説明

国際特許分類[G01N27/416]の内容

国際特許分類[G01N27/416]の下位に属する分類

国際特許分類[G01N27/416]に分類される特許

41 - 50 / 2,489







【課題】少量の体液中のヘモグロビン濃度の測定が可能なディスポーザブルヘモグロビンセンサを提供する。
【解決手段】全血試料中のヘモグロビンおよびヘマトクリットの含量を決定するためのディスポーザブルバイオセンサであって、第1および第2の端部、積層ストリップ内に埋め込まれた少なくとも参照電極、作用電極およびブランク電極、第1の端部から始まり、第1の端部から間隔を置いたベント開口部に連絡し、参照電極、作用電極およびブランク電極を血液試料に露出するために充分に長い、血液試料を受容するための開通路を有する毛細管チャネル、ならびに積層ストリップの第2の端部に位置する電導接点を含むバイオセンサ。 (もっと読む)


【課題】電気化学的検体センサーにより、正確な検体測定を行う方法。検体を含む環境中でのそのようなセンサーに関する情報やセンサーの特性を求める方法を提供する。
【解決手段】検体を測定するための、1つ以上の電極を有する電気化学的センサーの操作方法は、検体を含んでいる環境にセンサーを暴露することと、検体を含んでいる環境にセンサーが暴露されている間、1つ以上の電極の少なくとも1つに対して、時間依存性入力信号を印加することと、時間依存性入力信号の印加に対応して、センサーにより生じた時間依存性出力信号をモニターすることと、時間依存性入力信号および時間依存性出力信号に基づいて、センサーの複素数インピーダンスを求めることと、複素数インピーダンスを用いて、検体を含んでいる環境の中の検体の測定される濃度を求めることとを含んでいる。 (もっと読む)



【課題】複数の計測点を任意に配置した状態において各計測点毎に電気化学反応を正確に検出し得る電気化学センサを提供する。
【解決手段】参照電極22、作用電極23および対向電極24で構成された電極セル21が支持基板10の一面に複数形成され、各電極セル21は、参照電極22が同じ材質で互いに等しい表面積に形成され、作用電極23が同じ材質で互いに等しい表面積に形成され、かつ対向電極24が同じ材質で互いに等しい表面積に形成されると共に、参照電極22と作用電極23との間の離間距離が互いに等しく、参照電極22と対向電極24との間の離間距離が互いに等しく、かつ作用電極23と対向電極24との間の離間距離が互いに等しくなるように構成されている。 (もっと読む)



41 - 50 / 2,489