説明

Fターム[4C206CB18]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | アルデヒド、ケトン、ケテン (1,434) | ケトン、ケテン (1,254) | カルボニル基が芳香環に結合したもの (121)

Fターム[4C206CB18]の下位に属するFターム

Fターム[4C206CB18]に分類される特許

1 - 20 / 21


【課題】低分子のIL−18阻害薬剤を提供する。
【解決手段】3−(3,4−ジクロロフェニル)1−アクリロナフトン(3-(3,4-dichlorophenyl)1-acrylonaphthone)、3−tert−ブチル−5−メチルカテコール(3-tert-Butyl-5-methylcatechol)、3−ブロモ−4’−メチルカルコン(3-bromo-4'-methylchalcone)、3−(4−(3−オキソ−ピリジン−3−イル−プロペニル)−フェニル)−1−ピリジン−3−3イル−プロペノン(3-(4-(3-oxo-3-pyridin-3-yl-propenyl)-phenyl)-1-piridin-3-3yl-propenone)、それらの塩、それらのエステル及びそれらの溶媒和物からなる群より選択される少なくとも1つの化合物を含有する医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】ウイルスや、ほこり、雑菌、花粉等のアレルゲン等の異物に対して、粘膜繊毛運動を活性化させ、これらの異物を除去する気道異物除去剤及び気道異物除去用組成物を提供する。
【解決手段】2−トリデセン−1−オール、テトラハイドロゲラニオール、デュピカル、イソシクレモン、シトラールジメチルアセタール、アセトフェノン、カルボン、ヘキシルシクロペンタノン、メントフラン、ブルボーネン、β−メチル−デカラクトン、ムスコン、イソオイゲノール、γ−ドデカラクトン又はγ−ヘキサデカラクトンからなる気道異物除去剤。 (もっと読む)


【課題】トランスグルタミナーゼにより形成される異常架橋を有する蛋白質で引き起こされる疾患の予防または治療薬の提供。
【解決手段】下記式で代表されるアクリロイル基を有する化合物、


下記式で代表されるカルボニル基を有する化合物、または


下記式で代表される水酸基を有する化合物、


などのケトンまたはアルコールを有する化合物。 (もっと読む)


【課題】リン酸塩輸送阻害を必要とする被験体におけるリン酸塩輸送を阻害するための医薬を提供する。
【解決手段】具体例を示すと、以下の構造式で示される、メチル5-ブロモ-2-[(4'-トリフルオロメトキシフェニル)スルホニル]アミノベンゾエートである。
(もっと読む)


炎症を処置するためにアポゴシポールおよびその誘導体を使用する方法が開示される。また、構造Aを有する化合物の群、または薬学的に許容されるその塩、水和物、N-酸化物もしくは溶媒和物が記載され、式中、各RはH、C(O)X、C(O)NHX、NH(CO)X5、SO2NHXおよびNHSO2X5からなる群より独立して選択され、ここでXはアルキル、置換アルキル、アリール、置換アリール、アルキルアリールおよび複素環からなる群より選択される。群Aの化合物は、がんなどの各種の疾患または障害の処置に使用することができる。

(もっと読む)


キサントフモールに富むホップ組成物の調製方法である。本方法は、キサントフモール含有ホップ組成物を含有する溶液を提供する工程と、溶液の塩濃度とpH値の両方を調整することにより非キサントフモールホップ物質を沈殿させる工程とを含む。本方法により調製されたキサントフモールに富むホップ組成物は、様々な疾患、例えば、皮膚疾患や細菌感染の治療に用いることができる。 (もっと読む)


