説明

Fターム[4F100AK17]の内容

積層体 (596,679) | 高分子材料 (104,134) | 有機高分子材料 (103,355) | 炭素−炭素不飽和結合のみが関与する重合体 (38,209) | ハロゲン化ビニル系重合体 (4,735) | 弗素樹脂 (3,016)

Fターム[4F100AK17]の下位に属するFターム

Fターム[4F100AK17]に分類される特許

1,821 - 1,840 / 2,048


【課題】 含フッ素樹脂基体上に、密着性、耐候性、耐湿性に優れた塗膜を形成できる組成物を提供する。
【解決手段】 含フッ素樹脂基体上に塗布される組成物であって、含フッ素共重合体と溶剤を含有してなり、前記含フッ素共重合体の質量平均分子量(M)が30000以上60000以下であり、かつ前記含フッ素共重合体一モル当たりの、水酸基、カルボキシ基、アミド基、およびグリシジル基からなる第1の官能基群に含まれる官能基の平均モル数が33以上54未満である非硬化型塗膜形成用組成物。 (もっと読む)


【課題】光学フィルター、液晶ディスプレー、CRTディスプレー、プロジェクションテレビ、プラズマディスプレー、ELディスプレーなどの光学部材や壁紙や看板等の建装部材などの表面部分に用いられる、防汚性を有する積層フィルムであって、特に耐擦性にも優れる、耐擦性を有する防汚フィルムの提供を目的とする。
【解決手段】高分子フィルムの少なくとも片面側にフッ素化合物系の防汚層が設けられている積層フィルムであって、このフッ素化合物系の防汚層は、付加重合性官能基を有するフッ素化合物と、ポリパーフルオロアルキル化合物若しくはポリパーフルオロアルキルエーテル化合物のいずれとからなる混合物を主体とする薄膜形成材料を使用して真空成膜法によって成膜された薄膜を、付加重合反応によって硬化させたものである。 (もっと読む)


【課題】製造を容易に行うことができ、反射防止フィルムの最表面層に耐擦傷性・耐候性等のハード性能を与え、透明プラスチック基材フィルムの変形に対しても最表面層におけるクラックの発生を防止することができる反射防止フィルムを提供する。
【解決手段】透明基材フィルム1上に、直接又は他の層を介して、粒径5nm以上50nm以下、屈折率1.35以上1.45以下である超微粒子を含有する電離放射線硬化型樹脂組成物を主体とする低屈折率層3が形成されて表面層をなしている反射防止フィルムであって、該低屈折率層3は直接接する下層の屈折率よりも低い屈折率であり、且つ該低屈折率層3は電離放射線硬化型樹脂100重量部に対し、前記超微粒子が30重量部以上300重量部以下含有されている反射防止フィルムである。 (もっと読む)


【課題】 含フッ素重合体の燃料バリア性を、より的確、かつ容易な手段により、PZEV規制等のより厳しい規制に対処しうるように、格段に向上させる。
【解決手段】 融点以下の温度で一軸又は二軸延伸した含フッ素重合体成形体を燃料バリア層として少なくとも一層含む積層体を、燃料用タンク又は燃料輸送用ホース用の積層体として使用する。含フッ素重合体しては、エチレン/テトラフルオロエチレン共重合体、ポリテトラフルオロエチレン、テトラフルオロエチレン/パーフルオロ(アルキルビニルエーテル)共重合体及びテトラフルオロエチレン/ヘキサフルオロプロピレン共重合体から選択される含フッ素重合体を使用する。 (もっと読む)


