Fターム[4J038PC11]の内容

塗料、除去剤 (182,219) | 被塗装素材 (10,477) | その他 (25)

Fターム[4J038PC11]に分類される特許

1 - 20 / 25


【課題】水蒸気バリア性に優れたコーティング剤の提供。
【解決手段】コーティング成分と還元でん粉糖化物とを含んでなるコーティング剤。 (もっと読む)


【課題】簡易な方法でありながら装飾効果の高い加飾真珠を形成する技術を提供する。
【解決手段】養殖真珠3の外表面に開いた孔から、真珠内部の空洞部分に、硬化型樹脂を充填して固化させ、孔の開口における硬化型樹脂の表面及び孔周辺の養殖真珠3の外表面に塗料9を塗布することで加飾真珠1を得る。塗料9に金粉11を混入させるとより一層装飾効果の高い加飾真珠1を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】基材表面に、離脱しがたく、生体適合性に優れた被膜を形成する生体適合性材料用樹脂組成物の提供。
【解決手段】式(I):


(式中、R1は水素原子又はメチル基、R2は炭素数1〜6のアルキレン基、R3、R4及びR5は炭素数1〜4のアルキル基等であり、Xは酸素原子又は−NH−基を示す)で表されるケイ素原子含有モノマーおよびN−(メタ)アクリロイルオキシエチル−N,N−ジメチルアンモニウム−α−N−メチルカルボキシベタイン等の窒素原子含有モノマーを重合させてなる(メタ)アクリル系ポリマーを含有する生体適合性材料用樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】雨、風、乾燥によって飛散散逸することなく、高アルカリ性を長期間持続することができる被膜を提供する。
【解決手段】長期アルカリ性安定被膜11は、全体100重量部に対し、非アルカリ増粘型樹脂12を25〜67重量部、消石灰粒子13を30〜72重量部含み、基材21の表面を被覆するアルカリ性の被膜であって、消石灰粒子13と連通するクラック15を備える。水分17が付着することにより、長期アルカリ性安定被膜11は表面においてpH11.0以上を発現する。 (もっと読む)


【課題】プリザーブドフラワーに塗布するだけで、優れた紫外線遮断効果が得られ長期間変色と型崩れを防止する効果を持続する塗料を提供すること。
【解決手段】
紫外線を遮断し型崩れを防止するために被塗布物に塗料塗膜を形成する塗料。塗膜形成要素は、アクリル樹脂とアクリル系シロキサン、ウレタン架橋型反応性ポリマーとを必須成分とし、塗膜形成副要素として、有機/無機併用系の紫外線吸収剤が必須成分として添加されている。 (もっと読む)


本開示は一般に、天然および人工爪コーティング用組成物に関し、特に、重合可能組成物およびこれから重合された接着促進ベースコートに関するがこれに限られない。本開示はさらに、人工爪エンハンスメントよりも容易に除去され、マニキュアコーティングよりも耐久性があり長持ちする、重合ベースコートを作製する方法に関する。本開示の一態様は、除去の方法を提供する。一態様によれば、本開示の組成物から重合された熱硬化性物質は、有機溶媒、特にアセトンに対する感受性が与えられる。本開示の一態様によれば、ポリマー/天然爪境界面に有機溶媒を分配するための手段が提供される。 (もっと読む)


【課題】保管時や使用時に顔料を初めとする無機充填剤が沈降しにくく、貯蔵安定性、作業性に優れると共に、含浸むらや色むらの発生が抑制され、信頼性に優れる電気・電子部品を得ることのできる絶縁ワニスを提供すること。
【解決手段】(A)不飽和ポリエステル樹脂、(B)直鎖アルコール、(C)顔料、(D)シリカ粉、および(E)アルキルナフタレンスルホン酸塩を必須成分として含有する絶縁ワニス。 (もっと読む)


