説明

Fターム[4C083DD06]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の形態 (34,465) | 多剤 (441)

Fターム[4C083DD06]に分類される特許

221 - 240 / 441


本発明は、pHが8以上で、1つまたは複数の酸化染料前駆物質、1つまたは複数の脂肪族アルコールおよび脂肪族エステルならびに1つまたは複数の陽イオン界面活性剤も含み、脂肪族アルコール/脂肪酸エステルの重量比が2より大きく10未満である、ヒトのケラチン繊維を酸化染色するための染料組成物に関する。本発明はさらに、使用前に上記染料組成物を酸化組成物と即時混合することによって得られる即時使用可能な組成物に関する。本発明はまた、即時使用可能な組成物をケラチン繊維に施用する、ケラチン繊維を染色する方法に関する。染色方法の別の変形形態によれば、上記染料組成物および酸化組成物は、中間のすすぎを行うことなく、続けて施用する。本発明はまた、その使用に適切な複数のコンパートメントを含むデバイスに関する。 (もっと読む)


【課題】低温時においても起泡性が良好で、混合液が頭髪に適用されてから洗い流されるまでの間に垂れ落ちることのない泡状の二剤式染毛剤の提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤、過酸化水素を含有する第2剤、及び第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するためのノンエアゾール・フォーマー容器からなり、混合液中に次の成分(A)及び(B)を含有する二剤式染毛剤。
(A)イオン性界面活性剤
(B)脂肪酸アルカノールアミド (もっと読む)


【課題】 処理後の毛髪における仕上がり時の感触を良好にでき、また、経日的な感触の低下を抑制できる縮毛矯正処理方法を提供する。
【解決手段】 還元剤およびアルカリ剤が配合された第1剤と酸化剤が配合された第2剤とで構成される縮毛矯正用剤を用い、前記第1剤を毛髪に塗布する工程と、前記毛髪を洗浄する工程と、洗浄後の前記毛髪に前記第2剤を塗布する工程とを有する縮毛矯正処理方法であって、前記第1剤を塗布した毛髪を洗浄する工程では、前記毛髪に対して、流水による洗浄を行い、その後溜めすすぎを行うことを特徴とする縮毛矯正処理方法により、前記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】ダメ−ジ毛及びくせ毛のような不均一な毛髪に対し、高いヘアトリ−トメント効果が得られる毛髪化粧料及び毛髪処理方法を提供する。
【解決手段】毛髪をN−ラウロイル−L−グルタミン酸とL−リジンとの縮合物のナトリウム塩水溶液とポリアスパラギン酸ナトリウム液を含有するシャンプ−を含む毛髪化粧料(A)で処理し、その後カチオン性成分を含有するヘアトリ−トメントを含む毛髪化粧料(B)で処理する。N−ラウロイル−L−グルタミン酸とL−リジンとの縮合物のナトリウム塩水溶液の含有量は0.0001〜5.0質量%、ポリアスパラギン酸ナトリウム液の含有量は0.0001〜5.0質量%であり、カチオン性成分の含有量は0.01〜20.0質量%が好ましい。また、ヘアトリ−トメントを含む毛髪化粧料(B)中のカチオン性成分はカチオン性界面活性剤等であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】脱色性及び染色性に優れる多剤型染毛剤組成物を提供すること。
【解決手段】成分(a)、(b)及び(c)を含有し、使用時に混合して用いる多剤型染毛剤組成物。 (a)アミノ酸残基の数が2又は3である、一般式(1)で表されるグリシルグリシン誘導体若しくはその塩の一種又は二種以上


〔式中、Xは水酸基が置換していてもよい炭素数1〜4の二価の炭化水素基又はアミノ酸残基を示し、 Yはアミノ酸残基等で表される二価の基を示し、 Rは水素原子、又は水酸基が置換していてもよい炭素数1〜4の一価の炭化水素基を示し、m及びnは0又は1を示す。但し、m及びnが同時に1となる場合、Xはアミノ酸残基となることはない。〕 (b)アルカリ剤 (c)酸化剤 (もっと読む)