【課題】防汚性を発揮できるとともに、基材のひび割れに対しても十分に追従できる塗装物および塗装方法を提供すること。
【解決手段】塗装物10は、コンクリート製の基材3の表面側に微弾性を有する下塗材2を塗布した後、下塗材2の表面に上塗材1を塗布することにより構成されている。下塗材2は、エポキシ系樹脂、ウレタン系樹脂、およびアクリル系樹脂のうち少なくともいずれかを含み、塗膜厚が0.1〜2.0mmである。上塗材1は、塗膜化した際に高硬度になるとともに、塗膜化した初期の段階からその表面が親水化するポリシラザンを含んでいる。この上塗材1は、赤外線を選択的に反射する無機顔料4と、光触媒を備えた中空微粒子5とを含有する。 (もっと読む)


【課題】クッション性、熱伝導性、離型性が良好で、熱変形や層間剥離も生じにくい加熱圧着用複合シート、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】金属箔12と、その一方の面側に設けられフッ素系樹脂を含有する厚さ3〜20μmの離型層11と、前記金属箔の他方の面側に設けられた厚さ30〜200μmの熱伝導性のゴム層13とを具備する加熱圧着用複合シート。 (もっと読む)


【課題】 航空・宇宙関連電子機器などの信号系及び電源系ワイヤーハーネスにおいて、シールド材の装着が容易でコストダウンを計ることができ、且つ確実にノイズを遮断することができる電磁波シールド材を提供する。
【解決手段】 複数本の絶縁被覆電線を束ねた電線の端末のコネクタとの結合部に被覆する電磁波シールド材1において、シールド特性を有する金属繊維よりなる導電性布帛4と、絶縁性を有する樹脂皮膜又は絶縁性布帛5とを重ね合わせてなるものである。 (もっと読む)


【課題】耐油性および耐寒性が共に優れ、極寒冷地でも使用することが可能なマリンホースの提供。
【解決手段】少なくとも樹脂層と内面ゴム層とを備え、該樹脂層が最内層を形成するマリンホース。 (もっと読む)


【課題】層間密着性があり、かつ樹脂基材や金属板へ通常使われるラッピング法にによる積層時にしわが発生しない化粧シートを提供すること。
【解決手段】少なくとも表面側に絵柄を有する樹脂層及び/又は着色熱可塑性樹脂層を有する化粧シートであって、前記樹脂層の裏面に、フッ素樹脂とアクリル樹脂のポリマーアロイからなる層を設けてなること、なくとも表面側に絵柄を有する樹脂層及び/又は着色熱可塑性樹脂層を有する化粧シートであって、前記樹脂層の裏面に、アクリル樹脂中にフッ素樹脂をミクロ微分散させたポリマーアロイ層、フッ素樹脂中にアクリル樹脂をミクロ微分散させたポリマーアロイ層、を少なくともこの順に設けることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 防眩性反射防止フィルム表面のコーティングムラがなく(生産性の向上)、該表面の広い面積で均一性に優れ、且つ、防眩性反射防止性能に優れた防眩性反射防止フィルムの提供。
【解決手段】 透明フィルム支持体上に活性エネルギー線硬化型樹脂を主成分とするハードコート(HC)層を形成し、該ハードコート(HC)層表面が微細凹凸形状を有しており、かつ該ハードコート層の微細凹凸形状表面上に低屈折率層を形成した防眩性反射防止フィルムにおいて、該ハードコート(HC)層を表面処理した後にエージング処理をし、その後に低屈折率層を塗設することを特徴とする防眩性反射防止フィルム。 (もっと読む)


【課題】帯電防止性、傷付き防止及び汚染物易洗浄性の他、印刷適性、基材との密着性、透明性及び適度な滑り性等を有する光学用保護フィルム材料であり、表面保護機能と帯電防止機能が備わった2コートシステムが可能な光学用保護フィルムを提供すること。
【解決手段】基材フィルムと、該基材フィルムの一方の面に設けた粘着層と、該基材フィルムの他の面に設けた帯電防止層を介した表面保護層からなる光学用保護フィルムにおいて、該保護層が、分子内に活性水素基を有する樹脂(A)とポリシロキサン基を含有するポリウレタン樹脂(B)とポリイソシアネート(C)を被膜形成成分として、形成されていることを特徴とする光学用保護フィルム。 (もっと読む)


