説明

Fターム[4C083DD06]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の形態 (34,465) | 多剤 (441)

Fターム[4C083DD06]に分類される特許

241 - 260 / 441


【課題】染料がアルカリ化剤や酸化剤に対して安定で染毛時に分解を起こさず、染色力が高く、毛髪に鮮やかな色を堅固に付与することができ、光、洗浄、汗、摩擦、熱に対して優れた堅牢性を有し、時間経過に伴う褪色も少ない染毛剤組成物及びこれを用いた染毛方法の提供。
【解決手段】一般式(1)で表されるアゾ染料を含有する染毛剤組成物。


〔R1等は特定の置換基を、WはS又はNを、X、Y及びZはN又はCを示す。〕 (もっと読む)


毛髪を着色する方法及び少なくとも1種の第一染料中間体を含む着色基本組成物、及びパーサルフェート、パーボレート、パーカーボネート、及びこれらの混合物から選択される酸化剤を含む顕色剤組成物を含む、毛髪着色用キットを、ここに提供する。好ましくは、該着色基本組成物及び該顕色剤組成物は、実質的に酸化触媒を含まないものである。 (もっと読む)


【課題】より制御された溶解および崩壊特性を提供する歯ホワイトニング製品を提供する。
【解決手段】本発明は、一般に、バリア、ならびに、制御された崩壊特性を有するフィルム、さらに詳細には、制御された水崩壊性フィルムに関するものである。 (もっと読む)


【課題】毛髪に対してうるおい感を付与しながら、毛髪の根元付近の弾力性を向上させることができる毛髪処理用組成物を提供する。
【解決手段】毛髪処理用組成物において、(A)L−テアニン、並びに(B)オリゴ糖及びその誘導体から選ばれる少なくとも一種、例えばラフィノース、トレハロース、スクロース、マルトース、セロビオース、パラチノース、キシロオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、マルトオリゴ糖、イヌロオリゴ糖、ラクトスクロース、及びグルコシルトレハロースから選ばれる少なくとも一種を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


(a)(i)約20〜約24個の炭素原子の1つの長鎖アルキル基又は長鎖アルケニル基を有する第一級、第二級、及び第三級アミンと、(ii)L−グルタミン酸及び乳酸などの酸と、の塩である、約0.2重量%〜約10重量%のカチオン性界面活性剤、(b)約1重量%〜約15重量%の高融点脂肪族化合物、(c)約0.00005重量%〜約0.5重量%の直接染料、及び(d)水性キャリアを含むヘアコンディショニング組成物が開示される。本発明の組成物は、改善されたコンディショニング効果を提供する一方で、着色効果、特に着色された毛髪の、色の強化及び/又は色落ち防止を提供する。 (もっと読む)


【課題】二剤式染毛用又は脱色用毛髪化粧品の第1剤と第2剤の混合液を、スクイズ容器を用いて泡状に吐出させるにあたり、泡質と吐出性を向上させる。
【解決手段】二剤式染毛用又は脱色用毛髪化粧品1が、アルカリ剤を含有する第1剤A1、過酸化水素を含有する第2剤A2、及び第1剤A1 と第2剤A2 の混合液A3 を泡状に吐出させるスクイズ容器6を備える。第1剤A1又は第2剤A2 は起泡剤を含有し、これらの混合液A3 の粘度(25℃)は1〜100mPa・sである。スクイズ容器6のスクイズフォーマー5は、混合液を発泡させる気液混合室12、気液混合室12で発泡した混合液の泡を均質化する泡均質化手段14、及び均質化した泡を吐出させる吐出口17を有し、第1剤と第2剤の合計容積と容器本体の内容積との比が0.30〜0.60である。容器本体の胴部横断面は、短径と長径の比を0.50〜1.0とし、面積を12〜30cm2とする。 (もっと読む)


【課題】染料の分解を起こすことなく毛髪に鮮やかな色を堅固に付与することができ、光、洗浄、汗、摩擦、熱に対して優れた堅牢性を有し、アルカリ化剤や酸化剤に対して安定で、高い染色力を有し、時間経過に伴う褪色が少ない染毛剤組成物及びこれを用いた染毛方法の提供。
【解決手段】一般式(1)で表されるトリアゼン解離性直接染料を含有する染毛剤組成物。


[式中、A及びBは、それぞれ置換基を有してもよい単環若しくは二環の芳香族複素環基又は置換基を有してもよい単環若しくは二環のアリール基であって、カルボキシ基、スルホ基及び四級アンモニウム基を含まず、−N=N−NH−で表されるトリアゼン-1,3-ジイル基にA及びB中の炭素原子を介して結合する基を示す。A及びBは同一でも異なってもよい。] (もっと読む)


