説明

Fターム[4C090DA10]の内容

多糖類及びその誘導体 (20,591) | 用途 (3,663) | 機能による用途 (1,117) | 構造材料及び/又はその中間体 (196)

Fターム[4C090DA10]に分類される特許

1 - 20 / 196


【課題】樹脂への分散性に優れると共に、解繊工程での微細繊維状セルロースの収率が高く、しかも製造に要するコストが低い微細繊維状セルロースの製造方法を提供する。
【解決手段】本発明の微細繊維状セルロースの製造方法は、未晒化学パルプおよび酸素漂白化学パルプの少なくとも一方を含むセルロース懸濁液を得る懸濁液調製工程と、前記セルロース懸濁液に下記(a)〜(e)のうちの少なくとも1種の化学的処理を施す化学処理工程と、 前記化学処理工程後のセルロース懸濁液に解繊処理を施す解繊工程と、を有することを特徴とする。(a)カルボキシ基を有する化合物の酸無水物による処理、(b)リン酸基を有する化合物による処理、(c)オゾンによる処理、(d)酵素による処理、(e)2,2,6,6−テトラメチルピペリジノオキシラジカルによる処理 (もっと読む)


【課題】熱可塑性セルロースエステル組成物の提供。
【解決手段】(A)セルロースエステル100質量部に対して、(B)下記式(II)で表されるリン酸エステル混合物からなる可塑剤2〜100質量部を含有するセルロースエステル組成物。


(nは0、1、2から選ばれる数であり、n=1のリン酸エステルの含有割合がHPLC(高速液体クロマトグラフィー)による評価で90面積%以上であり、n=0のリン酸エステルの含有割合が5面積%以下である。) (もっと読む)


【課題】貼付時に目立ちにくく、かつ違和感がなく、接着剤又は粘着剤を使用しなくても貼付することのできる薄膜フィルムを提供すること。
【解決手段】キトサン若しくはキトサン誘導体又はこれらの塩を含む溶液を用いて形成されるA層と、ヒアルロン酸若しくはヒアルロン酸誘導体又はこれらの塩を含む溶液を用いて形成されるB層と、を有し、膜厚が20〜280nmである、薄膜フィルム。 (もっと読む)


【課題】N−オキシル化合物を酸化触媒として得られた酸化パルプから効率よくN−オキシル化合物を除去でき、さらに酸化パルプを高い固形分濃度に濃縮できる酸化パルプの洗浄及び脱水方法を提供する。
【解決手段】酸化パルプをpH5未満及び温度40℃未満の条件下でに置いた後に洗浄及び脱水することにより、N−オキシル化合物を除去し、酸化パルプを高濃縮する。 (もっと読む)


【課題】短時間の合成反応により合成され得る新規の重合性ヒアルロン酸誘導体、ならびにその重合体を含むヒアルロン酸ヒドロゲルおよびコンタクトレンズを提供する。
【解決手段】ヒアルロン酸の一級水酸基にウレタン結合させた、置換されていてもよい(メタ)アクリル酸アルキルイソシアネートまたは(メタ)アクリル酸アルキルオキシアルキルイソシアネートを有する重合性ヒアルロン酸誘導体、この重合性ヒアルロン酸誘導体の重合体を含むヒアルロン酸ヒドロゲル、およびこの重合性ヒアルロン酸誘導体と該重合性ヒアルロン酸誘導体と共重合可能な重合性モノマーとの共重合体を含む、コンタクトレンズを与える。 (もっと読む)


【課題】 触媒硫酸量を低減することなく、分子量の低下を抑制しつつ、結合硫酸の量を
低減できるセルロースエステルの製造方法を提供する。
【解決手段】 硫酸触媒の存在下、セルロースをアシル化剤でアシル化した後、熟成工程
において、連続的又は複数回(例えば、3回以上)に分けて間欠的に塩基(カルシウム成
分など)を添加して熟成し、結合硫酸量の少ないセルロースエステルを製造する。この方
法により、結合硫酸量を10〜150ppm程度に低減できるので、カルシウム含量も1
0〜110ppm程度に低減できる。セルロースエステルは、光学フィルム(例えば、偏
光板の保護フィルム)などとして有用である。 (もっと読む)