本発明は、可視光の拡散反射率が高く、しかも熱吸収性に優れた反射板用プレコート金属板及びこれを用いた電気電子機器を提供する。本発明の反射板用プレコート金属板は、金属板もしくはめっきした金属板の片方の面に波長400〜700nmにおける可視光線の拡散反射率が0.7以上である可視光反射性皮膜を有し、他方の面に80℃以上200℃以下のある温度で測定した波数600〜3000cm−1の領域における赤外線全放射率が0.7以上である熱吸収性皮膜を有する。
(もっと読む)


【課題】アミノ基含有アルコキシシランとビニル基含有アルコキシシランとの共重合オリゴマーおよび有機金属化合物を含有するステンレス鋼用クロムフリー表面処理剤において、例えば120℃の温水中あるいは175℃の空気中に70〜280時間浸漬または暴露した後においても、JIS K6256 90°剥離試験方法においても良好なゴム残留面積率を示すものを提供する。
【解決手段】上記ステンレス鋼用クロムフリー表面処理剤中に金属酸化物を添加する。かかるクロムフリー表面処理剤は、ステンレス鋼、一般にはステンレス鋼板上に適用され、厳しい耐水接着性が要求される自動車、工業機械用等のゴム-ステンレス鋼複合部品、例えばエンジンシリンダガスケットの製造の際などに有効に用いられる。 (もっと読む)


【課題】 製造時間が短く、反りの小さい微細金型を提供する。
【解決手段】 本発明の微細金型の製造方法は、リソグラフィにより導電性基板上に樹脂型を形成する工程と、樹脂型に金属材料からなる層を電鋳により形成する工程と、樹脂型を除去する工程とを備えることを特徴とする。リソグラフィは、X線リソグラフィが好適である。また、導電性基板は、樹脂型を形成する面に、導電性基板の構成元素より原子番号が小さい元素からなる層を有する態様が好ましい。 (もっと読む)


【課題】高温の排ガス中に含まれるダストを高い捕集効率にて濾過するためのフィルター材において、融着性に優れたフッ素樹脂製微多孔膜の熱ラミネート加工が容易で、その加工コストが低減できるラミネート型フィルター材およびその製造方法の提供。
【解決手段】不織布1の片面に織物2が積層されてなる基材に対し、前記織物の表面にさらにフッ素樹脂製微多孔膜3が積層され、これらを一体化する。本発明の製造方法は、少なくとも次の工程を順次経てなる。第1工程:耐熱性繊維を開繊機で開繊後、ローラーカードにて繊維方向を一定方向に引き揃えてウエブを作成し、さらに所要目付になるようにウエブを折り重ねるウエブ製造工程。第2工程:折り重ねたウエブ上に耐熱性繊維からなる織物を積層し、厚み方向にニードルパンチ処理を行うニードルパンチ工程。第3工程:織物積層面にフッ素樹脂製微多孔膜を積層し、熱プレスロールにて熱圧着させるラミネート工程。 (もっと読む)


隣接する層(L1)及び(L2)の少なくとも1つの対(L1-L2)を含む多層ポリマー構造であって、層(L1)は、N1グラフトフルオロポリマー(P1)からなるグラフトフルオロポリマー材料(M1)を含む少なくとも1種のポリマー組成物(C1)を含み、前記ポリマー(P1)は、非グラフトフルオロポリマー(U1)上に、エチレン性不飽和カルボン酸、それらのエステル、それらの無水物及びそれらの塩から選択される少なくとも1種のグラフト剤(G1)をグラフトすることを含む方法によって得られ、層(L2)は、少なくとも1種の耐衝撃性改良剤(I2)及びN2半結晶質芳香族ポリアミドポリマー(P2)からなる半結晶質芳香族ポリアミド材料(M2)を含む少なくとも1種のポリマー組成物(C2)を含み、及び材料(M1)の平均融点(Tav,1)は材料(M2)の平均融点(Tav,2)から多くても45℃異なり、Njは、材料(Mj)のポリマー(Pj)の数であり、Nj≧1、Tav,jは式(I)に等しく、wi,jは、材料(Mj)のi番目のポリマー(Pj)の質量であり、Ti,jは、材料(Mj)のi番目のポリマー(Pj)の融点であり、Wjは、材料(Mj)の全質量であり、j=1及びj=2である、多層構造。ポリマー組成物(C1)及び(C2)を共押出して隣接する層(L1)及び(L2)の対(L1-L2)を得ることを含む上記多層構造の製造方法。上記多層構造を含む成形物品、及びその製造方法。
【数1】

