説明

Fターム[4C206MA03]の内容

非環式又は炭素環式化合物含有医薬 (185,743) | 配合剤、剤型、適用部位 (52,323) | 配合成分が3以上のもの (3,518)

Fターム[4C206MA03]に分類される特許

3,421 - 3,440 / 3,518


本発明は、リジン、プロリン、アスコルビン酸、銅、ビタミンB6を含み、ヒトにおける骨の治癒を促進するのに有効な栄養組成物を提供する。前記栄養組成物は27〜34重量%のリジン、14〜16重量%のプロリンおよび42〜47重量%のアスコルビン酸を含む。前記栄養組成物はさらに、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、葉酸、ビタミンB12、 ビオチン、パントテン酸、カルシウム、リン、マグネシウム、亜鉛、セレニウム、マンガン、クロム、モリブデン、カリウム、シトラスフルーツピールバイオフラボノイド、アルギニン、システイン、イノシトール、カルニチン、コエンザイムQ10およびピクノジェノールを含む。本発明はまた、骨の治癒を促進するためにヒトにおいて前記栄養組成物を使用する方法に関する。 (もっと読む)


多くの金属キレーターは、細胞膜の通過を困難とする極性官能基または荷電官能基を有する。本発明のポリアミン/金属キレーター接合体は、金属キレーターである第一の部分とポリアミンである第二の部分からなり、該ポリアミン部分が生理学的pHで正に荷電できる三つ以上の窒素原子を含む化合物である。スペルミン/L1接合体は、L1210細胞に非複合L1キレーターよりも数百倍蓄積することが示された。本発明は、金属キレーターである第一の部分とポリアミンである第二の部分からなる化合物において、該ポリアミン部分が生理学的pHで正に荷電できる三つ以上の窒素原子を含む化合物、またはその塩、溶媒和物または水和物に関する。 (もっと読む)


抗菌組成物、特に、粘膜組織(すなわち、粘膜)に、局所的に適用した時に有用であるものであって、特に、脂肪酸エステル、脂肪族エーテル、またはそれらのアルコキシド誘導体などの抗菌脂質成分を含む抗菌組成物。この組成物は、エンハンサー成分、界面活性剤、疎水性成分および/または親水性成分も含み得る。かかる組成物は、有効な局所的抗菌活性を提供し、従って、微生物(ウイルスを含む)によって引き起こされたか、または悪化させられた状態の治療および/または予防において有用である。 (もっと読む)


本発明は少なくとも2つの異なる活性物質を有する異なる活性物質のペレットを含むカプセルに関するものであり、活性物質は消化管におけるその放出プロフィールに関して異なる。これらの活性物質はビタミン、ミネラル物質、微量元素、不飽和脂肪酸、アミノ酸並びに/又は植物抽出物及び物質からなる群より選ばれる。異なる放出プロフィールは素早い、中程度の及び/又はゆっくりとした活性物質ペレットの溶解によって表される。この制御放出は消化管における異なる吸収領域へ活性物質の目的指向型吸収をもたらす。本発明に従って調製される剤形は、非常に多くの利用可能な活性物質の場合でさえ、バイオアベイラビリティが高度に改善されることを可能にする。 (もっと読む)


本発明は、安定な医薬製品を形成するために液体と組み合わせることができるカルビドパ及びレボドパボの乾燥、固体、錠剤又は粉末製剤を提供する。パーキンソン病の患者を治療するために使用され、液体と容易に組み合わせることができるカルビドパ及びレボドパの新規で安定な製剤を得ることができることを新たに見出した。 (もっと読む)


本発明に係るダイエット食品は、ω−3多価不飽和脂肪酸やω−6多価不飽和脂肪酸と、L−アルギニン、L−オルニチン、L−アルギニン前駆体、及びL−オルニチン前駆体のうち少なくとも1つ、くわえてジアシルセルロース、中短鎖脂肪酸、植物ステロール、ヌクレオ塩基類、ヌクレオシド、核酸類、デキストリン、各種ビタミン類、各種ミネラル類、またはプロバイオティクス素材が添加されてなるダイエット食品である。 (もっと読む)


本発明は、更年期以降の女性における病的状態を緩和するための、リジン、プロリン、アルギニン、ビタミンC、マグネシウム、緑茶抽出物、N-アセチル-システイン、セレニウム、銅、マンガン、およびキャリアー、希釈剤および賦形剤からなる群から選択される薬学的に許容される成分1種を含む医薬調合物であって、許容可能な成分を除いた医薬調合物が7〜9重量%のマグネシウム、20〜30重量%のアスコルビン酸および11〜25重量%の緑茶抽出物を含む前記医薬調合物を提供する。前記医薬調合物を使用する治療方法もまた開示される。 (もっと読む)


化合物の局所的送達のための方法、組成物および装置を提供する。特定の実施形態においては、放射圧を用いて標的部位にキャリアを指向させ、そして、別の放射を用いて限局性キャリアをフラグメント化することにより、会合した化合物を放出する。超音波放射は放射圧およびフラグメント化のための発生源として好ましい。ターゲティングおよびフラグメント化が投与部位の画像化と組み合わせられる実施形態も包含される。キャリアを使用することなく化合物を局所送達する別の実施形態も開示される。 (もっと読む)


本発明は、処置の方法;特に、糖尿病(特に、インスリン非依存性糖尿病(NIDDM)またはII型糖尿病)、糖尿病に関連する疾患、前糖尿病状態および/または肥満症の処置の方法、並びにそれらの方法における使用のための組成物を提供する。

(もっと読む)


