Fターム[2H077GA01]の内容

電子写真における乾式現像 (140,598) | その他 (10,236) | 目的 (6,061)

Fターム[2H077GA01]の下位に属するFターム

Fターム[2H077GA01]に分類される特許

1 - 20 / 439


【課題】現像剤滞留部の現像剤の減少に伴って、トナーコンテナからトナーが補給される現像装置において、現像剤受入口を現像剤搬送路における第1搬送路の下流側に配設する場合の補給現像剤の補給調整を安定化する。
【解決手段】搬送能力抑制部26は、トナー補給口25に対向する位置に滞留部27を形成する。滞留部27のトナー量に応じて、トナーコンテナ30から現像ハウジング210に流入するトナー量が調整される。第1パドル23cは、第1搬送路221から第2搬送路222にトナーを受け渡す。滞留部27で過剰に滞留したトナーは、搬送能力抑制部26と第1連通路223とが、軸方向でオーバーラップする隙間から、第2搬送路222側に流出する。 (もっと読む)


【課題】 現像剤を搬送する際の気流の発生状態を良好に制御することで、現像剤の現像剤担持体に向けての良好な搬送状態を形成すること。
【解決手段】 現像剤供給装置は、現像剤担持部材と、ケーシングと、現像剤搬送手段と、整流部材と、を備えている。現像剤搬送手段は、現像剤収容部から現像剤担持面と最近接しつつ対向する担持位置に向かって現像剤を上方に搬送するように、ケーシングの内部に収容されている。整流部材は、ケーシング内に収容されていて、現像剤搬送手段による現像剤の上方への搬送の際に生じる気流の状態を調整すべく、現像剤搬送手段と離隔しつつ対向するように配置されている。 (もっと読む)


【課題】フィルター部材50の目詰まりを抑えつつ、返送路31からロータリーフィーダー51を介した撹拌器40内への空気の逆流に起因する現像剤のトナー濃度不足の発生を抑え、且つ、地汚れの発生を長期間に渡って抑える。
【解決手段】図示しない現像器から受け入れた現像剤に対して現像剤撹拌室46内でトナー補給処理と撹拌処理とを施した後、処理後の現像剤をロータリーフィーダー51によって返送管31に排出し、エアーポンプ60による送気で現像器に返送する構成において、空気受入室47と、現像剤撹拌室46から空気受入室47に空気を導くための導気路48と、空気受入室47に設けられた排気用開口を覆うフィルター部材50と、空気受入室47に進入した現像剤を現像剤撹拌室46に戻して回収するための回収路49とを設けた。 (もっと読む)


【課題】装置本体に対するカートリッジの高精度位置決め、および、装置本体とカートリッジの小型化を図る。
【解決手段】カートリッジPに、装置本体2に対する第1の被位置決め部24a、25aと、支持部材70に対する第2の被位置決め24c、25cを設ける。支持部材70はカートリッジPの第2の被位置決め部24c、25cをV字溝70a、70bで受ける。 (もっと読む)


【課題】回転する円筒状の現像剤搬送体に供給される磁性を示す現像剤の規制部材を通過した後の搬送量が変動することを抑制できる現像装置等を提供する。
【解決手段】現像装置は、上記現像剤搬送体と、磁石部材と、上記規制部材と、規制部材のうち現像剤搬送体の回転方向上流側の面部分に接触した状態で配置され、現像剤搬送体の外周面と向き合うとともに供給される現像剤が上記隙間にむけて導入される導入空間を形成する対向面を有する導入部材とを備え、磁石部材に配置する規制部材の規制補助用の磁極を、規制部材と向き合う位置から現像剤搬送体の回転方向上流側に離れた位置に配置し、かつ、導入部材の対向面を、その対向面のうち少なくとも現像剤搬送体の回転方向上流側に存在する端部が現像剤搬送体の接線を規制部材の現像剤搬送体と向き合う端部まで平行に移動させたときの仮想接線よりも現像剤搬送体の外周面に近い側に存在した状態になるよう配置した。 (もっと読む)


【課題】キャリアー供給部の耐久性を向上できるとともに、キャリアー供給部から一定量のキャリアーを精度よく現像部に供給できる現像装置を備えた画像形成装置を提供する。
【解決手段】二成分現像方式の現像部を備えた画像形成装置において、トナー供給部と独立して設けられたキャリアー供給部が、キャリアー容器と、キャリアー容器内に回転可能に支持され、周面上にキャリアーを保持して吸着位置から脱離位置まで搬送する計量スリーブと、計量スリーブの回転に伴いキャリアーが搬送されるように磁界を形成する磁石体と、吸着位置と脱離位置との間に、計量スリーブから所定距離だけ離間して対向配置され、計量スリーブ上に保持されたキャリアーの穂切りを行う層厚規制部材と、脱離位置で脱離して落下するキャリアーを現像部に案内するキャリアー案内部と、所定量のキャリアーが脱離位置に到達するように、計量スリーブの回転量を制御する制御部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】電子部品又は光学部品が設けられている粉体収容器の再生産工程における問題を解決し、容易かつ効率的に再生産することが可能な粉体収容器を提供する。
【解決手段】内部にトナーを収容するハウジング20と、ハウジング20の内部と外部を連通するようにハウジング20に設けられた穴26と、穴26を開閉するためにハウジング20に着脱可能に取り付けられた蓋部材27と、粉体収容器が装着される機器との間で電気又は光の信号のやり取りをして機能を発揮する電子部品28又は光学部品とを備えた粉体収容器において、電子部品28又は光学部品を蓋部材27に設けた。 (もっと読む)


