説明

Fターム[3F081AA18]の内容

コンベア上の物品の姿勢制御 (7,432) | 物品 (965) | 定形物品 (957) | 容器 (245)

Fターム[3F081AA18]の下位に属するFターム

Fターム[3F081AA18]に分類される特許

1 - 20 / 104



【課題】搬送コンベヤ2からアキュームコンベヤ4へ受け渡す容器8が後続容器8の押圧力によって傷付くことを防止する。
【解決手段】容器処理装置内に配置された幅の広い搬送コンベヤ2と、この搬送コンベヤ2の下流側に直列に配置された幅の広いアキュームコンベヤ4と、これら両コンベヤ2、4の間に配置され、両コンベヤ2、4と直交する方向に搬送する渡りコンベヤ6とを有している。アキュームコンベヤ4を搬送コンベヤ2に対して、渡りコンベヤ6の搬送方向へ向けてずらして配置し、かつ、両コンベヤ2、4の、渡りコンベヤ6の下流側の側部をつなぐ傾斜ガイド20を配置した。 (もっと読む)


【課題】スクリューの兼用率の向上と、搬送速度の高速化の両立を図ること。
【解決手段】コンベアの搬送速度がスクリュー本体の搬送速度より卓越し、折曲ガイドをスクリュー本体の直交方向に向けて移動可能に設置し、スクリュー本体の入口部の谷径を他の部位より小径に形成して、折曲ガイドとの間に対向距離の等しい搬送空間を形成した。 (もっと読む)


【課題】天面を下方に位置させた仰向け姿勢とされたキャップと、天面を上方に位置させた伏せ置き姿勢とされたキャップとが混在して搬送される搬送路において、簡単な構成で確実にキャップを全て一律に仰向け姿勢とすることができるキャップ姿勢制御方法、機構、装置を提供する。
【解決手段】キャップの搬送路10に形成された溝部14を備える反転部13において、該反転部13へ仰向け姿勢で搬送されているキャップは該キャップを搬送する搬送力によりそのまま前記溝部14上を通過させて下流側へ送り、伏せ置き姿勢で搬送されているキャップは該キャップに働く自重により前記溝部14へ搬送方向先端から落下させて前傾させたあと、前記搬送力に基づく慣性力および/または反転のために該キャップに加える外力により、その前傾動作に連続させて、搬送方向下流側へ前転させ、仰向け姿勢に制御して下流側へ送る。 (もっと読む)


【課題】物品が損傷することを防止する。
【解決手段】幅寄せ装置10は、プロセスチーズXA1の搬送路11と、プロセスチーズXA1を搬送路11の搬送方向に押し進める押進め部材13と、押寄せ部材14によって、プロセスチーズXA1を搬送路11の幅方向の一方から他方に押し寄せる押寄せユニット15と、を備えている。搬送路11は、複数のプロセスチーズXA1が幅方向に並べて配置される搬送面18を備えている。この搬送面は、樹脂や金属等、所望の摩擦係数を有する材料から形成される。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成で容器の詰まりを防止できる容器搬送装置を提供する。
【解決手段】コンベア2の両側のガイド3間に通路4を設け、その通路幅を徐々に減少させ、外径を同じくする複数の缶Cの列数を減少させる容器搬送装置1において、通路幅が缶Cの外径の2倍の幅となるべき位置に、通路幅を2倍の幅よりも増加させる逃げ部5を設けた。 (もっと読む)


【課題】搬入コンベヤと搬出コンベヤの間で、並置した複数列コンベヤとそれを横断して容器を接触摺動させる容器ガイドによって、容器を複数列から単列化集合する容器集合装置において、スペース効率がよく、効率よく単列化集合できる容器集合装置。
【解決手段】搬入コンベヤ5側から搬出コンベヤ6側へ順次速度差を有する複数列のカーブコンベヤ1a、1b、1c、1dを搬入コンベヤ5と搬出コンベヤ6との間に隣接して並設し、複数列のカーブコンベヤにカーブ部の接線方向と適宜の角度をなして複数列のカーブコンベヤをほぼ横切って容器Pを接触摺動によりガイドするカーブガイド1gを設けて、複数列で搬入されてくる容器Pを単列化集合するように構成した。 (もっと読む)


【課題】初期製品容器内に製品を収納する処理装置の排出部に連結されることが可能な梱包装置を提供する。
【解決手段】梱包装置(10)は、各々がカートン内に製品(A)を梱包することが可能な2つ以上の梱包サブシステムを具備し、梱包サブシステムは梱包される製品(11)の共通の出所を共有し、少なくとも1つの移送機構(22)が、前記共通の出所から2つ以上の前記梱包サブシステムのいずれかに製品(A)を移送するために設けられている。 (もっと読む)