【課題】新規なヒスタミン遊離抑制剤又はロイコトリエン遊離抑制剤、それを含有する医薬品、飲食品又は化粧品を提供することを課題とする。
【解決手段】ナリンゲニンカルコン又はその塩を有効成分とするヒスタミン遊離抑制剤又はロイコトリエン遊離抑制剤、及び上記薬剤を含有することを特徴とする、医薬品、飲食品又は化粧品。
本発明のヒスタミン遊離抑制剤又はロイコトリエン遊離抑制剤は、種々のアレルギー性疾患の予防・治療剤、抗炎症剤として有用である。また、本発明のヒスタミン遊離抑制剤又はロイコトリエン遊離抑制剤は、I型アレルギー反応における、肥満細胞からのヒスタミン遊離を阻害することから、これに起因するアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症お又はアレルギー性喘息等の予防、治療に、特に有用である。 (もっと読む)


本発明は中国の漢方薬のRamulus Cinnamomi(ケイシ)及びPoria cocos(ブクリョウ)からなる組成物を提供するものである。この組成物はフィンガープリントの特性により定義され、この特性は改良されたクロマトグラフ法により得られるものである。本発明はまた、このような組成物の様々な利用法を提供する。 (もっと読む)


【課題】
安全性が高く、しかもIL-6など炎症性インターロイキンの産生抑制作用が十分に強く、抗炎症剤等として有用な新規な薬剤を提供する。
【解決手段】
以下の一般式(1)の化合物を活性成分として含有する炎症性インターロイキン産生抑制剤。
【化1】


(ただし、式1中、R1は水素原子(H)又は分岐状不飽和脂肪族炭化水素基を表し、R、R及びR5はそれぞれ水素(H)又は水酸基を表し、R3は水素原子(H)又はアルコキシ基を表す。) (もっと読む)


【課題】天然物由来で安全性が高いアディポネクチン産生増強・促進剤及びそれらを含有する医薬品、飲食品を提供すること。
【解決手段】ナリンゲニンカルコン又はその誘導体を有効成分とするアディポネクチン産生増強・促進剤。このアディポネクチン産生増強・促進剤を含有する医薬品、飲食品。
【効果】これらの剤、医薬品、飲食品は、高いアディポネクチン増強・促進作用を有し、かつ安全性が高いため、アディポネクチン分泌不全に起因する動脈硬化症又は糖尿病、あるいはメタボリックシンドロームの予防又は改善に有用である。 (もっと読む)


【課題】カンノビノイド・レセプターの活性化が役割をもつか、または関与する疾患または症状の処置または予防用医薬を提供すること。
【解決手段】式(I)


(式中、XはS、S(O)、S(O)、S(O)NH、P(O)(OCH)、P(O)(OH)、NH、N(CH)、NHC(O)NH、C(O)、C(O)O、NHC(O)、CH(OH)、CH=N、CH=CH、CHNHまたはC(=NH)を示し;Rはアリールまたはヘテロアリールを示し;Rは水素、ORまたはNRを示す;その他の可変部は明細書に定義のとおりである。)
で示されるナフタレン誘導体の提供により、解決される。 (もっと読む)


【課題】
本発明の課題は従来ではほとんど見いだされていないmTORを活性化する製剤の開発又はmTORを活性化する方法の開発である。
【解決手段】
特定の化合物に優れたmTOR活性化作用があることを見いだした。従って、本発明は特定の化合物を有効成分とするmTORを活性化する製剤並びにmTORを活性化する製剤を用いた皮膚老化を予防する方法を提供するものである。このmTORを活性する作用を利用することにより、紫外線あるいは加齢が原因となる皮膚老化を予防するために使用する製剤を製造することが可能である。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、L−カルニチンが関連する肥満改善や運動時の持久力向上などの生体機能を回復または増強することを目的とした、L−カルニチン合成系酵素遺伝子の転写を促進する組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】 本発明は、食習慣があり安全であるウコン抽出物を有効成分とするL−カルニチン合成系酵素遺伝子転写促進用組成物、すなわち、生体内でのL−カルニチン合成を亢進する効果が期待できる組成物を提供する。本発明の上記の組成物は、安全であり、生体内でのL−カルニチンが関連する生体機能を回復、増強に有効である。 (もっと読む)


