説明

Fターム[2E182EF01]の内容

カーテン、垂れ幕等の戸、窓の付帯設備 (3,446) | 開閉手段 (211) | 紐、ベルト等によるもの (187)

Fターム[2E182EF01]の下位に属するFターム

Fターム[2E182EF01]に分類される特許

1 - 20 / 40


【課題】安定して動作するテンション装置を提供すること。
【解決手段】テンション装置は、ケース13と、ケース13の案内収容部21に案内されてスライド移動可能とされるとともに収容保持されたスライダ22と、スライダ22に軸支されて該スライダ22と一体的にスライド移動可能とされ、ステンレスワイヤー3がかけられる可動プーリー24と、スライダ22をスライド移動方向の一方に付勢するコイルばね25とを備える。 (もっと読む)


【課題】被固定部材をフレーム内に安定して固定可能した日射遮蔽装置を提供する。
【解決手段】開口部を備えた形材で形成したフレーム1と、フレーム内で該フレームの長手方向にのみ移動可能に支持された被固定部材と、被固定部材に取着され、該被固定部材をフレームに固定する固定手段とを備えた日射遮蔽装置において、固定手段は、弾性を有する圧接部材24と、被固定部材に形成され、圧接部材を被固定部材の固定位置と固定解除位置との間で回動可能に支持する支持部と、被固定部材に形成され、固定位置で圧接部材24をフレーム1の内側面上部に圧接する圧接力生成手段31を備えた。 (もっと読む)


【課題】ツインタイプの日射遮蔽装置において、上下の遮蔽材を開くために、ボトムレールで中間レールを押し上げた際に生じる上部遮蔽材昇降コードが上部遮蔽材の昇降コード孔7のからはみ出ないようにする紐垂れ防止装置を得る。
【解決手段】
紐垂れ防止装置80は、中間レールの自重で出力盤100に戻しバネ110に抗した回転力が付与されている時には、係止コマ104が紐垂れ防止用の受動側歯車85の係合突起89に係合しないが、下部遮蔽材が上昇しボトムレール6によって中間レール4が上昇すると、戻しバネで係止コマ104が係合突起89に係合し、回転ベース部材90と紐垂れ防止用の受動側歯車85が係合すると、紐垂れ防止用の受動側歯車85の回転力が出力盤100に伝達され、上部昇降コード巻取りドラム70によって上部昇降コード8を巻き上げる (もっと読む)


【課題】熱感知型形状記憶合金からなる付勢材と通常の鋼材からなる付勢材とを用い、両者の温度による付勢力の差異に基づいてすだれの自動巻き上げ動作や自動巻出し動作を実行させること。
【解決手段】熱感知型形状記憶合金製の第1の付勢材91と通常鋼材の第2の付勢材92と、両付勢材91、92の一端部を係止する付勢材係止部95Aと回転軸固定部95Bとを有する回動体95とを有し、付勢材係止部95Aには両付勢材91、92の一端部がそれぞれ係止され、付勢材係止部95Aにおける両付勢材91、92の一端部の係止部どうしを結ぶ直線から所要距離離間した位置に回転軸固定部95Bと筐体93とが回動可能に連結され、両付勢材91、92の他端部が、両付勢材91,92の一端部の係止部分から回転軸固定部95Bと筐体93との連結位置までの距離よりも遠方位置で筐体93に係止されている。 (もっと読む)


【課題】ブレーキ力の増大による重量のあるカーテンの対応だけでなく、一方制動機構を不作用にすることで、カーテンの重量の種類に対応した広範なブレーキ力を得ることができるたくし上げカーテンの制動ユニットを提供する。
【解決手段】たくし上げカーテンの回転シャフト5で回転が付与される従動回転部材13を保持したケーシング12の内部に、前記従動回転部材13の回転を増速する回転増速機構14と、この回転増速機構14によって回転が付与されて増速回転する制動軸23を収納し、前記制動軸23の両端にそれぞれ制動機構15と15を設けた。 (もっと読む)


