説明

Fターム[4B063QA06]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 測定,試験の目的 (30,339) | 性質,機能の解析 (3,042) | 抗菌性,(それに対する)感受性,抵抗性 (378)

Fターム[4B063QA06]に分類される特許

361 - 378 / 378


本発明は、レポーターシステムであって、インビトロまたはインビボのいずれかで生産または発現される細胞から分泌可能であり、かつこのようなシステムを含む全ての動物からの体液に排出可能なレポータータンパク質をコードするレポーター遺伝子を含むレポーターシステムを提供する。このレポーターシステムは、代謝状態の変化もしくは病気の状態または毒物学的スクリーニングにおける毒物学的ストレスの結果に関連する、またはその結果として生じる遺伝子活性化事象または生化学的変化の検出に有効である。

(もっと読む)


肝細胞癌(HCC)を検出、診断、治療、および予防する客観的な方法を本明細書において記述する。特に、本発明は、正常細胞と比較してHCC細胞においてアップレギュレートされている、本明細書においてMGC47816およびHES6と呼ばれる二つの遺伝子に関する。一つの態様において、診断方法は、肝細胞癌細胞と正常細胞との間で異なるMGC47816またはHES6の発現レベルを決定する段階を含む。本発明はさらに、HCCの治療において有用である治療物質のスクリーニング方法、HCCを治療する方法、およびHCCに対して対象をワクチン接種する方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも1つのGABAR1aサブユニットおよび少なくとも1つのGABAR2サブユニットを含んでなり、該GABA受容体が1つの高親和性アゴニスト結合部位および1つの低親和性アゴニスト結合部位を有することを特徴とする単離されたGABA受容体タンパク質を提供する。特に、受託番号LMBP 6046CBで2003年8月22日にCHO−K1 h−GABA−b R1a/R2クローンとしてBelgian Coordinated Collections of Microorganisms(BCCM)に寄託されたhGABAR1a/GABAR2 CHO細胞系により発現される単離された組み換えGABA受容体タンパク質。従って、受託番号LMBP 6046CBで2003年8月22日にCHO−K1 h−GABA−b R1a/R2クローンとしてBelgian Coordinated Collections of Microorganisms(BCCM)に寄託されたhGABAR1a/GABAR2 CHO細胞系を提供することが本発明の目的である。本発明はまた、機能もしくは結合アッセイを用いてGABA受容体アゴニストを同定する方法における上記の細胞系の使用も提供する。特に、例えばH−GABAもしくはH−バクロフェンのような放射性標識アゴニストの使用を含んでなる放射性リガンド結合アッセイにおける。特定の態様として、本発明は機能もしくは結合アッセイを用いて高親和性GABA受容体アゴニストを同定する方法における上記のGABA受容体の使用を提供する。特に、例えばH−GABAもしくはH−バクロフェンのような放射性標識アゴニストの使用を含んでなる放射性リガンド結合アッセイにおける。あるいはまた、上記の結合アッセイは、細胞抽出物、特に上記の細胞の細胞膜調製物上で行われる。
(もっと読む)


本発明は、プロテアーゼ活性について、および脂肪症を含む肝障害についてのモデルとして有用である非トランスジェニック、非ヒト動物に関する。 (もっと読む)


胚幹細胞を神経及び運動細胞へと分化させる方法が開示される。一実施の形態では、本発明は、初期ロゼット形態を特徴とし、且つSox1-/Pax6+である大多数の細胞を含む細胞の集団を、FGF2、FGF4、FGF8、FGF9又はRAの存在下で培養することを含み、ここで細胞は、神経管様ロゼット形態を特徴とし、且つPax6+/Sox1-である。
(もっと読む)


