説明

Fターム[4C087BB46]の内容

動物、微生物物質含有医薬 (68,243) | 動物由来(活性物質の起源) (5,451) | 脊椎動物 (4,863) | 哺乳動物又は鳥類 (4,603) | 骨、腱、歯、軟骨 (125)

Fターム[4C087BB46]に分類される特許

101 - 120 / 125


本発明は、哺乳類細胞を骨芽細胞系の細胞へ分化または分化形質転換する組成物および方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、無細胞性組織基質の保存法を提供し、該基質においては、基質中の実質的に全ての水が、グリセロールなどの水置換物質に置換されている。また、本発明は、これらの方法によって調製される組成物、さらに、そのような調製物を用いた治療法も包含する。 (もっと読む)


非骨軟骨性の間葉組織由来の多能性細胞の同定および単離について開示する。本発明は、非骨軟骨性の間葉組織由来の多能性細胞の同定および単離に関する。具体的には本発明は、CD9、CD10、CD13、CD29、CD44、CD49A、CD51、CD54、CD55、CD58、CD59、CD90、およびCD105のマーカーについて陽性であること、ならびにCD11b、CD14、CD15、CD16、CD31、CD34、CD45、CD49f、CD102、CD104、CD106、およびCD133のマーカーの発現を欠くことを特徴とする、非骨軟骨性の間葉組織から単離された成体多能性成体細胞もしくは細胞集団、またはこれらの細胞を含む組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】 Nurr1-陽性ニューロン幹細胞、その医薬組成物、及びその分離、培養と保存方法を提供する。更に、具体的には、人歯よりNurr1-陽性ニューロン幹細胞とその分離する方法を提供する。本発明の方法により分離したニューロン幹細胞は、Nurr1-陽性細胞であり、Nurr1に関連した神経退化性疾患、例えば、パーキンソン氏病と脳卒中等の治療及び/或いは予防に使用される。更に、ニューロン幹細胞の培養とその保存方法を提供する。
【解決手段】 Nurr1-陽性ニューロン幹細胞を人歯より分離して得ることを特徴とする。 (もっと読む)



本発明は、1以上の生物学的活性を有する天然物質の選択した生物学的活性をその天然物質の抽出物中でモジュレートする方法に関するものであり、該方法は、適切な好気条件下で好気的に代謝する微生物の存在下、インキュベートしていない抽出物の基底活性と比較して前記の選択した活性をモジュレートするのに十分な期間、培地中の該抽出物をインキュベートすることを含む。さらに、本発明は、そのようにして調製した生物変換物質、および化粧品または医薬組成物中でのその使用に関する。
(もっと読む)




老化の皮膚徴候を治療するためのビタミンE、ビタミンCおよび白茶抽出物を含む組成物を開示する。該組成物は、しわの徴候を減少させ、皮膚の弾力性や皮膚の柔軟性の増加といった他の皮膚病状を改善する。さらに、老化皮膚および日光に過度に曝された皮膚のような不健康な皮膚の予防または治療は、本発明記載の組成物の投与によって好都合に達成されよう。該組成物は、皮膚に所望の改善をもたらすように相互作用する多くの異なる成分の組み合わせを含む。該組成物のさらに好都合な成分は、例えばブドウ種子およびトマトから抽出された天然の抗酸化剤、グリコサミノグリカンを含む抽出物、コラーゲンおよび弾性繊維と結合し、かつ皮膚を厚くするのに有効な量の中の遷移金属成分、および皮膚における抗コラーゲン酵素の存在を抑制するのに十分な量で存在するカテキンベースの成分を含んでよい。

(もっと読む)


本発明は、薬学的に活性な物質の小さい粒子を調製し、疾患または障害を処置するために哺乳動物被験体に送達する方法に関する。好ましい実施形態は、(i)動物ドナーからの組織細胞の回収、(ii)薬物の担体をほとんど含まず(約10重量%以下)、約100ミクロン未満の平均粒径を有する治療活性のある化合物の固体粒子が添加される細胞培養培地中での、これらの細胞の選択的増殖または非選択的増殖、(iii)細胞培養培地中の細胞と治療活性のある化合物の固体粒子とを接触させ、培養された細胞の細胞内区画のいずれかの中への細胞による粒子の取り込み、粒子としての活性ある化合物のそのような細胞の周囲への付着、または細胞内への取り込みと細胞表面への付着の組み合わせを生じさせること、(iv)状況に応じた、工程iからiiiで調製された細胞の単離および/または再懸濁、(v)哺乳動物被験体への細胞の投与を含む。 (もっと読む)