【課題】二剤式染毛用又は脱色用組成物の第1剤と第2剤の混合液を、スクイズ容器を用いて、きめ細かく安定的に泡状に吐出させる。
【解決手段】二剤式染毛用又は脱色用組成物の第1剤A1 と第2剤A2 の混合液A3 をスクイズ容器6から泡状に吐出させて毛髪に適用する毛髪の染毛又は脱色方法であって、スクイズ容器6として、容器本体4及びスクイズフォーマー5を備えるものを使用する。第1剤A1 及び第2剤A2 は、少なくとも一方が起泡剤を含有し、混合液の粘度(25℃)が1〜100mPa・sとなるものを使用する。容器本体4内で第1剤A1 と第2剤A2を泡立てないように混合し、混合液A3 がスクイズフォーマー5の空気導入路12に達しないようにスクイズ容器6を起立させてスクイズする。 (もっと読む)


【課題】アンモニア刺激臭が抑えられ、毛髪に塗布しやすい上、タレ落ちし難く、更には経時安定性に優れた毛髪脱色用又は染色用組成物の提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤及び酸化剤を含有する第2剤を混合して用いる毛髪脱色又は染色用組成物であって、第1剤中に、次の成分(A)〜(E)
(A) 1質量%以上のアンモニア
(B) 非イオン界面活性剤
(C) 炭素数10〜19の直鎖脂肪族アルコール
(D) 炭素数20〜25の直鎖脂肪族アルコール
(E) 炭化水素油、動植物油及びエステル油から選ばれる油性成分
を含有し、第1剤中の成分(B)におけるHLB(グリフィンの式)が10未満である化合物の質量(B1)とHLBが10以上の化合物の質量(B2)の比(B1)/(B2)が0.1〜1であり、かつ第1剤中の成分(D)と成分(C)の質量比(D)/(C)が0.05〜1である毛髪脱色又は染色用組成物。 (もっと読む)


【課題】毛髪に塗布し、すすぎ、シャンプーで処理する一連の行動において、毛髪のきしみ感や絡まりを防止する効果に優れ、毛髪につやと保湿性及びまとまり易さを付与すると共に、染色性・染色堅牢性が良好な酸化染毛剤又は脱色剤組成物を提供する。
【解決手段】(A)淡水魚由来のコラーゲンの加水分解物及び/又はその誘導体と、(B)不揮発性シリコーンを含有することを特徴とする酸化染毛剤又は脱色剤組成物。またこの酸化染毛剤又は脱色剤組成物において(A)淡水魚由来のコラーゲンの加水分解物及び/又はその誘導体は、ティラピアの魚鱗由来であることが好ましく、(B)不揮発性シリコーンが、粒径10nm〜1μmの高分子シリコーンの水性エマルジョンであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】加水分解タンパク質を毛髪内部に浸透・吸着させ、毛髪のハリ及び染毛剤の染色性及び染色堅牢性を向上させる毛髪処理方法の提供。
【解決手段】還元剤非存在下、獣毛由来のケラチンをアルカリ加水分解して得られる、数平均分子量300〜1000のケラチン分解物を含有する液剤を毛髪に塗布して浸透させた後、当該毛髪に酸含有液剤を塗布することを特徴とする毛髪処理方法。 (もっと読む)


【課題】酸化染毛剤又は脱色剤組成物において、炭素数6〜11のアルキル基を有するポリグルコシドを配合した場合であっても、良好な染毛性及び染毛された毛髪の高い染色堅牢性もしくは良好な脱色性を示すようにする。
【解決手段】酸化染毛又は脱色剤組成物は、次の成分(A)及び(B)
成分(A) 一般式(1)で示されるポリグルコシド
R−O−[G]p−H (1)
(式中、Rは炭素数6〜11の直鎖又は分岐鎖のアルキル基又はアルケニル基を示し、Gはアンヒドログルコース単位を示し、pは数平均で1〜5の数を示す。)、及び
成分(B)炭素数4〜22の直鎖又は分岐鎖のアルキル基又はアルケニル基を有するモノグリセリルエーテル
を含有する。 (もっと読む)


【課題】カチオン化ヒアルロン酸やその類縁体の配合に基づく優れた保湿効果等を確保しつつ、ヒアルロン酸類配合時に特有な仕上がり時の毛髪の毛束感の発生を防止できる毛髪化粧料組成物を提供する。
【解決手段】次の(A)成分及び(B)成分を含有する毛髪化粧料組成物。(A)ヒアルロン酸を構成するグルクロン酸のカルボキシル基が特定の第4級アンモニウム含有修飾基によって修飾されたカチオン化ヒアルロン酸、又はその官能基が塩形成や修飾された類縁体。(B)アミノ酸及びその塩又は誘導体から選ばれる少なくとも1種。 (もっと読む)


【課題】永続的に毛髪のボリュームを増加させることが可能な、毛髪ケラチン繊維のパーマネント再成形方法の提供。
【解決手段】毛髪ケラチン繊維のパーマネント再成形方法において、−張力下でケラチン繊維をセットする工程、ついで、−ケラチンのジスルフィド結合を還元するために、化粧品的に許容可能な媒体に、少なくとも一の還元剤を、還元組成物の全重量に対して0.1〜3重量%含有せしめてなる還元組成物をケラチン繊維に適用する工程、ついで、任意のすすぎ工程の後、−ケラチン繊維を乾燥する工程、ついで、−ケラチン繊維に酸化組成物を適用することによる、該結合を再形成させるための酸化固定工程;を含む方法。該還元組成物としては、化粧品的に許容可能な媒体中に、亜硫酸塩、亜硫酸水素塩、チオール類及びホスフィンからなる群から選択される少なくとも一の還元剤である。 (もっと読む)


