説明

Fターム[4F100AK17]の内容

積層体 (596,679) | 高分子材料 (104,134) | 有機高分子材料 (103,355) | 炭素−炭素不飽和結合のみが関与する重合体 (38,209) | ハロゲン化ビニル系重合体 (4,735) | 弗素樹脂 (3,016)

Fターム[4F100AK17]の下位に属するFターム

Fターム[4F100AK17]に分類される特許

1,801 - 1,820 / 2,048


【課題】 従来のアルミニウム合金の防食塗膜及びその形成方法に係る上記問題点を解決することを目的とし、アルミニウム合金、特に一過式の熱交換器に適する自己修復性の優れたアルミニウム合金の防食塗膜を提案する。
【解決手段】 アルミニウム合金からなる基板上に形成され、亜鉛、チタン及びニオブから選ばれた1種又は2種上を0.1〜10vol%含有する三フッ化樹脂からなり、自己修復性に優れている。この場合においてアルミニウム合金を熱交換器とすることができる。 (もっと読む)


【課題】金属基材の表面に、金属基材との接着性に優れたフッ素樹脂の被膜を形成する方法の提供。
【解決手段】酸素を含む雰囲気下に200〜600℃で金属基材の表面を加熱処理し、ついで該表面上にアミノ基を有するシランカップリング剤、その部分加水分解物、又はそれらの混合物からなるプライマーを塗布してプライマー層を形成し、ついで該プライマー層上にフッ素樹脂の被膜を形成する、金属基材表面にフッ素樹脂の被膜の形成方法。 (もっと読む)


【課題】外力の印加した場合にも、基材の意匠性が維持される複合材を提供する。
【解決手段】本発明では、基材と、該基材上に設けられた被覆部とを有し、該被覆部は、(A)シリカ、または平均組成式RpSiO(4−p)/2(式中、Rは有機基、Xはアルコキシ基、ハロゲン、窒素含有基の群から選ばれる少なくとも1種、pは、0<p<4を満足する数である)の群から選ばれる少なくとも1種、(B)ふっ素樹脂粒子を含有してなることを特徴とする複合材であって、前記ふっ素樹脂粒子の被覆部中の含有量が1重量%以上かつ20重量%未満であることを特徴とする複合材を提供する。 (もっと読む)


【課題】放射線によって硬化し、耐擦傷性、耐摩耗性に優れ、低屈折率で反射防止フィルムに使用した場合、反射率の低い感光性樹脂組成物、更にはその硬化皮膜を有するフィルムを提供する。
【解決手段】下記一般式(1)
fSi(OR13・・・(1)で表されるフッ素原子を有するアルコキシケイ素化合物同士か、又は前記一般式(1)で表されるフッ素原子を有するアルコキシケイ素化合物と下記一般式(2)ReSi(OR23・・・(2)で表されるエポキシ基を有するアルコキシケイ素化合物とを、塩基性触媒の存在下に、縮合させて得られるフッ素原子含有ケイ素化合物(A)、光カチオン重合開始剤(B)、幹部分がフッ素系ポリマーで、枝部分がシリコーンで構成された櫛型ポリマー(C)及びフッ素原子を有する高分子化合物(D)を含有することを特徴とする感光性樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】耐久性を有し、有機物の透過を防止可能な多層チューブを提供する。
【解決手段】ポリアミド、熱可塑性エラストマー、およびこれらの混合物のような第1の溶融加工可能な熱可塑性樹脂を含有する第1の層と、第1の層で使用される溶融加工可能な熱可塑性樹脂と化学的に異なる第2の溶融加工可能な熱可塑性樹脂で形成された第2の層と、第1の層と第2の層との間に配置される中間層とを有している。中間層は、第1の溶融加工可能な熱可塑性樹脂と、第2の熱可塑性樹脂とを含み、固化される溶融加工可能な熱可塑性溶液でできており、この溶液中で、第1の熱可塑性樹脂と第2の熱可塑性樹脂とは、基本的に非均質な状態で互いに対して分散された個別的に識別できる形で存在している。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、作業性のよい防水シートを提供することにある。
【解決手段】ゴムシート2の表面に離型剤6を含浸または塗布した不織布3を貼着し、裏面には粘着剤層7を設けたことを特徴とする防水シート1を提供する。上記防水シート1にあっては、ロールに巻いても該粘着剤層7が粘着せず、また作業者が防水シート1上に乗っても滑らない。 (もっと読む)


【課題】外力の印加した場合にも、基材の意匠性が維持される複合材を提供する。
【解決手段】本発明では、基材と、該基材上に設けられた被覆部とを有し、該被覆部は、(A)シリカ、または平均組成式RpSiO(4−p)/2(式中、Rは有機基、Xはアルコキシ基、ハロゲン、窒素含有基の群から選ばれる少なくとも1種、pは、0<p<4を満足する数である)の群から選ばれる少なくとも1種、(B)ふっ素樹脂粒子を含有してなることを特徴とする複合材であって、前記ふっ素樹脂粒子の被覆部中の含有量が1重量%以上かつ20重量%未満であることを特徴とする複合材を提供する。 (もっと読む)


