説明

Fターム[2C056EC24]の内容

インクジェット(インク供給、その他) (179,423) | 制御 (36,120) | 制御部位 (14,240) | 吐出、吸引回復部の制御 (1,260)

Fターム[2C056EC24]に分類される特許

1 - 20 / 1,260




【課題】内部吐出検査の欠点を補うことにある。
【解決手段】本発明に係る液体吐出検査装置は、媒体に対して液体を吐出するヘッドの内部の液体状態に基づいて液体の吐出不良を検知する内部センサーと、前記ヘッドに設けられたノズル面に付着した付着物を検知する付着物検知センサーと、を備える。 (もっと読む)


【課題】記録ヘッドがインクの吐出を速やか開始できるように、記録ヘッドの温度を適確に制御することができるインクジェット記録装置および記録ヘッドの駆動方法を提供すること。
【解決手段】センサ1,2の検出温度が基準温度未満のときに、それらのセンサ1,2に対応するサブヒータによって記録ヘッドを昇温させ、センサ1,2の検出温度が基準温度以上のときに、それらのセンサ1,2に対応するサブヒータによる記録ヘッドの昇温を止める。センサ1,2の検出温度の全てが少なくとも一度は基準温度以上となったときに、記録ヘッドからのインクの吐出を許容する。 (もっと読む)


【課題】インクのメニスカスに微振動を与えてノズル近傍でのインクの増粘を防止する手段を備えたインクジェット記録装置を用いて記録ヘッドを駆動する際、与えた微振動によりメニスカスが破壊され、吐出安定性が悪化する場合があった。
【解決手段】インクジェット記録装置の記録方法であって、記録ヘッドの駆動周波数に対応して、メニスカス破壊による吐出安定性悪化が生じない程度の適切な頻度にメニスカスの振動頻度を設定し、良好な吐出安定性を確保する。 (もっと読む)


【課題】内部吐出検査及び外部吐出検査それぞれの欠点を互いに補う。
【解決手段】本発明に係る液体吐出検査装置は、媒体に対して液体を吐出するヘッドの内部において液体状態を検知する内部センサーと、前記ヘッドの外部において液体の吐出不良を検知する外部センサーと、前記内部センサー及び前記外部センサーの検知結果に基づいて、前記ヘッドによる液体の吐出を回復させる回復動作を、複数種類の回復動作の中から選択するコントローラーと、を備える。 (もっと読む)


【課題】インクの混色を抑制する。
【解決手段】プリンタは、互いに異なる色のインクを吐出する複数の吐出口を有するヘッド1と、吐出面1aを払拭するワイパ51を有する払拭機構50と、インクを排出させるパージ動作を行うポンプと、パージ動作、ワイピング動作及び吐出フラッシング動作を行うように、これらを制御する制御部とを含んでいる。制御部は、パージ動作の後、ワイピング動作を行うと共に、ワイピング動作においてワイパ51が通過した吐出口から順にインクを吐出するように吐出フラッシングを行うようにする。 (もっと読む)


【課題】内部吐出検査の欠点を補うことにある。
【解決手段】本発明に係る液体吐出検査装置は、媒体に対して液体を吐出するヘッドの内部において液体状態を検知する内部センサーと、前記ヘッドの外部において液体の吐出不良を検知する外部センサーと、を備え、前記内部センサーの検知結果に基づいて、前記外部センサーの検知を行うか否かを決定し、前記外部センサーの検知結果に応じて、前記ヘッドによる液体の吐出を回復させる回復処理を行う。 (もっと読む)


