説明

Fターム[4C083AC15]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | アルコール (29,676) | 芳香族アルコール (883)

Fターム[4C083AC15]に分類される特許

141 - 160 / 883


本明細書において、歯科用配合物中の香味料および他の有効物質の捕捉および放出を調節する組成物を記述する。 (もっと読む)


【課題】不感知蒸泄を抑制し、べたつきが少なく、化粧持続性に優れ、保存安定性に優れ、及び/又は柔軟性に優れた保護膜を形成することのできる各種化粧料の原料となる組成物、その組成物を配合した化粧料用組成物、当該各種化粧料及び当該各種化粧料の製造方法を提供する。
【解決手段】粗シア脂のアセトン不溶分を精製して得られる、該アセトン不溶分中に含まれる炭化水素高分子を20〜100質量%含むシア脂由来ガム組成物、当該シア脂由来ガム組成物と特定の粘度値を有する液状油を配合した化粧料用組成物、及び当該化粧料用組成物を配合した化粧料。 (もっと読む)


【課題】毛髪の内部に作用することによって毛髪一本一本の弾性を低下させて柔軟化し、太いアジア人毛の生来の硬い感触や、毛髪が損傷を受けることによる感触の悪化を改善することができる毛髪化粧料及び毛髪柔軟化方法の提供。
【解決手段】成分(a)及び(b)を含有し、25℃におけるpHが2〜8である毛髪化粧料。
(a) 一般式(1)で表される芳香族スルホン化合物 0.1〜20質量%
(b) カルニチン又はその塩 カルニチン量として0.01〜5質量%


〔RはH原子若しくは一価炭化水素基を示すか、又は隣接する2つのRで二価炭化水素基を形成する。XはO原子又はN原子を示し、XがO原子である場合YはH原子を、XがN原子である場合YはXに結合するカルボニル基を示す。Z+は1価のカチオンを示す。〕 (もっと読む)


【課題】 良い酸化還元反応を得ると共に、生体にあってはその恒常性維持機構の不安定化の抑制を図る。
【解決手段】 低線量放射線を発生する放射性鉱物と、放射線を発生しない非放射性鉱物とを混合した混合鉱物の粉末体についてこれを加工形成したセラミックス微細粉末体を、分散保持材である生体塗布が可能なクリームとを分散・混合させたものであり、低線量放射線効果による各種生体の恒常性維持機構の安定化作用を惹起させて、アトピー性皮膚炎等を抑制する。 (もっと読む)


ω−6脂肪酸を含むローション組成物を含む拭き取り用物品。外陰部の皮膚に拭き取り用物品を接触させる工程を含む、外陰部の皮膚の皮膚バリア機能を改善する方法であって、ω−6脂肪酸が拭き取り用物品の表面上に配置される、方法。 (もっと読む)


【課題】ダメージを受けた毛髪であっても、塗布時やすすぎ時の軽やかな滑り、乾燥後の軽い滑り、柔らかさ、まとまり、髪が束にならない、べたつきのなさを付与することができる毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】(A)両末端長鎖アルキル・側鎖アミノ変性オルガノポリシロキサン0.01〜15質量%と、(B)3級アミン化合物から選ばれる1種または2種以上のカチオン界面活性剤0.1〜15質量%と、(C)炭素数12〜28であり、水酸基が1である高級アルコール0.1〜20質量%と、(D)ポリジメチルシロキサン0.01〜15質量%と(E)水とを含有し、両末端長鎖アルキル・側鎖アミノ変性オルガノポリシロキサンの窒素含有量が0.31〜2質量%である毛髪化粧料である。 (もっと読む)


【課題】毛髪一本一本の弾性を低下させて柔軟化し、太くて硬いアジア人毛に対しても、染毛行動により損傷を受けて生じる感触悪化を改善することができ、しかも染色性を悪化させることのない染毛剤組成物、並びにこれを用いた染毛方法の提供。
【解決手段】成分(a)、(b)及び(c)を含有し、25℃におけるpHが2〜12である染毛剤組成物。
(a) 一般式(1)で表される芳香族スルホン化合物 0.1〜20質量%
(b) カルニチン又はその塩 カルニチン量として0.01〜5質量%
(c) 酸化剤 0.1〜10質量%