【課題】 基材・ステンレス鋼の表面に設けたCrフリーの処理皮膜と、その上に設けた樹脂接着層の相互作用を利用してステンレス鋼とゴム被覆層との密着性を長期にわたって維持すると共に、加工性を向上させたガスケット用表面処理ステンレス鋼板を提供する。
【解決手段】 このガスケット用表面処理ステンレス鋼板は、表面の一部又は全面にチタン化合物,フッ素化合物及びアミン類を含む処理皮膜が形成され、この処理皮膜の上にノボラック型フェノール樹脂を含む接着剤層が設けられていることを特徴とする。処理皮膜に含まれるアミン類がノボラック型フェノール樹脂の架橋反応を促進させ、前記処理皮膜と接着剤層とで、接着性に優れた無機−有機複合皮膜が形成される。この複合皮膜上にゴム被覆層が形成される。
前記処理皮膜は、さらにジルコニウム化合物を含んでも良い。 (もっと読む)


【課題】リチウム電池本体の正極および負極の各々に接続された金属端子を外側に突出した状態で挟持して熱接着して密封するタイプのリチウム電池用の積層体であって、生産性よく製造することができ、かつ、電池とした際の端面からの水分透過量の少ない積層体を提供する。
【解決手段】基材層2、アルミニウム箔3、化成処理層4、フッ素系プライマー層5、フッ素系接着剤層6、熱接着性樹脂層7が順に積層された積層体において、前記フッ素系プライマー層5およびフッ素系接着剤層6が水酸基を含有するフッ素含有共重合体と該フッ素含有共重合体と反応する硬化剤を配合した組成物で形成され、かつ前記フッ素系プライマー層5が前記組成物を前記化成処理層面に塗布し焼付けて形成した塗布量が1.0g/m2以下の層であることを特徴とする積層体。 (もっと読む)


【課題】屈折率が比較的高い材料を透明基材として使用した場合にも、十分に干渉縞が低減された、プラズマディスプレイパネル(PDP)その他のディスプレイの前面フィルタ等に有用な反射防止フィルムを提供し、光の波長に対して制約が最小限とされ、現実に使用される種々の室内照明において十分に干渉縞が低減された、PDPその他のディスプレイの前面フィルタ等に有用な反射防止フィルムを提供する。
【解決手段】透明基材上に、中間層、屈折率の高いハードコート層、ハードコート層よりも屈折率の低い低屈折率層が順に積層された反射防止フィルムであって、次式(1)〜(4): n1≧1.55 (1) n3≧1.55 (2) 0< | n1−n2 | < 0.1 (3) 0< | n3−n2 | < 0.1 (4)(但し、n1は透明基材の屈折率、n2は中間層の屈折率、n3はハードコート層の屈折率である)を満たし、且つ、前記中間層の厚みd(nm)が5〜40nmの範囲にある。 (もっと読む)


【課題】 1の塗膜から2以上の層を形成できる積層体の製造方法及びそれにより得られる積層体を提供する。
【解決手段】 基材30と、その上に多層構造40,50を有する積層体の製造方法であって、基材上30又は基材上に形成された層の上に、含フッ素重合体、熱硬化性化合物、硬化触媒、金属酸化物粒子、速揮発溶剤、遅揮発溶剤及び活性エネルギー線硬化性化合物を含む液状硬化性樹脂組成物を塗布して塗膜を形成し、この1の塗膜から溶媒を蒸発させることにより、2以上の層40,50を形成することを特徴とする積層体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】自立膜として利用可能な機械的強度と靭性を有し、柔軟性が高く、耐熱性が高く、電気絶縁体であり、熱伝導率が低い、布と粘土層からなる多層膜を提供する。
【解決手段】布と粘土層から構成される多層膜であり、布及び粘土層の両者が密着して成型されており、物体表面上の支持膜として、あるいは自立膜としての形態を有する粘土膜であって、粘土層にクラックやピンホールなどが存在しない、粘土層が布の片面あるいは両面に存在するか、布が粘土層の両面に存在するか、これらの構造を含む多層膜。
【効果】耐水性、ガスバリア性、あるいは機械的強度を改善させた多層膜、及びそれらの製品を提供できる。 (もっと読む)


【解決手段】 シリコーンゴムと基材とが、有機ケイ素化合物の燃焼により形成された酸化ケイ素皮膜を介して接着、一体化されてなるシリコーンゴムと基材との一体成形複合体。
【効果】 本発明のシリコーンゴムと基材との一体化した複合体は、各種ガスケット等の自動車用部品、レンジの窓枠シール、ポットのパッキン等の家電類、複写機・プリンターの定着機周辺、特に電子写真式画像形成用の定着ローラや定着ベルト、哺乳瓶等の乳児用品、スイミングゴーグル、水中メガネ等のダイビング用品、シャワーキャップ等のトイレタリー用品など幅広い分野で有効に利用することができる。 (もっと読む)