【課題】 損傷度合いの大きな毛髪に対しても、サラサラとした感触ややわらかさを付与でき、かつ毛先のチリツキおよび広がりを抑え得るヘアトリートメント用組成物と、該組成物を用いた毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】 少なくとも特定構造のアミノ変性シリコーンを含有する組成物(A)と、少なくとも特定構造のジメチコノールを含有する組成物(B)とからなることを特徴とする2剤式ヘアトリートメント用組成物により、前記課題を解決する。本発明の毛髪の処理方法は、本発明の2剤式ヘアトリートメント用組成物により毛髪を処理するに当たり、組成物(A)を毛髪に塗布し、その後水洗を行うか、または水洗を行うことなく、組成物(B)を毛髪に塗布することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 損傷度合いの大きな毛髪に対しても、サラサラとした感触を付与できるとともに、毛先のおさまりをよくでき、しかもこれらの効果の持続性の高いヘアトリートメント用組成物と、該組成物を用いた毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】 少なくとも特定構造のアミノ変性シリコーンを含有する組成物(A)と、少なくとも特定構造のメチルハイドロジェンポリシロキサンおよび/またはジメチルシロキサン・メチルハイドロジェンシロキサン共重合体を含有する非水系組成物(B)と、少なくとも特定構造のジメチコノールを含有する組成物(C)とからなる3剤式ヘアトリートメント用組成物である。本発明の毛髪の処理方法は、本発明の3剤式ヘアトリートメント用組成物により毛髪を処理するに当たり、組成物(A)、非水系組成物(B)の順に毛髪に塗布し、その後水洗を行うか、または水洗を行うことなく、組成物(C)を毛髪に塗布することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】酸化染料として、例えばトルエン−2,5−ジアミン、及びアルカリ剤としてモノエタノールアミンを含有する染毛剤組成物において、染毛後の毛髪の彩度の低下を抑制することができる染毛剤組成物を提供する。
【解決手段】第1剤及び第2剤から構成され、該第1剤及び第2剤が混合して使用される染毛剤組成物において、(A)前記第1剤及び第2剤が混合された混合物中において0.3〜2.0質量%となるようにキレート化剤が含有され、前記第1剤中に(B)トルエン−2,5−ジアミン及びその塩類から選ばれる少なくとも一種、(C)p−アミノフェノール、p−アミノフェノールの塩類、2,4−ジアミノフェノキシエタノール及び2,4−ジアミノフェノキシエタノールの塩類から選ばれる少なくとも一種、並びに(D)3〜10質量%のモノエタノールアミンが含有され、前記第2剤中に(E)酸化剤が含有されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】カーリングウェーブ剤において、無害な成分で「1液」及び「2液」を構成することによって、または更に「2液」を使用する必要をなくすことによって、頭皮に対する刺激も少なく、環境汚染の恐れも少なく、不快臭を発することもないこと。
【解決手段】カール用ロットで髪の毛を巻いて固定し(S11)、第1液を満遍なく塗布し(S12)、スチーマーで約10分間髪を暖める(S13)ことによって、髪の毛のコルテックス内部のシスチン結合が切断される。続いて、第1液を洗い流し良く水分を切って(S14)、第2液を満遍なく塗布し(S15)、10分間から15分間放置する(S16)ことによって、切断されたシスチン結合が復元して、カール用ロットで巻かれた形状に髪の毛が固定される。ロットを髪から外し(S17)、温湯で洗髪して第2液を洗い流し(S18)、髪の毛を乾燥させる(S19)ことによって、カーリングウェーブ工程が完了する。 (もっと読む)


【課題】毛髪変形のための施術中に生じる不快臭を緩和させるとともに、施術後の不快残臭をも低減させることのできる毛髪変形処理用消臭剤を提供すること。
【解決手段】本発明の毛髪変形処理用消臭剤は、毛髪変形処理において毛髪変形用処理剤とともに用いられる毛髪変形処理用消臭剤であって、サトウキビエキスとpH調整剤とを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】強力で、有彩色で、美的で、選択性が低くて、頭髪が受けると思われる様々な影響(シャンプー、光、汗、およびパーマなど)への耐性が高く、そして容易に消去される、様々な色合いの着色を得ることを可能にする直接染料を提供することである。
【解決手段】本発明は、染色に適切な媒体中、式(I)のロイコ化合物、式(I)の化合物に対応する式(II)のピラゾリノン単位を備えたアゾメチン染料、それらのメソメリー形、ならびにそれらの酸付加塩およびそれらの溶媒和物から選択される化合物を少なくとも1種含む、ケラチン繊維の着色用組成物を提供する。


この種の組成物は、強力で外部の作用因子に耐性のある染色を得ることを可能にする。 (もっと読む)


【課題】パーマネントウェーブのまとまり感や手触り感を向上させることができ、しかもその効果を長時間持続させることのできるパーマネントウェーブ第2剤および毛髪処理剤を提供する。
【解決手段】本発明のパーマネントウェーブ第2剤は、カルボキシメチルデキストランナトリウムを含有するものであり、こうしたパーマネントウェーブ第2剤で処理した後に、カチオン性化合物を含有する毛髪処理剤で処理することによって、パーマネントウェーブのまとまり感や手触り感を向上させることができ、しかもその効果を長時間持続させることができる。 (もっと読む)


