Array ( [0] => 脂肪類、香料 [1] => 成分又は全体の目的効果 [2] => 着香 [3] => 特定の発香をさせるもの ) 成分又は全体の目的効果 | 着香 | 特定の発香をさせるもの
説明

Fターム[4H059EA36]の内容

脂肪類、香料 (10,518) | 成分又は全体の目的効果 (1,648) | 着香 (524) | 特定の発香をさせるもの (194)

Fターム[4H059EA36]に分類される特許

1 - 20 / 194

















【課題】香料から天然に近い香気組成物を製造する方法、および得られた香気組成物を使用した香水などの香料組成物の製造方法を提供する。
【解決手段】2価以上の金属イオン含有液16を添加した香料(香料成分)に高電圧処理18を行い、次いでこの香料に2価以上の金属イオン含有液を添加しかつ高電圧処理を行ったエチルアルコール20を加えて香気組成物を抽出製造する。またこのようにして得られた多種類の香気組成物28を混合して閉鎖空間26に静置するとともに、この静置時に高電圧処理を行うことにより香料組成物を製造する。
【効果】香料から天然に近い香気成分(香気組成物)を短時日で簡単に製造することができ、また、得られた天然に近い香気組成物を使用することにより、香水など香料組成物の開発期間を大幅に短縮することが可能となり、自然熟成と同等の効果を香料組成物に対して簡便に付与することができる。 (もっと読む)




【課題】蝋燭からの香りの放出パターンを変調的にする構造を有することにより、「慣れ」を起こしにくく長時間にわたり楽しめる香り体験を使用者に提供することである。
【解決手段】芯、連続相および分散相により構成され、連続相の内部に分散相が点在し、放出される香りのパターンが変調的であることを特徴とする。連続相、及び分散相のうち少なくとも一方に、香料を含む。若しくは、分散相に香料を含有し、且つ芯又は連続相のどちらか一方に香料を含む。このため、香りの放出が不連続的又は香りがブレンドされるため、「慣れ」が起こりにくく、長時間香りを楽しむことができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、蝋燭に芳香性天然樹脂を含有させることで、通常インセンス(西洋線香)で用いる香りを長時間にわたり安全に簡便にかつマイルドに使用者に与えるものである。
【解決手段】芳香性蝋燭において、芳香性天然樹脂を含有する蝋燭組成物、また香りの幅広い要望にこたえるために芳香性天然樹脂および香料を含有する蝋燭組成物、特に乳香(オリバナム)、エレミ、オポポナックス、安息香(ベンゾイン)、ペルーバルサム、トルーバルサムより選ばれる芳香性天然樹脂を1種又は2種類以上を含有する蝋燭組成物は、煙が少なく長時間にわたり芳香性天然樹脂の香りを長時間にわたり安全、簡便、及び香調を損なわずに使用者に与えることを見出した。 (もっと読む)


1 - 20 / 194