Array ( [0] => 燃料電池(本体) [1] => 燃料電池の種類 [2] => 両方の活物質が気体であるもの [3] => 水素−酸素燃料電池 ) 燃料電池の種類 | 両方の活物質が気体であるもの | 水素−酸素燃料電池
説明

Fターム[5H026AA02]の内容

燃料電池(本体) (95,789) | 燃料電池の種類 (22,617) | 両方の活物質が気体であるもの (19,946) | 水素−酸素燃料電池 (19,858)

Fターム[5H026AA02]の下位に属するFターム

Fターム[5H026AA02]に分類される特許

141 - 160 / 937


【課題】燃料電池を解体する必要が生じたときに確実に解体することができる。
【解決手段】ヒータ21,22への通電を開始するとヒータ21,22は加熱する。この加熱は、シール部8が軟化温度以上に加熱されて軟化又は溶融するまで続ける。そして、シール部8が軟化又は溶融して一対のセパレータ6,7を接着する接着力が弱まったあと、各除熱器を燃料電池10から取り外す。その後、作業者は工具を利用するか手で掴んで一対のセパレータ6,7を完全に分離し、燃料電池10からMEA2を取り出す。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で、水素の換気性能を向上させることを目的とする。
【解決手段】燃料電池ケース10であって、燃料電池スタックを収納するための収納部100と、前記収納部100に接続されて、前記収納部100の上方に伸びるダクト200であって、前記収納部内のガスを外部に排気するための排気路201と、前記収納部内に外気を取り込むための吸気路202と、前記ダクトの前記収納部との接続端と反対側の端部203に形成され、前記排気路と前記吸気路とを連通する連通孔205と、を備えるダクト200と、前記ダクトの前記収納部100との接続端と反対側の端部203に配置される水素透過膜220と、前記排気路内のガスを前記水素透過膜方向に送風するためのファン210と、を備える。 (もっと読む)



【課題】発電体10とその一側に配置されたセパレータ20が、ガスケット30を介して一体化された燃料電池セル1において、ガスケット30を一体成形することに起因する発電体10及びセパレータ20の強度低下や劣化、及び発電効率の低下を防止する。
【解決手段】電解質膜の両面に電極層を設けた膜−電極複合体11の厚さ方向両側にガス拡散層12,13を積層一体化した発電体10と、この発電体10の一側に配置されるセパレータ20と、発電体10の縁部に沿って配置されると共にセパレータ20に接着剤34を介して接着されるゴム状弾性材料からなるガスケット30とを備え、このガスケット30に、発電体10をセパレータ20に係止する係止部33を形成する。 (もっと読む)


【課題】燃料電池の周囲に絶縁部材を配置する場合における作業性を向上させること。
【解決手段】第1側面と、第1側面に隣接する第2側面とを有する燃料電池に用いられる絶縁部材であって、第1側面を覆うと共に、第2側面の第1領域を覆う第1被覆部を備える第1絶縁シートと、第1切欠部を有し、第1切欠部を境界として第1シート領域と第2シート領域とに区分され、第2側面において、第1領域を除く領域の少なくとも一部である第2領域を覆うための第2絶縁シートと、を備え、第1被覆部が第1切欠部を通過するように配置されると共に、第2シート領域の少なくとも一部が第1被覆部と第1領域との間に配置され、第1シート領域の少なくとも一部が第1被覆部上に配置される。 (もっと読む)


【課題】複雑な構造を有するインシュレータを簡単に実現する。
【解決手段】燃料電池セルを積層して構成される燃料電池スタックの端部を電気的に絶縁するために用いられる燃料電池用インシュレータである。燃料電池スタックの端部に接するように形成される平板部と、燃料電池セルに供給される流体の流通路として、燃料電池スタックの積層方向に貫通するように構成される複数のマニホールドに含まれる複数のマニホールド部と、を備える。平板部および複数のマニホールド部は、それぞれの互いの境界部において、積層方向に重ね合わされた構造で組み合わされている。 (もっと読む)


【課題】燃料電池セル10におけるセパレータ11,12同士の接触による電気的短絡を有効に防止する。
【解決手段】互いに厚さ方向に対向配置されたセパレータ11,12間に電気絶縁材料からなるガスケット13が介在された構造を有する燃料電池セル10において、ガスケット13が、一方のセパレータ11に一体的に接着された台座部131と、この台座部131から隆起形成されたシール突条132と、このシール突条132と並んで台座部131から隆起形成されセパレータ11,12の変形によるセパレータ11,12の周縁部11a,12a同士の接触を防止する短絡防止突起133とを有する。 (もっと読む)


【課題】信頼性の高い部材の濡れ性評価を行う。
【解決手段】供試部材100を液体中に浸漬させることで、供試部材の持つ濡れ性の如何に関わらず供試面に液体Wを接触させる。供試部材100の傾斜角度を0°から3°、6°、9°、12°、15°と増加させた際の、濡れ性が悪い供試部材に付着させた気泡102の画像をBの列に、濡れ性が良い供試部材に付着させた気泡102の画像をGの列に示している。図示の例では、濡れ性が悪い供試部材に付着させた気泡102は、ステージ18aの傾斜角度を15°へと増加させても、気泡102が供試部材100に付着しているのに対し、濡れ性が良い供試部材に付着させた気泡102は、ステージ18aの傾斜角度を12°まで増加させた時点で、図中模擬的に矢印で示されるように、供試部材100の供試面を伝って撮影範囲外へと移動した。 (もっと読む)



