説明

Fターム[4C088AB26]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の起源、由来となる種子植物 (12,648) | 被子植物 (11,933) | 双子葉植物 (9,895) | キク科 (668)

Fターム[4C088AB26]の下位に属するFターム

Fターム[4C088AB26]に分類される特許

161 - 180 / 570


【課題】哺乳動物において骨の成長を促進し、骨/関節の疾患を予防、緩和、又は治療(treat)、又は骨健康の維持を意図する組成物、また、栄養製品、サプリメント、スナック又は医薬品の製造における前記組成物の使用、並びに、有効量の組成物を投与することを含む、骨成長を促進する又は骨健康の維持のための方法を提供する。
【解決手段】活性成分として骨形成タンパク質の発現を誘発させるその能力によって選択された少なくとも1種の植物又は植物抽出物を有効量で含み、植物若しくは植物抽出物がさらに骨再吸収を阻害する。植物性化合物がラクツシン、ラクツコピクリン、3−デオキシ−ラクツシン、ゲラニオール又はカルボンである。 (もっと読む)


【課題】顕著に強いウイルス増殖抑制作用を有する新規な抗ウイルス剤の提供。
【解決手段】レンギョウ、キンギンカ、キキョウ、ハッカ、タンチクヨウ、カンゾウ、ケイガイ、タンズシ及びゴボウシと、レイヨウカク又はロコンとを含む生薬の抽出物を有効成分として含有する抗ウイルス剤。 (もっと読む)


【課題】天然物由来の素材から得られ、安全性が高いCB1受容体阻害物質含有組成物及びその製造方法を提供する。
【解決手段】クワ科イチジク属、チガイゾ科ワカメ属、イネ科ササ属、キク科ヨモギ属、セリ科クミン属、マメ科シャクジソウ属、セリ科シシウド属、シソ科ハナハッカ属、クロウメモドキ科ナツメ属、キク科キク属、クワ科クワ属、シソ科ハッカ属、サルノコシカケ科マイタケ属、マツ科マツ属、ショウガ科ウコン属及びフトモモ科バンジロウ属からなる群より選択される属に属する1種以上の植物由来のCB1受容体阻害活性を有する物質を含む組成物、及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】 今までに検討されていない新たな作用機序に基づく、安全であり、且つ効果的な、新規な美白化粧料を提供すること。
【解決手段】 ヒートショックプロテイン70(HSP70)発現誘導剤からなることを特徴とするメラニン産生抑制作用剤であり、HSP70発現誘導剤によるHSP70の発現誘導により、生成したHSP70がチロシナーゼ及び小眼球症関連転写因子(MITF:microphthalmia転写因子)を制御させ、メラニン産生を抑制することを特徴とするメラニン産生抑制作用剤であり、さらにそれを含有する皮膚外用剤、及び美白化粧料であり、そのようなHSP70)発現誘導剤が、ショウガ科、キク科植物又はシソ科植物から選択される植物抽出物及びテプレノンである。 (もっと読む)


新たなステビア甘味料成分を提供する。新規ステビオール配糖体成分とそれらを含むステビア抽出物、結晶品の成分分析により、甘味料の品質管理を容易にすると共にRAを主成分とする甘味料の原料を特定でき、ステビア品種の産地表示の適切性や権利侵害の判断が容易となる。 (もっと読む)


【課題】 優れた、アルギナーゼ活性促進作用、免疫賦活作用、抗老化作用、美白作用、抗酸化作用、及び痩身作用などを有する、アルギナーゼ活性促進剤、免疫賦活剤、抗老化剤、美白剤、抗酸化剤、及び痩身剤を提供する。
【解決手段】 キオン属植物の抽出物を含有するアルギナーゼ活性促進剤、免疫賦活剤、抗老化剤、美白剤、抗酸化剤、及び痩身剤。 (もっと読む)


【課題】高い毛髪および/または毛包強化因子の産生促進効果を有する毛髪および/または毛包強化因子産生促進剤を提供する。
【解決手段】蒲公英から得られる抽出物を有効成分とする毛髪および/または毛包強化因子産生促進剤である。下記一般式(1)、