(もっと読む)


【課題】本発明は、防眩性、表面硬度、およびコントラストに優れる、面内の高い均一性を有する信頼性の高いディスプレイ用防眩性反射防止フィルムの製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】少なくとも基材(A)上に、ハードコート層(B)、反射防止層(C)を順次積層されてなる反射防止フィルムの製造方法であって、前記反射防止層(C)が、ハードコート層(B)上に、真空中で分子内にフッ素官能基を有する(メタ)アクリロイル化合物(D)を付着させた後、活性エネルギー線を照射し、その(メタ)アクリロイル化合物(D)を硬化させることにより形成することを特徴とする反射防止フィルムの製造方法である。 (もっと読む)


本発明は、可視光の拡散反射率に優れた反射板用プレコート金属板及びこれを用いた電気電子機器を提供する。本発明の反射板用プレコート金属板は、金属板もしくはめっきした金属板の少なくとも一方の面に、バインダー樹脂と酸化チタンを含有する膜厚3〜30μmの可視光反射下塗り皮膜と、その上にフッ素系樹脂を含むバインダー樹脂と酸化チタンを含有する膜厚10〜40μmの可視光反射上塗り皮膜を有し、可視光反射下塗り皮膜中の酸化チタンの添加量がバインダー樹脂固形分100質量部に対して40〜150質量部であり、且つ、可視光反射上塗り皮膜中の酸化チタンの添加量がバインダー樹脂固形分100質量部に対して40〜150質量部である。
(もっと読む)


【課題】 熱可塑性樹脂自体の伸び特性を損なうことなく、表面平滑性、靭性、押出成形性などが均衡して優れ、自動車等に用いる燃料チューブとして好適に使用できる導電性熱可塑性樹脂組成物の提供。
【解決手段】 熱可塑性樹脂、及び平均繊維径が50〜130nmの気相法炭素繊維を含有し、体積抵抗値が1×108Ωcm以下であり、かつ引張破断伸びが熱可塑性樹脂単体の引張破断伸びの80%以上であることを特徴とする燃料チューブ用導電性熱可塑性樹脂組成物及びその組成物を用いた燃料チューブ。熱可塑性樹脂としては、ポリアミド、ポリエステルまたはフッ素系樹脂等が使用できる。 (もっと読む)


【課題】優れた難燃性を有するラミネートフィルムおよび真空断熱材を提供すること。
【解決手段】真空断熱材の外包材7は、ラミネートフィルム1の金属箔3側に、熱可塑性樹脂9をラミネートしたものである。ラミネートフィルム1は、外側から順に第一の樹脂フィルム2、第二の樹脂フィルム4、金属箔3を積層したもので、ラミネートフィルム1(外包材7)の表面に位置する第一の樹脂フィルム2は、限界酸素指数値が26以上であり、第一の樹脂フィルム2が燃焼した場合に、第一の樹脂フィルム2が炭化物を形成し、第一の樹脂フィルム2と金属箔3に挟まれた第二の樹脂フィルム4の熱分解を抑えることにより、第一の樹脂フィルム2と金属箔3に挟まれた第二の樹脂フィルム4の燃焼反応を抑制するものである。 (もっと読む)


1,821 - 1,840 / 2,048