説明

Fターム[4C088ZA97]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 医薬用途・器官 (10,769) | 個々の器官に作用する医薬 (8,977) | 骨格系用薬 (621) | 骨粗鬆症用剤 (192)

Fターム[4C088ZA97]に分類される特許

61 - 80 / 192


【課題】骨形成促進作用、さらには骨吸収抑制作用に優れ、かつ安全性の高い新規な成分を用いて、骨粗鬆症の治療又は予防に有効な医薬組成物を提供する。
【解決手段】ケール(Brassica oleracea var. acephala)とメキャベツ(Brassica oleracea var. gemmifera)を交配して得られる非結球性メキャベツの水溶性画分を、骨粗鬆症の治療又は予防のための医薬組成物に配合する。 (もっと読む)


【課題】竹のエキスを大規模な装置を必要とせずに抽出する方法を提供する。
【解決手段】洗浄した皮付きの筍を所定の槽に投入し、当該筍が隠れる程度にひたひたに水を入れると共に、醗酵促進剤として適宜の糖質を添加した後3年から5年自然醗酵させる。二次工程として、醗酵させた筍を圧搾してエキスを抽出し、残された溶液に当該エキスを加えてこれを濾過し、筍エキスを抽出する。竹の伐採及び運び出しに要する労力を軽減し、比較的に採取及び運び出しに容易な筍のエキスを自然に、しかも安価に製造できる。 (もっと読む)


【課題】カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の産生および放出促進作用ならびにインスリン様成長因子−1(IGF−1)の分泌促進作用を呈する組成物を提供。
【解決手段】イソチオシアネート類と、イソフラボン、ラズベリーケトン、カプシエイト、グルコン酸、クロロゲン酸、カカオポリフェノール、および八丁味噌の群から選択される少なくとも一種とを組み合わせて含有し、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)の産生および放出促進作用ならびにインスリン様成長因子−1(IGF−1)の分泌促進作用を呈することで、各種疾患の予防、QRLの向上、美容等に寄与する組成。 (もっと読む)


ダイオウ(Rheum palmatum)由来の組成物を提供する。また、特定の細胞において、特にヒトにおいてアポトーシスを誘導するための前記エキスの使用方法を提供する。また、アポトーシスの選択的誘導のための医薬の調製のためのダイオウエキスの使用を提供する。 (もっと読む)


【課題】骨粗鬆症や歯周病等の骨疾患に対して、安全で優れた効果を有する天然由来の骨吸収抑制剤を提供する。また、骨吸収抑制用食品、骨吸収抑制用医薬品部外品、及び骨疾患予防又は治療剤を提供する。
【解決手段】カリン、シナモン、ヨモギ、サフラン及びアカメガシワより選ばれる植物の抽出物の1種又は2種以上を含有することを特徴とする。シトラス及びレモンの少なくとも一方の抽出物をさらに含有する。 (もっと読む)


【課題】日常生活では不足しがちなカルシウムをおいしく手軽に摂取することができ、ミネラルバランスに優れ、骨密度を効果的に高めることができ、骨粗鬆症の改善に役立つ骨強化補助食品を提供する。
【解決手段】
黒豆Bの周囲を覆うように、カルシウム粉末及びドロマイト粉末を含むミネラル層1と、小麦粉を含む生地配合を焙煎して形成される生地層2と、豆乳粉末や抹茶等を含む調味配合を硬化油脂で固めて形成される外層3とを備えている。黒豆30重量部に対し、カルシウム粉末は2重量部以上5重量部以下配合され、ドロマイト粉末は30重量部以上45重量部以下配合され、豆乳粉末は5重量部以上15重量部以下配合されている。 (もっと読む)


【課題】 茶の花部の抽出物は、抗アレルギー作用、中性脂肪吸収抑制作用、糖吸収抑制作用、胃粘膜保護作用等の機能が知られている。本発明の課題は、これら以外の種々の疾病に、とりわけ顕著な効果でもって有効である、茶の花部の抽出物を有効成分として用いる治療剤の提供にある。
【解決手段】 茶の花部の抽出物を有効成分とする、高尿酸血症の予防または改善剤、抗骨粗鬆症剤、抗鬱・抗ストレス剤、アディポネクチン産生促進剤、コレステロール低下剤、血圧降下剤、二日酔い予防又は改善剤、皮膚外用剤。 (もっと読む)


