説明

古河電気工業株式会社により出願された特許

4,381 - 4,390 / 4,457


【課題】 電子機器の部品を、限られたスペース内に効率的に配置する。また、電子機器の部品を、効果的に冷却する。
【解決手段】 メイン基板381aと電源基板381bとで、放熱フィン306一体型のヒートシンク307とシールド308とを挟んだ構造とする。放熱フィン306には、フード142dを被せ、冷却用の空気を集めるようにする。メイン基板381aの主要部品とヒートシンク307とは、部品毎に熱伝導率の異なる熱伝導部材を介して接触させ、熱分布が均衡するようにする。 (もっと読む)


【課題】架等に固定された筐体内に挿抜可能なカードのプリント基板に搭載された発熱体の熱を簡単に効率良く筐体外に放熱し、かつ、静電気による誤作動防止やEMC特性を劣化させることがないプラグインタイプ装置の放熱装置および放熱方法を提供する。
【解決手段】プリント基板1と、プリント基板1の一つの端部に備えられたフロントパネル2と、プリント基板1の他の1つの端部に備えられたバックボード用コネクタ7とを有する少なくとも1枚の挿抜可能なカードを備えたプラグインタイプ装置の、プリント基板1上の発熱体6に一端が熱的に接続され、所定の経路を経て他端がフロントパネル2に熱的に接続されて、発熱体6の熱をフロントパネル2の所定部分に移動するマイクロヒートパイプ8を備えた、プラグインタイプ装置の放熱装置。 (もっと読む)



【課題】 監視領域への物の侵入を安定して高い精度で検出できる侵入検出装置を提供する。
【解決手段】 フェンス10によって規定された監視領域に応じて配設され、外力が加えられたときに、伝搬する光を当該外力に応じて偏波変動させる光ファイバ4と、光ファイバ4内に光を出射する光源2と、光ファイバ4内を伝搬する光の偏波変動に応じた周波数を持つ演算結果信号S22を生成する演算処理部22と、演算結果信号S22に含まれる周波数成分のうち、前記物の侵入が無いときに前記光伝搬線内を伝送する光に生じた偏波変動による周波数成分を除去して演算結果信号S23を生成するバンドパスフィルタ23と、演算結果信号S23に基づいて前記光の偏波変動を監視し、当該監視の結果に基づいて監視領域への前記者の侵入の有無を判断する侵入判断部25とを有する。 (もっと読む)


【課題】 光線路が断線したときに漏れ出す信号光が人体に危険を及ぼすのを回避するとともに、断線した光線路のみの信号光を遮断し他の光線路に影響を与えることのないようにすること。
【解決手段】 光増幅分配装置1に入力された信号光は、光増幅部2で光増幅され、光分配器3で分配され安全機構4を介して光出力ポート5から出力される。安全機構4は、光線路からの反射戻り光を分岐する光カプラと、光カプラからの分岐光を電気信号に変換する光/電気信号変換部と、光遮断部と、光/電気信号変換部からの信号に基づき光遮断部を駆動して光遮断させる制御部を備えている。光コネクタが離脱したり光線路が切断される等、光線路が断線すると、その光線路での反射戻り光が急増する。この反射戻り光は上記安全機構4の光カプラで分岐され電気信号に変換され制御部により光遮断部を動作させ光路を遮断する。 (もっと読む)


【課題】 従来の電気接続箱は、固定金具等を用いてヒートパイプが取付けられていたので、ヒートパイプの取付け時、あるいは電気接続箱の組立て時にヒートパイプを傷つけぬよう細心の注意を払わなければならないという問題があった。また、軽薄短小化が図られた電気接続箱はスペース的に余裕がなく、固定金具を用いて複数のヒートパイプを確実に取付けることは困難であった。
【解決手段】 回路が形成されたプリント配線板あるいはバスバーを筐体内に収納した電気接続箱において、前記筐体内に、放熱部と集熱部とを備えたヒートパイプを形成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 クラッドモードの光が導波路コアへ入射したり、他のポートへ漏れ込むことを抑えることが可能な光導波路回路とその製造方法を提供する。
【解決手段】 基板1a上に所望形状の導波路コア1b,1cが形成された光導波路回路1とその製造方法。光導波路回路1は、導波路コア1b,1cの両側あるいは片側に沿って、導波路コアの屈折率と実質的に同一の光閉じ込め部1d,1eが配置されている。 (もっと読む)



【課題】 電波周波数の異なる複数の放送波を送信するに好適な無指向性の送信アンテナ装置を提供する。
【解決手段】 半径Rの円筒面C上に等角度間隔に配列した複数(N個)のアンテナエレメントA,Bをそれぞれ備え、互いに異なる電波周波数が割り当てられた第1および第2の多面合成アンテナ10,20の上記各アンテナエレメントA,Bを前記円筒面C上に交互に配列し、見掛け上、1つの多面合成アンテナをなす如くアンテナ構造を実現する。そしてアンテナエレメントを各多面合成アンテナ毎に定められた位相差を与えて位相差給電して多面合成アンテナ間での干渉を抑え、周波数の異なる2つの放送波をそれぞれ無指向に放射する。 (もっと読む)


【課題】 プリント回路基板に実装された電気部品の発熱を電気接続箱外部に効率的に放熱できる電気接続箱を提供する。
【解決手段】 金属のコア部11cとコア部11cをサンドイッチ状に挟み込んだ絶縁層11a,11bとを備えたプリント回路基板11を筐体内に収容し、プリント回路基板11の絶縁層11aを一部除去してコア部11cを露出させ、この露出したコア部11cにヒートパイプ21の吸熱部を熱伝導性の良いクリップ31を用いて直接密着させる。 (もっと読む)


4,381 - 4,390 / 4,457