説明

Fターム[4L047EA08]の内容

不織物 (36,085) | 装置 (1,513) | ウェブ結合装置 (147)

Fターム[4L047EA08]の下位に属するFターム

Fターム[4L047EA08]に分類される特許

1 - 19 / 19


【課題】繊維ウエブに凹凸を賦形する処理において、繊維ウエブの繊維を乱すことなく、かつ支持体に配した孔を通しての繊維同士の融着や交絡を防ぎつつ賦形する不織布の製造に用いる不織布製造用支持体を提供する。
【解決手段】並列に配置された複数の棒状体11と、棒状体11間に配された複数の突起12と、隣接する棒状体11間でかつ棒状体11の長手方向で隣接する突起12とで囲まれた領域に存する孔13を有し、突起12と孔13は、第1の方向(MD方向)とそれに直交する第2の方向(CD方向)とに交互にかつ突起12同士が所定間隔を置いて配置され、突起12は対向する第1面12SAと第2面12SBとを有する不織布製造用支持体を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、不織布の製造時に発生する毛羽立ちの問題を解決して不織布表面に外力が加わっても毛羽立ち難く、肌触り感が良い不織布を提供する。
【解決手段】凹凸形状を有する通気性の支持体10上に熱可塑性繊維を含有する繊維ウエブ50を搬送して、熱風を吹き付け該凹凸形状に賦形する賦形不織布の製造方法であって、繊維ウエブ50に熱風を吹き付けて繊維ウエブ50を前記凹凸形状に追随させて賦形し、融着させる前段のエアスルー工程と、前記支持体10に追随した前記繊維ウエブ50を前記熱可塑性繊維の融点より低い温度に冷却する工程と、前記冷却した立体形状に賦形した繊維ウエブ50に別の熱風を吹き付け、繊維ウエブ50の毛羽立ち繊維と別の繊維同士を融着し、繊維ウエブ50の毛羽立ちを減少する後段のエアスルー工程とを備える賦形不織布の製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】乾燥した高圧蒸気を均一に噴出させることにより、繊維シート物表面に打撃痕や開口痕を残さずに繊維交絡が付与できる方法を提供する。繊維シートに強度や形態安定性だけでなく柔軟性も付与でき、同時に内部付着物の除去機能もあるため、洗浄や乾燥工程の効率化が可能となる。
【解決手段】高圧蒸気噴出ノズルは、蒸気導入口と排出口を有するとともに、一方向に走行する繊維シート状物と対向する面にシート幅方向に沿った開口を有する中空筒状のノズルホルダー11と、前記開口側のノズルホルダー部分に脱着可能で且つ前記開口に対向して形成された多数のノズル孔15a"を有するノズル部材15とを備えている。ノズルホルダーの前記開口11bを含む前記ノズル部材との密接領域に凹陥部を有し、該凹陥部の幅方向中央にその長さ方向に沿って一体に配され、同凹陥部から前記開口に向けて立ち上がる1以上の中空筒部を有している。 (もっと読む)


【課題】安定して微細な繊維を形成できる生産性の高いエレクトロスピニング不織布製造装置を提供せんとする。
【解決手段】ポリマーを流出させる紡糸口金1と該紡糸口金1に対向して設置される電極4との間に高電圧をかけ、ポリマーを電極4に向かってジェット状に飛ぶ過程で繊維化させるものであり、紡糸口金1には、ポリマーの流出する複数のノズル3よりなるノズル列3Aが設けられ,電極4はノズル列3Aに対して平行に配置され、電極4における前記ノズル列3Aの長さ方向の寸法は、少なくとも該ノズル列3Aの長さ以上とされている。更に、ジェット状に飛ぶポリマーに対して側方より気流を吹き付け、ポリマーの飛ぶ方向を偏向させる気流装置5が設けられ、該気流装置5により偏向されたポリマーが付着・集積する繊維集積装置7が設けられている。 (もっと読む)


【課題】表面に凹凸の皺を持ち嵩高で柔軟性が高く、通気性があり、MDおよびCDの方向に関係なく全方向に伸縮性を発揮することが出来る伸縮性不織布を提供する。
【解決手段】熱接着性繊維を含む繊維層(1)の少なくとも片面に、互いに異なる樹脂成分からなる複合繊維を含む繊維層(2)が積層され、該熱接着性繊維の熱接着により部分的に形成された熱接着部において両繊維層の繊維が圧着扁平化することなく両繊維層が一体化されており、該熱接着部の間において繊維層(1)が繊維層(1)側に突出した凸状構造を形成している、伸縮性不織布。 (もっと読む)