【課題】
多孔質体を低圧損で使用するには、高気孔率が必須となり、かつ、極薄のセパレータ流路に適用するには気孔径及び気孔率が一様に製作されている多孔質を一方向に圧縮して方向性が生じてしまい設計概念からずれてくるという課題が生じる。本発明は、多孔質体の利点を活かしつつ、反応ガスや水の流れの制御が容易な燃料電池セパレータを提供することを目的とする。
【解決手段】
金属板または金属多孔質板からなる燃料電池セパレータにおいて、前記金属板あるいは金属多孔質板の上に形成された直径または外形寸法の異なる複数の導電体を有し、前記導電体間が反応ガスの流路として構成され、前記導電体を所定の間隔で配置し、ガスを選択的に流通させる流路と、水を選択的に流通させる流路に分離したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で、セパレータを均一な厚さに精度よく且つ効率よく製造することができる装置と、その製造方法を提供する。
【解決手段】第1プレート1と第2プレート2と流路プレート3の合計の板厚T1を測定する板厚測定手段10と、樹脂フレーム4を変形可能に加熱する加熱手段20と、複数の固定ローラ31と一体に連結された複数の加圧接合ローラ32を有する加圧手段30と、加圧手段30の固定ローラ31と加圧接合ローラ32とのクリアランスCを調整するローラ間調整手段40と、固定ローラ31と加圧接合ローラ32との間のクリアランスCを、板厚測定手段10により測定された板厚T1と、樹脂フレーム4の溶着時から固化するときに収縮する厚さT2とを加えた間隔に調整させるようローラ間調整手段40を制御する制御手段とを備えている。 (もっと読む)



【課題】セルのガス流路におけるガスの圧損を低下させる。
【解決手段】エキスパンドメタル28の、メッシュを構成するストランド部STに形成された刻み幅の狭小部STによって、セル構成部材間に、ガス流路のガス流入端からガス流出端へと向う直線状のガス流路16Sが形成される。しかも、エキスパンドメタル22の、ストランド部STの刻み幅の狭小部STが、エキスパンドメタルに22隣接するセパレータ18と、ストランド部STとが離間する位置に設けられていることにより、エキスパンドメタル22に隣接するセパレータ18の表面に沿って、ガス流路のガス流入端からガス流出端へと向う直線状のガス流路16Sが形成される。よって、直線状のガス流路16Sを、ガス流GFは揺動することなく直線状に流れる。その結果として、セル10のガス流路16におけるガスの圧損を低下させることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】
電解質を保持したマトリックス層を挟んで対向する一対の電極触媒層と、前記電極触媒層にガスを供給し、排出するガス給排通路が形成された一対の電極基材とを備えた燃料電池において、前記電極基材の側面部からのガス洩れ防止に優れるとともに、前記電極基材の側面部をガス不透過性とする作業が簡便であり、量産に適する技術を提供する。
【解決手段】
前記電極基材の側面部に含浸された樹脂を加熱処理により炭化し、前記電極基材の側面部をガス不透過性にする。 (もっと読む)


【課題】セパレータの高速冷却と圧力損失測定を同時に行え、冷却開始から圧力損失測定終了までの時間を著しく短縮できるセパレータの冷却方法を提供する。
【解決手段】一対の金属プレート12,13と、これらの金属プレート12,13相互間に挟み込まれた中間層15とを熱接合により一体化してなる燃料電池のセパレータ11の熱接合後の冷却方法であって、セパレータ11内部に形成された液体又はガスの流路18等の各流路に純水を流して冷却しながら、その流路18等の各流路における圧力損失を測定する。セパレータ11の高速冷却とセパレータ11内の流路18等の各流路の圧力損失を同時に行う。 (もっと読む)





【課題】燃料電池の外部マニホールドを1部材で形成する。
【解決手段】上面開口型をした箱状の外部マニホールド本体10と、この外部マニホールド本体の一壁面を水平方向から貫通して設けられた出入口11と、出入口11と同軸でかつ出入口11の断面形状内に収まる断面形状の流配部13を備える。流配部13は、マニホールド空間内に、筒状の流配板14を形成し、その内部に形成する。筒状の流配板14には、流配板内の流路と外部マニホールド本体内の流配部とを貫通する噴出口15を設ける。外部マニホールド本体10の内面に沿った形状の上部金型22と、外部マニホールド本体10の外面に沿った形状の下部金型21と、上下の金型に対して水平方向から装着及び脱着される棒状のスライドコア23を使用する。スライドコア23により、出入口11と流配部113を形成する。 (もっと読む)


【課題】黒鉛/樹脂複合型燃料電池用セパレータの導電性と機械強度を同時に向上させる成形材料を提供する。
【解決手段】膨張黒鉛と板状黒鉛及び球状黒鉛の混合物からなる非膨張黒鉛を混合した黒鉛複合体にカーボンブラック、炭素繊維、および炭素ナノチューブのうちの少なくとも一つと熱可塑性樹脂及び熱硬化性樹脂樹脂のうちから少なくとも一つ選択された樹脂を含ませた、電気伝導度と曲げ強度を同時に向上させることができる燃料電池セパレータ用成形材料。 (もっと読む)


141 - 160 / 937