【課題】搬送対象の物品を好適に搬送することができる搬送装置、搬送装置を有するインクジェット記録システム、及び、インクジェット記録システムで実行されるインクジェット記録方法を提供することを目的とする。
【解決手段】搬送装置1は、複数の搬送ローラ10と、直交方向の第一の側及び第二の側のうちの第一の側に設けられ、搬送中の物品3の基準側面部に接し、直交方向において、搬送中の物品3の位置決めをする第一ガイドローラ90とを有する。複数の搬送ローラ10は、回転軸22と傾斜ローラ本体24とを有し、回転軸22が、搬送中の物品3を第一の側に斜行させる方向に傾斜した傾斜ローラ20を含む。傾斜ローラ20は、物品3の基準側面部が第一ガイドローラ90に接した状態で、物品3が第一ガイドローラ90から受ける反力に応じて、傾斜ローラ本体24を、回転軸22の軸方向において、第二の側に移動させる移動機構を有する。 (もっと読む)


【課題】 商品供給・集積装置において供給コンベアでの商品の系外排出を防止する。
【解決手段】 複数の商品Pを下流側に向かって供給する供給コンベア2と、商品Pを所定個数ずつ集積した状態で下流側に向かって搬送する集積コンベア3と、供給コンベア2から商品Pを取り出して集積コンベア3に移載して集積させるパラレルロボット4と、パラレルロボット4の可動範囲Mに設けられ、パラレルロボット4により供給コンベア2から取り出された商品Pを一時的に仮置きしておくための仮置台5とを設ける。パラレルロボット4は、供給コンベア2により供給された商品Pが可動範囲Mを越えてオーバーフローすることで系外排出される前に、供給コンベア2により供給された商品Pを仮置台5に移載して仮置きするとともに、仮置台5に仮置きされた商品Pを集積コンベア3に移載するように駆動制御される。 (もっと読む)


【課題】搬送コンベヤに所定間隔で設けられたキャリア保持手段からキャリアをリジェクトした場合に、そのキャリア保持手段にキャリアを補充する。
【解決手段】搬送コンベヤに等間隔で設けられたキャリア保持手段に、キャリア2を保持させて搬送する。容器供給ポジションAでこれらキャリア2に容器6を供給し、液体の充填およびキャッピングを行った後、検査ポジションDで検査を行う。不良容器が検出されたときには、次のリジェクトポジションEでこの容器6をキャリア2ごとリジェクトする。その後、キャリア補充ポジションFで、空になっているキャリア保持手段にキャリア2を補充する。すべてのキャリア保持手段がキャリア2を保持した状態で次の容器供給ポジションAに到達する。 (もっと読む)


【解決手段】 容器処理装置1は、各バケット12内に角型の容器2を収容して搬送する第1搬送コンベヤ3と、第1搬送コンベヤ3によって搬送される容器2を撮影するカメラ4と、制御手段7によって作動を制御されて、バケット12内の容器2を吸着して取り出すロボットハンド6Aとを備えている。
カメラ4が撮影した容器2の画像が制御手段7へ伝達されると、制御手段7は、容器2の画像上の中心位置を求め、そこからバケット12の中心12cへ所定量ずらした位置を上記ロボットハンド6Aによる容器2の吸着位置として決定する。ロボットハンド6Aは、バケット12内で傾斜している容器2の側面2Bの上記吸着位置を吸着してバケット12内から取り出す。
【効果】 角型の容器2であってもロボットハンド6Aによって確実に吸着して取り出すことができる。 (もっと読む)


【課題】円柱形物体1を,その軸線1bの回りに回転しながら搬送する搬送装置において,その装置の小型化等を図る。
【解決手段】平行に延びるように配設した少なくとも二本の搬送コンベア4,5を備え,この各搬送コンベア4,5を,同じ方向に速度を変えて駆動することにより,前記円柱形物体1を,その軸線1bの回りに回転しながら搬送する。 (もっと読む)


