Array ( [0] => 航行(Navigation) [1] => 他の航行体搭載機器との連携 [2] => 安全/走行支援 [3] => 制御・警報の対象となる車両の構成部分 [4] => 操舵機構 ) 安全/走行支援 | 制御・警報の対象となる車両の構成部分 | 操舵機構
説明

Fターム[2F129GG06]の内容

Fターム[2F129GG06]に分類される特許

81 - 100 / 425




















【課題】細街路について、運転者が手動で逐一設定を行うことなく、個々の細街路ごとに、案内経路として選択されにくい度合いを示す評価を収集する。
【解決手段】細街路Rを走行する車両の挙動を検出する車両挙動検出手段40と、車両の所定の挙動に対応したパターンが記憶された記憶手段10と、車両挙動検出手段40によって検出された車両の挙動と記憶手段10に記憶された所定のパターンとを比較する挙動比較手段30と、挙動比較手段30による比較の結果、車両の挙動が所定のパターンに合致したときは、その細街路Rがナビゲーション用の案内経路として選択されにくい度合いを示す指標値であるコストCを増大させ、比較の結果、車両の挙動が所定のパターンに合致しないときは、コストCを増減させずにそのまま維持させることにより、個々の細街路RごとのコストCを収集する指標値収集手段20と、を備える。 (もっと読む)



81 - 100 / 425