説明

Fターム[4C088ZA01]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 医薬用途・器官 (10,769) | 神経系に作用する医薬 (1,792)

Fターム[4C088ZA01]の下位に属するFターム

Fターム[4C088ZA01]に分類される特許

41 - 60 / 149


【課題】微生物、遺伝的に改変された植物種子および海洋生物由来のω-3および/またはω-6高度不飽和脂肪酸を含有する極性脂質の豊富な画分の生成および使用法を提供する。
【解決手段】生物、遺伝的に改変された種子および海洋生物(魚およびイカを含む)由来の、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、ドコサペンタエン酸(DPA(n-3)またはDPA(n-6))、アラキドン酸(ARA)、およびエイコサテトラエン酸(C20:4n-3)を含有する極性脂質の豊富な画分の生成および使用、特に抽出、分離、合成および回収、ならびにヒトの食品適用、動物飼料、医薬品適用および化粧品適用におけるそれらの使用。 (もっと読む)


【課題】腫瘍細胞に対する高い選択性を有しかつ副作用が小さい抗癌剤を実現する。
【解決手段】極性溶媒を用いてヤナギから抽出された抽出物を含有する、腫瘍を処置するための医薬組成物であって、ヤナギは、Kogome-Yanagi、Ezonokinu-Yanagi、Inukori-Yanagi、Tachi-Yanagi、Shidare-Yanagi、Neko-Yanagi、Shiro-Yanagi、Yoshino-Yanagi、Ootachi-Yanagi、またはOnoe-Yanagiである。 (もっと読む)


【課題】より強力でかつ有害作用を回避できるメタボリックシンドローム予防および治療剤ならびに機能性食品の提供。
【解決手段】桑葉エキス、ギムネマエキス、ガルシニアエキスおよび大豆サポニンを有効成分として含むメタボリックシンドロームもしくはメタボリックシンドロームに起因する疾患の予防または治療剤ならびに機能性食品。 (もっと読む)


考慮される組成物および方法は、多様な状態、特に、骨関節症、副鼻腔炎、接触皮膚炎、ざ瘡、アレルギー状態、覚醒状態の低減、体力の低減、身体持久力の低減および/または気分障害の治療のためにベタレインを用いる。 (もっと読む)


【課題】安全性の高い天然物の中からグルタチオン産生促進作用を有するものを見出し、それを有効成分とするグルタチオン産生促進剤及びグルタチオンの欠乏に起因する疾患の予防・治療剤を提供する。
【解決手段】グルタチオン産生促進剤又はグルタチオンの欠乏に起因する疾患の予防・治療剤に、リクイリチン、リクイリチゲニン、イソリクイリチン及びイソリクイリチゲニンを含有し、グリチルリチン酸を実質的に含有しない甘草抽出物を有効成分として含有せしめる。 (もっと読む)


【課題】医薬品等の様々な用途に利用することが可能な新規シクロペンタン化合物及びその製造方法を提供する。別の目的とするところは、高い神経栄養因子様作用を発揮する神経栄養因子様作用剤を提供する。また、特にメシマコブの気中菌糸体を高効率で短期に得ることができるメシマコブの培養装置及び培養方法を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)に示される構造を有することを特徴とするシクロペンタン化合物。


式中、R1,R2 は、それぞれ水素原子を表わすか互いに結合して炭素原子間の二重結合の一部を形成する。R3は、水素原子又はメチル基を示す。R4,R5 は、それぞれ水素原子を表わすか互いに結合して炭素原子間の二重結合の一部を形成する。R6は、水素原子又はメチル基を示す。 (もっと読む)


本発明は神経学的疾患治療のホメオパシー製剤に関する。 (もっと読む)


【課題】食物中からの分画成分により、肥満、糖尿病の予防あるいは治療に供しうる機能食品や医薬を提供する。
【解決手段】食物から得られる脂肪酸を変成し、変成脂肪酸をカラムクロマトグラフィーによって分画することにより、変成脂肪酸から腸管ホルモン分泌調整成分を取り出す。脂肪酸としては、特に、αリノレン酸、DHA等不飽和長鎖脂肪酸あるいは天然の油脂、たとえば紫蘇油や魚油から画分された脂肪酸が適している。カラムクロマトグラフィーによるRf値の範囲を選択して分画することにより、SIHR,EIHR,IIHRと名付けた物質が得られる。これらは、カロリー当たりの腸管ホルモン分泌調整(促進または抑制)機能が高いので、長期間摂取しても、肥満等を招くことなく、糖尿病等の予防,改善に役立つ。 (もっと読む)


本発明は、除去困難な有機汚染物質を実質的に含まないイチョウのエキスの製造方法に関するものである。本発明は又、本願の方法により得ることのできる除去困難な有機汚染物質を実質的に含まないイチョウのエキス、及び特に、治療分野におけるその利用にも関係する。 (もっと読む)


