国際特許分類[B60N2/00]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない乗客設備 (12,280) | 特に車両に適した座席;車両における座席の配置または取付け (10,439)

国際特許分類[B60N2/00]の下位に属する分類

国際特許分類[B60N2/00]に分類される特許

1 - 10 / 47


【課題】シート装置の不使用時などに、シート装置のシートをコンパクトな収納状態にするための作業が容易にできるようにする。
【解決手段】車両のシート装置は、着座可能な通常姿勢から上方に向かって往、復回動A,B可能となるよう車体2に枢支されるシート11の着座部12と、着座部12に回動C,D可能に枢支され、回動端部が車体2に当接して着座部12を通常姿勢に保つよう支持する脚部16と、往回動Aにより起立姿勢にした着座部12を車体2に係脱可能に係止する係止具30とを備える。係止具30が、車体2に形成される係止部31と、脚部16に形成される被係止部32とを備える。起立姿勢にした着座部12に沿うよう脚部16を下方回動Eさせたとき、脚部16と共に回動する被係止部32が係止部31に係止されるようにする。 (もっと読む)


【課題】部品点数の削減を図りかつ装着したカバーがずれることを抑制又は防止する。
【解決手段】カバー20の裏面側には縦方向取付部材22及び横方向取付部材24が縫製により取り付けられている。シートバックパッド18にはこれらの取付部材22、24を挿通させるための縦方向スリット72、横方向スリット70が形成されている。さらに、シートバックパッド20の裏面側に配置されるシートバックボード16のバックバネ部38の前面には、縦向き樹脂爪部58及び横向き樹脂爪部60が一体に形成されており、縦方向取付部材22の係合部22B及び横方向取付部材24の係合部22Bが弾性的に係合されるようになっている。 (もっと読む)


【課題】姿勢を容易に保持することができる座位保持装置を提供する。
【解決手段】人が座る座面11と人の上体背面を支持する上体支持面21とを有する座席1において、上体支持面21に、腸骨において座位状態で後方に突き出す一対の腸骨凸部とそれぞれ突き合わせられる一対の腸骨支持凸部80を設ける。また、座面11に、座骨において下方に突き出している一対の座骨凸形状部を収容する一対の座骨収容凹部40を設ける。 (もっと読む)


【課題】左右方向にくずれた姿勢を元の姿勢に戻しやすい座位保持装置を提供する。
【解決手段】人が座る座面11と人の上体背面を支持する上体支持面21とを有する座席1において、座面11に、大腿二頭筋と半膜様筋との間の凹みに嵌るように設けられた一対の太腿位置基準凸条70を設ける。この太腿位置基準凸条70により、座位状態における太腿の位置が安定する。通常の椅子であれば、上体を左右に動かすと、それに連動して太腿まで動いてしまうが、太腿位置基準凸条70により太腿の位置が安定しているので、上体が左右にくずれた場合にも、上体の左右へのくずれに連動して太腿までが左右に移動してしまうことが抑制される。そのため、上体が左右にくずれた場合にも、太腿の位置を基準として上体を元の適切な位置に戻すことができる。 (もっと読む)


【課題】一般鋼で成形されて枠組みされ、枠組状態で応力の集中する強度の必要なフレーム部分に熱処理を施して高張力鋼同等の強度を得る。
【解決手段】フレーム・メンバー13、14、15、16および23、24、25、26が一般鋼で成形されて一体的に枠組され、そして、その枠組状態でその強度の必要なフレーム部分あるいはその枠組全体に高周波焼入れ、液体浸炭、ガス浸炭などの何れかの熱処理を施して使用する。 (もっと読む)


【課題】シートの座り心地を向上し得るパッド支持装置を提供する。
【解決手段】パッド11bの裏面を支持する乗物シート用パッド支持装置1であって、パッド11bの裏面を弾性的に支持しかつ両端部が乗物シート10のフレーム11aに取付けられるばね部材2と、ばね部材2よりも弾性変形し難い材料から形成されかつ両端部がフレーム11aに取付けられるワイヤ3とを有する。ワイヤ3は、ばね部材2よりもパッド11bの裏面から離れた位置で、かつパッド11bまたはばね部材2の裏方向への弾性変形量を規制し得る位置に設置される。 (もっと読む)


【課題】車体を効果的に軽量化してコストダウンを図りつつ、乗員用シートの支持剛性を効果的に向上できるようにする。
【解決手段】車室の底面を形成するフロアパネル2の上方に少なくとも運転席シート3と助手席シート4とが車幅方向に並設された車両の上部車体構造であって、助手席シート4は、上記フロアパネル2に固定されるシートフレーム部材24と、該シートフレーム部材24に支持されたシートバック19等からなるシート本体部とを具備し、車室の内壁6a,6bを構成する車体部材に上記シートフレーム部材24が連結された。 (もっと読む)


【課題】装置本体ブロックに対するロックレバーの意図せぬ変位を防止することのできる車両用シートの固定装置を提供する。
【解決手段】固定装置10を、車体に固定される装置本体ブロック11と、装置本体ブロック11に挿入されたシート側の係止具の抜けを規制するロックレバー12とによって構成する。ロックレバー12に第1突起部33aを設け、装置本体ブロック11に第1突起部33aと係合可能な第1の規制孔部23aを設ける。第1突起部33aと第1の規制孔部23aはロックレバー12がロック位置にあるときに係合するようにする。第1突起部33aと第1の規制孔部23aの係合によってロックレバー12の意図せぬ変位を防止する。 (もっと読む)


【課題】乗り心地を維持しつつ、大幅に軽量化かつ減容化した自動車用シートの座部シート、バックシート、およびこれらを具備する自動車用シートを提供する。
【解決手段】本発明に係るバックシートは、金属製のバックシートフレームと、該フレームに被着可能な筒状伸縮弾性布体の外側表面に弾性発泡体が一体成形されてなるバックシートクッション材とを有してなり、本発明に係る座部シートは、両側部の上部にサブフレームが取り付けられている金属製の座部フレームと、前記サブフレームに被着可能な筒状伸縮弾性布体の外側表面に弾性発泡体が一体成形されてなる座部シートクッション材とを有してなる。前記筒状伸縮弾性布体は、好ましくはゴム弾性を有する有機高分子繊維を布状に成形してなる生地から構成される。 (もっと読む)


【課題】 車両用シートに搭乗者が着座した際に車両用シートに伝わる熱や湿気を効果的に逃がすことができ、長時間着座した際の座り心地を良好なものとすると共に、軟質樹脂層の劣化が促進されるのを抑制し、車両用シートの耐久性が低下するのを抑制することができる通気性に優れた車両用シート基材を提供することを課題とする。
【解決手段】 複数の発泡樹脂粒子aから形成された車両用シート基材1であって、前記発泡樹脂粒子a間に形成された空隙b1同士が連通して形成された連通空隙bが外部と連通するように形成され、該連通空隙bの内部を外気が流通可能に構成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 10 / 47