〔RはH原子若しくは一価炭化水素基を示すか、又は隣接する2つのRで二価炭化水素基を形成する。XはO原子又はN原子を示し、XがO原子である場合YはH原子を、XがN原子である場合YはXに結合するカルボニル基を示す。Z+は1価のカチオンを示す。〕 (もっと読む)


【課題】 特に育毛効果に優れたユーカリ抽出物、及び該ユーカリ抽出物を含有する育毛剤を提供する。
【解決手段】ユーカリプタス・グロブラス(Eucalyptus globulus)の幼葉を溶媒で抽出して得られるユーカリ幼葉抽出物。前記幼葉が萌芽から2年以内の枝につく幼葉である前記ユーカリ幼葉抽出物。溶媒抽出に用いられる溶媒が、水、エタノール、プレピレングリコール、1,3−ブチレングリコールから選ばれる1種、又は2種以上の混合物である前記ユーカリ幼葉抽出物。ユーカリプタス・グロブラス(Eucalyptus globulus)の幼葉を溶媒で抽出して得られるユーカリ幼葉抽出物を有効成分とする育毛剤。血行促進剤及び/又は毛包賦活剤を含有する前記育毛剤。ユーカリ幼葉抽出物が、固形分として0.0005〜5質量%含まれる前記育毛剤。 (もっと読む)


70nm超のメジアン体積粒子直径を有する粒子状二酸化チタン。二酸化チタンは、前駆体粒子を焼成することによって生成することができる。この二酸化チタンは、高められたUVA効力を有している。この粒子状二酸化チタンは、分散体を形成するのに用いることができる。この粒子状二酸化チタンまたは分散体は、ラベルのSPF値の少なくとも3分の1であるUVA保護を有する日焼け止め剤製品を生成するのに用いることができる。 (もっと読む)


【課題】染毛時間が短く、良好な染毛性及び色調を有し、更に光退色防止効果を有する、安全な染毛剤を提供すること。
【解決手段】(a)鉄と反応して発色する物質と、2−ヒドロキシベンゾフェノン骨格を有する紫外線吸収剤とを含有する第1剤、及び(b)鉄塩を含有する第2剤を組み合わせて含む染毛剤。 (もっと読む)


本発明は、アクアポリンの発現を活性化するための活性薬剤として、イナゴマメ(Ceratonia siliqua L.)のペプチド抽出物を、生理学的に適切な媒体中に含む化粧品組成物および/または医薬組成物に関する。本発明の主題はまた、表皮の保湿およびバリア機能を改善するためならびに皮膚再生を刺激するための化粧品組成物における、アクアポリンの発現を活性化するための活性薬剤としてのイナゴマメ(Ceratonia siliqua L.)のペプチド抽出物の使用である。本発明はまた、アクアポリンの活性を調節および/または刺激することを目的とする医薬組成物、特に皮膚科組成物を調製するためのこの新規の活性薬剤の使用に関する。本発明はまた、皮膚および粘膜の乾燥ならびに皮膚の老化の症状発現を予防するまたは闘うための美容処置法に関する。 (もっと読む)


逆エマルジョン重合によって作られ、少なくとも1種の水溶性ポリマー、特には水中で粘稠な溶液もしくは分散液を形成するポリマーの溶液または分散液を含む分散した水相、ならびにアルコキシル化アルコール基を含むエステルオイルである、またはを含む連続したオイル相を有する逆エマルジョン。アルコキシル化アルコール基を含むエステルオイルの包含は、エマルジョン中に、特には水での希釈による逆エマルジョンの逆転によって作られたパーソナルケアエマルジョン中に、これらのオイルを与える。 (もっと読む)


【課題】 石鹸系の乳化化粧料において、ポリビニルアルコールを配合して良好なハリ感を付与でき、なおかつべたつきを生じない乳化化粧料を提供する。
【解決手段】 (a)ポリビニルアルコール:0.01〜1質量%、(b)分子量15000〜25000のポリエチレングリコール:0.01〜5質量%、(c)高級脂肪酸、及び(d)中和剤を含有することを特徴とする乳化化粧料。 (もっと読む)