【課題】塗布した剤のたれを抑制しつつ、ロッドに毛髪を巻いたまま塗布してもロッドの内側まで充分に剤が浸透する適度な粘度を有し、仕上がりの毛髪に好ましい風合いを与えるとともに、剤の安定性を保持した毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】本発明の毛髪処理剤は、過酸化水素を含み、かつ、塩化セチルトリメチルアンモニウム、塩化ステアリルトリメチルアンモニウムおよび塩化アルキルトリメチルアンモニウムからなる群より選ばれる、少なくとも1種のカチオン界面活性剤を0.35〜0.85重量%、炭素数14〜22の高級アルコールを0.5〜2重量%、多価アルコールを3〜10重量%の量で含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 毛髪化粧品において、毛髪脱色剤又は染毛剤をノンエアゾールタイプのフォーマー容器から泡状に吐出させて脱色ムラあるいは染色ムラを防止し、かつ十分な脱色力あるいは染毛力を得る。
【解決手段】 本発明は、アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤の少なくとも一方に界面活性剤が含有される2剤式毛髪化粧料、および第1剤と第2剤の混合剤を泡状に吐出するフォーマー容器からなる毛髪化粧品である。また、本発明の別の態様は、アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤とを使用直前に混合して用いる2剤式毛髪化粧料と、第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するフォーマー容器とからなる毛髪化粧品であって、混合液中に界面活性剤を0.1〜10重量%含有し、混合液の25℃における粘度が1〜300mPa・sである毛髪化粧品である。 (もっと読む)


【課題】直接染料をケラチン繊維に結合する相互作用の性質、並びに繊維の表面及び/またはコアからのその発色が、例えば繰り返されるシャンプーに関する微弱な相対的定着に関与するため、直接染料の使用から得られる着色は一次的または半永久的な着色である。更に、これらの繊維染色相互作用は、特に繊維中の染料の取り込みに関して、使用の間で困難性を生じ、不十分な均一性の着色、及び/または着色の変化を導き得るであろう。これらの課題を解決することを目的とする。
【解決手段】カチオン性モノ発色性ヒドラゾン染料を一つ以上のカチオン性基で置換することによって、光またはシャンプーに関して、傷んだ髪に対してでさえ、当該染料の親和性とその定着を改善可能であることが発見された。 (もっと読む)


【課題】酸化染毛剤で染色された毛髪の日光紫外線による変色を抑制することができ、仕上がった色を長期間維持することができる染毛剤および染毛後の後処理剤を提供する。
【解決手段】酸化染料を含有した染毛剤または酸化染料による染毛後の後処理剤であって、キナノキ樹皮エキス[キナ抽出物(丸善製薬製、商品名:キナ抽出液BG)]とアスコルビン酸ナトリウム(酸化防止剤)とを含有し、特に、キナノキ樹皮エキスの含有量を5.0重量%とし、アスコルビン酸ナトリウムの含有量を5.0重量%とした。 (もっと読む)


【課題】親水性、親油性の両方の機能を持ち、感触的にも滑らかで、しっとりしてべたつき感もなく、肌へのなじみが良好であり、界面活性剤を使用しない水を媒体とする化粧料又は皮膚外用剤にも配合でき、かつ、安定性の高いジエステル、及び、該ジエステルを含有する感触的にも滑らかで、しっとりしてべたつき感もなく、肌へのなじみが良好であり、かつ、安定性に優れた化粧料又は皮膚外用剤の提供。
【解決手段】化1で表されるジカルボン酸と化2で表されるポリオキシエチレンモノアルキルエーテルとのジエステルを用いる。
(化1)
HO−CO−R1−CO−OH
(式中、R1は炭素数4〜10の直鎖又は分岐鎖の炭化水素基を表す)
(化2)
R2−(OCH2CH2)n−OH
(式中、R2は炭素数1〜12の直鎖、分岐鎖若しくは環状の炭化水素基であり、nは2〜11の整数を表す) (もっと読む)


【課題】中性から弱酸性でもウエーブ性能を示し、かつ処理後の毛髪に残存する臭気を低減した毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】下記式(1)で示される化合物の少なくとも1種を含有することを特徴とする毛髪処理剤;


(R1は水素原子、炭素数1〜6のアルキル基、炭素数1〜6のアルコキシ基、水酸基、
またはアミノ基を示し、R2は水素原子、水酸基、または炭素数1〜6のアルコキシ基を
示す。ただし、R1およびR2が同時に水素原子である場合は除く。)。 (もっと読む)


【課題】染料がアルカリ化剤や酸化剤に対して安定で染毛時に分解を起こさず、染色力が高く、毛髪に鮮やかな色を堅固に付与することができ、光、洗浄、汗、摩擦、熱に対して優れた堅牢性を有し、時間経過に伴う褪色も少ない染毛剤組成物及びこれを用いた染毛方法の提供。
【解決手段】一般式(1)で表されるアゾ染料を含有する染毛剤組成物。


〔R1等は特定の置換基を、WはS又はNを、X、Y及びZはN又はCを示す。〕 (もっと読む)


毛髪を着色する方法及び少なくとも1種の第一染料中間体を含む着色基本組成物、及びパーサルフェート、パーボレート、パーカーボネート、及びこれらの混合物から選択される酸化剤を含む顕色剤組成物を含む、毛髪着色用キットを、ここに提供する。好ましくは、該着色基本組成物及び該顕色剤組成物は、実質的に酸化触媒を含まないものである。 (もっと読む)


221 - 240 / 441