説明

Fターム[4C084DA40]の内容

蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 (348,545) | 生体防御機能関連蛋白物質 (6,180) | 細胞外壁マトリックス蛋白質 (150)

Fターム[4C084DA40]に分類される特許

61 - 80 / 150


本発明は、分離された小生存組織粒子を含む組成物、組織粒子の調製方法、及び組織欠損を修復するための組成物を使用する方法を提供する。組織粒子は、細胞及びそれらと関連する細胞外分子から成り、ある実施形態において約1mm未満に小さくサイズ調整されている。本発明における組織粒子のその他の側面は、生存細胞の割合が高いことである。ある実施形態において、組織粒子は軟骨から調製されており、組成物は接着剤、溶液、及び生物活性剤などの添加剤を含むこともできる。
(もっと読む)


【課題】糖鎖栄養素を十分に補給することができるドリンク剤を提供する。
【解決手段】この発明のドリンク剤は、コロカリア、グルコサミンから形成される糖鎖栄養素と、デルマタン硫酸、マリンコラーゲン、ローヤルゼリー、ビオチン、ヒアルロン酸、セラミド、コエンザイムQ10から形成される補助栄養素と、ビタミンC、ビタミンB6から形成される機能栄養素とを含有している。このドリンク剤は、さらに、甘味料としてエリスリトール、クエン酸を含有する。 (もっと読む)


【課題】本発明はタンパク質の溶解性改善方法および組成物に関する。
【解決手段】目的のタンパク質の水溶性を高めるため、該タンパク質に加え、セリシンおよび/またはその加水分解物もしくはその同等物を水溶液中に共存させることを特徴とする溶解性改善方法。目的のタンパク質に加え、セリシンおよび/またはその加水分解物もしくはその同等物が水溶液中に共存した溶解性改善組成物。 (もっと読む)


巨大分子および結晶担体材料を含む、吸入用の粉末製剤。 (もっと読む)


本発明は、創傷の治療および創傷治癒、特に糖尿病性創傷治癒の促進に有用な組成物および方法を提供する。
(もっと読む)


【課題】 顕著なコラーゲン産生促進能及び/又は線維芽細胞増殖促進能を有する新規組成物を提供すること。
【解決手段】 本発明は、(A)コラーゲン、ゼラチン、及びそれらの分解物からなる群より選択される少なくとも一種と、(B)ダイズタンパク質のサーモリシン分解物とを含有する組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】張りのある美しいバストが得られると共に、カップサイズがアップする等の優れた豊胸効果を有する豊胸組成物を提供する。
【解決手段】コラーゲンを豊胸用組成物の有効成分として用いる。また、前記コラーゲンが平均分子量10,000以下のコラーゲンペプチドであることが好ましく。また、前記コラーゲンが魚類由来であることが好ましい。また、前記コラーゲンが遊離アミノ酸含量1.0質量%以下、ヒ素含量2ppm以下であることが好ましく、形態が、錠剤、カプセル剤、粉末、顆粒又は液体であることが好ましい。この豊胸用組成物は、飲食品又は外用剤等に配合して摂取又は塗布することにより、有効成分であるコラーゲンが速やかに吸収され、バストの原料として利用されることにより、バストに張りが生まれ、カップサイズがアップする等の優れた豊胸効果を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、コラーゲン臭に対し、効果的なマスキング剤を提供し、さらにコラーゲン臭を有する組成物を高濃度含有し、しかも風味の良好な飲食物、医薬品、医薬部外品、化粧品などの経口摂取または口内利用可能な製品を提供することである。
【解決手段】ステビオールの構造中の水酸基及び/又はカルボキシル基に、糖または糖鎖が結合してなるステビオール配糖体を含有することを特徴とするコラーゲン臭のマスキング剤、および、前記マスキング剤と、コラーゲン臭を有する組成物の1種以上とを含有することを特徴とする経口用組成物、並びに外用組成物。 (もっと読む)


【課題】ヒトSGLT2活性阻害作用を発現し、経口吸収性が改善された、糖尿病等の高血糖症に起因する疾患の予防又は治療薬として有用な医薬の提供。
【解決手段】一般式


〔式中のRは水素原子、低級アルキル基またはプロドラッグを構成する基であり、QおよびTはどちらか一方が一般式


(式中のPは水素原子、プロドラッグを構成する基である)で表される基、他方が低級アルキル基等、R2は水素原子、低級アルキル基等〕で表されるグルコピラノシルオキシピラゾール誘導体またはその薬理学的に許容される塩を用いる医薬。 (もっと読む)


