Fターム[4C086MA08]の内容

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬 (749,791) | 配合剤、剤型、適用部位 (152,798) | BA〜HAの範囲以外の成分を含むもの (3,556) | アルコール、エーテル、ケトン (532)

Fターム[4C086MA08]に分類される特許

121 - 140 / 532


本発明は、脂溶性ビタミンまたはカロテノイドのすぐ使用できる安定なエマルション、その製造方法、並びに動物の飼料、食品及び栄養補助食品、及び化粧品及び医薬品への添加剤としてのその使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、上気道および下気道の疾患を治療する上で有用な医薬品および医薬製品を製造するためのステロイド溶液に関するものである。本発明の各種実施形態が、吸入に適し、上気道および/または下気道の疾患の治療に用いることができる溶解した状態でのフロ酸モメタゾンを含む組成物、組成物および製剤を提供する。 (もっと読む)


a)プロスタグランジン化合物、b)糖アルコール、c)ポリオール、d)医薬上許容し得る担体を含む医薬組成物を提供する。本発明の組成物はポリエチレン容器中でも安定に保存することができる。さらに、本発明の組成物はごく少量の保存剤しか含まなくとも長期間安定に保存できる。 (もっと読む)


本発明は、ヘッジホッグシグナル伝達経路の活性を調節する、例えば、拮抗する方法、及び癌(例えば、髄芽腫)などのヘッジホッグ関連障害を治療する方法を提供する。特に、本発明は、スムースンド阻害薬(例えば、式I、式II若しくは式IIIの化合物、又は本明細書で列挙する若しくは参照により組み込まれている化合物のいずれか)と、コレステロール生合成経路阻害薬(例えば、スタチン)、Gli阻害薬及び/又はホスファチジルイノシトール3キナーゼ(PI3K)阻害薬との組合せを哺乳動物に投与することにより、Ptch機能喪失、ヘッジホッグ機能獲得、スムースンド機能獲得又はGli機能獲得などの表現型に起因する異常な成長状態を抑制する方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】抗ウイルス組成物およびウイルス感染の影響を緩和する方法を提供すること。
【解決手段】本発明の1つの局面は、少なくとも1種の亜鉛化合物および少なくとも1種のフェノール性抗酸化剤(ならびに必要に応じて、少なくとも1種の鎮痛剤、少なくとも1種のヒドロカルビル含有化合物、および水などの他の成分)を含有する抗ウイルス組成物に関する。本発明の他の局面は、有効量の亜鉛含有抗ウイルス組成物を病変部に塗布する工程を含む、ウイルス感染の病変症状の治療方法に関する。 (もっと読む)


【課題】δ型D−マンニトール結晶から転移したβ型D−マンニトール結晶を含有し、比表面積が0.4〜0.9m/gである造粒物を打錠してなる口腔内崩壊錠を提供すること。
【解決手段】δ型D−マンニトール結晶含有組成物に水または水溶性溶媒を噴霧することによって、δ型D−マンニトール結晶をβ型D−マンニトール結晶に転移させる工程、および、前記工程に供された含有組成物を乾燥することによって、上記転移により生じたβ型D−マンニトール結晶の成長を抑制する工程を経て製造される。該口腔内崩壊錠は、速崩壊性と高錠剤強度を有する。 (もっと読む)


本発明は、カナクギノキ由来抽出物、分画物または、化合物を含有する皮膚美白用組成物に関し、より詳細にはカナクギノキをエタノールで抽出して得たエタノール抽出物、それから得た溶媒分画物または、それから分離精製した化合物を有効成分とする皮膚美白用組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】10mg/ml未満の水中溶解度を有する難溶性結晶HIVプロテアーゼ阻害剤を含んでなるナノ粒子が、粒子間引力により凝集または塊状集積しない安定なナノ粒子含有組成物の提供。
【解決手段】10mg/ml未満の水中溶解度を有する難溶性結晶HIVプロテアーゼ阻害剤が、その表面に、1000nm未満の有効平均粒子サイズを保持するのに十分な量でセルロース系表面安定剤を吸着している組成物。該表面安定剤は、HPC、HPMC、HPC−SLおよびHPC−Lから成る群から選択されることが好ましい。該HIVプロテアーゼ阻害剤として、特に、VX478である組成物。 (もっと読む)


【課題】肌なじみに優れ、ベタツキの少ない優れた使用感触が得られ、美白剤の性能を十分に発揮させることができる化粧品組成物を提供する。
【解決手段】Cacalia属植物抽出物またはカカロールと美白剤を含有することを特徴とする化粧品組成物を提供する。本発明のCacalia属植物抽出物またはカカロールを含有する化粧品組成物により、細胞賦活化効果および抗酸化効果を有する、化粧品、医薬部外品、医療用品、衛生用品、医薬品を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】色素沈着を予防するより優れた手段を提供する。具体的には、レーザー治療又はケミカルピーリングなどに代わりうる、色素沈着を予防する優れた皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】1)トリテルペン酸のリン酸エステル及び/又はその塩と、2)4−アルキルレゾルシノール及び/又はその塩とを組み合わせて皮膚外用剤の成分とする。 (もっと読む)


新規な注射可能タキサン医薬品組成物。最先端のタキサン医薬品組成物と比較してより小さい割合のエタノール及びより小さいエタノール/タキサン比を有する安定な組成物。 (もっと読む)


担体、ターゲティング剤および治療剤を含み得る組成物がここに開示される。治療剤は、標的器官または組織内での線維化の抑制、または、がん細胞の成長の抑制などの治療活性を有してもよい。 (もっと読む)