【課題】トナーカートリッジ内のトナーが片寄って停滞するのを防止し、トナーを攪拌且つ循環させながら排出口に搬送するトナーカートリッジ及びそれを用いる画像形成装置を提供する。
【解決手段】トナーカートリッジ21は、本体ケーシング42の一端側にトナーを現像器へ供給するトナー排出口49が形成され、その一端側の端面にはトナーカートリッジ21がプリンタ1に装着された時プリンタ1側の駆動系と係合するカップリング44を備えている。本体ケーシング42の内部には長手方向に沿って螺旋状に延設された大径コイルバネ52aと、その内側に螺旋状に延設された小径コイルバネ52bとが配置され、それぞれの一端はカップリング44の駆動軸48に係止され、駆動軸48により同一方向に回転駆動されると大径コイルバネ52aはトナーをトナー排出口49方向に搬送し、小径コイルバネ52bはトナーをトナー排出口49から遠ざかる方向へ搬送する。 (もっと読む)


【課題】 可撓性の現像剤収納袋16からの現像剤の排出を良好に行うことが困難であった。
【解決手段】 画像形成に用いられる現像剤を収納する現像剤収納ユニットであって、
現像剤を排出するための開口部35aを備えた可撓性容器と、可撓性容器を収納する枠体であって、可撓性容器から排出される現像剤を収納するための枠体と、
現像剤収納袋16を収納する枠体に、現像剤収納袋を押圧するための押圧部材21を設ける。 (もっと読む)


【課題】トナー画像の背景部にかぶりが発生することを抑制できる現像装置を提供することである。
【解決手段】撹拌スクリュー22は、撹拌空間Sp1において、現像剤を撹拌しながらx軸方向の負方向側に向かって搬送する。撹拌スクリュー24は、撹拌空間Sp1において、現像剤を撹拌しながらx軸方向の負方向側に向かって搬送する。搬送スクリュー26は、搬送空間Sp2において、現像剤をx軸方向の正方向側に搬送する。現像ローラ28は、搬送空間Sp2において搬送スクリュー26よりもy軸方向の正方向側に位置し、かつ、x軸方向に延在している現像剤担持体であって、搬送スクリュー26が搬送している現像剤を担持する。撹拌スクリュー22に対向する底面S1のz軸方向の負方向側の端部は、撹拌スクリュー24に対向する底面S2のz軸方向の負方向側の端部(下端)よりも下側に位置している。 (もっと読む)


【課題】現像ローラからの現像剤の離脱を抑制して、ひいては画像形成速度の向上を図ることができる現像装置、および、その現像装置を用いた現像方法を提供すること。
【解決手段】
トナーを貯留するカートリッジフレーム31内に、トナー層TLを担持する現像ローラ17と、現像ローラ17にトナーを供給する供給ローラ18と、現像ローラ17に当接される当接部材74を有し、トナー層TLの厚みを規制する層厚規制ブレード19とを備える現像カートリッジ14において、層厚規制ブレード19によって、トナー層TLの厚みの平均値がトナーの平均粒子径以下となるように、トナー層TLの厚みを規制する。 (もっと読む)


【課題】トナーを現像剤として用いる画像形成装置において簡単な方法で現像剤の濃度を高精度で判定して現像剤の濃度制御を正確に行う画像形成装置を提供する。
【解決手段】一般的に色材として蛍光を発色させるために配合する量(10〜40%)よりも少ない1重量%以上10重量%未満の蛍光材をトナーに配合する。このトナーによる基準パッチを転写ベルト上に形成し、その読取位置に紫外線発光光学センサ20を配置する。基準パッチのトナーに含まれる蛍光材を光学センサ20の紫外線発光で励起し、蛍光を発光させ、その蛍光の発光波長を受光し、センサ出力/トナー付着量データテーブルによってトナー付着量に換算し、予め記憶装置に格納されている濃度データテーブルと比較し、トナー濃度の高低に応じて現像バイアスを変化させて濃度制御を行う。 (もっと読む)