キバナオウギ(Astragalus membranaceus)、ナイモウオウギ(Astragalus mongholicus)、ハナスゲ(Anemarrhenae asphodeloides)およびイノコズチ(Achyranthes bidentata)のエストロゲン様抽出物が提供される。また、特にヒト、例えばヒトの女性でエストロゲン様効果を達成するためにこのような抽出物を用いる方法も提供される。いくつかの実施形態では、この方法は、更年期症状の治療を包含する。いくつかの実施形態では、この方法は骨粗鬆症の治療または予防を包含する。 (もっと読む)


【課題】優れたインスリン様成長因子−1(IGF−1)発現促進作用を有し、かつ、安全性の高いインスリン様成長因子−1発現促進剤及び/又はインスリン様成長因子−1の発現減少に起因する疾患の予防・治療剤を提供すること。
【解決手段】本発明のインスリン様成長因子−1発現促進剤及び/又はインスリン様成長因子−1の発現減少に起因する疾患の予防・治療剤は、イチョウ、ペパーミント、カワラヨモギ、スギナ、アシタバ、メリッサ、ローズマリー、オウバク、アスパラガス、ゲンノショウコ、オトギリソウ、甘草、クマザサ、ジュウヤク、ホップ、温州ミカン、ヨモギ、月桃、トウキンセンカ、センブリ、ビワ、ラベンダー、オウレン、コガネバナ、サルビア、オニイチゴ、冬虫夏草、アマチャ、ダイダイ、エンメイソウ、ウスベニアオイ、アロエフェロックス、クワ、ワイルドタイム、ショウブ及びキンギンカからなる群から選ばれる1種又は2種以上の抽出物を有効成分として含有せしめる。 (もっと読む)


本発明は、高濃度の1,25−ジヒドロキシビタミンDグリコシド及びフラボノール、特にケルセチングリコシドを含むソラヌム・グラウコフィルム(Solanum glaucophyllum)の濃縮及び平衡化植物抽出物(enriched and equilibrated plant extract)の調製に関する。特に、本発明は、そのような植物抽出物を産業スケール又は実験室スケールのいずれかで調製する方法を記載する。更に、本発明は、そのような植物抽出物又は類似の(合成)組成物の、骨減少症又は骨粗鬆症等の、骨量の減少に関連する疾患を予防及び処置するための、好ましくは家禽の脛骨の軟骨形成不全(Tibial Dyschondroplasia)を予防及び処置するための、好ましくは授乳熱(milk fever)を処置するための、そしてヒト又は獣医が使用するための栄養補助食品としての使用を記載する。 (もっと読む)


【課題】植物によるフラボノイド類の合成を向上させる方法、この方法により効率的に生産されるフラボノイド類の製造方法、この製造方法により生産されたフラボノイド類を含む医薬組成物または飲食物などを提供する。
【解決手段】植物に435nm〜780nmの波長領域内の波長成分の光量子束密度が50μmol m-2s-1〜300μmol m-2s-1の範囲内である光を照射し、カルコン合成酵素遺伝子、フラバノン3-ヒドロキシラーゼ遺伝子、ジヒドロフラバノール4-レダクターゼ遺伝子またはUDP-グルコシルトランスフェラーゼファミリーの遺伝子のうちの1つ以上の遺伝子発現を促進することによる植物によるフラボノイド類の合成を向上させる方法。 (もっと読む)


ユリ科のハナスゲAnemarrhena asphodeloides Bge.のエストロゲン抽出物が提供される。また、特にヒト、例えば女性においてエストロゲン作用を達成するために前記抽出物を使用する方法が提供される。幾つかの実施形態において、前記方法は、更年期症状の治療を含む。幾つかの実施形態において、前記方法は、エストロゲン受容体陽性癌、例えばエストロゲン反応性乳癌の治療を含む。幾つかの実施形態において、前記方法は、骨粗鬆症の治療及び予防を含む。 (もっと読む)


【課題】 クランベリー抽出物は、歯周病の予防剤、自己免疫疾患治療剤などの用途が知られている。本発明の課題は、これら以外の種々の疾病に、とりわけ顕著な効果でもって有効である、クランベリー抽出物を有効成分として用いる治療剤の提供にある。
【解決手段】 クランベリー抽出物およびプロアントシアニジンを有効成分とする、抗アレルギー剤、高尿酸血症の予防または改善剤、抗骨粗鬆症剤、抗鬱・抗ストレス剤、アディポネクチン産生促進剤、コレステロール低下剤。 (もっと読む)


