説明

Fターム[2H113AA06]の内容

印刷方法 (16,708) | 発明の種類 (2,783) | 印刷された物品 (879)

Fターム[2H113AA06]に分類される特許

181 - 200 / 879


【課題】複写防止機能や偽造防止機能を備えた偽造防止媒体であって、この偽造防止媒体と同一の複写物を作成することを困難とすると共に、たとえコピーやスキャナーによるスキャニングを利用して複写物を作成しても、複製元が有している複写防止機能や偽造防止機能までは具備できないようにした偽造防止媒体を提供する。
【解決手段】複数の網点からなる網点潜像部と複数の網点からなる網点背景部とで構成されている網点状光吸収層が、網点潜像部と網点背景部とが目視で区別できない状態で設けられていると共に、その網点状光吸収層の上部には光学的に透明で、所定波長の光を選択的に反射する選択的光反射層が配置されていることを特徴とする偽造防止媒体。 (もっと読む)


【課題】より本物に近い岩絵の具独特の凹凸感を有する質感の高い複製画を提供する。
【解決手段】紙基材10上に形成され、寒水粉と炭酸カルシウム粉とを含む下地凹凸層12と、下地凹凸層12上であって、原画の絵柄に同調して形成されるUVインキ層13と、UVインキ層13上に形成され、寒水粉と、炭酸カルシウム粉とを含む隠蔽層14と、少なくとも隠蔽層上に形成される受容層16と、受容層16上に形成される絵柄層17と、を有することを特徴とする複製画1。 (もっと読む)


【課題】立体模様と色模様とを合わせた多種多様な印象のデザインを実現することができる優れた板状加飾成形体の製法の提供をする。
【解決手段】透明表面板7に立体模様Qを形成する工程と、透明樹脂シート1の表面にシルク印刷により上記立体模様Qに対応する部分以外に印刷層4を形成するとともに、オフセット印刷により上記立体模様Qに対応する部分に彩色層5を形成して加飾樹脂シート10を得る工程と、加飾樹脂シート10と透明表面板7とを、互いの裏面を対面させて位置合わせし、加飾樹脂シート10裏面の粘着薄膜層2を利用して一体化する工程とを備えるようにした。 (もっと読む)


【課題】一般的な赤外線透過吸収ペアインキ又はメタメリックペアインキとは異なる波長における分光反射率の差異によって真偽判別を行う印刷物を提供する。
【解決手段】可視光領域では、略等色として視認され、かつ、赤外線領域の広域を透過するペアインキが印刷された印刷物であり、前述のペアインキにおけるいずれか一方は、赤外線領域の少なくとも一部の領域で他方のインキよりも吸収特性の高い領域を有することで、真偽判別を行う印刷物である。 (もっと読む)



【課題】
立体的に視認される印象深い模様を少ない工程で、しかも短時間に成形体に付与することができる優れた加飾成形体の製法と、それによって得られる加飾成形体を提供する。
【解決手段】
透明な成形体の裏面に、複数の区画を有する模様を印刷し、その印刷模様の上に重なるように、上記複数の区画のうち少なくとも2区画が異なる方向に延びる微細な凹凸が形成されるよう、直接もしくは箔を挟んで型押しを行うようにした。 (もっと読む)


【課題】高精度なパターン塗布が可能な印刷版を提供する。
【解決手段】本発明は、ガラス板と、前記ガラス板上に設けられる凸部とを有する印刷版に関する。また本発明は、前記ガラス板よりも可撓性を示す第1のフィルム層をさらに備え、第1のフィルム層とガラス板とは積層されている、印刷版に関する。また本発明は、前記第1のフィルム層は、ガラス板と凸部との間に設けられ、前記凸部は、第1のフィルム層に接して設けられている、印刷版に関する。また本発明は、ガラス板よりも可撓性を示す第2のフィルム層をさらに備え、前記ガラス板は、前記第1のフィルム層と第2のフィルム層との間に設けられ、前記凸部は、第1のフィルム層上に設けられる、印刷版に関する。また本発明は、前記第1のフィルム層と第2のフィルム層とが同じ材料から構成される、印刷版に関する。 (もっと読む)