HCV感染を含む肝臓障害の治療のための化合物、組成物、及び方法が本明細書に提供される。具体的には、ヌクレオシド誘導体の化合物、及び組成物が開示されており、これらは、単独、又はその他の抗ウイルス薬と組み合わせて投与することができる。 (もっと読む)


本発明は、チロシナーゼの阻害剤、このようなチロシナーゼ阻害剤を含む医薬用、およびそれを製造するおよび使用する方法に関する。具体的には、本発明に包含されるのは、チロシナーゼの活性を阻害する且つメラニンの過剰生産を阻害する少なくとも一つの2,4−ジヒドロキシベンゼン類似体を含んで成る組成物である。 (もっと読む)


【課題】皮膚に水分保護効果を持続させ、使用性に優れた薄型水性貼付剤の提供。
【解決手段】支持体上に粘着剤層が積層された貼付剤であって、その支持体が軟質部と硬質部を共有するプラスチックから構成される繊維に、軟質部と硬質部を共有するプラスチック樹脂を厚さ7〜70μmの範囲で熱融着させた繊維フィルムから成る薄型水性貼付剤。該粘着剤層としては、水、保湿剤、ポリアクリル酸及び/またはその塩類、セルロース誘導体、難溶性金属塩、及びpH調整剤を構成成分とし、pHが4から6に調整されたものであることが好ましい。該支持体としては、ポリアミドエラストマー及びポリエステルエラストマーから選ばれる軟質部と硬質部を共有するプラスチックから構成される繊維に、ポリアミドエラストマー及びポリエステルエラストマーから選ばれる軟質部と硬質部を共有するプラスチック樹脂を熱融着させた繊維フィルムから成るものであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】経皮水分損失(Transepidermal water loss;TWL)を抑え、潤いのある肌状態へと導くことにより、荒れ肌を改善して皮膚のキメを整えるとともに、くすみ肌の改善効果に優れる皮膚外用剤組成物、並びに、該組成物を含有したくすみ改善用皮膚外用剤の提供。
【解決手段】乳酸マグネシウムと、硫酸化多糖類、好ましくは、コンドロイチン硫酸、デルマタン硫酸、並びに、これらの塩からなる群から選ばれる少なくとも1種、とを含有してなる皮膚外用剤組成物とする。所望により、特定の抗酸化剤および1,2−アルカンジオールを含有させることができる。 (もっと読む)


【課題】過剰増殖性疾患(良性腫瘍、癌)を治療するための新規な組成物および方法の提供。
【解決手段】抗炎症活性を有する薬剤、若しくはアセトアミノフェン、フェナセチン、トラマドール等からなる群より選択される第1の薬剤と、酸化的リン酸化阻害剤、イオノフォア及びアデノシン5−一リン酸活性化プロテインキナーゼ(AMPK)活性化剤からなる群より選択される第2の薬剤とからなる組成物、及び、抗炎症活性を有する薬剤、若しくはアセトアミノフェン、フェナセチン、トラマドール等とからなる群より選択される第1の薬剤と、酸化的リン酸化阻害剤、イオノフォア及びアデノシン5−一リン酸活性化プロテインキナーゼ(AMPK)活性化剤からなる群より選択される第2の薬剤と、セロトニン活性を保有または保持する第3の薬剤とからなる組成物。該組成物は、非経口または経口にて投与される方法であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】
皮膚刺激性が低く、フェンタニルの皮膚透過性が極めて良好で、しかも経時的な薬物安定性を有するフェンタニル経皮吸収型貼付剤を提供することを課題とする。
【解決手段】
膏体層中に有効成分としてフェンタニルまたはその塩、粘着基剤としてゴム成分、および粘着付与剤としてロジン系樹脂を含有する経皮吸収型貼付剤の製造方法であって、あらかじめ抗酸化剤により処理したロジン系樹脂を、ゴム成分およびフェンタニルまたはその塩と混合して膏体組成物を得る工程を含むことを特徴とする経皮吸収型貼付剤の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の産生および放出促進作用ならびにインスリン様成長因子−1(IGF−1)の分泌促進作用を呈する組成物を提供。
【解決手段】イソチオシアネート類と、イソフラボン、ラズベリーケトン、カプシエイト、グルコン酸、クロロゲン酸、カカオポリフェノール、および八丁味噌の群から選択される少なくとも一種とを組み合わせて含有し、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の産生および放出促進作用ならびにインスリン様成長因子−1(IGF−1)の分泌促進作用を呈することで、各種疾患の予防、QRLの向上、美容等に寄与する組成。 (もっと読む)


クエチアピン、または、その薬学的に許容される塩、その多形体、その溶媒和物、その水和物および1つ以上の非ゲル化放出制御ポリマーおよび1つ以上の薬学的に許容される添加材とを含む徐放性剤形。クエチアピン、または、その薬学的に許容される塩、その多形体、その溶媒和物、その水和物および1つ以上の放出制御材料を含む第1の造粒と、前記第1の造粒の1つ以上の放出制御材料と同じまたは異なる1つ以上の放出制御材料および任意にはクエチアピン、または、その薬学的に許容される塩、その多形体、その溶媒和物、その水和物とを含む第2の造粒と、を含む持続放出剤形。第1の造粒および第2の造粒に続いて粉砕することと、第2の造粒後の前記粉砕された顆粒と潤滑剤とを混合した後、圧縮して徐放性剤形を形成することとによる徐放性剤形の調製方法。クエチアピン、または、その薬学的に許容される塩、その多形体、その溶媒和物、その水和物および1つ以上の薬学的に許容される添加剤を含む即効型コアと、1つ以上の非ゲル化放出制御材料を含む徐放性コーティングとを含む徐放性剤形。 (もっと読む)


121 - 140 / 532