【課題】骨形成を促進し、骨吸収を抑制する作用を有する骨形成促進剤を提供。
【解決手段】オレウロペイン及び/又はヒドロキシチロソールを有効成分として含有する骨形成促進剤、並びにこの骨形成促進剤を有効成分として含有する医薬品組成物を提供する。また、骨形成促進剤製造のためのオレウロペイン及び/又はヒドロキシチロソールの使用を提供する。さらに、本発明は、オレウロペインを含有し、骨形成異常及び骨代謝異常の改善に用いられる旨を表示した食品組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 クランベリー抽出物は、歯周病の予防剤、自己免疫疾患治療剤などの用途が知られている。本発明の課題は、これら以外の種々の疾病に、とりわけ顕著な効果でもって有効である、クランベリー抽出物を有効成分とする治療剤の提供にある。
【解決手段】 クランベリー抽出物を有効成分とする、抗アレルギー剤、高尿酸血症の予防または改善剤、抗骨粗鬆症剤、抗鬱・抗ストレス剤、アディポネクチン産生促進剤、コレステロール低下剤。 (もっと読む)


【課題】食習慣があり安全である植物由来成分を有効成分として、副作用が少なく、長期投与可能な破骨細胞分化抑制剤を提供することを目的とする。
【解決手段】クズ(葛;Pueraria lobata)の葉自体またはその抽出物を有効成分として含有することを特徴とする破骨細胞分化抑制剤、ならびにそれらを配合してなる破骨細胞分化異常促進に伴う疾患である関節リウマチ、骨粗鬆症などの予防および治療用医薬品または飲食品などを提供する。 (もっと読む)


【課題】天然の食用植物である柿から由来し、食品又は医薬品として骨粗鬆症予防効果を奏することが出来る組成物の製造方法及び当該組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、骨粗鬆症予防のための食品又は医薬品として有用な組成物の製造方法ならびに当該組成物に関する。本発明による組成物は、成熟した柿の果皮より溶媒抽出、濃縮、粉末化することにより得られ、有効成分が光に安定で、骨粗鬆症に有効であることを特徴とする。本発明は、柿の果皮を有効利用することができるので、無から有を生じるがごとき経済的効果を有する。 (もっと読む)


【課題】 カボチャ種子抽出物には、メイラード反応阻害効果、発毛抑制効果、泌尿器系疾患予防効果、排尿障害治療効果などの種々の活性があることが知られている。本発明の課題は、これら以外の種々の疾病に、とりわけ顕著な効果でもって有効である、カボチャ種子抽出物を有効成分とする治療剤の提供にある。
【解決手段】 カボチャ種子抽出物を有効成分とする、抗アレルギー剤、高尿酸血症の予防または改善剤、抗骨粗鬆症剤、リウマチ治療剤、抗鬱・抗ストレス剤、アディポネクチン産生促進剤、コレステロール低下剤、抗糖尿病剤。 (もっと読む)


【課題】ウンシュウミカンの花部の抽出物は、ヒアルロン酸産生促進作用等を有することが知られている。本発明の課題は、これら以外の種々の疾病に、とりわけ顕著な効果でもって有効である、ウンシュウミカンの花部の抽出物を有効成分として用いる治療剤の提供にある。
【解決手段】ウンシュウミカンの花部の抽出物を有効成分とする高尿酸血症の予防または改善剤、抗骨粗鬆症剤、抗鬱・抗ストレス剤、コレステロール低下剤、血圧降下剤、皮膚外用剤、抗疲労剤、脂肪代謝抑制剤。 (もっと読む)


【課題】吸収性骨疾患の予防剤または治療剤、骨形成促進剤、またはがんの骨転移抑制剤を提供する。
【解決手段】下記式(1)の化合物を有効成分とする。


上記化合物が、ツツジ科、スグリ科、ナス科、ヒルガオ科、ブドウ科、ショウガ科、またはスイカズラ科植物から選択された少なくとも1種類の植物から得られたポリフェノール抽出物である。 (もっと読む)


61 - 80 / 192