説明

Fターム[4C206DB47]の内容

Fターム[4C206DB47]の下位に属するFターム

Fターム[4C206DB47]に分類される特許

1 - 20 / 131


【課題】心臓血管疾患、慢性関節リウマチ、皮膚ガン、糖尿病、月経前症候群および経皮送達増強の予防および/または治療法の提供。
【解決手段】療治効果的な量のオキアミ油および/または海洋生物油を患者に投与すること。また、これら疾患の予防および/または治療のための組成物。 (もっと読む)


【課題】ワーファリンとは異なる新規なメカニズム、すなわちADAMTS13様の効果を発揮しうる,分子量500未満の低分子の血栓形成予防薬の提供。
【解決手段】下記式(1)(式中R1は,H,O,CnH2n+1のいずれかから選択され,R2は,1又は2個のヒドロキシル置換基を有するCmH2m+1。nは1から3であって,mは3から6で表される整数。)で表される化合物を有効成分とすることを特徴とする血栓形成予防薬。
(もっと読む)


【課題】グリセロールベースの化合物のファミリーのうち1つ以上を用いて、感染性微生物及び多様な因子の脊椎動物細胞に対する細胞膜媒介性作用を阻害する方法を提供する。
【解決手段】被験体においてガードネラ・バギナリス(Gardnerella vaginalis)感染を治療又は予防するための組成物であって、有効量のグリセロールモノラウレート(GML)と製薬上許容されうる担体とを含む、ただしGMLが、脊椎動物細胞膜を媒介するガードネラ・バギナリス(Gardnerella vaginalis)の1つ以上の作用を阻害する、組成物。 (もっと読む)


【課題】シャンプーや毛髪染めによって生じる美容師の手荒れの防止と治療効果を有する殺菌・抗カビ・保湿・抗炎症剤を提供すること。
【解決手段】この発明に係る新規殺菌・抗カビ・保湿剤はグリセリンと、エチルアルコールとカテキンとグリセリン脂肪酸エステルC10とグアイアズレンスルホン酸塩からなる。本発明の新規殺菌・抗カビ・保湿・抗炎症剤は美容師の手荒れに対して著功するのみでなく多くの細菌・カビに起因する疾病や状況に対して特異な効果を発揮する。 (もっと読む)


【課題】出血している骨組織の機械的封鎖のために使用することができる展性がある生分解性止血剤、このタイプの展性がある生分解性止血剤を形成するための方法、およびこのタイプの展性がある生分解性止血剤を含むコーティングを有する医療用インプラントの提供。
【解決手段】(a)少なくとも1つの37℃を超える融解温度を有する飽和グリセロール−1,2,3−トリ−脂肪酸エステルと、(b)少なくとも一部は微粒子形態で存在し、かつ37℃を超える融解温度を有する少なくとも1つの充填剤と、(c)37℃以下の融解温度および25℃の温度で水1リットルあたり50グラム未満の溶解度を有する少なくとも1つの化合物とを含む。 (もっと読む)


【課題】コレステロール合成阻害薬に抵抗性を示す高脂血症患者における脂質代謝を安全に改善する薬剤の提供。
【解決手段】ジグリセリドと、植物性ステロール類と、HMG−CoA還元酵素阻害剤を有効成分とする、初期の血中総コレステロール値≧200mg/dlであり、かつコレステロール合成阻害薬抵抗性の高脂血症患者における血中アポリポ蛋白E低下剤。 (もっと読む)


【課題】加熱調理しても、得られた調理品にくすみがなく外観が良好で、調理品本来の風味が生きており、更に露光条件で保存した後に調理しても、調理品に良好な外観、風味を付与するジアシルグリセロール含量の高い油脂組成物を提供する。
【解決手段】次の(A)、(B)及び(C):
(A)構成脂肪酸中の不飽和脂肪酸含量が80質量%以上であるジアシルグリセロールを15質量%以上含有し、かつ油脂を構成する全脂肪酸中の共役不飽和脂肪酸含量が1質量%以下で、トランス不飽和脂肪酸含量が0〜3.5質量%であり、色相(10R+Y)が30以下である油脂 100質量部
(B)植物ステロール 0.01〜4.7質量部
(C)植物ステロール脂肪酸エステル 0.2〜8質量部
を含有する油脂組成物。 (もっと読む)