【課題】手軽に服用することができ、短期間で効果が実感できる経口用皮膚美容促進組成物を提供する。
【解決手段】低分子化コラーゲン、デルマタン硫酸、ヒアルロン酸、コンドロイチン、及びセラミドから選ばれた少なくとも一種からなる第1の成分と、アスタキサンチン、キウイ種子抽出エキス、ビタミンC、カシスエキス、トコトリエノール、及びクエン酸から選ばれた少なくとも一種からなる第2の成分と、乳酸菌、酵母菌及び酢酸菌の複合発酵産物、難消化性デキストリン、及び乳果オリゴ糖から選ばれた少なくとも一種からなる第3の成分とを含有させて経口用皮膚美容促進組成物を得る。この経口用皮膚美容促進組成物を摂取することにより、短期間で皮膚に潤いや張りをもたらすことができる。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、ヒトコラーゲンとの相関によってリウマチ熱の発症において重要な役割を担うリウマチ熱関連ペプチド(PARF)に指定されている連鎖球菌オクタペプチドAXYLXXLN、好ましくはオクタペプチドAXYLZZLNに関連する。したがってPARFはリウマチ熱関連株のマーカーであり、治療、特に予防的治療の標的を提供する。 (もっと読む)


栄養補助食品及びスキンケア製品において用いるための部分的に加水分解されたフコイダンに関する組成物及び方法が記載される。褐藻類からのフコイダンを部分的に加水分解及び/又はスルホン化し、次に飲料、カプセル、又は錠剤形態の栄養補助食品として用いるためか、又はスキンケア製品として用いるための他の成分と混合する。栄養補助食品中に含ませることのできる他の成分としては、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、カロチノイド、フラボノイド、抗酸化物質、アミノ糖、グリコサミノグリカン、及び植物性薬品が挙げられる。本発明によるスキンケア製品は、部分的に加水分解されているフコイダン及び基剤を含む。 (もっと読む)


本発明は、ウイルス感染を処置または予防するための組成物および方法を提供する。ウイルスの付着を媒介する糖質エピトープは、高密度で、かつ、ムチン型タンパク質のバックボーン上の種々の中核的なサッカリド鎖によって、特異的に発現され得るという発見に一部において基づいている。糖質決定基でキャップされた豊富なN結合グリカンまたはO結合グリカンを持ち、公知のウイルス結合活性のある、これらの高度にグリコシル化された組み換えタンパク質は、おとりとして作用し得、そしてそれ自体で特異的かつ立体的にウイルス感染(例えば、眼、気道、または胃腸管における)を予防し得る。その融合タンパク質は、低い毒性と、薬物に対するウイルスの耐性を誘導する低い危険性とをもつ。 (もっと読む)


【課題】活性エナメル物質を使用し、創傷治癒、創傷治癒の向上、軟組織の再生または修復、あるいは炎症の感染の予防または治療のための、薬学的組成物または化粧用組成物の提供。
【解決手段】創傷治癒のための薬学的組成物または化粧用組成物を調製するための活性エナメル物質の調製品の使用。活性エナメル物質が、エナメルマトリックス、エナメルマトリックス誘導体、及び/またはエナメルマトリックスタンパク質である、調製品の使用。 (もっと読む)


本発明は、鳥軟骨の水解物に関する。該水解物は、45〜70重量%の加水分解されたII型コラーゲンと、9〜15重量%のコンドロイチン硫酸と、0.5〜2重量%のヒアルロン酸とを含み、アミノ酸の組成が、バリン2.7〜3.3%、イソロイシン2.0〜2.4%、フェニルアラニン2.2〜2.6%、リシン3.8〜4.2%、トリプトファン0.4〜0.6%、ヒドロキシプロリン5.5〜8.7%、ヒドロキシリシン0.7〜1.8%であり、ヒドロキシプロリンとヒドロキシリシンとのモル比が5.0〜8.0であり、ペプチド画分の平均分子量が500〜1000ダルトンである。本発明はまた、該水解物を調製する方法、並びに、特に関節痛の治療又は予防を用途とする該水解物の食品補助剤及び/又は薬剤としての使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、カルボキシル基を含む合成ポリマ又はコポリマと、生体内用途に適した生体ポリマとを含む膨潤可能なポリマ材料に関する。その膨潤能により、本ポリマ材料は、体重過剰又は肥満の処置のために胃充填材としての使用や、あるいは、満腹感を誘導するために、適している。水性の反応系を含む膨潤可能なポリマ材料を調製する方法も開示される。 (もっと読む)


