説明

国際特許分類[A61K8/04]の内容

国際特許分類[A61K8/04]の下位に属する分類

乳化 (1,750)

国際特許分類[A61K8/04]に分類される特許

311 - 320 / 353


本発明は、
a)A) 少なくとも1つのアニオン性界面活性剤;
B) 少なくとも1つの両性界面活性剤;および
C) アシルグルタメート、アミンオキシドおよびアルキルポリグルコシドから成る群から選択される少なくとも1つのさらなる界面活性剤
から成る界面活性剤混合物と、
b)− 脂肪アルコール;
− カチオン性界面活性剤;
− カチオン性ポリマー;
− カチオン性誘導体化タンパク質加水分解物;
− 水不溶性、揮発性シリコーンおよび/または水溶性、揮発性シリコーン;
− ビタミンおよび/またはプロビタミンおよび/またはそれらの生理学的に許容される誘導体
から成る群から選択される少なくとも2つのさらなるヘアケア物質
を含有する毛髪手入れのための化粧用製剤に関する。本発明の製剤は好ましくは、毛髪の清浄およびケアを同時に行い、毛髪のボリュームおよびふくらみに好ましい影響を与える2−イン−1シャンプーとして製剤化しうる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、改質ポリアミノ酸に基づき、および活性主成分(AP)の可送達化に使用することができる新規の生分解性材料に関する。本発明はまた、前記ポリアミノ酸に基づく新規の薬剤用、化粧品用、食事療法用または植物検疫用組成物にも関する。本発明の目的は、活性主成分の可送達化に使用することができ、および前記分野で必要とされるすべての仕様、すなわち、生体適合性、生分解性および多くの活性主成分と容易に会合する、または前記成分を可溶化し同成分を生体内で放出する能力を最適に満たすことができる新規のポリマー原材料を提供することである。
【解決手段】前記目的は、グルタミン単位と、任意選択でグルタメート単位とを含み、および炭素原子を8〜30個含む疎水基を有する新規のコポリヒドロキシアルキルグルタミンにより実現される。前記コポリヒドロキシアルキルグルタミンは両親媒性であり、活性主成分の可送達化用の粒子に容易にまた経済的に変形することができ、それにより前記粒子は安定な水性コロイド懸濁液を形成することができる。 (もっと読む)


天然の胎脂の水和、清浄化、及び他の特性を模する組成物及び前記組成物の製造方法。前記組成物は、天然の胎脂を模する水蒸気輸送及び蒸発水分損失特性、レオロジー、触覚、清浄化、並びに他の特性をもたらす水和性油中水型乳化粒子を含む。 (もっと読む)


【課題】ヒドロゲル接着剤のような接着剤、特に、少なくとも結合剤ポリマー及び水溶性可塑剤を含む接着剤組成物を提供する。
【解決手段】接着剤組成物は、少なくとも結合剤ポリマー及び水溶性可塑剤を含む。結合剤ポリマーは、接着剤組成物の重量で約10%から約60%の範囲で存在することができ、可塑剤は、約40重量%から約80重量%の範囲のような接着剤組成物の重量で約5%から約85%の範囲で存在することができる。一部の態様では、接着剤はまた、重量で約0%から約5%のような重量で10%よりも少ない高揮発性成分を含む。接着剤組成物は、パーソナルケア物品、健康/医療用物品、及び家庭/工業用物品を含む様々な物品に利用することができる。 (もっと読む)


【課題】 噴霧方式で、水系媒体への溶解性に優れ、かつ取扱いの容易なβ−マルトース含水結晶含有粉末とその製造方法並びに用途を提供する。
【解決手段】 マルトース含有溶液をマスキットとし、これを噴霧方式で粉末化し、次いで、比較的低湿度で高温の雰囲気に保ち、更に、比較的高湿度で低温の雰囲気に保ち、マルトース異性体としてマルトース中のα−アノマーを7%以上14%未満にし、得られるβ−マルトース含水結晶含有粉末は、無水物換算で、マルトース86%以上93%未満及びグルコース2%以上を含有し、結晶化度が62%以上72%未満であって、水系媒体への溶解性に優れ、しかも流動性良好で、取扱い容易な粉末であり、更に、飲食物、化粧品、医薬品など各種組成物への用途を確立して課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】既知のゼリー状化粧品を改善すること。
【解決手段】本発明は、界面活性剤と、グリセリンと、モノプロピレングリコールと、海藻抽出物とを含む化粧品に属する。 (もっと読む)


【課題】皮膚老化の徴候を緩和することを意図した皮膚を手入れする美容方法を提供すること。
【解決手段】この方法は、所定の組成を有する4種の組成物、すなわち、皮膚用微小剥離組成物、ピーリング組成物、鎮静組成物および老化防止組成物を、前もって濡らした皮膚に継続的に施用することを含む。本発明はまた、上記組成物の1つをそのそれぞれが含む、4種類のパッケージングを含むキットに関する。 (もっと読む)


本発明は、平均粒子径が0.5〜100μmの範囲内であるワックス分散液に関する。当該分散液は、(a)融点が25℃よりも高く、ジアルキル(ジアルキレン)エーテル、ジアルキル(ジアルキレン)カーボネート、ジカルボン酸もしくはヒドロキシル化された脂肪アルコールもしくはこれら物質の任意の混合物から選択される少なくとも1種の油成分またはワックス成分と、少なくとも1種の乳化剤とを含むワックス相、および(b)水相を含有する。本発明の分散液は、紙またはサージのコーティングに特に適している。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1種の難水溶性の又は非水溶性の活性物質と、保護コロイドとしての少なくとも1種のタンパク質とを含む水性分散液に関する。本発明は、該タンパク質が発酵によって産生された単細胞タンパク質物質であるという事実により特徴付けられる。 (もっと読む)


【課題】 天然に産するワックスと同様に良好なコンシステンシー付与性を有し、水性の系および油性の系との易相容性があり、視覚的に透明な外観を有し、容易に加工できそして有効物質(例えば日焦け止めフィルター)と相容性があり、温度安定性および貯蔵安定性を有するが、肌にやさしくかつ毒物学的に有害でないコポリマーワックスを含有する化粧料、薬剤および皮膚剤組成物の提供。
【解決手段】 このコポリマーワックスは炭素原子数26〜60のα-オレフィン、(メタ)アクリル酸の誘導体、例えばエステル、アミドまたは塩、並びに場合によっては他のモノマーから誘導される構造単位を含有している。 (もっと読む)


311 - 320 / 353