本発明は、ケラチン繊維を処理する方法であって、
ケラチン繊維上に、少なくとも1つの無色の疎水性分子を含む組成物を適用する工程と、
次いで、該ケラチン繊維を閉塞空間中に配置する工程と、
次いで、該ケラチン繊維を加熱する工程と
を含み、
該組成物が、還元剤も、式:


(式中、
Xは、O-、OH、NH2、O-OH及びO-COO-からなる群から選択される基である)
の炭酸イオン源も含有しない、方法に関する。本発明は、更に、前述の方法に使用するための組成物自体及びキットに関する。
(もっと読む)


本質的に界面活性剤を含まず、かつ特定の香料系を染毛剤組成物に含む染毛剤組成物。染毛剤組成物は起泡させた染毛剤組成物を形成することができる。
(もっと読む)


本発明は、ケラチン繊維を処理する方法であって、
ケラチン繊維上に、少なくとも1つのUV遮蔽剤を含む組成物を適用するステップと、
次いで、該ケラチン繊維を閉塞空間中に配置するステップと、
次いで、該ケラチン繊維を加熱するステップと
を含み、
該組成物が、還元剤も、式:


(式中、
Xは、O-、OH、NH2、O-OH及びO-COO-からなる群から選択される基である)
の炭酸イオン源も含有しない、方法に関する。本発明は、更に、前述の方法に使用するための組成物自体及びキットに関する。
(もっと読む)


【課題】油溶性有効成分を配合した皮膚に吸収がよく使用感も充分満足し、さらに刺激性の少ない皮膚に適用する組成物を提供する。
【解決手段】油溶性有効成分を含む油分と、ホスホコリン様基を含有する特定な共重合体と、脂肪酸とポリグリセリンのエステルと、多価アルコールを配合し、油溶性有効成分の配合量が、該共重合体の配合量を1とした場合0.5〜5.0の比率で配合し、高圧乳化機で処理した組成物であり、さらにリン脂質を配合した組成物。 (もっと読む)


【課題】 従来技術とは異なる観点から、水溶性紫外線吸収剤を含有する日焼け止め化粧料において、みずみずしい感触といった優れた使用性を維持したまま、SPFを高めることを可能にした化粧料を提供する。
【解決手段】 (a)0.1〜5質量%のフェニルベンズイミダゾールスルホン酸、及び
(b)前記フェニルベンズイミダゾールスルホン酸(a)を中和するのに適した量のN,N,N’,N’−テトラキス(2−ヒドロキシプロピル)エチレンジアミンを含有することを特徴とする日焼け止め化粧料。 (もっと読む)


【課題】浸透性に優れ、べたつかず、指通りがよく、しなやかにまとまり、自然なツヤを与え、持続性のある潤い感、補修感に優れ、且つ安全性にも優れた毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】次の成分(A)〜(D)を含有する毛髪化粧料。
(A)プロピレンオキシドの付加モル数が1〜10であるフィトステロール誘導体、
(B)ジカルボン酸ジエステル、
(C)ジメチコノール、
(D)ポリエーテル変性シリコーン (もっと読む)


【課題】髪にふんわり感、特に髪の根元のふんわり感を与え、毛先のまとまりを改善することができ、しかもカール付与性に優れる整髪方法の提供。
【解決手段】毛髪を、下記工程(A)〜(C)の順番で処理する整髪方法。工程(A):毛髪に水又は水を70質量%以上含有する毛髪化粧料を適用して毛髪を湿らせる工程工程(B):グリセロール基が平均して3個以上結合し、かつ、分岐グリセロール基を少なくとも1つ含む分岐ポリグリセロール鎖が、連結基を介して、シリコーンのケイ素原子に少なくとも1つ結合した分岐ポリグリセロール変性シリコーンを含有する整髪料を毛髪に適用する工程工程(C):毛髪を形付けしながら、加熱により毛髪を乾燥させる工程 (もっと読む)


141 - 160 / 883