肥満効果、抗高脂血症効果、及び抗高血糖効果を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】無果汁又は果汁含量の低い果汁飲料などの飲食物に対して、高果汁飲料のような風味、コク、ボリューム感・濃厚感を付与できる呈味付与剤を提供する。
【解決手段】シトロプテンを有効成分として含有することを特徴とする呈味付与剤あるいはその呈味付与剤を含有する香味料組成物を添加することにより、飲食物とくに、低含量の果汁飲料に濃厚感を付与することができる。またこのシトロプテンは、レモンコールドプレスオイルから得ることができる。 (もっと読む)


81 - 90 / 377