説明

Fターム[3E067FA08]の内容

包装体 (105,300) | 包装形態 (5,584) | 連続包装 (97)

Fターム[3E067FA08]の下位に属するFターム

Fターム[3E067FA08]に分類される特許

1 - 20 / 25


【課題】取り扱いが容易で、包装材料の使用量が少なく、容易に製造できる口腔内洗浄剤用の容器を提供する。
【解決手段】可撓性フィルム14、16が封止されて形成された容器本体12を備え、該容器本体12は、対向する前記可撓性フィルム14、16が貼り合わされた区画シール部40により2以上の収容部に区画され、少なくとも1つの前記収容部は、口腔内洗浄剤が充填される洗浄剤収容部20とされ、該洗浄剤収容部20には、注出部材22が設けられ、少なくとも1つの前記収容部は、前記洗浄剤収容部に充填される前記口腔内洗浄剤以外の物品が収容される物品収容部30とされ、該物品収容部30には、前記物品が出し入れされる開閉自在なファスナ32が設けられていることよりなる。 (もっと読む)


【課題】ガラス繊維束巻回体の使用後期における崩落を防止することができるガラス繊維束包装体及びガラス繊維束包装体の製造方法を提供する。
【解決手段】ガラス繊維束包装体1では、ガラス繊維束巻回体2cが個別に熱収縮性フィルム6にてシュリンク包装されていると共に、ガラス繊維束巻回体2cからガラス繊維束巻回体2aに向かってガラス繊維束巻回体が一つ増える毎に複数のガラス繊維束巻回体が熱収縮性フィルムにて一体的にシュリンク包装されており、第n(nは1以上N以下の整数)番目のガラス繊維束巻回体は、熱収縮性フィルムにてn回シュリンク包装されている。 (もっと読む)


【課題】被包装物を容易に取出しできるようにする。
【解決手段】帯状のシート状物1の幅方向両端部1a,1bを重ねて筒状の袋部5を形成し、その袋部5内に被包装物sを収容し、前記重ねられた幅方向両端部1a,1b間を閉じる縦シール部12と、前記被包装物sを挟んで前記シート状物1の長手方向両側に前記袋部5を閉じる横シール部11とを備えた包装食品において、前記縦シール部12は、前記両横シール部11,11の幅方向一方側の端部11a,11a間を結んで形成され、前記袋部5内の被包装物sを前記シート状物1の外側より幅方向他方側から一方側へ向かって押圧した際に、前記縦シール部12は、その被包装物sが破壊されない押圧力で前記幅方向両端部1a,1b間が分離して前記袋部5内の被包装物sが取出可能である包装食品10とした。包装の外側から内部の被包装物sを手で押せば、縦シール部12が破れるので、内部の被包装物sを取り出しが容易である。 (もっと読む)


ブリスター包装の形成に使用するための多層フィルム構造体(10)は、第1の面(14)及び第2の面(16)を有して金属化ポリエチレンテレフタレートを含む第1のポリマー層(12)を含む。多層フィルム構造体(10)はまた、第1の面(26)及び第2の面(28)を有して第1の面(26)が第1のポリマー層(12)の第2の面(16)に隣接配置され、環状オレフィン又はクロロトリフルオロエチレンのホモポリマーを含む第2のポリマー層(24)を含む。多層構造体(10)は、更に、第1の面(38)及び第2の面(40)を有して第1の面(38)が第2のポリマー層(24)の第2の面(28)に隣接配置され、ポリプロピレン又はポリ塩化ビニルを含む第3のポリマー層(36)を含む。多層フィルム構造体(10)と熱成形ブリスターパッケージ(100)を製造する方法も提供する。 (もっと読む)