【課題】誘導性シクロオキシゲナーゼ2(COX−2)の選択的阻害を示す活性成分の複雑な混合物を含む組成物およびCOX−2媒介性のプロスタグランジン合成の選択的阻害のための方法を提供すること。
【解決手段】本質的に、α酸およびβ酸から構成される組成物であって、該α酸およびβ酸が、投与された場合、COX−1活性に対する最小の効果を有しつつ、誘導性COX−2活性を阻害し得る比で存在する、組成物。栄養補助食品を補充するための方法であって、該方法は、炎症の症状に罹患している動物に、上記組成物を投与する工程を包含し、該組成物は、0.01〜100mg/体重/日のα酸、0.01〜100mg/体重/日のβ酸を提供する用に処方される、方法。 (もっと読む)


【課題】MIF分泌抑制剤の提供
【解決手段】ヒメジョオン又はその抽出物を含むマクロファージ遊走阻止因子分泌抑制剤 (もっと読む)


【課題】新規な外用剤、育毛剤、NFATシグナル阻害剤及びカルシニューリン阻害剤、NFATシグナル阻害方法及びカルシニューリン活性阻害方法を提供する。
【解決手段】外用剤、育毛剤、NFATシグナル阻害剤及びカルシニューリン阻害剤は、アメリカンアンジェリカ植物又は当該植物の根をエタノール水溶液を用いて前洗浄を1〜9回行った後、25〜45Vol%エタノール水溶液を用いて抽出した、抽出物を有効成分としている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、カシューアップルの有用な用途を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明はカシューアップル又はその処理物を有効成分として含有する脂質自動酸化抑制剤、チロシナーゼ阻害剤、エラスターゼ阻害剤、コラゲナーゼ阻害剤、ヒアルロニダーゼ阻害剤、コラーゲン架橋形成抑制剤、α-アミラーゼ阻害剤、α-グルコシダーゼ阻害剤、蛋白糖化反応最終産物の生成抑制剤、リパーゼ阻害剤、アンジオテンシン変換酵素阻害剤、ウレアーゼ阻害剤、又は、キサンチンオキシダーゼ阻害剤に関する。 (もっと読む)


【課題】 AGEs生成またはケトアミン生成に関連する各種疾患の治療及び予防に有用なAGEs生成阻害剤またはケトアミン生成阻害剤を提供する。
【解決手段】 AGEs生成またはケトアミン生成の阻害活性を有するキナ酸誘導体を含む剤を調製する。AGEs生成またはケトアミン生成の阻害活性を有するキナ酸誘導体を含む、糖尿病合併症処置剤またはアンチエイジング剤の調製、あるいはキナ酸誘導体を含む飲食品の調製も可能である。 (もっと読む)


【課題】神経成長因子の産生を高めることにより神経細胞の生存と機能維持を促して神経系の老化を予防ないし改善し、また障害を受けた神経細胞に対してはその細胞自身の変成脱落を予防し、神経障害の進行を防止ないし改善する、高い神経成長因子産生促進活性を有する組成物を提供する。
【解決手段】シロナメツムタケ(FERM P−21344、21345、21346)の子実体又は菌糸体の破砕物又は溶媒抽出物から得られることを特徴とする神経成長因子産生促進活性を有する組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、優れた糖化阻害剤、該阻害剤を含有する医薬組成物、化粧料組成物、飲食品、ならびに飲食品の糖化反応抑制方法、クロロゲン酸による苦味及び渋味のマスキング方法を提供することを主な目的とする。
【解決手段】クロロゲン酸類を有効成分とする糖化阻害剤、該阻害剤を含有する医薬組成物、化粧料組成物、飲食品;糖類及びアミノ酸類を含有する飲食品に糖化阻害剤を配合することを特徴とする糖化反応抑制方法;クロロゲン酸類と杜仲葉加工物を組み合わせることを特徴とするクロロゲン酸による苦味及び渋味のマスキング方法。 (もっと読む)


【課題】植物中に含まれる抗酸化物質を効率よく抽出することにより、取扱い及び摂取が簡便にできる抗酸化活性の高い抗酸化組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、麦類又はその処理物から超臨界流体又は亜臨界流体を用いて抽出することにより得られる抽出物を有効成分として含有する抗酸化組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、一般に、炎症の分野に関する。特に本発明は、炎症を治療又は予防する製品の調製のための天然化合物の使用に関する。例えば、ウルフベリーの抽出物は抗炎症性を有すること示した。本発明の一つの実施形態は、炎症を治療又は予防する製品の調製のために、ウルフベリー又はその一部を含む一次組成物の使用に関する。 (もっと読む)


第II相解毒酵素又は抗酸化酵素の転写のNrf2(SKN−1)活性化を増強する方法及び組成物(植物抽出物(例えばヤナギ抽出物)又はその活性画分を含む)と、それらの酵素のNrf2調節を増加するさらなる化合物を同定する方法とが提供される。 (もっと読む)


【課題】ドーパミンの増加を効果的に抑制するドーパミン抑制剤を提供する。
【解決手段】本発明のドーパミン抑制剤は、クエン酸類を有効成分として含有する。例えば、本発明のドーパミン抑制剤は、疲労改善剤、精神的疲労改善剤、及び緊張緩和剤として使用される。 (もっと読む)


41 - 60 / 149