【課題】短時間で、植物基材の表面を比較的厚くコーティングすることを可能とする、植物の加工方法を提供すること。
【解決手段】紫外線硬化型ジェルを使用する植物の加工方法であり、粘性の低い第1のジェルを植物基材の表面に塗布して、第1のジェルの比較的薄い塗膜を形成し、紫外線照射して第1のジェルの塗膜を完全に硬化させて、表面が滑らかな第1のコーティング層を形成する。次に、第1のコーティング層を有する植物基材に、粘性の高い第2のジェルを塗布して、第2のジェルの比較的厚い塗膜を形成し、紫外線照射して第2のジェルの塗膜を硬化させて、第2のコーティング層を形成する。 (もっと読む)


【課題】
ラインの形成が容易で、少しの雨ではラインが消えることなく鮮明性を保持でき、該ラインの消去が水洗浄のみで簡単にでき、しかも天然芝の生育障害もなく、環境汚染の少ない易洗浄性芝用マーキング剤を提供する。
【解決手段】
ポリビニルアルコール(A)、脂肪酸処理重質炭酸カルシウム(B)及び顔料(C)を含む水性分散体を用いてなるマーキング剤で、好ましい配合としてポリビニルアルコールのケン化度が90モル%以上、脂肪酸処理重質炭酸カルシウムの平均粒子径が0.5〜10μmでB/Aの重量比が1から9、(B)+(C)/(A)+(B)+(C)の容積率が40〜90容積%の範囲とする。 (もっと読む)


本発明は、抗菌性又は帯電防止性のうちの一以上を有する基材に関する。そのような特性は、カチオン荷電ポリマー組成物から形成されるコーティング又はフィルムを付与することで与えられる。そのポリマー組成物は、非カチオン性エチレン性不飽和モノマーと、ポリマー組成物にカチオン電荷を提供する能力を有するエチレン性不飽和モノマーとを含む。前記ポリマー組成物は、カチオン荷電ポリマー組成物に組み込まれた立体安定化成分を含んでいても良い。本発明はさらに、パーソナルケア製品及び上記カチオン荷電ポリマー組成物と混合された基剤ポリマーを含むポリマー材料に関するものでもある。 (もっと読む)


【課題】工場のフロアおよび外部表面をコーティングするために使用される組成物の提供。
【解決手段】逐次添加または同時添加で、ガラス転移温度が−50℃〜+40℃であるポリオールの分散体を含む水性相、および既に乳化されているかまたは乳化されるイソシアネート副組成物を含むことを特徴とする組成物であり、コンクリート、モルタル、建造物の外面コーティング、石膏プラスター、石等のような無機基材のためのコーティングとして応用可能である。 (もっと読む)


本発明の様々な実施形態は、一般的に、医療用デバイスをコーティングするのに用いられる、改善した熱安定性を示すポリマーブレンド組成物に関連する。本発明は、前述のコーティングでコーティングされた埋込型医療用デバイスも含む。 (もっと読む)


本発明は、レンズパッケージ中で直接、シリコーンヒドロゲルコンタクトレンズにLbLコーティングを施す、コスト効率のよいその場方法を提供する。得られるシリコーンヒドロゲルコンタクトレンズは、優れた親水性、無損傷性及び耐久性を備えたをコーティングを有し、また、患者が洗浄及び/又はすすぎをすることなく、レンズパッケージから直接使用することもできる。さらに、本発明は、レンズパッケージ中のシリコーンヒドロゲルコンタクトレンズのその場コーティング用パッケージ溶液及び眼科用レンズ製品を提供する。 (もっと読む)