【課題】成型が容易で,輸送時の振動や落下時の衝撃に強いプレフィルドシリンジ用パックを提供する。
【解決手段】プレフィルドシリンジ用パック1は本体1a及び蓋体1bとから少なくとも構成され,本体1a及び蓋体1bには,一本のプレフィルドシリンジ2の形状及び半断面に合わせて凹型に成型された成型部10が設けられ,成型部10には,注射筒20を狭持するように成型された注射筒収納部100と,フランジ21の形状に合わせ,フランジ21を狭持するように成型されたフランジ収納部102と,フランジ収納部102の深さよりも深く成型された衝撃吸収部101を有し,衝撃吸収部101は注射筒20の収納箇所に少なくとも設けられている。 (もっと読む)


本出願は、少なくとも1つの区画を含む水溶性パウチであって、前記区画が、乳白剤及び酸化防止剤を含む第1の液体組成物を含み、かつ7超の新鮮ハンターL値及び4未満のb値を有する、水溶性パウチに関する。 (もっと読む)


【課題】2個の吸収性物品を1セットとして取り出しやすく、余った1個を簡単にしかも衛生的に保管でき、吸収性物品の皺や硬化を防止することができる。
【解決手段】第1の工程では、第1および第2母乳パッド2(i),3(i)を包装シート帯29へと供給する。第2の工程では、第1母乳パッド2(ii)は横中心線32から上端縁30に向かってその縦方向Yの寸法Hの1/4分だけずらし、第2母乳パッド3(ii)は下端縁31に向かってその縦方向Yの寸法Hの1/4分だけずらして供給される。第3の工程では、第1および第2母乳パッド2,3(iii)がそれぞれ上下端縁30,31から横中心線32に向かって二つ折りに折り畳まれる。第4の工程では、包装シート帯29の上下端縁30,31を横中心線32に向かって折り畳む。第5の工程では、第1および第2母乳パッド2,3(v)の間に接合部20を形成し、切断線33で切断する。 (もっと読む)


【課題】二つ折りされた母乳パッド包装体60を開く作業をするだけで、フィルムを破断することができ、母乳パッドを順次容易に取り出すことができるようにすること。
【解決手段】包装体本体61を形成するための第1のシートおよび第2のシートと、それぞれ二つ折りされて、前記第1のシートと第2のシートとの間に一列に並んで収容された第1の母乳パッド10−1および第2の母乳パッド10−2とを備えており、前記第1のシートおよび第2のシートの各外周縁が互いに接合されていて、かつ、該接合状態で前記包装体本体は、前記第1および第2の各母乳パッドが収容されている第1、第2の各領域B1,B2に分かれるようにこれら領域の間で二つ折りされて、その重合端部を固定されており、さらに、前記第1の領域の内側の前記重合端部の内側にはシート一枚が縦方向に容易に破断することができるようにした脆弱部55が形成されている。 (もっと読む)


【課題】 消毒綿その他の衛生材料を密閉容器に密閉するに当たって製造コストの低減、生産性の向上、製造中の汚染の防止並びに開封後の密閉性の向上を容易に図り得るようにする。
【解決手段】 開口部6の外周にフランジ部12を有し且つ衛生材料2を収容する容器本体5と、外周がフランジ部12に固着されて開口部6を密閉するフィルム7と、開封用の摘まみ部8を有し且つフィルム7上に感圧接着剤9を介して剥離可能に貼着されたフラップ10とを備え、フィルム7はフラップ10の剥離時に感圧接着剤9の塗布領域の外周部とその内側の取り出し口15に対応する部分との境界で破断して取り出し口15を形成可能に構成され、フラップ10は外周部の感圧接着剤9がフィルム7に又はフィルム7とフランジ部12とに貼着して取り出し口15を密封可能になっている。 (もっと読む)