【課題】ひだ状折り返し部の形態を整えることができてカーテンの引き上げ状態の見栄えを向上させ得る引き上げ式カーテン用の整形アシストテープを提供する。
【解決手段】ひだ状折り返し部2が積み重なる状態で引き上げられる引き上げ式カーテン5を構成するに際して、カーテン基布6の裏側面7に上下方向に延長する如く止着されて、ひだ状折り返し部2の折り返しの形態を整える整形アシストテープである。熱可塑性樹脂製の糸を用いて形成された織物製のテープであり、ひだ状折り返し部2の折り返しに沿って屈曲されるバネ性屈曲テープ部30が設けられている。バネ性屈曲テープ部30は、ひだ状折り返し部2に、その表側31に向けて弾性反発力を付与できるように、熱セットで屈曲形態が保持されている。 (もっと読む)


【課題】スクリーンの上縁に沿って芯地を縫い付けたり、或いは剛性板材を挿入することなく、スクリーンの上縁端部の見栄えを損なうのを防止する。
【解決手段】日射射影装置10は、ヘッドレール13と、ヘッドレール13の両端部又は一方の端部に取付けられる端部材14と、ヘッドレール13及び端部材14の合計長さと略同一の幅を有し上端がヘッドレール13に面ファスナ21を介して取付けられたスクリーン11とを備える。本発明では、面ファスナ21がヘッドレール13及び端部材14に設けられ、スクリーン11の上端が面ファスナ21を介してヘッドレール13及び端部材14に取付けられる。 (もっと読む)


【課題】連結具本体とクリップとの連結・連結解除を簡単に行うことができるとともに、スクリーン昇降時に連結具本体とクリップとの連結が簡単に外れることが無い昇降コード連結具を提供する。
【解決手段】昇降コード連結具は、連結具本体12と、昇降コード16の端部に設けられるとともに、昇降コード16の径よりも大きな径を有するクリップ14とからなり、連結具本体12はクリップ14を収容するための収容部12bと、クリップ14は挿通不能であるが昇降コード16は挿通可能とされたスリット12dと、収容部12b内においてクリップ14の出入り方向に揺動可能な弾性片部と、を備える。クリップ14は弾性片部の弾性力に抗して収容部12b内に挿入可能とされ、クリップ14が完全に収容部12b内に収容されると、弾性片部はクリップ14を押し上げるとともに収容部12b内における下方への移動を規制する。 (もっと読む)


【課題】構造の簡略化、部品点数の低減及び軽量化を図ると共に安全性を向上させることができる昇降可能なカーテンレールを備えたカーテン装置を提供する。
【解決手段】カーテン装置100は、固定設置された昇降機構1と、これにベルト15によって昇降可能に連結されたカーテンレール2からなる。昇降機構1は、ベルト15のそれぞれの一端を固定した状態でベルト15を回転軸12に巻回しており、垂下したベルト15の他端は昇降用コード16の操作に応じて昇降する。カーテン生地20が取り付けられたカーテンレール2は窓枠等には固定されず、建造物に接触しないで昇降可能な様にしてベルト15の他端にカーテンレール2が取り付けられている。昇降用コード16の操作に応じて昇降機構1はベルト15の巻き上げ・巻き出しを行い、これによりカーテンレール2が昇降する。 (もっと読む)


【課題】正逆どちらの回転でもドラム又は軸の回転を停止しかつその停止を解除する。
【解決手段】カムクラッチ装置17は、ドラムに連結された操作具の一方向又は他方向への引下げ操作によりドラムを一方向に回転又は他方向に回転させ、操作具の操作の停止によりドラムの回転を停止する。第1クラッチ41は、停止しているドラムに対する操作具の一方向への連続操作によりドラムを一方向に連続的に回転させかつ停止しているドラムに対する操作具の一方向への僅かな操作によりドラムの停止を解除し、ドラムの他方向への回転を許容する。第2クラッチ42は、停止しているドラムに対する操作具の他方向への連続操作によりドラムを他方向に連続的に回転させかつ停止しているドラムに対する操作具の他方向への僅かな操作によりドラムの停止を解除し、ドラムの一方向への回転を許容する。 (もっと読む)