本発明は、N−メチル−D−アスパレート受容体サブユニットNR2−Bを含む症候群または病理学と闘うために与えられる病人食を製造するための、1600ピコモル未満のポリアミンを有するヒト用食品組成物の新規使用に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、爪疾患の治療および爪医療のための局所適用性産物の提供を目的とする。
【解決手段】爪疾患の治療および爪医療のための局所適用性産物は、単一または複数の活性成分および生理学的に適合性の活性成分および溶液メディエーターの他に、式Iの単一または複数の化合物
R-O-R (I)
(ここで、
Rは5〜8個の炭素原子をもつ直鎖または分岐鎖アルキル残基を表し、
はホルミル基またはアセチル基を表す。)を含有する。 (もっと読む)


本発明は、癌、例えば中皮腫またはリンパ腫の処置法に関する。より具体的には、本発明は、HDAC阻害剤、例えばスベロイルアニリドヒドロキサム酸(SAHA)を含む薬学的組成物を投与することにより、中皮腫またはびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)を処置する方法に関する。薬学的組成物の経口製剤は、高いバイオアベイラビリティなどの好ましい薬物動態プロフィールを有し、驚くべきことに長期間にわたって活性化合物の高い血中レベルを提供する。本発明は、これらの薬学的組成物の安全かつ毎日の投与療法をさらに提供し、これは遵守が容易であって、インビボでHDAC阻害剤の処置上有効な量が得られる。

(もっと読む)


尋常性ざ瘡の治療薬は、局所治療に提供される。本発明によれば、方法は、感染域に組成物物質を適用する段階と、感染域内に組成物を作用させる段階と、感染域から組成物を除去する段階とが提供される。組成物は、ラウロイルサルコシンナトリウムと組合せて、少なくとも1つのエトキシレートを含む。或いは、エトキシレートをメトキシレート又はプロポキシレートに置換することができる。ポリエチレンビーズのような不活性洗浄剤もまた含めることができる。アセチル化ラノリンアルコール、ラウロイルサルコシンナトリウム、EDTA、気泡安定剤、及び水もまた、作用を助けるために組成物に添加することができる。 (もっと読む)


局所治療における刺咬性及び侵入性生物並びに寄生生物の治療薬が提供される。本発明によれば、方法は、患部に組成物を適用する段階と、患部内に組成物を作用させる段階と、患部から組成物を除去する段階とを備える。組成物は、少なくとも1つのエトキシレート、サルコシネート、及び洗浄剤を含む。或いは、エトキシレートをメトキシレート又はプロポキシレートと7置換することができる。アセチル化ラノリンアルコール、ラウロイルサルコシンナトリウム、EDTA、気泡安定剤、及び水もまた遂行を助けるために組成物に添加することができる。 (もっと読む)


本発明は、パーキンソン病の処置において使用される経皮適用のための医薬製剤に関する。前記製剤は、活性成分の下記群:ドパミンアゴニストおよびL−ドーパ、モノアミンオキシダーゼ阻害剤、抗コリン作用薬、NMDA受容体アンタゴニストおよび交感神経刺激作用薬、から選択される少なくとも2種の活性成分の組み合わせを含み、少なくとも2種の前記活性物質は、異なる活性成分の群に属する。 (もっと読む)


本発明は、カテプシンK、L、SおよびBの阻害剤を含む(これらに限定しない。)システインプロテアーゼ阻害剤である、下式(G、E、F、n、R、R、RまたはRの意味は本明細書に示されている。)により表される新規クラスの化合物に関する。これらの化合物は、骨粗しょう症などの疾患の、骨再吸収の阻害が示される治療に有用である。
(もっと読む)


本発明の一つの実施態様は、mTOR阻害剤、例えば、ファルネシルチオサリチル酸(FTS)の用法であって、ホルモン反応性ガンのホルモン剥奪治療の際に生ずるホルモン適応性反応を阻止するための用法に向けられる。 (もっと読む)


【課題】足白癬の治療用組成物及び使用方法。
【解決手段】足白癬の治療薬が局所治療に提供される。本発明によれば、本方法は、患部に組成物物質を適用する段階と、患部内に組成物を作用させる段階と、患部から組成物を除去する段階とが提供される。組成物は、少なくとも1つのエトキシレート及びサルコシネートを含む。或いは、エトキシレートをメトキシレート又はプロポキシレートに置換することができる。アセチル化ラノリンアルコール、ラウロイルサルコシンナトリウム、EDTA、気泡安定剤、洗浄剤、及び水もまた作用を助けるために組成物に添加することができる。 (もっと読む)


本発明は、本質的に(a)小児又は若年成人による消費に推奨されたビタミン、(b)適切なカルシウム源、(c)少なくとも1つの二塩基性アミノ酸、(d)タウリン、(e)少なくとも1つの可溶化剤、(f)甘味剤、香味剤、調味料、防腐剤、抗酸化剤、共溶媒からなる群より選ばれた少なくとも1つの追加物質、及び(g)水からなる、水性シロップの形態にある改良された医薬組成物又は食品組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、流動性の止血用の組成物を作成する方法と、内部に配置されているその流動性の止血用の組成物を含んでいる装置と、に関連している。
【解決手段】流動性の止血用の組成物を形成するために、連続的な液体の相の全体に亘って実質的に均質に分散されている不連続な気体の相および固体の粒子を含んでいる実質的に均質な組成物を形成するために、所与の容積の生体適合性の液体と、所与の容積の生体適合性の気体と、所与の量の生体適合性のポリマーの固体の粒子と、が一緒に混合されている。その後、上記の組成物は、上記の液体の相の全体における気体の相および固体の粒子の実質的に均質な分散を維持するために有効な条件下において、止血を必要としている体の部位にその流動性の止血用の組成物を供給するために適している装置の中に移される。 (もっと読む)


3,421 - 3,440 / 3,518