【課題】 容器の蓋材として使用されたときに、易開封性に優れ、かつ耐熱性及び耐衝撃性に優れた、実用性と美観性が両立した多層積層フィルム及びそれを用いた包装容器を提供することを目的とする。
【解決手段】 高密度ポリエチレン樹脂とポリプロピレン樹脂の混合物からなるシール樹脂層(A)と、シール樹脂層に隣接したメタロセン触媒を用いて重合したポリエチレン樹脂、特にメタロセン触媒を用いて重合されたエチレン・α−オレフィン共重合体樹脂、の層を含む1層或いは2層以上からなる基材樹脂層(B)により構成された多層積層フィルムを提供した。 (もっと読む)


【課題】 容器の蓋材として使用されたときに、易開封性に優れ、かつ耐熱性及び耐衝撃性に優れた、実用性と美観性が両立した多層積層フィルムおよびそれを用いた包装容器を提供することを目的とする。
【解決手段】 高密度ポリエチレン樹脂とポリプロピレン樹脂の混合物からなるシール樹脂層(A)と、シール樹脂層に隣接したメタロセン触媒を用いて重合したポリエチレン樹脂、特にメタロセン触媒を用いて重合したエチレン・α−オレフィン共重合体樹脂、の層を含む1層或いは2層以上からなる基材樹脂層(B)により構成された多層積層フィルムを提供した。 (もっと読む)


【課題】小さく圧縮したシート材に液体を確実に供給して膨張させ取り出して使用することができ、暖かい状態か或いは冷たい状態にして使用することができるナプキンを提供する。
【解決手段】手拭き等として使用可能な大きさとなるシート材を小さく圧縮してパックに収納したナプキン20であって、扁平な構造を有し、かつ、内部を分離帯16により少なくとも2室12、13に分けたパック11を使用し、シート材を上記パック11の2室の内の一室に配置し、分離帯の破断によりシート材に含浸させて膨らませる液体を上記パックの2室の内の他室に配置する。パック11は、周縁を強接着14するするとともに、中間部分においてパック11を2分する分離帯16を弱接着15することにより、内部を2室に分けており、液体の含浸により膨張したシート材を加熱する加熱手段、または、液体の含浸により膨張したシート材を冷却する冷却手段をパック11に併設する。 (もっと読む)


活性物質を含有するフィルム(1、1’)のための包装(10)であり、該包装(10)は、キャリア層(8)およびキャリア層に開放可能に連結したカバー層(7)を有し、対の配置にある2つの対照的な表面領域(3、3’)を有し、これらは互いに向かい合っており、ウェブ(5)によって互いに分離され、それらの中で、カバー層(7)は、キャリア層(8)に連結せず、その結果、前記フィルム(1、1’)を対になって受け容れるための、互いに分離され、全ての側面が囲まれた2つの空間が形成される。前記ウェブ(5)内に、さらなる表面領域(4)が存在し、該表面領域(4)において、キャリア層は、カバー層に連結せず、その結果、全ての側面が囲まれた空洞(4a)が形成される。少なくとも1つのミシン目線(6)が、ウェブ(5)内に存在する。
(もっと読む)


【課題】 容器の蓋材として使用されたときに、易開封性に優れ、かつピール部の糸引きなど外観を損ねない、実用性と美観性が両立した多層積層フィルムおよびそれを用いた包装容器を提供することを目的とする。
【解決手段】 高密度ポリエチレン樹脂とポリプロピレン樹脂の混合物からなるシール樹脂層と、シール樹脂層に隣接した中密度ポリエチレン樹脂又は高密度ポリエチレン樹脂の1層或いは2層以上からなる基材樹脂層により構成された包装容器の蓋材用多層積層フィルム及び該多層積層フィルムが蓋材に用いられた包装容器に関するものである。 (もっと読む)