ヒトPRKC遺伝子はβカテニン経路のモジュレーターとして同定されており、したがってこれらは欠陥βカテニン機能に関連する疾患の治療上の標的である。PRKCの活性を調節する作用剤を探すためにスクリーニングすることを含む、βカテニンのモジュレーターを同定する方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、細胞および/または細胞核内部への対象物質の侵入およびを促進することが可能なアミノ酸配列に関する。
【解決手段】前記アミノ酸配列は、以下の化学式を有しする:(X)p[(X)(B)X B X X B](X(I)。ここで、X1およびX2は、1〜20個のアミノ酸のアミノ酸配列であり、pおよびqは、0〜5の自然数であり、Bは塩基性アミノ酸であり、Xは、非塩基性、好適には疎水性のアミノ酸であり、例えば、アラニン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、バリンまたはチロシンであり、nは2または3であり、mは1〜4であり、oは0または1である。0と5との間;Bは塩基性アミノ酸であり、Xは、非塩基性、好適には疎水性のアミノ酸であり、例えば、アラニン、イソロイシン、ロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、バリンまたはチロシンであり、nは2または3であり、mは1〜4であり、oは0または1である。 (もっと読む)


本発明の好ましい態様は、特定の内在ERおよびゴルジタンパク質を選択的に薬理学的にダウンレギュレーションすることによる細胞内タンパク質輸送経路の阻害に関し、より詳しくは、これらの細胞内タンパク質輸送経路に依存する様々な疾患状態を治療する方法に関する。

(もっと読む)


一態様では、本発明は、ヒト腎臓c−DNAライブラリからクローニングし、ヒト味覚組織を含めた他の組織内でも発現されるヒト上皮ナトリウムチャネル(hENaC)のプロファイリング及びスクリーニングを行うための、哺乳動物細胞に基づいた高スループットアッセイに関する。本発明はさらに、ヒトENaC変調剤、好ましくはENaC相乗剤を同定するための、両生類卵母細胞に基づいた中スループット電気生理学的アッセイに関する。細胞に基づいたENaCアッセイにおいてENaCの機能を調節する化合物は、ヒトにおいて鹹味に影響を与えると予測される。本明細書中に記載したアッセイは、既存の細胞発現系よりも優れた利点を有する。哺乳動物細胞の場合、このようなアッセイは標準の96又は384ウェル培養プレート中で高スループット様式で行うことができ、ENaCの機能を阻害する化合物、好ましくはフェナミルなどのアミロライド誘導体を用いることにより増強されたアッセイ結果が得られる。本発明の卵母細胞電気生理学的アッセイ(二電極の電位固定技法)の場合、これらのアッセイによりヒトENaCを特異的に調節する化合物の同定が容易になる。本発明のアッセイは、hENaCの機能を促進(亢進)又は阻害する化合物の検出に有用な強固なスクリーニングを提供する。したがって、ヒトENaCチャネルの活性を亢進又はブロックする化合物はヒトにおいて鹹味を調節するはずである。
(もっと読む)


本発明は、特に細胞における分子事象の発生を証明する方法であって、特異的分子事象の発生の直接的または間接的マーカーである固定タンパク質マーカーの「可溶化」(または可溶化タンパク質マーカーの固定)を検出することを特徴とする、方法に関する。上記タンパク質マーカーは上記検出前の細胞中に存在し、細胞を検出前に原形質膜の透過性にし、これが可溶化したタンパク質を細胞外媒質中に放出し、従ってマーカータンパク質の存在が任意の適当な手段によって細胞または細胞外媒質に検出され、これにより可溶化または固定が起こったかどうか、従って相当する分子事象を検出することができる。
(もっと読む)


本発明は、本明細書においてインターロイキン17A/F(IL−17A/F)と命名するインターロイキン17とインターロイキン17Fのヘテロ二量体を含む新規な天然発生のヒトサイトカインを目的としている。また、これらの核酸配列を含んでなるベクター及び宿主細胞、異種ポリペプチド配列に融合した本発明のポリペプチドを含んでなるキメラポリペプチド分子、本発明のポリペプチドに結合する特異的抗体、並びに本発明のポリペプチドを製造する方法が提供される。更には、変性軟骨障害及びその他炎症性疾患の治療方法も提供される。 (もっと読む)


本発明は、組織または血液試料から患者における卵巣癌の存在を検出するためのゲノム解析の使用およびこの測定を実施するためのキットに関するものである。さらに本発明は、卵巣癌患者の処置方法に関するものである。 (もっと読む)