【課題】PETフィルム等の柔軟な素材であっても立体印刷画像を形成することのできる表示画面用保護シート用立体印刷画像の制作方法および表示画面保護用立体印刷シートを提供すること。
【解決手段】
[1]表示画面保護シートに対してスクリーンのメッシュ数の範囲が50〜150(本/インチ)の範囲であるスクリーン印刷により、立体印刷画像を形成する工程を有することを特徴とする、表示画面保護シート用立体印刷画像の制作方法。
[2]上記[1]に記載の表示画面保護シート用立体印刷画像の制作方法により得られた、表示画面保護用立体印刷シート。 (もっと読む)


装置の第1の領域に、透明で、着色された要素(2)を含み、そして該装置の表面に第1の光学的に可変の効果を発生するレリーフ構造(21)が形成されたセキュリティ装置。反射促進層(30)が、該第1の光学的に可変の効果を発生するレリーフミクロ構造(21)の上に広がっており、そして該レリーフの輪郭に追従しており、該反射促進層はまた、該装置の第2の領域にも、該第1の領域から横方向にずれて与えられている。
(もっと読む)


【課題】パターンを形成するためのインクを画線部分のみに使用し、かつ高精細なパターニングが可能な描画パターンの形成方法を提供する。
【解決手段】描画パターン4が形成される領域を囲む隔壁2を印刷法によって形成し、隔壁2の内側にインクジェット法によりインク3を注入して描画パターン4を形成した後に隔壁2を除去する。隔壁2の形成に用いられるインクとしては、水またはアルカリ水に可溶の樹脂を含むレジストがあげられる。 (もっと読む)


【課題】 細かいスピンドル模様を表現することができるスピンドル装飾体の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 スピンドル装飾体1の製造方法は、光透過性を有する基板10を準備する準備工程と、基板10の一方の面11上に、遮光性を有する樹脂が半径の異なる複数の同心円状に形成されるスピンドル層20を形成する第1形成工程と、基板10の他方の面12上に、金属色を有する金属色層30を形成する第2形成工程とを備え、スピンドル層20と金属色層30とは、基板10を介して重なるように形成され、第1形成工程において、スピンドル層20はオフセット印刷により形成されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 木板等の基底材と和紙等の支持体を用い、オリジナルと同様の質感、同様の素材の模写・複製を迅速且つ効果的に実施可能とする。
【解決手段】 仮裏打ちをした支持体(A−3)の表面に、インクジェットプリンタ等で表現するオリジナルの写真データをカラー印刷する(A−4)。支持体から仮裏打ちを剥がして支持体の表面に仮表打ちをする(A−5,A−6)。表現するオリジナルで彩色されている部分等に支持体の裏面からオリジナルを反転して印刷するための版下を製版したスクリーンを用い、第1の顔料で支持体の裏面にシルクスクリーン印刷する(A−7)。オリジナルと同一又は類似の加工を表面に施した基底材に、オリジナルの基底材の色を表現するため、第2の顔料と第1の染料又は第3の顔料を混ぜたもので下塗りを施す(B−3)。支持体に基底材を裏打ちする(C−1)。 (もっと読む)


【課題】可視画像が形成されたホログラム等の基材に、複数の不可視画像が形成された偽造防止用形成体を提供する。
【解決手段】回折格子等によって可視画像が形成されたホログラム上に、微細な多孔群を形成し、多孔群を任意に配置することで複数の不可視画像が形成され、複数の不可視画像のうちの一つは、光を透過させた状態で目視することができ、さらに、光を透過させた状態で基材に判別具を重ねて目視することで、他の不可視画像が目視される偽造防止用形成体。 (もっと読む)


【課題】 偽造防止や真偽判定のための手段を組み込んだ暗号記録媒体であって、前記手段が、前記媒体券面のデザインや意匠性を損なうことなく、かつ、高い秘密性を保持できるような暗号記録媒体を提供することを課題とする。
【解決手段】 視覚復号型暗号技術により生成される暗号画像の一方であるシェア画像A11を蛍光体で形成する。シェア画像A11は、通常の光源下では不可視でありながら、紫外領域の励起光で発光し、もう一方の暗号画像であるシェア画像B16と合わされた時に復号画像45が得られる。これにより、高い秘密性を持つ暗号画像を、券面の意匠性を損なうことなく組み込むことが可能となる。 (もっと読む)