湿気、酸素及び酸に反応する製品を包装するためのブリスター・パック(80)を製造するためのブリスター基底部品(70)である。ブリスター基底部品(70)は、ラミネート(10)によって形成され、かつ、冷間成形によってラミネート(10)から形成された複数の凹所(72)を備える。ブリスター基底部品(70)は、水蒸気及び気体に対する障壁としてのバリアー層(12)と、外側層としてバリアー層(16)の第一の面に配置されたプラスチック材料層(12)と、バリアー層(16)の第二の面に配置された密封可能な内側層(20、21、22)とを有する。そして、ブリスター基底部品(70)には、包装された製品の耐用度を高めるために、湿気、酸素及び酸を吸収する吸収材料(24)が、バリアー層(16)の第二の面に配置される。
(もっと読む)


【課題】紙粉などの発塵が少ない特徴を有すると共に、樹脂含浸紙であるにもかかわらず再生可能であるチップ型電子部品収納台紙の提供。
【解決手段】
樹脂を含浸してなるチップ型電子部品収納台紙であって、TAPPI T−227に従って離解試験を行ったパルプスラリーのリジェクト率((a)リジェクト率(%)=リジェクト分の質量(g)/処理したパルプ質量(g))が30%以下であり、好ましくは該樹脂が、エチレン性不飽和単量体を乳化重合して得られる樹脂で、ガラス転移温度が−15℃〜25℃であるチップ型電子部品収納台紙。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、粉漏れ性、熱シール加工性、シール強度などに優れる袋体を提供する。
【解決手段】第1層の熱可塑性合成繊維層、第2層の極細繊維層、第3層が第1層の構成繊維の融点より30℃以上低融点である熱可塑性合成繊維を含む層を積層し、熱圧着で一体化した積層不織布を、さらに前記第3層を内側にして重ね合わせ、袋体になる周辺を熱シールして形成した袋体であって、該袋体を形成する前記積層不織布の通気性が1〜100cc/cm2/sec、最大開孔径が50μm以下、粉漏れ率が10%以下、破裂強度が100kPa以上、前記第3層のシール強度が10N/25mm以上である袋体。 (もっと読む)


【課題】小分けピロー包装専用機ではなく、1台の包装機で従来のピロー包装品と小分けのピロー包装品の両方を作り分けることができる方法を提供すること。
【解決手段】帯状フィルム上に対して被包装物を順次供給する被包装物供給工程、帯状フィルムを筒状に製袋する製袋工程と、その製袋工程にて筒状に製袋された筒状フィルムの両側縁が重ね合わされたフィルム重合端を熱シールするセンターシール工程と、その筒状フィルムの所定部位を横方向に熱シールと切断をするエンドシール工程とを備えた横型ピロー包装方法において、センターシール工程とエンドシール工程の間に筒状フィルムの縦方向に小分けのための熱シールする小分けシール工程と必要に応じて小分けシールに沿って切り目を入れる切り目工程を挿入する。 (もっと読む)


【課題】キャリアテープに対するヒートシール性、特にポリカーボネート製キャリアテープに対するヒートシール性に優れた、高速シールが可能なカバーフィルムを提供すること。
【解決手段】基材層及びシーラント層を有し、シーラント層がスチレン系炭化水素と共役ジエン系炭化水素の共重合体70質量%以上97質量%未満及び粘着付与樹脂3質量%以上30質量%未満からなり、かつシーラント層中のスチレン系炭化水素と共役ジエン系炭化水素の共重合体が、スチレン系炭化水素が65質量%以上90質量%未満、共役ジエン系炭化水素が10質量%以上35質量%未満であるカバーフィルム。 (もっと読む)


【課題】小袋包装体の日付表示部から印字由来のインキがはがれて小袋内容物、或いは小袋包装体を添付した商品に混入させることなく、レーザー光線を用いても小袋包装体の積層内のフィルムに影響を与えずに明確な印字表示を付した小袋包装体とその製造方法を提供する。
【解決手段】小袋包装体の基材フィルムの外層フィルムの内側に発色剤含有インキと白色インキを積層した日付印刷インキ層を挟装すると共に、該日付印刷インキ層をレーザー光照射により発色させてある日付表示付き小袋包装体及びその製造方法 (もっと読む)


1 - 20 / 25