国際特許分類[G06Q40/00]の内容

国際特許分類[G06Q40/00]に分類される特許

1 - 10 / 3,536


【課題】複数の損害保険の目的物を査定するために移動しながら査定業務を行う査定人の業務を効率よく計画する。
【解決手段】査定支援システム1は、第一のサーバー200と、第一のサーバー200と第一のネットワーク10を介して通信可能な第二のサーバー300と、を備え、第一のサーバー200は、外部のサーバー100から発生した地震の震度情報を受信する震度情報受信手段と、震度情報を用いて、所定震度以上の地域に含まれる査定対象の契約を抽出する抽出手段と、抽出した契約を、所定数の契約により構成される査定グループに割り当てた査定計画情報を生成する査定計画生成手段と、査定計画情報を、契約を扱う所定の第二のサーバー300に配信する配信手段と、を備え、第二のサーバー300は、査定計画情報を受信する査定計画情報受信手段と、査定計画情報を出力する査定計画情報出力手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】輸送中動産に関する担保価値の評価を支援する。
【解決手段】コンピュータが物流拠点の端末205と通信し、発送された動産の識別情報等を含む発送情報を受信する処理と、輸送物の追跡装置215と通信し、輸送中である該当動産の識別情報等を含む追跡情報を受信する処理と、追跡情報が含む動産の識別情報を記憶装置101の発送情報に照合して該当動産の発送元および発送先の物流拠点の識別情報を抽出しテーブル125における該当組み合わせパターンを特定する処理と、この組み合わせパターンにおける必要な輸送期間等の情報をテーブル125より抽出し、追跡情報が含むイベントの発生日等の情報と比較して必要な輸送期間のうち経過期間が占める割合を算定する等して輸送進捗の割合を特定する処理と、特定した輸送進捗の割合の値を本来の評価金額に乗算し輸送中動産の担保価値を算定する処理とを実行する。 (もっと読む)


【課題】本発明のキャッシュレジスターは、販売情報を基に預金額を決定することを目的としている。
【解決手段】課題を解決するためのキャッシュレジスターは、預金額を決定する預金額決定手段を備えた、キャッシュレジスターであって、預金額決定手段による預金額の決定が、販売情報を基に行われることを、特徴としている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、無人で遺失媒体を回収することができ、かつ安全に謝礼金の受渡しをすることができる遺失媒体処理システムおよび謝礼金支払い方法と、これを実現する自動取引処理装置を提供することを目的とする。
【解決手段】拾得した遺失媒体の投入を受付け該遺失媒体の遺失媒体情報を読取るカード機構部・明細票機構部102または通帳機構部103と、拾得者の情報を入力許容する操作部101と、前記遺失媒体情報と前記拾得者情報とを関連付けて記憶する各種ファイル204とを備えた遺失媒体処理システムであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】特定の品目(例としては、定額所得インストルメントのような品目)のオークシ
ョンベース取引の取引管理を実行するデータ処理システムを提供すること。
【解決手段】データ処理システムが一連の取引パラダイムを通して実行される高度に構築
された取引プロトコルを提供する。ユーザワークステーション(10)が、ソフトウェア
の制御を含む中央サーバ(20)にリンクされる。取引活動へのアクセスは、通信サーバ
(30)および遠隔サーバ(40)で行われる。そのプロトコルにしたがって、入札と落
札がシステムに入力、または消去され得、もしくは取引状態に左右され、参加者は入札と
落札を修正する機会を与えられ得る。そのプロトコルは取引効率を向上させ、市場メーカ
ーに報酬を与え、システムユーザに取引機会を分散する。 (もっと読む)


【課題】新規に口座開設する際は本人生体情報を登録した仮のICカードを発行し、後日郵送された正式ICカードに自動預払機(ATM)で仮カード内の生体情報を書き移すことで、窓口来店の回数を初回のみに減らすことができる。しかし正式カードが郵送されるまでの間に仮カードを紛失した場合に、新しい仮カードを再発行しても紛失した仮カードが使用可能な状態で残る問題がある。
【解決手段】上記の課題を解決する為に、本発明においては、仮カード内に口座暗証番号に基づく案層認証データを登録し、ATMで仮カードを使用する際は口座暗証番号で認証することにした。これにより仮カードを紛失した場合は口座暗証番号を変更することで、紛失した仮カードを使用停止にできるようにした。 (もっと読む)


【課題】特殊貨幣の両替業務において、処理時間を短縮し、かつ識別の精度を向上させる。
【解決手段】ネットワークを介して端末装置100と接続されるサーバ装置200は、端末装置100と通信する通信部210、特殊貨幣の見本画像情報が格納された記憶部220、端末装置100から通信部210を介して取得した、端末装置100により入力された識別対象貨幣のキー情報に基づいて、記憶部220から識別対象貨幣に対応する特殊貨幣の見本画像情報を抽出する抽出部230、および抽出された見本画像情報を含む特殊貨幣の識別用情報を生成し、識別用情報を、通信部210を介して端末装置100に提供する情報生成部240を備える。 (もっと読む)


【課題】作業者による関与を削減し、名寄せ処理効率の向上を図ること。
【解決手段】指定部301は、データ群の中から、名寄せしあう第1のデータおよび第2のデータを指定する。特定部302は、第1のデータと名寄せしあう第3のデータを特定する。この場合、決定部303は、第2のデータと第3のデータを、名寄せしあうデータの組み合わせに決定する。また、決定部303は、第2のデータを含むグループのデータと、第3のデータを含むグループのデータを名寄せ元/先データとする組み合わせのデータどうしを、名寄せしあうデータの組み合わせに決定する。 (もっと読む)


【課題】注文者に対する取引上の損失を好適に抑制する環境を提供しつつ、現物の株式取引における株価指数自体を取引対象とした株価指数先物取引を提供する。
【解決手段】現物の株式取引における株価指数を取引対象とする株価指数先物取引において呼び値をするマーケットメーカーのビッド値又は/及びオファー値を用い、株価指数先物取引を行う注文者が注文者端末を介して入力した注文情報に対する取引処理を遂行するとともに、取引日終了後の日々の値洗い処理において、取引終了時点において注文者が保有する未決済建玉に対し、該取引日から翌取引日までの期間の金利相当額及び該取引日の配当相当額を算出し、算出された金利相当額及び配当相当額を未決済建玉の買い方及び売り方との間で受け渡す処理を遂行するとともに、当該取引日における清算価格を用いた未決済建玉の差金損益を算出する。 (もっと読む)


【課題】市場における複数の商品の間のスプレッド取引を容易に行うことができる電子取引方法を提供する。
【解決手段】少なくとも1つの電子取引所から、第1の商品を表す第1の市場データを受信するステップと、少なくとも1つの電子取引所から、第2の商品を表す第2の市場データを受信するステップと、スプレッドについて入手可能な最高ビッド価格及び最低アスク価格を、第1の市場データ及び第2の市場データに基づいて計算するステップと、第1の価格レベルに関する第1のインジケータを共通価格軸に沿って動的に表示するステップと、第2の価格レベルに関する第2のインジケータを共通価格軸に沿って動的に表示するステップとを有する。そして、第1のインジケータは、スプレッドについて入手可能な計算された最高ビッド価格に関連付けられ、第2のインジケータは、スプレッドについて入手可能な計算された最低アスク価格に関する。 (もっと読む)


1 - 10 / 3,536