【課題】メニスカスの破壊による不具合をより確実に抑制することが可能な液体噴射装置を提供する。
【解決手段】インクを貯留したインクカートリッジ3と、当該インクカートリッジが装着される記録ヘッド2との間の相対位置変動を検出する変位センサー20を備え、プリンターコントローラーは、変位センサーによって検出された相対位置変動量が閾値を超えた場合に、キャッピング機構によってノズル30に対して吸引を行ってメニスカスの回復処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】インクジェットプリンタにおいて、少なくとも1つのインクカートリッジでインクエンドが発生している場合に、残っているインクでの強制的な印刷が可能なページ数を増やすこと。
【解決手段】インクカートリッジ10のインク残量がゼロになったことが検知された状態において画像形成出力を実行する場合、インクカートリッジ10のインク残量がゼロになっている色以外のインクにより画像形成出力が実行されるように、且つ、通常状態の画像形成出力におけるインク消費量よりもインク消費量が少なくなるように記録ヘッド34を駆動制御するための情報を生成することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 記録媒体の厚みに応じて記録液吐出手段と記録媒体の記録面との間の距離を調整し、記録媒体に記録液吐出手段から記録液を吐出させて画像を形成する画像形成装置において、使用者が記録液吐出手段の洗浄のメンテナンスをいつ行ったらよいかを容易に判断できるようにする。
【解決手段】 主制御部80は、所定のタイミングのときに予め設定された判定基準に基づいて記録ヘッド24のメンテナンスの要否を判定するとき、記録ヘッド24と用紙の記録面との間の距離が予め設定された通常距離か否かを検出し、記録ヘッド24と用紙の記録面との間の距離が予め設定された通常距離の場合と通常距離以外の場合とで上記判定基準をそれぞれ異ならせ、上記判定によってメンテナンスの要と判定されたときに通知する。 (もっと読む)


【課題】メンテナンスで消費される液体の量の低減を図る。
【解決手段】液体を吐出する複数のヘッドと、複数のヘッドのそれぞれに対応したメンテナンスユニットであって、液体を消費するメンテナンスを行うメンテナンスユニットと、複数のヘッドのうち、ヘッドによる印刷可能範囲が所定範囲内となるメンテナンス対象ヘッドに対してのみ、メンテナンスユニットにメンテナンスを定期的に行わせる制御部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】インクジェットプリンターのメンテナンス作業を容易にするインクジェット用連続用紙を提供する。
【解決手段】インクジェットプリンター10によって搬送され情報が記録されるインクジェット用連続用紙80であって、情報が記録される記録領域95を有し、前記記録領域95以外の領域に、搬送方向と交差する方向において前記記録領域95の長さをカバーする長さの開口部96が形成されている。 (もっと読む)


【課題】不吐出ノズルの特定を行う上で有利な技術を有する記録装置提供する。
【解決手段】インクを吐出して記録媒体に記録を行う記録装置は、インクを吐出する複数のノズルが第1方向に沿って配列されたノズル列を含む記録ヘッドと、前記記録ヘッドにおける前記複数のノズルからインクを吐出することにより前記記録媒体に記録された検査パターンを、前記複数のノズルが配列する前記第1方向に並ぶ複数の輝度値として読み取る読取手段と、前記複数の輝度値のうち前記第1方向に所定の数が離れた2つの輝度値の差を差分値としてそれぞれ算出することにより、複数の差分値を算出する算出手段と、前記複数の差分値に基づいて、前記複数のノズルにおけるインクの吐出状態を解析する解析手段と、を含む。 (もっと読む)


【課題】印刷記録液を利用したノズル検査を適切なタイミングで実行する。
【解決手段】印刷ジョブが存在するとき、その印刷ジョブに含まれる印刷品質レベル(印刷モード)を読み出すS102。印刷品質レベルは、印刷モードが「はやい」モードのときには低レベル、「きれい」モードのときには高レベルとする。検査タイミングとは、インクを利用してノズルの詰まりが発生しているか否かを検査するノズル検査ルーチンを開始するタイミングであり、印刷品質が低レベルのときには大きな印刷パス数、高レベルのときには小さな印刷パス数に設定される。そして、今回の印刷ジョブに含まれていた印刷品質レベルに対応する検査タイミングを読み出し、それを今回の検査タイミングとしたあとS104、1頁分の印刷を実行しS110、その印刷時の印刷パス数が検査タイミングに達していたときにはノズル検査ルーチンを実行するS114。 (もっと読む)