【課題】芯材を含む積層体を水蒸気で処理する際に、芯材がこぼれるのを防止することができる積層体処理装置を提供する。
【解決手段】第1および第2メッシュベルト60,70は、複数の第1および第2開口部63,73と、これら第1および第2開口部63,73の間にそれぞれ位置する第1および第2非開口部64,74とを有する。第1開口部63と第2開口部73とは、完全一致して重なることのないように、互いにずれるように配置されている。すなわち、第1開口部63には、第2非開口部74が重なり、第2非開口部74で第1開口部63の一部が閉鎖されるようにしている。 (もっと読む)


【課題】起伏の大きい凹凸を有し、圧接着部が見た目に美しく、浮きや切れ等が生じにくく、液の拡散性が低い立体賦形不織を提供すること。
【解決手段】熱伸長性繊維を用いて形成され、少なくとも一方の面に凹凸を有しており、製造時のMD方向に対応する方向であるMD方向及び製造時のCD方向に対応する方向であるCD方向を有する立体賦形不織布1であり、凹部の底部に、構成繊維が圧着又は接着されている線状の圧接着部13を有し、該凹部に囲まれた多数の凸部16を有しており、圧接着部以外の部分において構成繊維どうしの交点が圧接着以外の手段によって接合しており、前記圧接着部13によって周囲を囲まれた閉鎖領域18が多数形成されており、該閉鎖領域18それぞれのCD方向の両端に位置する2つの頂点18a,18aの、MD方向の位置が相互に異なる。 (もっと読む)


【課題】粘ちょうな体液を透過させる透液性繊維不織布。
【解決手段】熱可塑性合成樹脂で形成されたステープル繊維2が互いに溶着した状態にある透液性繊維不織布1の表面3には、縦方向Aへ互いに平行して延びる凸条部6と凹条部7とが横方向Bへ交互に並ぶ。繊維不織布1の裏面4から凸条部6の頂部11までの高さTに対して裏面4から凹条部7の底部12までの高さtが40〜55%の範囲にある。表面3には、凸条部6を介して隣り合う凹条部7どうしの間に延びるステープル繊維2であって、凹条部7のそれぞれにおいてそのステープル繊維2とは異なるステープル繊維2に溶着しているものが含まれる。 (もっと読む)


【課題】水分を含んだバインダを効率良く再生することができ、さらには、散布性の良好な再生バインダを得る。
【解決手段】ガラスチョップドストランド9の堆積物を水で湿潤させたストランド堆積物に10、バインダ12を散布し、加熱固化させてマット状にして、ガラス繊維マットを製造する。ストランド堆積物10に散布したバインダ12のうち、ストランド堆積物10に付着せず、かつ水分を含んだバインダ12aを回収し、回収したバインダ12aを減圧乾燥手段15により乾燥させて、再生バインダ12cを得る。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、特に、繊維製品のスクラップを再利用して高強度硬質繊維シートを簡単に製造することにある。
【解決手段】通常繊維と低融点繊維との混合繊維MFを支持シートN上に撒布してマットMTをフォーミングし、該マットMT上に更に支持シートNを重ねる。そうするとマットMTは繊維長の短い再生繊維を使用しても該支持シートN,Nによって支持補強され、加熱プレス前でも強度が大きく取扱いが容易になる。このような積層マットLMTを加熱プレスして硬質繊維シートFSとする。 (もっと読む)


【課題】生成され、収集される高分子ファイバをウエブ担持基材上に転写することで、厚みやその変化、ファイバ密度などを規制ないしは制御できるようにする。
【解決手段】高分子液1の孔9からの吐出と帯電とによって高分子ファイバ2を生成して収集体3上に電荷誘導して収集し堆積させる収集、堆積工程、ウエブ担持基材4に接着剤5を塗布する塗布工程、収集体3上の高分子ファイバ堆積層6をウエブ担持基材4上に接着剤5を介し転写する転写工程、により、ウエブ担持基材4上に高分子ウエブ層7を形成することにより、上記の目的を達成する。 (もっと読む)