【課題】インキジェット印刷により形成された印刷像を有しており、熱収縮によらず、接着剤を用いて金属缶の胴部に貼着されるかあるいはパウチとして用いられる容器用インキジェット印刷フィルムを提供することにある。
【解決手段】透明樹脂フィルム10の一方の表面に、下地層11を介してインキジェット印刷層13が形成され、インキジェット印刷層13を覆うように白インキベタ層15が形成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、緻密な網点構成を用いることにより、可視光源下における拡散光領域及び正反射光領域、さらには赤外線光源下という異なる観察条件において、三つの画像を視認可能な印刷物を提供する。
【解決手段】 基材上の少なくとも一部に、三つの網点を用いて画像が形成された印刷領域を有し、第1の網点が、赤外線吸収色素を含まない材料を用いて複数配置されることにより連続階調の可視画像を形成し、第2の網点は、赤外線吸収色素を含む材料により第1の網点内に配置されて第一の潜像画像を形成し、第3の網点は、定位置の照明光源に対して観察角度を拡散光領域から正反射光領域へ変化させることで、第2の網点との色差ΔEが所定の値変化する材料により、第2の網点内に配置されて第二の潜像画像が形成され、第1の網点、第2の網点及び第3の網点を拡散光領域において等色になるように形成した印刷物である。 (もっと読む)


【課題】基材上にインキを均一な厚みで印刷することができる印刷方法を提供する。
【解決手段】印刷機10は、フレーム5と、フレーム5上に固定され、その上面に複数のセル2を有する平板状のアニロックス版1と、アニロックス版1の上面にインキ30を供給するインキ供給部7と、フレーム5上に固定され、平板状の基材52を載置する基材定盤6と、フレーム5上を走行可能となるようフレーム5に設けられた版胴24と、を備えている。版胴24は、アニロックス版1の上面に当接してインキ30を受けるとともに基材52上に当該インキ30を転移させる弾性材料からなるフレキソ版23を有している。ここで、インキ30のせん断速度100/秒における粘度(インキ温度23℃)は51〜200cPの範囲内となっている。また、版胴24は、フレーム5に対する版胴24の回転速度が20rpm以上となるよう制御部9により制御される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、付与された偽造防止技術の特長を知らされた者が簡易的な器具で真偽判別できるが、情報を知らされない者には気づかれにくい特徴を有した残光性発光体に関する。
【解決手段】本発明は、化学式: (MBaa−xEu)(a+k)O・(Mgb−yMn)bO・c(SiO)で示され、Mは、Ca(カルシウム),Sr(ストロンチウム)であり、kは、0又は0.3であり、aは、2≦a≦3.5であり、bは、0.75≦b≦2であり、cは、2.75<c≦3であり、xは、0.01≦x≦0.2であり、yは、0.02≦y≦0.4である残光性発光体であって、励起光照射時における蛍光の発光色と、励起光停止後における残光の発光色が異なり、励起光停止後における残光時間が、2msから5sであることを特徴とする残光性発光体残光性発光体である。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、偽造防止効果を必要とするセキュリティ印刷物である銀行券、パスポート、有価証券、身分証明書、カード、通行券等の貴重印刷物の分野において、反射光下で観察した場合と透過光下で観察した場合で全く相関のない異なる画像に変化する潜像印刷物に関する。
【解決手段】 基材上の少なくとも一部に印刷画像を有し、印刷画像は、背景要素群と情報要素群から構成され、更に背景要素群は、第一の印刷要素群と第二の印刷要素群に区分けされ、第一のインキで第一の印刷要素群が、第二のインキで第二の印刷要素群と情報要素群が印刷される。情報要素、第一の印刷要素、第二の印刷要素及び基材の分光反射率に相関性を持たせ、情報要素群、第一の印刷要素、第二の印刷要素及び基材の分光透過率に相関性を持たせることで、反射画像と透過画像を形成して成る真偽判別と偽造防止効果に優れた潜像印刷物を提供する。 (もっと読む)


【課題】観察者の視認角度によって真珠光沢顔料の呈する干渉色から、有色下地層の呈する色へとクイックに色彩が変化するロゴパターンを提供する。
【解決手段】被印刷物に、有色下地層と、真珠光沢顔料により構成された色変化層と、により構成されたロゴパターンが印刷された印刷物において、色変化層の任意断面における真珠光沢顔料の、全数の80%以上の顔料であって、顔料のなす角度と、被印刷物の印刷面のなす角度との傾斜角度差が5°以下であり、且つ、印刷物に照射された光源からの正反射光に対し、真珠光沢顔料の呈する干渉色の視認角度が少なくとも15°以下の範囲であることを特徴とし、観察者の視認角度により、真珠光沢顔料の呈する干渉色と、有色下地層の呈する色を交互に発現させる印刷物である。 (もっと読む)


181 - 200 / 879