説明

Fターム[2C065AD02]の内容

サーマルプリンタ(構造) (12,698) | 用途 (294) | ラベルプリンタ (165)

Fターム[2C065AD02]に分類される特許

1 - 20 / 165


【課題】複数枚の印刷指示や、複数の印刷データの印刷指示が送信されて印刷が行われている最中などに、他の印刷データの割り込み印刷を行うことのできるプリンタを提供する。
【解決手段】入力された印刷データに基づき印刷媒体に対する印刷を実行する印刷手段と、一の印刷データに基づく印刷媒体に対する印刷手段による印刷を一時的に停止する一時停止手段と、他の印刷データを選択する選択手段と、印刷が停止されている一の印刷データに換えて、他の印刷データに基づく印刷媒体に対する印刷手段による印刷を実行する割込印刷手段と、他の印刷データに基づく印刷媒体に対する印刷手段による印刷の終了後、印刷が停止されている一の印刷データに基づく印刷媒体に対する印刷手段による印刷を再開する再開手段と、を備えるプリンタ。 (もっと読む)


【課題】ラベルの糊面を上向きにして発行しながら、繰り出されるラベルを反り返すよう
にしたラベルプリンタにおいて、台紙レスラベルを支障なく印字ヘッドに引き戻してから
送り出すことができる新たなラベルプリンタを提供することを課題とする。
【解決手段】帯状ラベルに印字する印字ヘッドと、帯状ラベルを印字ヘッドに押し付けな
がら帯状ラベルを送り出すプラテンローラとを備える。前記プラテンローラは、前記印字
ヘッドの上方に配置されており、前記帯状ラベルが前記印字ヘッドと前記プラテンローラ
との間に送り込まれる手前側の前記印字ヘッドの上方に、前記帯状ラベルの弛みを逃がす
スペースを形成する。 (もっと読む)


【課題】ラベルプリンタの長時間の使用停止にあたっては、ラベルプリンタを再起動し、印字再開を行う際、プラテンローラーの外周面に貼り付きや、巻き込みを防止可能とし、安定したラベル用紙の移送を保証可能なラベルプリンタを提供する。
【解決手段】ラベルプリンタの電源遮断が行われ、再度電源投入される期間において、ラベル用紙の先端部3Aが印字開始位置Mに存するか、印字開始位置Mより所定分下流方向へ進んだ位置に存するか、を判定するラベル移送判定手段を有し、印字開始時、ラベル移送判定手段より、印字開始位置Mより所定分下流方向へ進んだ位置に存する場合、移送方向において所定分、ラベル用紙を逆移送後、印字開始し、電源スイッチをオフ時、ラベル用紙の先端部3Aが印字開始位置Mに存する場合、ラベル用紙を移送方向において印字開始位置Mから下流側へ所定分移送した後、電源をオフする。 (もっと読む)


【課題】クリーニングパッド等の別部材を設けることなく、サーマルヘッドのクリーニングを実行する。
【解決手段】印字ラベル作成装置1は、熱により発色する感熱層を備えた感熱テープ101を供給可能なテープカートリッジ7を着脱可能なカートリッジホルダ6と、感熱テープ101を所定の搬送方向に沿って搬送するプラテンローラ26と、プラテンローラ26を駆動する搬送用モータ119と、搬送される感熱テープ101に接触して印字Rを形成可能なサーマルヘッド23と、サーマルヘッド23に通電して発色温度以上に加熱し感熱層を発色させるための印刷駆動回路120と、を有し、印字領域Sへの印字Rの形成時に感熱テープ101の感熱層101aAからサーマルヘッド23に付着した付着物Dtの、感熱層101aAへの戻り吸着を促進する。 (もっと読む)


【課題】パルスモータの脱調を確実に防止し円滑な駆動を行う。
【解決手段】複数のパルス指令を出力するモータ駆動回路73と、上記複数のパルス指令に追従して回転するシート送りモータ72と、無定長ロールシート3A等を搬送するためのプラテンローラ26と、印字データに基づく所望の印字を形成するサーマルヘッド31と、印字周期Tに対応してライン印刷データごとに通電態様を切り替える通電制御を行うサーマルヘッド駆動回路71とを有し、複数のパルス指令の出力態様を変化させシート送りモータ72の回転速度を制御し、シート送りモータ72の回転における複数のパルス指令への追従性が乱れる脱調現象が生じているか否かを判定し、脱調現象が生じている場合に、第1目標速度V1の値を脱調現象が生じなくなるように増減修正し新たな第2目標速度V2とする。 (もっと読む)