【課題】 フィラメントからスパンボンド不織布を製造する方法と装置を提供する。
【解決手段】 フィラメントが少なくとも1つの紡糸装置から紡糸され、続いてフィラメントが冷却チャンバ内で冷却され、その後で延伸ユニット内で延伸され、それに続いてフィラメントが少なくとも1個のディフューザを通って案内され、その後で堆積ベルト上に堆積されて不織ウェブを形成する、フィラメントからなるスパンボンド不織布を製造するための方法。不織ウェブは堆積ベルトによって、不織ウェブの予備給湿を行う給湿装置を通って案内される。不織ウェブは給湿装置から外に出て、続いて堆積ベルト上での高圧水噴射処置によって予備結合される。それに続いて不織ウェブは堆積ベルトから取り去られて、他の処理を受ける。 (もっと読む)


【課題】手芸の分野において、原毛を針で突いてフェルト化した作品を得る手法について、複雑な形状の作品を安定した品質で作成することの出来る容器を提供する。
【解決手段】透明ないし半透明の合成樹脂製本体(1)に、様々な直径を持つ円、多角形、ないし星型、花弁型、ハート型等の図案を横断面に持つ柱状の空洞(2)を設け、柱状空洞の側面に目盛り(3)を設ける。
フェルト製品を作成する時は、本発明をスポンジ状の基台の上に置き、柱状の空洞に原毛を充填し、凹凸を持った針で方向を変えながら繰り返し突くことによって繊維を絡み合わせてフェルト化の効果を得る。 (もっと読む)


【課題】静電爆発を用いてナノファイバを製造するナノファイバ製造装置において、引火性のある溶剤を使用しても爆発のおそれの低い製造装置を提供する。
【解決手段】ナノファイバ製造用の原料液200を噴射する、電圧が印加される噴射孔112を備えるナノファイバ製造装置101であって、外空間の雰囲気よりもナノファイバ製造空間107を低酸素雰囲気に維持する隔壁102と、前記ナノファイバ製造空間107の低酸素雰囲気を形成する低酸素ガスを供給するガス供給源103とを備える。 (もっと読む)


係合構成要素及び受取構成要素を有する機械的締着装置。受取構成要素は第1接着ライン、第2接着ライン、接着ゾーン、及び複数の連続した掃引領域を有する。第2接着ラインは、第2接着ラインの一部が第1接着ラインの一部に重なるように第1接着ラインに隣接して配置される。接着ゾーンは第1接着ライン及び第2接着ラインを囲む。複数の連続した掃引領域は接着ゾーン内に配置される。少なくとも1つの掃引領域は第1接着ライン及び第2接着ラインの両方の一部を含み、残りの掃引領域は少なくとも第1又は第2接着ラインの一部を含む。受取構成要素は1以上及び20以下の接着比を有する。
(もっと読む)


実施形態のいくつかでは、不織布は、自動接着材料を含む、押し出されたストランドで少なくとも部分的に形成された第1のウェブを含む。不織布は、同様の自動接着材料を含む別の品目に結合するようにされる。別の実施形態では、不織布を形成する方法は、自動接着材料で形成される複数のストランドを押し出す段階を含む。方法は、移動支持部に向かって複数のストランドの経路を定める段階と、複数のストランドを移動支持部に堆積する段階と、その後、複数のストランドを安定化してウェブを形成する段階と、を更に含む。別の実施形態では、締結システムは、自動接着材料を含む複数の押し出されたストランドで形成されたウェブを有する不織布を含む。締結システムは、同様の自動接着材料を含む複数の自由起立型ストラットを備える表面を有する発泡体層を更に含む。 (もっと読む)


【課題】 自然に縮んだ長繊維を用いて、スパンボンド不織布を製造するための方法及び装置である。
【解決手段】 長繊維を、延伸ユニットに通し、最後にディフューザーに通す。その直ぐ後に、長繊維を、縮んだ長繊維として積層機器上に積層する。積層した長繊維を、積層機器と共に、凝固機器に通し、そこで、流体を用いて、長繊維を凝固させるものである。 (もっと読む)


不織ウェブ(12)、構造体または製品を製造するための装置において、望ましい空気浸透性を維持しながら静電気を除去するために、導電性材料(22)を含んでいる移送ベルト(18)を組み入れた不織布製造工程を使用すること。
(もっと読む)


天然由来のセルロース繊維だけから、次の方法工程で繊維ウェブを製造する方法:僅かな水分含有量を有するルーズな繊維から、主に均一な厚さの乾燥した繊維載置物を形成し、前記繊維載置物を圧縮及びエンボス加工してエンボス模様を形成させながら繊維ウェブにし、前記繊維ウェブを、高い水含有量(水75〜99質量%)を有する水−ラテックス−混合物で湿らせ、繊維を結合させながら繊維結合領域の内側及び外側で乾燥によりラテックスを析出させる。
(もっと読む)


1 - 19 / 19