本発明は、原線維発生を制御することができる一般式(I)のペプチド類、その立体異性体類およびラセミ体であってもよいその混合物類、およびその化粧学的または皮膚薬剤学的に許容できる塩類に関し、式中、Zはアラニル、アロ−イソロイシル、グリシル、イソロイシル、イソセリル、イソバリル、ロイシル、ノルロイシル、ノルバリル、プロリル、セリル、スレオニル、アロ−スレオニルまたはバリルであり;nおよびmは、1と5の間で変動し;AAは、LまたはD体でコードされた天然アミノ酸類およびコードされないアミノ酸類により形成される群から選択され;xおよびyは、0と2の間で変動し;RはHまたはアルキル、アリール、アラルキルまたはアシル基であり;およびRは、アミノ、ヒドロキシルまたはチオールであり、これら全てが、脂肪族または環状基により置換されているかまたは置換されていない。それらを含有する化粧品または皮膚薬剤学組成物類を得る方法、および皮膚、好適には、加齢および/または瘢痕外観の柔軟化のような原線維発生制御を必要とする皮膚状態のトリートメントのためのその用途。
【化1】

(もっと読む)


【課題】リウマチ性関節炎等の炎症症状の進行抑制または改善効果を有する組成物または飲食品であって、常生活において容易に摂取することができ、かつ、安全で副作用の少ないものを提供すること。
【解決手段】本発明による組成物は、ヒトを含む動物腸内または発酵食品から分離される細菌であって、エンテロコッカス属、ビフィドバクテリウム属、ラクトバシルス属、ストレプトコッカス属、および、ラクトコッカス属に属する細菌からなる群より選択される少なくとも1種以上の細菌を有効成分として含んでなるものであり、炎症またはこれに関連する状態の進行抑制または改善に用いられる。 (もっと読む)


本発明は、食物摂取を減少させることにより軽減できる症状又は障害の治療方法を開示する。当該方法は、有効量のエンドセリン又はエンドセリンアゴニストを、単独で、又は十分な影響を及ぼす他の化合物又は組成物との組み合わせで投与することを含んでなる。当該方法は、肥満、2型糖尿病、摂食障害及びインスリン抵抗性症候群などの症状又は障害の治療に有用である。また、本発明の方法に用いられる医薬品組成物も開示する。
(もっと読む)


ヒドロゲルの、動物の胃内での膨潤を可能にする又はその能力を高める、及び/又は、前記ヒドロゲルが胃内で膨潤したままでいる時間量を増加させる方法をここで解説する。ある実施態様では、ポリマ内に膨潤を誘導するために、ポリマを、前記ポリマ及び/又は胃のミクロ環境のpHを上げ、かつ維持する一種以上の物質と一緒に前記動物に投与する。前記ポリマはホモポリマ、コポリマ、ポリマ混合物、架橋ポリマ、又は複合材であってよい。ある実施態様では、前記ポリマは超吸収性ポリマ(「SAP」)である。またポリマを、食欲抑制剤などの一種以上の活性な薬剤と一緒に投与することもできる。pH調節剤及び/又は活性な薬剤は、当該ポリマと同時に同じ剤形で投与することも、当該ポリマと同時に別々の剤形で投与することも、又は順次投与することもできる。本組成物は経口投与用に調合される。調合物には、抗生物質など、胃への送達用の薬物を含めることができ、あるいはヒドロゲルを、肥満のコントロールのためなど、充填剤として用いることができる。本調合物を用いて、例えば薬物送達の制御など、胃内滞留を高めることができる。薬物を送達する方法も、本発明の方法を実施するための医薬と併せて、ここで解説される。 (もっと読む)


61 - 80 / 150