【課題】 ラベルを作成する印字装置において、印字テープの接着剤を熱又は光により硬化させ、粘着力を低下させることにより、切断を容易、且つ、カッターの切断力の持続を可能とした印字装置と、該印字装置においてラベルを作成する印字方法と、ラベルを作成する印字方法を印字装置に実現させるための印字制御プログラムと、を提供する。
【解決手段】 印字装置は、印字面での裏面側に熱(光)硬化型接着剤31cを有する印字テープであるテープ部材31に印字してラベルを作成する印字装置であって、印字テープに印字する印字部であるサーマルヘッド11と、テープ搬送部と、印字テープを切断する切断部と、切断部の内側に配置されて印字テープを加熱(光照射)する加熱(照射)部であるヒータ(光源)12aと、印字部による印字テープへの印字終了時に接着性低下部を作動させる接着性低下制御部であるヒータ(光源)駆動回路54と、を有する。 (もっと読む)


【課題】すべてのプリントが完了するまでの時間をできるだけ短縮できるプリント装置およびその制御プログラムを提供する。
【解決手段】第1プリント部およびその第1プリント部よりプリント速度が速い第2プリント部を備え、レシート用プリントデータのプリントを第1プリント部10に割り当て、ラベル用プリントデータのプリントを第2プリント部20に割り当てる。 (もっと読む)


【課題】自身の属性情報を、セットした状態で直接読取り可能なテープ状印刷媒体およびこれに印刷を行うテープ印刷装置を提供する。
【解決手段】テープ状印刷媒体(印刷テープ)70は、非印刷面70bに、複数の属性情報Bのうちの少なくとも1の属性情報Bをコード化したコード画像が記録され、且つコード画像は、撮像素子アレイにより、媒体延在方向の任意の位置において読取り可能に構成されている。また、テープ印刷装置は、送り経路36に沿って印刷テープ70を送ると共に、送られてゆく印刷テープ70に印刷を行う印刷部4と、送り経路36を横断するように配設され、コード画像を読取る裏側ラインセンサー8と、読み取ったコード画像に基づいて、印刷部4を制御する制御部10と、を備えたものである。 (もっと読む)


【課題】粘着剤を塗布された印字媒体が収納部から繰出されて先端が印字部まで搬送されると、粘着剤が用紙搬送路に付着する。
【解決手段】サーマル用紙12の収納部、粘着剤を塗布された印字媒体12の収納部及び排出口を有する筐体と、給紙路17及び給紙路17を有する給紙部19と、給紙路17及び給紙路17の合流位置から用紙搬送方向下流側へサーマル用紙又は印字媒体を送る合流部20と、合流部20から排出口へ用紙搬送方向に用紙搬送し及びその逆方向の搬送を行う搬送機構21と、それぞれサーマル用紙11、印字媒体12に印字を行う印字部22と、印字部22及び合流部20の間に設けられ、サーマル用紙11及び印字媒体12間で共通の用紙搬送路24とを備え、用紙搬送路24及び給紙部の給紙路17には粘着量低減処理が施されたサーマルプリンタ10が提供される。 (もっと読む)