【課題】透明性、熱膨張性、カール性、耐熱性に優れ、生産性の高い光学フィルムの製造方法、さらに該光学フィルムを用いた素子用基板を提供することにある。
【解決手段】プロピオニル基で置換され、かつ、その置換度が0.1〜1.5、結晶化度が50〜95%であるセルロースナノファイバーを、一部溶解または膨潤する溶媒に分散し、該分散液を流延し製膜することを特徴とするセルロースナノファイバーを含有する光学フィルムの製造方法。 (もっと読む)


【課題】耐熱性が高く、補強効果に優れたセルロースナノファイバーと、前記セルロースナノファイバーを効率よく製造する方法、前記セルロースナノファイバーを含有する複合樹脂組成物、前記複合樹脂組成物を成形してなる成形体を提供する。
【解決手段】本発明のセルロースナノファイバーは、平均重合度が600以上30000以下であり、アスペクト比が20〜10000であり、平均直径が1〜800nmであり、X線回折パターンにおいて、Iβ型の結晶ピークを有し、水酸基が修飾基により化学修飾されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】透明性に優れ、かつ機械的強度にも優れる成形体を提供し得るセルロース繊維、セルロース繊維含有重合体および樹脂組成物の提供。
【解決手段】下記式(1)で示される繰り返し単位を含むことを特徴とするセルロース繊維。


(前記式(1)中、Xはラジカル重合可能な有機基であり、nは1以上の整数。) (もっと読む)


【課題】標識分子が安定的に担体に固相化された固相化担体、および、かかる固相化担体の製造方法を提供すること。
【解決手段】固相化担体1は、分子複合体2を介して、標識分子10を担体100に固相化してなるものである。分子複合体2は、ゲスト分子構造31と、ゲスト分子構造31に結合された直鎖状構造32とを含む第1の分子3と、シクロデキストリン構造41を含み、シクロデキストリン構造41が有する空孔を第1の分子3の直鎖状構造32が貫通した状態で、直鎖状構造32の鎖長方向の途中に位置する第2の分子4と、空孔内にゲスト分子構造31を包接して、第2の分子4のシクロデキストリン構造41が第1の分子3の直鎖状構造32の一端部側から離脱するのを阻止するキュカービチュリル構造51を含む第3の分子5とを備え、第1の分子3の直鎖状構造32が担体100に結合され、第2の分子4のシクロデキストリン構造41が標識分子10に結合されている。 (もっと読む)


【課題】カルボキシル基を炭素−炭素結合によってセルロース主鎖に直接結合した、高い酸価を有するカルボキシル化セルロースエステル誘導体の提供。
【解決手段】セルロースエステルインターポリマー及びセルロースエステルインターポリマーの酸化方法を提供し、中間体アルデヒドの官能基化によって、対応するカチオン性又は両イオン性セルロースエステル誘導体を利用することもでき、本発明のインターポリマーは、多数の最終用途を有し、例えば種々の型の被覆組成物中のバインダー樹脂として及び薬物送達剤として使用できる。 (もっと読む)


【課題】熱可塑性(成形性)、強度および耐水性が改善された、高植物性で且つ非可食部利用率の高いセルロース系樹脂を提供する。
【解決手段】セルロース又はその誘導体をマーセル化してなるマーセル化セルロースと、このマーセル化セルロースの官能基と反応し得る官能基を有するカルダノール又はその誘導体とを結合してなるセルロース系樹脂。 (もっと読む)


【課題】セルロースナノファイバー分散液を低エネルギーで製造する方法を提供する。
【解決手段】(A)セルロース系原料を、(a1)N−オキシル化合物、及び(a2)臭化物、ヨウ化物もしくはこれらの混合物からなる群から選択される化合物の存在下で、(a3)酸化剤を用いて酸化する工程、(B)前記工程Aで得た酸化されたセルロース系原料を、pH8〜14のアルカリ性溶液中で加水分解する工程、ならびに(C)前記工程Bで得たセルロース系原料を含む分散液を調製し、当該加水分解された酸化セルロース系原料を分散媒中に分散させながら解繊してナノファイバー化する工程、を含む方法でセルロースナノファイバーを製造する。 (もっと読む)