【課題】ハニカム構造体の筒状部で形成された中空部を通して直射日光を遮る採光と通風を確保し、中空部の正面側からを除く目隠し効果をも得るすだれ状カーテンを提供する。
【解決手段】可撓性あるシート状材料により形成した中空の筒状部13の多数が1〜3層で上下方向に展張・折り畳み自在に連接されたカーテン材10の多数を、上枠2と操作機構4によって昇降可能にした下枠3との間に吊下する。各筒状部13は、それらの軸線が水平方向で該多数のカーテン材10を並列させる面に直交する方向を向くようにし、その軸線方向の長さは、単一の筒状部の折り畳み状態における開口部横幅の0.5〜3倍にする。 (もっと読む)


【課題】 幕を収納する際に、必要に応じて最終収納位置の手前で一旦止めてその位置を保持できるばかりでなく、その必要が無くなれば、止めた幕の保持を解除し、最終収納位置に簡単に移動させて収納できるようにする。
【解決手段】 舞台39の上方から吊下げ支持されたバトン31と、このバトン31に連結されたレール32と、このレール32に沿って移動可能に配置された複数のランナー33と、この複数のランナー33に吊下げられた幕34とから構成されるとともに、上記幕34が上記レール32の最終収納位置に折り畳まれた状態で収納される幕34の収納構造において、上記レール32の上記最終収納位置よりも手前の任意の位置に、作動時に上記ランナー33に設けた係止部材45の移動軌跡上に突出して当接することでこのランナー33の移動を阻止する移動阻止部材36を設けてなる。 (もっと読む)


【課題】見栄えを良好に維持しつつ、各種電装品を取り付けることが可能な窓遮蔽装置を提供する。
【解決手段】窓枠2上縁部又は窓枠2上方の室内壁面に取り付けられた支持部材3と、支持部材3の室外側の背面に取り付けて窓枠2の室内側の面に近接した状態で吊り下げた遮蔽材4と、支持部材3の背面側に配設されて遮蔽材4を昇降させる昇降機構5とを備えた窓遮蔽装置である。支持部材3の背面よりも室内側に電装品15を取り付けるための取付スペース3cを形成すると共に、取付スペース3cに取り付けた電装品15の外部に露出した部分よりも室内側に電装品15の目隠し用の鍔部3dを配設した。 (もっと読む)


【課題】移動端末の通信を防止したい指定区域において、電波遮蔽性能を自動的に得ることができるとともに、携帯電話等の移動端末の通信を確実に防止できる移動端末通信防止構造を提供することを課題とする。
【解決手段】指定区域Sに配置された通信抑止電波発生装置10と、指定区域Sを囲む電波遮蔽構造体20と、指定区域Sの出入口2に設けられ自動開閉する電波遮蔽カーテン30と、を有しており、電波遮蔽構造体20は、指定区域Sの上部に配置される枠構造体24と、この枠構造体24の内側開口部の少なくとも一部を覆うように設けられた電波遮蔽体25とを備え、電波遮蔽体25はアルミニウムまたはアルミニウム合金からなる筒体25aを並列してなる。 (もっと読む)


【課題】 コストをいたずらに大きくせずして、汎用性の向上を期待できる。
【解決手段】 舞台Sの間口に配設されて舞台Sの間口を開閉するカーテンCを舞台Sの上方に配備の保持手段4で保持してなるカーテンの懸吊構造において、一端がカーテンCに連結されて牽引時にカーテンCを折り畳みあるいは引き割る操作用牽引体3の他端が舞台Sの上方に配備されて保持手段4に近隣する懸吊手段4に連結されてなる。 (もっと読む)


【課題】エンドレス型のプルコードに内在する乳幼児に対する危険性を排除する。
【解決手段】建築物の開口部の覆いの昇降機構を制御するための制御ユニットは、駆動アセンブリと制動アセンブリ42とを備えている。駆動アセンブリは、プルコード32の巻取りと巻取ったプルコードの引出しとが可能なスプールと、このスプールをプルコード巻取方向に付勢するバネとを含んでいる。スプールには駆動ギア60が作用的に組合わされており、プルコードを引いてスプールからプルコードを引出すと、駆動ギアが軸心方向に移動して制動アセンブリの被動ギア64と係合する。この状態で、被動ギアは被動軸を回転させ、その被動軸が覆いの昇降用シャフトを回転させて覆いを上昇させ、覆いを展張状態から引込状態にする。 (もっと読む)