【課題】発熱素子上および発熱素子の周辺に熱活性成分が付着するのを防止できるサーマルヘッド、サーマルヘッドの製造方法およびサーマルプリンタを提供する。
【解決手段】基板12の主面12a上に発熱素子14を備え、感熱性粘着ラベル5(感熱性ラベル)の感熱性粘着層5b(感熱層)を加熱する粘着力発現用サーマルヘッド10(サーマルヘッド)であって、基板12の主面12a上には、発熱素子14を挟んで感熱性粘着ラベル5の搬送方向Sの上流側および下流側において、感熱性粘着層5bと摺接する熱活性成分付着防止層20が形成され、熱活性成分付着防止層20の表面22は、第2プラテンローラ53(プラテンローラ)の外周面53aに沿って形成されていることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】サーマルヘッド表面、プラテンローラ周面に付着した異物を除去可能なサーマルプリンタに関し、異物の除去に係る効果を確認し得るサーマルプリンタを提供する。
【解決手段】ラベルプリンタ1は、サーマルヘッド10と、プラテンローラ15を有し、シートを搬送しつつ、各発熱素子11を発熱制御して印刷する。クリーニングシート50は、サーマルヘッド10側に、所定の表面粗さを有するヘッドクリーニング領域52A、ヘッド状態確認領域52B、クリーニング効果確認領域52Cを有し、プラテンローラ15側に、所定の粘着性を有するローラクリーニング領域53Aを有する。ラベルプリンタ1は、クリーニングシート50を搬送し、サーマルヘッド10表面とプラテンローラ15表面の異物を除去する(S4〜S8)。又、ラベルプリンタ1は、クリーニング処理(S4〜S8)終了後、クリーニング効果確認領域52Cに全発熱素子11を用いて印刷する。 (もっと読む)


【課題】熱伝達効率の低下を抑制しつつ、発熱素子上における熱活性成分の付着を防止できるサーマルヘッド、サーマルヘッドの製造方法およびサーマルプリンタを提供する。
【解決手段】発熱素子14を備えた粘着力発現用サーマルヘッド10(サーマルヘッド)であって、基板12の主面12a上には、発熱素子14を覆う発熱素子保護部28と、発熱素子保護部28よりも上流側を覆う上流側保護部27と、発熱素子保護部28よりも下流側を覆う下流側保護部26と、を有し、発熱素子保護部28の表面28aは、上流側保護部27の表面27aおよび下流側保護部26の表面26aよりも低く形成されるとともに、熱活性成分付着防止層20により覆われており、熱活性成分付着防止層20の表面20aは、上流側保護部27の表面27aおよび下流側保護部26の表面26a以下の高さに形成されていることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】パルスモータの駆動力により被印字媒体の搬送を行う印刷装置において、目標速度までの加減速を確実に円滑に実行する。
【解決手段】印刷装置1は、パルスモータ24と、被印字テープ3Aを搬送するプラテンローラ22と、複数の発熱素子を備え、かつ搬送方向と直交する方向に沿った複数の発熱領域ごとに可変に分割して給電可能なサーマルヘッド23と、パルスモータ24の回転速度を制御するモータ駆動回路31と、ライン印字データごとに通電態様を切り替えつつ、印字データに対応した通電制御を行うサーマルヘッド制御回路32と、を有する。そして、パルスモータ24の停止状態から最高速度状態までの間に対応した所定の第1パルス数範囲の1/2である1ブロックを単位として、現在速度と目標速度との偏差によりパルスモータ24の回転速度を制御する。 (もっと読む)


【課題】駆動ローラ及び従動ローラに粘着剤が付着することを防止するラベル作成装置を提供する。
【解決手段】印字された印字済みテープは、固定刃40及び可動刃41の間、及び、第一ローラ及び第二ローラ52の間を通過する。ギヤ42が回転することに伴い、可動刃41は固定刃40側に移動し、印字済みテープの切断を開始する。更にギヤ42が回転すると、第二ローラ52が第一ローラ側に移動し、第一ローラ及び第二ローラ52によって印字済みテープを挟持する。固定刃40及び可動刃41によって印字済みテープから切り取られたラベルは、第一ローラ及び第二ローラ52によって搬送される。ラベルの搬送方向上流側の端が第一ローラ及び第二ローラ52の位置に到達する前に、第二ローラ52はラベルから離間する方向に移動する。第一ローラ及び第二ローラ52は、ラベルの搬送方向上流側の端に接触しない。 (もっと読む)


【課題】ケースを活用して、処理テープの有無を精度良く検出することができるテープ検出構造等を提供する。
【解決手段】反射型の光センサー(第1光電素子26)とリボンケース64との間隙に印刷テープ32の送り経路を構成し、第1光電素子26により、送り経路上における印刷テープ32の有無を検出するテープ検出構造であって、リボンケース64は、第1光電素子26と対峙するセンサー対峙部841を有し、センサー対峙部841は、少なくとも第1光電素子26の光を受ける部分が暗色(黒色)に着色されている。 (もっと読む)