【課題】搬送路上で飲食物を載置した複数の飲食物容器を飲食客に圧迫感を与えないよう搬送することのできる飲食物搬送装置を提供すること。
【解決手段】客席Kと調理場Cとに亘って設けられた無端状の搬送路9を備え、飲食物を載置する複数の飲食物容器3を搬送路9上に載置することで、飲食物を客席Kと調理場Cとの間で循環搬送する飲食物搬送装置1であって、搬送路9上を搬送されている飲食物容器3を検知する検知手段12と、検知手段12によって検知された飲食物容器3と飲食物容器3の次に搬送路9上を搬送されてくる飲食物容器3との間隔を所定距離L以上に保持する間隔保持手段11と、を備える。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で、空になった容器の放出が確実且つスムーズに効率よく行え、騒音、容器の損耗を低減し、包装袋への異物混入を防止する充填物容器反転装置を提供する。
【解決手段】充填物を収容した複数の容器Cを一列にして供給コンベア3で搬送し、先頭の容器を位置決めストッパ21で位置決めする。他方、分離ストッパ13で二番目以降の容器を一端押し戻して先頭の容器から分離する。反転軸27を180度回転させて容器を反転させ、充填物を放出する。次いで容器を解放し、直下の転倒部材47に当て、横向きにして放出シュート57上へ倒れこむようにする。容器は放出シュート上を転がり落ちる。 (もっと読む)


【課題】必要とされるコストを抑えつつ、任意の型の容器を確実かつ安定的に反転させることが可能な搬送装置を提供すること。
【解決手段】本発明に係る搬送装置100は、所定の間隔をおいて対向する2つの側壁211、側壁の間に搬送方向に沿って一列に回動自在に配置された上部ローラー212、及び、側壁の間に上部ローラーに212対向するように搬送方向に沿って一列に回動自在に配置された下部ローラー213、により形成され、2つの側壁と上部ローラー212と下部ローラー213とにより囲まれた収容領域210aに容器を収容するように構成された、箱型の回転体210と、中心軸の周りに回動自在となるように回転体210を支持する筐体220と、筐体220に取り付けられ回転体210を回動させるモーター230と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】袋本体と首部とを有する複数の容器を整列された状態で箱詰めすることが可能な容器搬送装置を提供すること。
【解決手段】袋本体と首部とを有する容器Cを搬送する容器搬送装置Aであり、容器Cを供給する製袋機1、複数の容器Cを受け渡し位置P1まで順次搬送する入り側コンベア2、容器Cを受け渡し位置P1x方向に沿って受け渡し位置P2まで搬送する中間コンベア4、受け渡し位置P1に設置され、入り側コンベア2によって搬送されてきた容器Cを、首部がy方向の一方側および他方側のいずれかを向く姿勢に整列された所定数の容器Cごとに区分して中間搬送コンベア4へ受け渡す整列手段3、受け渡し位置P2に箱Bを順次搬送し、容器Cが詰められた箱Bを排出する出側コンベア6、第2の受け渡し位置P2に設置され、中間コンベア4により搬送されてきた所定数の容器Cを、出側コンベア6により搬送されてきた箱Bに詰める箱詰め手段5、を備える。 (もっと読む)


【課題】複数の容器を効率よく整列させ、充填率を高める容器搬送装置を提供する。
【解決手段】供給手段1から供給された所定数の容器の首部に係合して保持する、袋本体の幅よりも大きいピッチで配置された横移動可能な複数の仮置レール22からなる仮置手段2と、同じく首部に係合して容器を保持する複数の製品レール42からなる整列手段4を設け、製品レール42のピッチは仮置レール22のピッチの整数分の1であり、仮置レール22を順次横移動し整列レール42に合わせながら移載手段3A、3Bにより容器を仮置レール22から製品レール42に順次移載することにより、容器ピッチを狭めるとともに千鳥状に配列した容器群8Aを形成する。 (もっと読む)


【課題】生産性を落とすことなく全数検査を行なうのに適した検査用搬送装置を提供する。
【解決手段】検査用搬送装置11は、上向きの開口部3を有するキャリアカップ1と、開口部3に投入された容器7とを矢印Tの向きに搬送する過程で、搬送コンベヤ13の搬送ベルト21に載せられたキャリアカップ1を保持手段が保持し、容器7の上部を挟着手段が挟着し、昇降手段33が挟着手段29と共に容器7を上昇させた状態で、回転駆動手段の駆動ローラの回転に従わせ容器7を鉛直軸周りに180度回転させるものである。 (もっと読む)


【課題】商品名や商標名などの標記を梱包材の外部から視認可能な状態とし、宣伝広告効果をより確実に生じさせる。
【解決手段】容器梱包体の製造工程には、缶体20を停止させる機能を有したストッパーユニット70、このストッパーユニット70に対して缶体20を供給する第1供給装置41〜第6供給装置46、ストッパーユニット70上に位置する6つの缶体20を把持するとともにこの6つの缶体20を梱包工程へ搬送する把持ユニット50が設けられている。第1供給装置41〜第6供給装置46の各々は、缶体20をストッパーユニット70に向けて搬送するとともに缶体20を周方向に回転させ缶体20に付された識別標記を予め定められた方向(缶体20の搬送方向上流側)に向ける回転機構30を備えている。 (もっと読む)


1 - 20 / 104