本発明は、2つの可溶性成分、可溶性インターロイキン11受容体(sIL-11 R)およびインターロイキン11(IL-11)、をそれらの自然配列を使用して融合して構築された、H11と命名された新規のデザイナーサイトカインに関し、そして増殖性疾患、細胞障害、放射線障害、IL-11依存炎症性疾患、IL-11依存変性疾患およびIL-11依存または媒介軟部組織異常からなる群から選択された疾患の治療または予防のための医薬品の製造のための、その使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、タンパク質導入ドメインと骨誘導ポリペプチドを含む融合タンパク質、ならびに、このようなポリペプチドを用いて骨形成を誘導し、そしてプロテオグリカンの合成を促進する方法を、提供する。本発明はまた、in vivoにおいて骨形成誘導能が実証されている骨誘導ポリペプチドを、提供する。 (もっと読む)


本発明は、骨髄吸引物、血液、またはそれらの混合物のような生理溶液からの、例えば骨形成原細胞濃縮物のような細胞濃縮物の調製に関する方法及び組成物に関する。特定の実施態様では、本発明は、遠心分離を使用しない、特に医療環境おける2つの生理溶液を処理する技術を利用する方法及び組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、構造組織の再生を促進するための、造血成長因子、特に、エリスロポエチン(EPO)もしくはトロンボポエチン(TPO)またはその誘導体、アナログもしくは部分の使用に関連している。 (もっと読む)


本発明は、膝関節や足関節、特に、臨床症状のある大腿骨関節軟骨(外側、内側、滑車
面)欠損部位及び距骨の骨軟骨欠損部位に、臨床的に使用可能にする軟骨治療剤組成物及
びその使用方法に関する。
これは、特に、ヒトや動物等の宿主から分離されて増殖または分化された軟骨の細胞成
分と、これに混合されるトロンビン及びフィブリノゲンを含むフィブリノゲンマトリック
スが混合される構成からなる。
また、トロンビンと軟骨細胞成分及びフィブリノゲンマトリックスの混合物を、軟骨の
欠損部位に注入して固形化させる軟骨治療剤組成物の使用方法を提供する。
これにより、ヒトや動物に手術と関連した負担を減らすとともに、より迅速かつ効果的
に軟骨生成を図ることができ、関節鏡を用いて移植術を行うことができるようにして、よ
り安全かつ簡便に施術するものである。 (もっと読む)


本発明は、幹細胞を選択的に活性化および/またはターゲティングし、次いで、前記細胞を遠隔方法で機械的に操作できるようにする方法であって、幹細胞内の磁化可能粒子の結合により、in vivoまたはin vitroで幹細胞を磁気で操作することを含む方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、ヒト(特に、被験体自身)から、単純かつ効率的な様式において、大量に均一な幹細胞および/または前駆細胞を調製するための方法を提供する。本発明はさらに、本発明の幹細胞および/または前駆細胞を使用して、大量に組織移植片または組織片を調製するための方法を提供する。本発明は予想外に、脂肪吸引廃液が大量の幹細胞を含むことを発見し、このような脂肪吸引廃液から幹細胞を調製するための方法を確立した。そしてこれにより、上記の目的を達成した。 (もっと読む)


【解決手段】 分娩後組織由来細胞と軟骨形成または骨形成表現型の細胞への分化を単離、誘導する方法が本発明によって提供される。本発明では、さらに分娩後由来細胞の培養と組成、およびそれに関連する製剤を提供する。本発明の分娩後由来細胞とそれに関連する製剤は多く使用され、これだけに限らないが、例えば骨および軟骨疾患の治療における研究、診断、治療応用を含む。 (もっと読む)


本発明は、重要な治療的利点および実用的利点を有する新規の幹細胞組成物、ならびに患者における損傷および疾患の処置および予防のための、このような組成物を調製および使用する方法を提供する。本発明は、種々の動物(ヒトを含む)および組織から単離された幹細胞集団に適用され得る。特定の適用において、本発明は患者から単離されたコラーゲンベースの組織(例えば、脂肪組織)から幹細胞組成物を調製するために使用され、そしてこの幹細胞組成物は、引き続いて患者における実際の損傷部位または潜在的な損傷部位に提供される。本発明は、幹細胞組成物を備える関連するキットをさらに包含し、このキットは、保存および発送の間、非常に安定であり、かつ生存度と有効性を保持する。 (もっと読む)


軟骨細胞上のWISP−1ポリペプチドの活性を遮断又は抑制するために使用される方法及び組成物が提供される。WISP−1アンタゴニストは、哺乳動物の軟骨細胞に対するWISP−1の影響を抑制又は中和するように作用する、抗WISP−1抗体、WISP−1イムノアドヘシン及びWISP−1変異体(及びそれらの融合タンパク質)を含む。 (もっと読む)


101 - 120 / 125