【課題】印字された長さに応じてラベル用紙を切断する印字装置であって、切断刃への糊の付着を抑制した印字装置を提供する。
【解決手段】印字装置1では、台紙無しのラベル用紙210の粘着面側に、その長尺方向に沿って粘着部211と非粘着部212とが交互に配置されている。粘着部211に使用されている糊は、非粘着部212とは異なる色に着色されている。制御部40は、マーク検知センサ29によってラベル1枚分に相当する数の粘着部211を検知した時点で、切断刃27を動作させラベル用紙210を非粘着部212で切断する。それゆえ、切断刃27に粘着部211の糊が付着しない。 (もっと読む)


【課題】装置が大きくなることなく、切断刃にオイルを効果的に塗布することができ、切断刃に糊や切り滓等が付着するのを防止できる台紙レスラベル発行装置を提供する。
【解決手段】帯状用紙9の一方の面に粘着層が形成された台紙レスラベル用紙9’を、刃体5aにより枚葉状に切断する台紙レスラベル発行装置Aにおいて、前記刃体5aと対向してオイル含浸体6を配置し、前記オイル含浸体6を押圧手段7で前記刃体5aの側面に接離自在とした。 (もっと読む)


【課題】被記録媒体の搬送を行いつつ、印刷データに基づく印刷及び被記録媒体の切断を並行して実行可能な印刷装置に関し、搬送中の被記録媒体を直線状に切断し得る印刷装置を提供する。
【解決手段】ラベルプリンタ1は、ラベルシート36を搬送しつつ、サーマルヘッド20による印刷と、回転刃部材70、固定刃部材85等を有するロータリーカッタユニット50によるラベルシート36の切断を並行して行い得る。CPU101は、印刷開始前に印刷データを先読みし、単位期間U毎のシート搬送速度Vpを設定すると共に、切断期間に対し、一定の切断時搬送速度を設定する(S3)。CPU101は、切断時搬送速度等の条件に基づいて、回転刃回転速度Vcを決定する(S4)。CPU101は、単位期間U毎にシート搬送速度Vpを可変させ、切断期間においては、切断時搬送速度でラベルシート36を搬送しつつ、回転刃回転速度Vcで回転刃部材70を回転させる。 (もっと読む)


【課題】ラベル用紙の搬送不良の抑制、ラベル長さサイズの自由度の向上、及び粘着ラベル発行装置の小型化を図ることを目的とする。
【解決手段】ラベル用紙Sを通過させて所望長さの粘着ラベルLにカットするカッターユニット2と、粘着ラベルを加熱して粘着ラベルの粘着力を発現させる粘着力発現ユニット5と、用紙搬送方向に対してカッターユニットの下流側であって粘着力発現ユニットの上流側に配設され、カットされずにカッターユニットを通過したラベル用紙を上流側通紙部40及び下流側通紙部41の間で弛ませる用紙弛緩ユニット4と、を備えるプリンタ1において、上流側通紙部は、上流側通紙部における通紙方向が下流側通紙部における通紙方向と同一線状になる向きを基準位置とし、上流側通紙部の向きを基準位置から傾けた傾斜位置に変更することで上流側通紙部における通紙方向を変更する通紙方向変更手段6が備えられている。 (もっと読む)


【課題】熱転写式カラープリンターにおいて、用紙の未印字領域と既印字領域とにおいてインクの転写条件が異なることによって生じるインクの転写不良を防止する。
【解決手段】このプリンターは、用紙の搬送方向に沿って配置された複数のサーマルヘッドであって、各々のサーマルヘッドが複数の発熱体を含み、複数の異なる色のインクリボンのインクを加熱して用紙に転写することにより、用紙に印字を行う複数のサーマルヘッドと、入力されるカラー印字データに基づいて、少なくとも1つのサーマルヘッドが印字する領域を、搬送方向上流側の他のサーマルヘッドによって印字されない第1のサブ領域と、搬送方向上流側の他のサーマルヘッドによって印字される第2のサブ領域とに分割し、第1のサブ領域と第2のサブ領域とにおいて少なくとも1つのサーマルヘッドの発熱体に異なるエネルギーを印加する制御部とを含む。 (もっと読む)


1 - 20 / 165