【課題】発泡体層内に浸入するトナー量の低減を図ることで、トナー供給性を損なうことなくトナーのロスを低減して、トナーロスに起因するコストの削減と、良好な画像性とを両立させたトナー供給ローラを提供する。
【解決手段】シャフト1の外周に発泡体層3が担持されてなるトナー供給ローラである。発泡体層3が、0.02〜6.8cc/cm/sec、好適には0.02〜5.5cc/cm/sec、より好適には0.02〜0.1cc/cm/secの範囲内の通気性を有する発泡体を用いて形成されている。 (もっと読む)


【課題】同一被記録媒体上に、均一ベタ画像と高精細細密画像を同時に形成させることのできる電子写真装置を提供する。
【解決手段】ひとつの表現色に対して2つ作像部を有し、先頭の直接転写作像部21の現像機4bに低抵抗現像剤を用いて感光体1a上に形成したトナー画像を被記録媒体7に直接転写し、後続の間接転写作像部22の現像機4bに高抵抗現像剤を用いて感光体1b上に形成されたトナー画像は中間転写体14に一度転写し、次いで直接転写作像部21により得られた被記録媒体7上の画像に重ねて転写し、定着して最終画像を得ることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】トナー容器の側面の設計自由度を高めるとともに、トナー容器の小型化を実現する。
【解決手段】本発明に係るトナー容器18は、トナーを収容する容器本体26と、容器本体26に回転可能に設けられる回転部材38、45と、を有するトナー容器18であって、容器本体26には、容器本体26とは別体に形成された軸受け部材42、48が収納され、軸受け部材42、48によって回転部材38、45の一端部が支持されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】現像装置の現像剤貯蔵室に収容された現像剤の流動性が低下するのを抑制する。
【解決手段】上下方向に、第1収容部42aと第2収容部42bとに区画され、現像剤を収容する現像剤収容部42と、現像剤を第1収容部から第2収容部に供給するために、第1収容部と第2収容部との間に設けられた容器内開口部44と、現像剤を第2収容部から外部の現像装置11に供給するために、第2収容部の底部に設けられた現像剤供給口45と、容器内開口部及び現像剤供給口の双方が同時に連通しないように、容器内開口部及び現像剤供給口のいずれか一方ずつを交互に閉鎖するフィルム部62とを有する。 (もっと読む)


【課題】円周振れが良く、周方向の電気抵抗値ムラが小さい弾性ローラの製造に適した環状塗工ヘッドの提供。
【解決手段】液状材料の供給口を有する環状の分配室と、液状材料を吐出するための環状スリットと、該分配室と該環状スリットとを繋ぐ環状流路と、を具備し、該分配室の内壁の全周に亘って弾性層が設けられている環状塗工ヘッド。前記環状塗工ヘッドを軸芯体と同軸に配置し、該環状塗工ヘッドと該軸芯体とを相対的に移動させつつ、該環状塗工ヘッドの環状スリットから液状ゴムを吐出させて該液状ゴムの層を該軸芯体の周面に塗工する工程と、該液状ゴムの層を硬化させてゴム層を形成する工程と、を有することを特徴とする弾性ローラの製造方法。 (もっと読む)


【課題】コンテナ本体内の容量を確保しつつ、コンテナ本体内に可及的に残存させることなくトナーを排出させる。
【解決手段】コンテナ本体51の第1側壁512の第1直線状内面512A及び第2側壁513の第2直線状内面513Aは、半円形状の内面511Aの各端部から、その接線上に上方に延びている。第1直線状内面512Aと第2直線状内面512Bとの間の間隔は、底壁511から上方に向かうにつれて広くなっている。回転部材54の回転方向上流側の第1直線状内面512Aは、回転軸541の軸心Pの直上に延びる垂線を基準線Vに対して僅かに内側に傾いた、略垂直な内面である。一方、第2直線状内面513Aは、基準線Vに対して比較的大きく傾いた傾斜面である。すなわち、第1角θ1<第2角θ2となるように設定されている。 (もっと読む)


【課題】粉体の残量を検出するセンサ等を用いることなく、メカ部品のみで粉体容器内の粉体残量を適量に保つ。
【解決手段】容器(現像ハウジング17c)内の粉体(残留トナーT1)面上に、粉体よりも軽い材料で構成した昇降部材(ベース部41a)を配置し、昇降部材の上に制御部材(ロッド部41b)を設ける。制御部材によって、粉体面の上下動による昇降部材の昇降移動に対応して、粉体供給口38の開口面積を増減制御する。 (もっと読む)


【課題】単一の層からなる弾性層を有するトナー担持体において、トナーダメージの低減とトナー掻き取り性の向上とを両立させて、耐久時においても高画質の画像を得ることができるトナー担持体を提供する。
【解決手段】シャフト1の外周に単一のポリウレタンフォーム層2を担持してなるトナー担持体10である。ポリウレタンフォーム層2に導電材とバインダとを含む導電性溶液が含浸されてなる。ポリウレタンフォーム層2の、表面から1mmまでの硬度がアスカーF硬度で75〜84度であって、かつ、表面から1mmより内部の硬度がIFD硬度で220〜240Nである。 (もっと読む)


1 - 20 / 439