【課題】吐出空間内に液体が残留しにくくする。
【解決手段】プリンタは、ヘッドと、キャップ機構と、加湿空気供給機構と、ワイパユニットと、これらを制御する制御装置とを含んでいる。制御装置は、メンテナンス信号を受信したときに、キャップ機構及び加湿空気供給機構を制御して、吐出空間に対して、封止状態で空気を第1開口から供給する第1供給動作に続いて、非封止状態で空気を第2開口から供給する第2供給動作を行う。この後、制御装置は、ワイパユニット及びキャップ機構を制御して、対向部材の表面を払拭する払拭動作を行ってから封止状態とする。 (もっと読む)


【課題】少量の補力液でオリフィス及びインク室を充分洗浄可能なインクジェット記録装
置を提供する。
【解決手段】振動源取付け軸とオリフィスの間に形成されたインク室が備えられているノ
ズルから噴出されたインク粒子に文字信号を帯電させる帯電電極と帯電されたインク粒子
を偏向させるための偏向電極により文字の形成を行ない、文字形成に用いられないインク
粒子は、ガターに捕らえられ、本体に戻され再利用される連続型のインクジェット記録装
置において、前記インク室に流体拡散板流体拡散板が配置されている。 (もっと読む)


【課題】 複数色を一体キャップするインクジェット記録装置では、放置後にヘッド内の染料濃度が変化することがある。このとき、ノズル中央部のデューティが高く、ノズル端部のデューティが低いマスクでマルチパス記録を行うと、ノズル列内の濃度分布により、画像ムラが発生する。
【解決手段】 印字中に前回予備吐からの所定時間が経過した場合、当該スキャンの記録を完了した後、予備吐を実施する。その際、予備吐はノズル中央部の発数が少なく、ノズル端部の発数を多く実施する。 (もっと読む)


【課題】厳密な焦点合わせを必要とせず、検出素子と液体吐出面との距離が変動した場合でも、液体吐出面の異常の有無を検出しうる検出装置、液体吐出装置、及び液体吐出面の検出方法を提供する。
【解決手段】インクジェットヘッド16の液体吐出面16Aに対して斜め方向から対向し、合焦対象面が液体吐出面16Aと交差するように配置された撮像部140とインクジェットヘッド16とを相対的に移動させて液体吐出面16Aを撮像する際に、液体吐出面16Aに対する撮像部140の撮像領域に合焦対象領域を設定し、撮像部140を液体吐出面16Aに合焦させ、撮像部160を液体吐出面16Aに合焦させている状態を維持しつつ、インクジェットヘッド16と撮像部140とを相対的に移動させながら所定の時間間隔で液体吐出面16Aを撮像し、合焦対象領域の撮像データから液体吐出面16Aの異常情報を生成し、液体吐出面16Aの異常情報を出力する。 (もっと読む)


【課題】駆動源からの駆動力を適切に切り替えて吸引ポンプ、ワイパーを駆動可能な小型でコンパクトな切替機構を備えた液体噴射ヘッドのメンテナンス装置を提案すること。
【解決手段】メンテナンス装置40は、キャップ64(1)〜65(4)とワイパー75(1)〜75(4)と、キャップ64(1)〜65(4)から廃インクを吸引する吸引ポンプ94と、キャップ64(1)〜65(4)をキャップ移動方向Vに移動させるキャップ駆動伝達機構80と、ワイパーを移動させると共に吸引ポンプ94を駆動するワイパー・ポンプ駆動伝達機構90と、キャップの移動位置に応じて、吸引ポンプ94の駆動もしくはワイパーの移動にワイパー・ポンプ駆動伝達機構90の駆動を切り替える駆動切替機構100とを有している。 (もっと読む)


1 - 20 / 1,260