(式中、R〜Rは、各々独立に、水素原子または炭素数1〜3のアルキル基を示し、XおよびXは、各々独立に、エチレン基またはビニレン基を示す)で表される骨格を有する化合物を有効成分とする毛髪および/または毛包強化因子産生促進剤である。 (もっと読む)


【課題】 鎮静剤を提供し、それを睡眠改善剤として使用する。
【解決手段】以下の(1)から(18)からなる群の1種又は2種以上を有効成分とする鎮静剤を提供する。

(1)ペパーミント葉乾燥エキス

(2)ザイラリア

(3)レモンバーム

(4) 金針菜エキス

(5) グリーンオート麦エキス

(6) ローズバッツエキス

(7) ラフマエキス(ヤンロン茶)

(8) フィーバーフュー

(9) メドウスイート

(10)菊花エキス

(11)エゾウコギ(エレウテロコック)

(12)レモンバーベナ

(13)ボスウェラセラータ

(14)酵素処理イソケルシトリン

(15)ビール酵母エキス由来RNA

(16)バンブーリーフ

(17)クマザサエキス

(18)リンゴ由来フロレチン

【その他】
「国等の委託研究の成果に係る特許出願(平成18年度独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」、産業活力再生特別措置法第30条の適用を受けるもの)」 (もっと読む)


【課題】優れたクローディン−1産生促進作用を有するクローディン−1産生促進剤、並びに、表皮バリア機能の正常化による乾燥肌、荒れ肌、アトピー性皮膚炎や各種感染症などの皮膚症状の予防・改善を効果的に行うことができる皮膚バリア機能改善剤の提供。
【解決手段】本発明のクローディン−1産生促進剤は、アルニカの抽出物、アシタバの抽出物、センキュウの抽出物、ハトムギの抽出物、及び冬虫夏草の抽出物から選択される少なくとも1種を含有する。 (もっと読む)


【課題】敏感肌又は感作肌のケアのための精油の混合物を含む新規な化粧用又は皮膚科用組成物の提供。
【解決手段】カンナビノイドを実質的に含まない大麻精油及びムギワラギク精油の組合せを含む化粧用又は皮膚科用組成物。該大麻精油は、ヘンプ(カンナビス・サティバ)精油であり、植物体全体、地上部、植物体及び地上部、花頂部又は種子なし植物体から得られた油であることが好ましい。該ムギワラギク精油は、マダガスカル産ムギワラギク(ヘリクリサム・マダガスカリエンシス)又はイタリア産ムギワラギク(ヘリクリサム・イタリカム)精油であり、植物体全体又は植物体の花頂部から得られた油であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】身体局所、たとえば腹部や脚は、体脂肪がつきやすい部位であり、多くの人、特に女性の場合、肥満は外観上すなわち美容上好ましくないものであった。また、現代社会において食生活の変化、慢性的な運動不足、ストレスの増加などによる諸要因によって、肥満が増加しており、痩身に対しては、各種運動や食事制限に加え、脂肪分解剤や血行促進剤を配合したマッサージ用ジェル、クリーム等の化粧料を用いることが知られているが、従来用いられていたものは、皮膚への刺激の強いものが多く、また作用も十分といえるほどのものはなかった。
【解決手段】ヤードクカオ抽出物を皮膚外用剤に配合することによって、痩身作用、セルライト改善作用、むくみ改善作用効果をなす化粧料を提供でき、更には、ヤードクカオ抽出物にフコイダンを配合することにより、痩身作用、セルライト改善作用、むくみ改善作用効果がより高い化粧料を提供できる。 (もっと読む)


【課題】男性ホルモン(アンドロゲン)を女性ホルモン(エストロゲン)に変換する酵素であるアロマターゼの活性を阻害して、閉経後女性の乳癌のみならず、男性更年期障害及び内臓脂肪蓄積によるメタボリックシンドローム等の性ホルモン依存性疾患の治療及び/又は予防に有効かつ安全な薬剤を提供。
【解決手段】アロマターゼ阻害剤として、旱連草の抽出物を含有することを特徴とする性ホルモン依存性疾患の治療及び/又は予防剤。 (もっと読む)