【課題】 より安全で抗炎症効果に優れた抗炎症剤を提供する。
【解決手段】 アシタバ黄汁から分離されるイソババカルコン、キサントアンゲロール、4‐ハイドロキシデリシン、キサントアンゲロールF又は2´´‐ハイドロキシキサントアンゲロールIであり、ラセルピチン、イソラセルピチン、セリニジン、プテリキシン、3´‐セネシオイルケーラクトン又は4´‐セネシオイルケーラクトン、プロストラトールF又はマンデレアフラバノンBの各化合物を抗炎症剤として用いる。特に、4‐ハイドロキシデリシンは抗炎症効果に極めて優れる。 (もっと読む)


【課題】新規な糖代謝促進剤の提供。
【解決手段】式(I)で示される化合物を糖代謝促進剤の有効成分とする。


式(I)で、R1は炭素数1〜10の脂肪族炭化水素基又はフェニル基で、脂肪族炭化水素基又はフェニル基の任意の水素原子はハロゲンで置換されてもよく、R2は炭素数1〜10の脂肪族炭化水素基又はフェニル基で、脂肪族炭化水素基又はフェニル基の任意の水素原子はハロゲンで置換されてもよい。X1はハロゲン、X2は水素又はハロゲン。 (もっと読む)


【課題】リュウケツジュ(Dracaena draco L)が生産する樹脂物質に含まれる活性成分から、これまで知られていなかった新規化合物を単離して、その化学構造を解明し、その医薬としての新らしい用途を開発する。
【解決手段】一般式


[R1〜R6は水素原子又は低級アルキル基、XはO又はH(OH)]で表わされる化合物少なくとも1種を有効成分とした肉芽形成促進剤及び癌細胞アポトーシス誘導剤とする。 (もっと読む)


【課題】 アラキドン酸代謝異常による症状を軽減し、もしくは予防できる新規なアラキドン酸代謝抑制剤を提供。
【解決手段】デカン酸、5−デセン酸、6−デセン酸、ジオスフェノール、7−メチル−3,4−ジヒドロ−2H−ベンゾジオキセピン−3−オン、4−(2,3,6−トリメチルフェニル)−3−ブテン−2−オン、下記式


で表されるアンゲリカ酸およびそのエステル、下記式


で表されるベンゼン誘導体から選ばれる少なくとも1つの化合物またはフェンネル果実、ナツメグ種子、ブチュ葉およびエストラゴンから選ばれる少なくとも1つの植物抽出物を有効成分として含有するアラキドン酸代謝抑制剤。 (もっと読む)


本発明は、脳卒中及び他の脳障害を含む虚血障害の治療における抗酸化剤として有用な、新規2,6−ジイソプロピルフェノール2,6−ジイソプロピルフェノール類似体、並びに2,6−ジイソプロピルフェノール2,6−ジイソプロピルフェノール及びその類似体の無菌で安定な医薬上許容可能な組成物を提供する。2,6−ジイソプロピルフェノール及びその類似体は、虚血障害関連のフリーラジカル損傷を防ぐことが可能な程度の薬剤の血液レベル及び脳レベルを生み出すのに効果的な投薬量にて投与される。 (もっと読む)


本発明は、グラム陰性菌に対して活性を有する香料成分を含む、人体に接触する殺菌製剤、特に液体石鹸を含む洗浄製剤に関する。このような組成物は標的部位、例えば皮膚表面に、ほんの短い時間、通常は30秒以下の時間接触する。したがって、抗菌作用は殺菌型であり、迅速である必要がある。さらに、濡れた表面に適用され、希釈された場合でさえも効果を保証するために、殺菌活性は十分に高い必要がある。 (もっと読む)


Y、R1〜R8およびR101〜R108は、明細書中と同様に定義される。式(II)の化合物および、MIFと式(I)の化合物とを接触させることを含むマクロファージ遊走阻止因子(MIF)のサイトカインまたは生物学的活性を阻害する方法を提供する。さらに本発明は、MIFサイトカインまたは生物学的活性が関与している疾患または状態を治療する方法に関しており、これは、式(I)の化合物を単独で、または併用療法の一部として投与することを含む。
【化1】

(もっと読む)


1 - 20 / 21