【課題】定着ベルトとして用い、耐熱性基材と弾性層と離型層を有する3層構造の複合管状物において、離型層にマッドクラックがなく、成膜剤の炭化物残渣が少なく平滑で離型性の高い複合管状物を提供する。
【解決手段】未焼成フッ素樹脂に成膜剤を2重量%〜20重量%混合し、フッ素樹脂の融点以上の温度で焼成する。 (もっと読む)


【課題】 透明プラスチック層と架橋性エチレン系共重合体組成物層とからなる、太陽電池モジュールの表層構造体として有用な層間接着性に優れた積層体を提供する。
【解決手段】 ポリカーボネートやアクリル樹脂などのプラスチックからなる層(A)と分解温度が125℃以下の有機過酸化物、任意に架橋助剤やシランカップリング剤を含有するエチレン・アクリル酸メチル共重合体又はエチレン・酢酸ビニル共重合体の組成物層(B)とが積層されてなる積層体、及び該積層体を表層構造とする太陽電池モジュール。 (もっと読む)


【課題】
プラズマディスプレイパネル前面フィルタ等に有用な反射防止フィルムであって、屈折率が比較的高い透明基材を使用した場合にも良好に干渉縞を低減し、製造費用が低く、特に3波長型蛍光灯で生じる干渉縞を低減した反射防止フィルムを提供すること。
【解決手段】
透明基材上に、中間層、ハードコート層、低屈折率層が順に積層された反射防止フィルムであって、次式(1)〜(4):
1>n2>n3 (1)
| n2−(n1+n3)/2 | ≦ 0.07 (2)
1.56≦n1≦1.71 (3)
1.50≦n2≦1.70 (4)
(但し、n1は透明基材の屈折率、n2は中間層の屈折率、n3はハードコート層の屈折率である)を満たし、中間層の厚みd(nm)が、65〜103nmの範囲にあることを特徴とする反射防止フィルム。 (もっと読む)


本発明は、基材と前記基材上の焼成剥離コーティングとを含む構造体に関し、このコーティングがアンダーコートとフルオロポリマーオーバーコートとを含み、前記アンダーコートが磁化可能なフレークと複数の炭化ケイ素粒子とを含有する。本発明のコートされた基材は、改良された熱伝達性質、改良された耐磨耗性および良好な剥離を有する。 (もっと読む)


【課題】 低屈折率層と高屈折率層等の二層以上の多層構造を有する硬化膜を効率的に製造できる液状硬化性樹脂組成物を提供すること、及び透明性が高く、基材に対する密着性が大きく、しかも優れた耐擦傷性及び耐薬品性を有する硬化膜を提供する。
【解決手段】 下記成分
(A)含フッ素重合体
(B)熱硬化性化合物
(C)硬化触媒
(D)数平均粒子径が100nm以下である金属酸化物粒子
(E−1)(A)含フッ素重合体に対する溶解性が高い、1種又は2種以上の溶剤(以下、「(C)速揮発溶剤」という)
(E−2)(D)金属酸化物粒子に対する分散安定性が高く、かつ、(E−1)速揮発溶剤と相溶性である、1種又は2種以上の溶剤(以下、「(E−2)遅揮発溶剤」という)
(F)活性エネルギー線硬化性化合物
を含み、かつ、(E−1)速揮発溶剤の相対蒸発速度が、(E−2)遅揮発溶剤の相対蒸発速度よりも大きい液状硬化性樹脂組成物;それからなる硬化膜。 (もっと読む)


【課題】 機能性樹脂層と接着層との相性に依存せずに樹脂層と樹脂層との接着性を高められるようにした多層樹脂チューブを提供する。
【解決手段】 樹脂チューブの構成層のうち主要樹脂層と、該主要樹脂層同士の接着を目的とする接着樹脂層との間に、双方に対して接着親和性を有する樹脂からなる中間層を介在させる。 (もっと読む)


【課題】紙詰まりなどのトラブルにおいても定着ベルトに傷や破壊が生じにくく、耐熱性基材、弾性層、及びフッ素樹脂層の各層間の密着力が高く、耐久性に優れた定着ベルトとその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】耐熱性基材からなる管状物の外面に密封耐熱性の高いシリコーンゴムを成形し、少なくとも形状を保持できるまで加硫し、その外面に未焼成フッ素樹脂液をコーティングし、その後フッ素樹脂の融点以上の温度で焼成し、シリコーンゴムの加硫と、フッ素樹脂の焼成を同時に行い複合一体化した複合管状物をえる。 (もっと読む)


1,801 - 1,820 / 2,048