【課題】高い舌苔付着抑制効果を奏し、かつ味がよく口腔粘膜に対して低刺激で良好な使用感を有する液体又は液状の口腔用組成物及び舌苔付着抑制剤を提供する。
【解決手段】(A)脂肪酸の炭素数が8〜14のグリセリン脂肪酸エステルと(B)ポリグルタミン酸塩とを含有し、かつ(B)成分/(A)成分が質量比として0.1〜150の範囲であることを特徴とする液体又は液状の口腔用組成物、及び上記(A)成分と(B)成分とからなり、(B)成分/(A)成分が質量比として0.1〜150の範囲であることを特徴とする舌苔付着抑制剤。 (もっと読む)


【課題】安全性が高く、継続的に摂取しても副作用の懸念がない、糖尿病の予防等に有効なインスリン分泌促進用油脂組成物を提供すること。
【解決手段】本発明のインスリン分泌促進用油脂組成物は、トリアシルグリセロールと乳化剤とを有効成分として含有し、前記トリアシルグリセロールは、分子内に中鎖脂肪酸残基を1つ又は2つ有し、且つ、構成脂肪酸として、炭素数6〜12の中鎖脂肪酸と炭素数16〜24の長鎖脂肪酸とを含有し、前記乳化剤は、リン脂質、ショ糖脂肪酸エステル、ポリグリセリン脂肪酸エステル、及びグリセリンモノ脂肪酸エステルからなる群より選ばれる少なくとも1種であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】安全性が高く、継続的に摂取しても副作用の懸念がない、糖尿病の予防等に有効なインスリン分泌促進剤を提供すること。
【解決手段】本発明のインスリン分泌促進剤は、グリセリンモノ脂肪酸エステルを有効成分として含有するので、安全性が高く、継続的に摂取しても副作用の懸念がない。本発明のインスリン分泌促進剤では、上記グリセリンモノ脂肪酸エステルの構成脂肪酸の炭素数は、8〜12であることが好ましい。また、本発明のインスリン分泌促進剤では、グリセリンモノ脂肪酸エステルを油脂とともに含有することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】優れたオートインデューサー−2阻害活性を有し、感染症の予防及び治療に有効なオートインデューサー−2阻害剤を提供する。
【解決手段】炭素数8以上の脂肪酸とグリセリンとのモノエステル化合物を有効成分とするオートインデューサー−2阻害剤。 (もっと読む)


【課題】ピノレン酸またはその誘導体を体重管理のために使用可能にする。
【解決手段】ピノレン酸は、例えば、食物サプリメント、医薬組成物または食品組成物の形態で使用可能である。 (もっと読む)


【課題】原虫類によって引き起こされる疾患を予防または治療するための新規な化合物を提供。
【解決手段】式(I)


(Xは、水素原子またはハロゲン原子を表し、Rは、水素原子を表し、Rは、水素原子または炭素数1−7のアルキル基を表し、Rは、−CHO、−C(=O)R、−COOR(式中Rは、炭素数1−7のアルキル基を表す)、−CHOHまたは−COOHを表し、Rは、末端の炭素上および/若しくは非末端の炭素上に各種置換基を有する炭素数1−16のアルキル基、末端の炭素上および/若しくは非末端の炭素上に各種置換基を有する炭素数2−16のアルケニル基または末端の炭素上および/若しくは非末端の炭素上に各種置換基を有する炭素数2−16のアルキニル基を表す)の化合物、それらの光学異性体、およびそれらの医薬上許容される塩のうち1種または2種以上を用いる。 (もっと読む)


【課題】アトピー性皮膚炎などを予防又は治療するための、新規な組成物の提供。
【解決手段】ジホモ−γ−リノレン酸(DGLA)を含んで成り、皮膚疾患に対して予防又は治療効果を有する医薬などの組成物。 (もっと読む)