低温で湿気硬化性の被覆用組成物、関連する被覆された基材、および基材を被覆するための方法が開示される。被覆用組成物は、2つ以上のエチレン性不飽和部位を含む化合物、およびアミノ官能性シランを含む反応体の非ゲル状第二級アミン含有マイケル付加反応生成物を含む。特定の観点では、本発明は、(1)(a)2つ以上のエチレン性不飽和部位を含む化合物、および(b)アミノ官能性シランを含むかまたは場合によっては本質的にこれらからなる反応体の非ゲル状第二級アミン含有マイケル付加反応生成物と、(2)成分(1)の第二級アミンと反応する官能基を含む化合物とを含む低温で湿気硬化性の被覆用組成物であって、組成物から堆積した完全硬化被覆物は、最大20ミルの乾燥膜厚が得られる結果となるように塗布されたとき亀裂が生じにくい組成物を目的とする。 (もっと読む)


【課題】皮膚処理剤及び皮膚シーラントが塗布された領域を、視覚的に認識できるようにする。
【解決手段】本発明に係る皮膚シーラントは、トリガー可能なpH指示薬と、トリガーするための酸を含有する。前記pH指示薬と前記酸を混合させると素早く反応し、皮膚処理剤を無色にする。 (もっと読む)


本発明は、有機材料、特に薬剤及び食品の分野からの有機材料を、光から保護する方法であって、請求項1記載の、少なくとも1つの、式(1)、(2)、(3)、(4)、(5)、(6)及び式(7)と(8)の顔料、及び場合によりUV吸収剤、及び場合により顔料/着色剤を、担体材料に塗布するか、又は組み込み、そのように処理した担体材料を、光源と保護する有機材料との間に配置する方法。
(もっと読む)


【課題】 歯科用セラミックスと歯科用レジンとの接着に際して優れた接着性が発揮でき、1液型の保存形態にしても保存安定性が良好である歯科用の1液型セラミックス用プライマーを開発すること。
【解決手段】 (A)カップリング剤、好適には重合基を有するシランカップリング剤、(B)増感色素、好適にはクマリン系色素、シアニン系色素等、および(C)光塩基発生剤、好適にはオルトニトロベンジルカルボメート系光塩基発生剤、α,α−ジメチル−3,5−ジメトキシベンジルカルバメート系光塩基発生剤を各含有してなるカップリング剤組成物の有機溶液からなる歯科用の1液型セラミックス用プライマー。 (もっと読む)


【課題】有機溶媒を使用しない、保存安定性に優れた、徐放性処方の水溶液ポリマーコーティング組成物及びこれを使用した基材へのコーティング方法を提供する。
【解決手段】(i)基材を水溶性ポリマーコーティング組成物の水溶液で高い相対湿度条件下でコーティングした後、(ii)熱処理工程を伴う諸工程からなり、ここで該熱処理工程が低湿分条件下で行われ、そして該水溶液ポリマーコーティング組成物がラテックス又は擬似ラテックスフィルム形成剤及び、所望により、可塑剤を含むことを特徴とする水溶液ポリマーコーティング組成物で基材をコーティングする方法。 (もっと読む)


【課題】水溶性のコーティング剤ではコーティングできない撥水性の高い対象物、特に食品に適したコーティング組成物を提供する。
【解決手段】コーティング組成物に、ヒドロキシプロピルセルロース及びエタノールを含有する。ヒドロキシプロピルセルロースの好ましい粘度は、室温(25度)における2%粘度で、1mPa・S〜10万mPa・Sであり、さらに好ましくは前記粘度で30mPa・S以下であり、15mPa・S以下が特に好ましい。ヒドロキシプロピルセルロースのコーティング組成物への添加量は、0.05〜10.0重量%程度である。 (もっと読む)


【課題】液体の被膜組成物を提供すること。
【解決手段】シロキサン含有ポリマーと、揮発性ポリジメチルシロキサンと、脂肪族炭化水素と、を含む液体の被膜組成物が提供される。液体の被膜組成物は、18〜55重量%の揮発性ポリジメチルシロキサンと、5〜55重量%の脂肪族炭化水素と、1〜40重量%のシロキサン含有ポリマーと、0〜15重量%の補助剤と、を含むのが好ましい。 (もっと読む)


1 - 20 / 25