【課題】甲殻類動物、及び他の無脊椎動物における、dsRNAで誘導された特異的、及び非特異的免疫、及びそこで使用する生物送媒体を提供する。
【解決手段】少なくとも1種のdsRNAを投与することによる、無脊椎動物、例えば、軟体動物門、海綿動物門、有櫛動物門、棘皮動物門、海洋ミミズ、刺胞動物門、好ましくは甲殻類動物における、全身性非特異的、及び/配列特異的免疫応答を誘導する方法であって、該dsRNAが病原体に対する免疫を与えるか、成長、生殖、及び健康一般、又は"ロバスト性"に関与するような遺伝子の発現を調節する、前記の方法が提供される。また、発現が病原体に対する非特異的(全身性)免疫応答の誘導に関与する、甲殻類動物遺伝子などの、無脊椎動物遺伝子を同定する方法を提供する。また、甲殻類動物に、少なくとも1種のdsRNAを恒常的に投与する、好ましい送達系、及び方法であって、該dsRNAが、注入、浸漬、餌料、又は栄養媒体を経て投与されるか、或いdsRNAを発現し、かつエビなどの甲殻類動物により摂取可能である、例えば、酵母菌又は微細藻類のような微生物に含まれる方法を開示する。 (もっと読む)


ヒトSPPL遺伝子はp53経路のモジュレーターとして同定されており、したがってこれらは欠陥p53機能に関連する疾患の治療上の標的である。SPPLの活性を調節する作用剤を探すためにスクリーニングすることを含む、p53のモジュレーターを同定する方法が提供される。 (もっと読む)


本発明は、心肥大および心不全を処置および予防する方法を提供する。MEF-2およびクラスII HDACは心肥大および心疾患において主要な役割を有することが示され、クラスII HDACの阻害が有益な抗肥大効果を有することが示された。本発明は、MEF-2とクラスII HDACとの関連、PKDとして知られるキナーゼを提供する。本発明はさらに、PKD阻害剤が、一部に、MEF-2依存性転写が抑制される場合に起こる胎児性心臓遺伝子発現および細胞再構成を抑制することにより、心肥大および心疾患を抑制することを実証する。 (もっと読む)


本出願は、ヒトENDO180受容体の活性を調節することができる化合物を同定するための方法であって、前記化合物の非存在または存在中において、ENDO180受容体がインビボで特異的に相互作用する相互作用因子に対するENDO180受容体の結合を測定する工程と、ENDO180受容体の前記相互作用因子に対する結合が前記化合物によって影響を受けたか否かを決定する工程とを含む。本出願はまた、疾患、特に線維症の治療用の薬剤の調製における前記方法によって同定された化合物の使用である。本出願はまた、疾患の治療におけるENDO180修飾因子の使用に関する。 (もっと読む)


活性化単核食細胞により生産されたエンセファロトキシンは、アルツハイマー病(AD)、HIV−1関連痴呆(HAD)、クロイツフェルト−ヤコブ病、軽度認知障害、プリオン疾患、軽度認知/運動機能不全、急性脳卒中、急性外傷、または神経−AIDSのような神経変性疾患および神経炎症疾患を含む神経学的疾患を有する個体に存在する。本発明の方法によるエンセファロトキシンの生化学的検出は、初期の前徴段階で神経学的疾患の診断を可能とし、これにより疾患の進行に早期に介入し、ならびに神経変性疾患を発症する危険性がある個体または群の同定を可能とする。また本発明の方法は、神経疾患の進行および処置を監視するメカニズムも提供する。
(もっと読む)


本発明は血管新生および癌治療の過程においてニューロピリン-1の機能に干渉する分子に関する。本発明は血管新生、腫瘍への血管の侵入、または特定腫瘍細胞の転移可能性を低減、阻害ないし治療するために有効な分子、ポリペプチド、抗体、組成物および方法を提供し、更にニューロピリン-1の機能に干渉する分子を識別する方法を提供する。更に本発明は自然発生的腫瘍細胞の浸潤性または転移可能性が機能性ニューロピリン-1に依存するかどうかを決定する方法を提供する。 (もっと読む)


361 - 378 / 378