【課題】 毛髪変形剤による毛髪変形処理の前に毛髪に適用するための毛髪保護剤であって、毛髪変形剤による変形作用の減力を可及的に抑制しつつ、変形処理後の毛髪にやわらかさを付与し得る毛髪保護剤と、該毛髪保護剤を用いた毛髪の処理方法を提供する。
【解決手段】 還元剤を含有する第1剤と酸化剤を含有する第2剤とで構成される毛髪変形剤を用いた毛髪変形処理の前に毛髪に適用される毛髪保護剤であって、炭素数が12〜14の直鎖型高級アルコール(A)、炭素数が15〜18の直鎖型高級アルコール(B)、および炭素数が19〜22の直鎖型高級アルコール(C)を含有することを特徴とする毛髪保護剤である。また、本発明の処理方法は、本発明の毛髪保護剤を毛髪に塗布した後、洗い流すことなく、毛髪変形剤による変形処理を行うことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】染毛性、染毛再現性が高く、自然な色あいに発色し、かつ毛髪に与える損傷が少なく、色落ちしにくい染毛剤および染毛剤キット、それらを用いた染毛方法を提供する。
【解決手段】銀塩とヒドラジン化合物とを同時に含有させた、または前記両者の一方を含有し他方を組み合わせて使用する染毛剤、及び、銀塩を含有させた第1剤とヒドラジン化合物を含有させた第2剤とからなる染毛剤キット、並びに上記染毛剤もしくは染毛剤キットを用いた染毛方法。 (もっと読む)


【課題】ケラチン繊維のパーマネント再成形、特に毛髪のパーマネント再成形のための方法を提供する。
【解決手段】カーラー又はカールペーパーから選択される機械的張力付与手段の周囲にケラチン繊維を巻き付けることにより、張力下でケラチン繊維を機械的にセットする工程であって、前記手段は可撓性で、カールを形成するように自身で閉塞可能であり、次いでケラチンのジスルフィド結合を還元するように還元組成物をケラチン繊維に塗布する工程と、更には任意のすすぎ作業後に、ケラチン繊維を乾燥させる工程とケラチン繊維に酸化組成物を塗布して、前記結合を再形成する酸化固定工程とを含む方法に関する。 (もっと読む)


【課題】所望する色調に再度染色する処理を簡便に実施することのできるケラチン繊維処理剤及び染色処理方法を提供する。
【解決手段】ケラチン繊維処理剤は、(A)アルカリ剤、(B)有機溶剤及び(C)酸化染料を含有し、使用時に酸化剤組成物と混合されるとともに、直接染料により染色された毛髪11等のケラチン繊維に適用される。染色処理方法は、酸化染料処理と直接染料処理とを交互に実施することにより、ケラチン繊維の染色処理を繰り返す方法である。酸化染料処理に使用される第1のケラチン繊維処理剤は、(A)アルカリ剤、(B)有機溶剤及び(C)酸化染料を含有し、使用時に酸化剤組成物と混合される剤である。直接染料処理に使用される第2のケラチン繊維処理剤は、(a)直接染料及び(b)酸化染料還元剤を含有する剤である。 (もっと読む)


【課題】損傷の程度に応じて、毛髪を「選択的」(又は優先的)に保護・修復することができる毛髪前処理剤及び毛髪修復剤等の提供。さらには、毛より損傷毛が、また毛髪の根本部分より毛先が、より厚く被膜にて保護され、それ故、パーマネント薬剤の浸透抑制・低減効果もより大きく、その結果、健康毛と同程度に迄、損傷毛(特にその毛先)が切断されにくくなり、且つ頭髪を斑無く、均一・均質・均整にパーマネント処理することができる、乳化安定性並びに耐シャンプー性にも優れた毛髪前処理剤、並びに切れ毛・枝毛等の発生を防ぎ極めて優れた修復機能を有する毛髪修復剤等の提供。
【解決手段】アミン系官能基を2個以上有する有機変性シリコーンオイルを0.10〜20.0重量%含有するA剤、並びに多塩基酸(塩)及び/又は酸無水物を0.70〜15.0重量%含有するB剤から少なくとも成る多剤式毛髪処理剤。 (もっと読む)


本発明は、レチノイン酸療法の副作用を抑制するためのニコチン酸アルキルエステル、特に、ニコチン酸ミリスチル、の利用に関する。又、前記ニコチン酸アルキルエステルを、カスパーゼ14とフィラグリンとの発現を増加させるのに十分な量、投与することによって皮膚細胞の分化を改善する方法も本発明の一部である。これによってこれらの分子の発現の不足も治療することができる。 (もっと読む)


241 - 260 / 441