【課題】結合性が高く、流動性が良好で崩壊性に優れる低置換度ヒドロキシプロピルセルロース粉末を提供する。
【解決手段】平均粒子径が10〜100μmであり、かつBET法で測定した比表面積が1.0m/g以上であり、圧縮圧50MPaで圧縮成型した時の弾性回復率が7%以下である低置換度ヒドロキシプロピルセルロース粉末を提供する。 (もっと読む)


【課題】解像度及び耐溶剤性に優れるパターンを作製可能な硬化性組成物、及び該硬化性組成物を得ることができるポリロタキサンを提供すること。
【解決手段】環状化合物(A)と、該環状化合物の空洞を貫通する直鎖状高分子体(B)とからなるポリロタキサンであって、
該環状化合物が、複数のヒドロキシ基を有する環状化合物(A’)のヒドロキシ基に、イソシアナト基を有する不飽和化合物を付加させた化合物であり、
該直鎖状高分子体が、両末端にN−置換アミノ基を有する高分子体であるポリロタキサン、及び、該ポリロタキサンを含有する硬化性組成物。 (もっと読む)


【課題】セルロースエーテルの重合度を精度よくコントロールし、併せて品質及び製造工程の安定化を図る。
【解決手段】
パルプとアルカリ溶液を接触させて得られるアルカリセルロースを、酸素含有ガス流の存在下、供給される上記酸素含有ガス流中の酸素供給量と排出される上記酸素含有ガス流の酸素排出量を測定しながら解重合させる、重合度制御アルカリセルロースの製造方法を提供する。また、得られた重合度制御アルカリセルロースにエーテル化剤を添加する工程を少なくともセルロースエーテルの製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】多糖類と改質剤で形成された、多数の管状構造が集合してなる耐水性が付与された微小管集合構造体及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】主鎖を構成する単糖がピラノース構造を取り、そのイス型構造のエカトリアルにある水酸基どうしの結合で連なるシート状コンホメーションを取れる多糖類と改質剤とで形成された微小管状体の集合体である微小管集合構造体、及び前記多糖類と改質剤とを含有する多糖類と改質剤との含有液を収容した容器を冷媒に挿入することにより、冷媒液面の鉛直上方向に前記多糖類と改質剤の含有液中の溶媒を凍結成長させ、その後に凍結した溶媒を除去することを特徴とする耐水性が付与された微小管集合構造体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】多糖類で形成された、多数の管状構造が集合してなる微小管集合構造体及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】主鎖を構成する単糖がピラノース構造を取り、そのイス型構造のエカトリアルにある水酸基どうしの結合で連なるシート状コンホメーションを取れる多糖類で形成された微小管状体の集合体である微小管集合構造体、及び前記多糖類を含有する多糖類含有液を収容した容器を冷媒に挿入することにより、冷媒液面の鉛直上方向に前記多糖類含有液中の溶媒を凍結成長させ、その後に凍結した溶媒を除去することを特徴とする微小管集合構造体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】良好な熱可塑性、強度及び成形性、靭性、剛性を有し、成形加工に適したセルロース誘導体及び樹脂組成物を提供する。
【解決手段】A)炭化水素基:−R(Rはメチル基を表す。)
B)炭化水素基:−R(Rは炭素数2〜8の炭化水素基を表す。)
C)アシル基:−CO−Rとアルキレンオキシ基:−R−O−とを含む基(Rは炭化水素基を表す。Rは炭素数2〜4の炭化水素基を表す。)、及び
D)アシル基:−CO−R(Rは炭化水素基を表す。)を有するセルロース誘導体。 (もっと読む)


【課題】クラック形成に関して改良された特性を有する押出可能な水硬性もしくは非水硬性結合性組成物、およびその組成物を製造する方法を提供する。
【解決手段】押出可能な水硬性もしくは非水硬性バインダー及びセルロースエーテルを含み、前記セルロースエーテルが1.5を超えるメチル基置換度DS(Me)および0.02〜0.18の範囲のヒドロキシエチル基置換度MS(HE)を有するヒドロキシエチルメチルセルロースである、セルロース結合性組成物とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 196