【課題】天然物由来であって、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体リガンド活性の高いペルオキシソーム増殖剤応答性受容体活性剤および当該ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体活性剤を有効成分として含む組成物を提供する。
【解決手段】ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体活性剤は、カロウニン、ロウロ、ケイシ、カンモクツウ、ビャクビ、コウボク、エンフシ、ヤシツジュコン、ヤシツジュヨウの各抽出物のうち、少なくとも1種以上を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】男性ホルモン(アンドロゲン)を女性ホルモン(エストロゲン)に変換する酵素であるアロマターゼの活性を阻害して、閉経後女性の乳癌のみならず、男性更年期障害及び内臓脂肪蓄積によるメタボリックシンドローム等の性ホルモン依存性疾患の治療及び/又は予防に有効かつ安全な薬剤を提供する。
【解決手段】漏芦の抽出物を含有することを特徴とする性ホルモン依存性疾患の治療及び/又は予防剤。 (もっと読む)


深部組織創傷および外科的創傷を含む種々の病気および傷害を治療するために、水性ホメオパシー組成物を局所適用する方法が提供される。水性ホメオパシー組成物は、治療的処置を付与するために、少なくとも400Cの高いポテンシーで製剤化され、水性媒質に維持され、長期間、体表面に局所適用される。 (もっと読む)


細胞内セラミドの産生を促進するための医薬品、化粧品等の提供。ビャクシ、ジオウ、ビャクジュツ、カンゾウ、ダイオウ、ビャクギュウ、カシュウ、キキョウ、ヤクモソウ及びサンヤクから選ばれる植物又はその抽出物を有効成分とするセラミド産生促進剤。ヤクモソウ及びサンヤクから選ばれる植物又はその抽出物を有効成分とする保湿剤。 (もっと読む)


【課題】高いHGF産生促進効果を有する肝細胞増殖因子産生促進剤を提供する。
【解決手段】蒲公英から得られる抽出物を有効成分とする肝細胞増殖因子産生促進剤である。下記一般式


(式中、R〜Rは、各々独立に、水素原子または炭素数1〜3のアルキル基を示し、XおよびXは、各々独立に、エチレン基またはビニレン基を示す)で表される骨格を有する化合物を有効成分とする肝細胞増殖因子産生促進剤である。血小板由来成長因子もしくは血小板由来成長因子様作用物質の存在下でHGF産生促進を増強することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】肌なじみに優れ、ベタツキの少ない優れた使用感触が得られ、美白剤の性能を十分に発揮させることができる化粧品組成物を提供する。
【解決手段】Cacalia属植物抽出物またはカカロールと美白剤を含有することを特徴とする化粧品組成物を提供する。本発明のCacalia属植物抽出物またはカカロールを含有する化粧品組成物により、細胞賦活化効果および抗酸化効果を有する、化粧品、医薬部外品、医療用品、衛生用品、医薬品を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】物質代謝速度を高める為の細胞内グルタチオンレベルの上昇手段を提供する。
【解決手段】1)次に示す一般式(1)と、2)補血乃至は活血生薬のエキスとを含有することを特徴とする組成物。


一般式(1)(但し、式中、Rはモノアミン構成単位でそれぞれ独立した、水素原子又はヒドロキシ基若しくはC1〜4のアルキルオキシ基で芳香族水素原子が置換されていても良いフェニルプロペノイル(3−フェニルプロパン−2−エン−1−ノイル)基を表す。) (もっと読む)


【課題】経口投与組成物、経皮投与組成物として好適な、生体内における酸化ストレス防御及び解毒機能を向上せしめるためのグルタチオン産生促進作用を有する物質の提供。
【解決手段】特定のシンナモイルスペルミン誘導体及び/又はその塩にグルタチオン産生促進作用が存すること、更には、N1,N5,N10,N14−テトラ−p−(E)−クマロイルスペルミンがキク科キク属の植物抽出物に含有される。グルタチオン産生促進作用を有する化合物を含有する経口投与組成物、経皮投与組成物は食品、化粧品、グルタチオン産生促進剤等に応用できる。 (もっと読む)


161 - 180 / 570