【課題】 室内を覗かれるような心配から遮蔽部材で遮蔽することができるが、室内には光を取り込むことができるとともに、既存の窓や戸の開口部に簡単に取り付けたり取り外したりすることができる。
【解決手段】 窓Mや戸Tの開口部を遮蔽部材K1,K2で開閉する遮蔽部材の開閉機構であって、開口部M(T)に第1の吊り下げ用部材St1が架け渡され、この第1の吊り下げ用部材St1に、開閉動作する第2の遮蔽部材K2が昇降自在に吊り下げられ、また、第1の吊り下げ用部材St1に、開口部を開閉する第1の遮蔽部材K1が取り付けられている。 (もっと読む)


【課題】昇降コードの巻き上げを電動モータにより行う電動式カーテン昇降装置であり、複数枚のカーテン材によるカーテン装置に適用した複重カーテン昇降装置を提供すること。
【解決手段】ヘッドボックス内に搭載した電動モータに巻取りドラムを接続し、電動モータの回転駆動によって昇降式カーテンに連結された昇降コード4を、巻取りドラム8に巻取りまたは巻解きしてカーテンを上下方向に開閉するようにした装置であって、昇降式カーテンの幅方向にわたってのび、昇降式カーテンの上端縁部を支持するヘッドボックス2と、ヘッドボックスに対して吊下げ状に取り付けられる少なくとも二枚の昇降式カーテン材3と、ヘッドボックスの長さ方向に間隔を置いて直列に配置され、カーテンの枚数に応じた数の電動モータ6と、各カーテンの上限位置並びに下限位置を検知して各電動モータを個別に制御する上限下限スイッチ手段SMとを含む電動式複重カーテン昇降装置。 (もっと読む)


【課題】上下階をスクリーン部材で開閉可能とし、空気の流通量、遮音や遮光性能を自在に変えられる吹き抜け構造を提供する。
【解決手段】吹き抜け10とリビングルーム11aの空間との境界周縁を構成し、対向している側壁の境界周縁に沿って一対のレール部14,14が設けられ、一対のレール部14,14間に架け渡され、かつ、一対のレール部14,14に沿って移動可能な遮蔽部Sを備え、遮蔽部Sは複数のスクリーン部材15によって構成され、一対のレール部14,14に沿って摺動可能かつ摺動方向に回動可能に設けられ、未使用時には全てのスクリーン部材15がレール部14,14の一端側に重畳状態で収納され、使用時には全てのスクリーン部材15が一対のレール部14,14に沿って等間隔に配置され、等間隔の状態で全てのスクリーン部材15を平行状態に保ちつつ連動させて回動させることにより各スクリーン部材15間の隙間量を可変自在とした。 (もっと読む)


【課題】日射遮蔽材の昇降操作を円滑に行い得るクラッチユニットを備えた日射遮蔽材昇降装置を提供する。
【解決手段】クラッチユニットは、前記操作コードの操作に基づいて回転される回転ドラム81と、前記昇降動作部を駆動する伝達ドラム86と、前記回転ドラム81と伝達ドラム86に形成された第一及び第二の係合手段87、88と、前記第一及び第二の係合手段を係合させて前記回転ドラム81の回転を前記伝達ドラム86に伝達し、また前記第一及び第二の係合手段の係合を解除させて前記回転ドラム81と前記伝達ドラム86との間の伝達を遮断するクラッチ部とを備えている。前記クラッチ部は、前記第一及び第二の係合手段が係合した状態で前記伝達ドラム86が日射遮蔽材を下降させる方向に回転したときには前記回転ドラム81を伝達ドラム86から離間する方向に移動させて前記第一及び第二の係合手段の係合を解除させる。 (もっと読む)


1 - 20 / 40