【課題】ドコサヘキサエン酸を構成脂肪酸として高含有するグリセリン脂肪酸エステルを高濃度で含有させた場合であっても、安定性が良好であり、且つ自己乳化性に優れた油脂含有組成物を提供する。
【解決手段】少なくとも、(A)油性成分、(B)グリセリン、及び(C)乳化剤を含有する油脂含有組成物であって、(A)油性成分として構成脂肪酸の30質量%以上75質量%以下がドコサヘキサエン酸であるグリセリン脂肪酸エステルを含み、(C)乳化剤として構成脂肪酸がオレイン酸であるデカグリセリン脂肪酸エステルを含み、且つ(A)油性成分、(B)グリセリン、及び(C)乳化剤の含有比率が、(A)油性成分、(B)グリセリン、及び(C)乳化剤の合計質量に対して以下の範囲内にある油脂含有組成物。
(A)油性成分:55質量%以上78質量%以下
(B)グリセリン:10質量%以上35質量%以下
(C)乳化剤:5質量%以上13質量%以下 (もっと読む)


【課題】オリゴ糖の少なくとも1つを含む栄養学的組成物の提供。
【解決手段】下記のオリゴ糖の少なくとも1つを含む栄養学的組成物:約400mg/L〜約3500mg/Lの3−フコシルラクトース;約200mg/L〜約2200mg/Lのラクト−N−フコペンタオースIII;約100mg/L〜約1500mg/Lのラクト−N−フコペンタオースII;約100mg/L〜約2500mg/Lのジフコシルラクトース;約500mg/L〜約4500mg/Lの2’フコシルラクトース;約250mg/L〜約3500mg/Lのラクト−N−フコペンタオースI;約100mg/L〜約900mg/Lのラクト−N−ネオテトラオース;約50mg/L〜約2300mg/Lのラクト−N−フコペンタオースV;または約300mg/L〜約2800mg/Lのラクト−N−テトラオース。 (もっと読む)


【課題】 皮膚の乾燥、あれ肌、皮膚のハリや弾力の低下に伴う小じわ等の発生を予防又は改善することのできる皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】 (A)パルミチン酸レチノール、(B)ヒノキチオール及び/又はその誘導体、並びに(C)表皮脂質及び/又はその類似成分を含有することを特徴とする皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】解決しようとする課題点は、食中毒の原因又は食品の腐敗の原因となる微生物に対して高い除菌防腐能を有し、人体に対し安全であり、かつ組成物としての安定性が高く安価で製造することが可能である、食品又は飲料の製造施設あるいは加工施設、環境、設備、機器、道具の除菌又は防腐のために使用する除菌防腐剤を新規に提供することである。
【解決手段】(A)炭素数8〜22の脂肪酸又はその塩、(B)炭素数8〜18の脂肪酸とグリセリンからなるモノ、ジ又はトリ脂肪酸グリセリンエステル、(C)スルホコハク酸エステル、(D)エタノール、プロパノール又はイソプロパノールから選ばれる1種又は2種以上のアルコール、及び(E)水を少なくとも含む溶液1重量部に対し、水性基剤を1〜500重量部の比率で混合してなる除菌防腐剤を創成するに至った。 (もっと読む)


【課題】本発明は、経時安定性、安全性に優れた抗インフルエンザウイルス効果を有する可溶化液を提供することを目的とする。
【解決手段】モノエステル純度が50%以上のジグリセリンラウレート1〜20質量%と、HLB12以上のポリグリセリン脂肪酸エステルをジグリセリンラウレートに対して10〜200質量%含有するインフルエンザウイルス感染防止可溶化液。 (もっと読む)


【課題】解決しようとする課題点は、様々な微生物に対し十分な抗菌活性並びに抗ウイルス活性を有し、人体あるいは動物に対し安全で、かつ安価で提供することを可能とする新規な抗菌用組成物を見いだすことである。
【解決手段】(A)炭素数8〜22の脂肪酸又はその塩を15〜45重量%、(B)炭素数8〜18の脂肪酸とグリセリンからなるモノ、ジ又はトリ脂肪酸グリセリンエステルを20〜50重量%、(C)スルホコハク酸エステルを10〜30重量%、(D)エタノール、プロパノール又はイソプロパノールから選ばれる1種又は2種以上のアルコールを0〜10重量%、(E)水が0〜55重量%、を少なくとも含む溶液1重量部に対し、水性基剤を1〜500重量部の比率で混合してなる抗菌用組成物を創成するに至った。 (もっと読む)


1 - 20 / 131