説明

Fターム[4C083CC11]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の種類 (43,651) | 皮膚用 (28,288) | メーキャップ化粧料 (5,599)

Fターム[4C083CC11]の下位に属するFターム

Fターム[4C083CC11]に分類される特許

241 - 260 / 1,118


【課題】 優れた中性脂肪蓄積抑制作用を有する有効成分を見出し、中性脂肪蓄積抑制剤、痩身剤を提供する。
【解決手段】 アサリ、トリガイ、ホタテガイ、タイラギより選ばれる1種又は2種以上の貝類の水溶性溶媒を用いた抽出物を有効成分とする、優れた効果を有する中性脂肪蓄積抑制剤、痩身剤。 (もっと読む)


本発明は、水溶性セルロースエーテル及び日焼け防止剤を含む、パーソナルケア可溶性フィルムを提供する。 (もっと読む)


【課題】副作用が少なく、脂肪細胞の分化を高く抑制し得る技術を提供すること。
【解決手段】アカザ(Chenopodiaceae)科アルトロクネヌム(Arthrocnemum)属植物抽出物を有効成分とする脂肪細胞分化抑制剤を提供する。本発明に係る脂肪細胞分化抑制剤は、前駆脂肪細胞から脂肪細胞への分化を抑制することにより、脂肪細胞の蓄積を抑制し、その結果、抗肥満やメタボリックシンドロームの予防または治療効果を発揮する。本発明によれば、天然植物を用いているため、副作用が比較的少ないにも関わらず、脂肪細胞の分化を高く抑制し、抗肥満やメタボリックシンドロームの予防または治療を実現することが可能である。 (もっと読む)


【化1】


ヒトおよび動物の毛および皮膚をUV線に対して保護するための、(a)式(1)〔式中、R1は、メチル;エチル;プロピル;または、n-ブチルであり;R1がメチルである場合、Rは、tert-ブチル;式(II);式(III);式(1a)で表される基;または、式(1b)で表される基であり;ここで、R2およびR3は、互いから独立して、水素;または、メチルであり;R4は、メチル;エチル;または、n-プロピルであり;R5およびR6は、互いから独立して、水素;または、C1-C3アルキルであり;R1がエチル;プロピル;または、n-ブチルである場合、Rは、イソプロピルである〕で表されるベンジリデンマロネートから選択される第1のUVフィルター;および、(b)以下の、(b1)ビス-エチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン;(b2)ブチルメトキシジベンゾイルメタン;(b3)ジエチルヘキシルブタミドトリアゾン;(b4)エチルヘキシルトリアゾン;(b5)ジエチルアミノヒドロキシベンゾイルヘキシルベンゾエート;(b6)エチルヘキシルメトキシシンナメート;(b7)エチルヘキシルサリチレート;(b8)ホモサレート;(b9)オクトクリレン;(b10)微粉化メチレンビス-ベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール;(b11)フェニルベンゾイミダゾールスルホン酸;(b12)二酸化チタン;(b13)微粉化トリス-ビフェニルトリアジン;(b14)微粉化(2-{4-[2-(4-ジエチルアミノ-2-ヒドロキシ-ベンゾイル)-ベンゾイル]-ピペラジン-1-カルボニル}-フェニル)-(4-ジエチルアミノ-2-ヒドロキシ-フェニル)-メタノン;および、(b15)安息香酸,4,4'-[[3-[1,3,3,3-テトラメチル-1-[トリメチルシリル)オキシ]-1-ジシロキサニル]プロピル]アミノ]-1,3,5-トリアジン-2,4-ジイル]ジイミノ]ビス-, ジブチルエステル;から選択される第2のUVフィルター;を含むUVフィルターの組合せ(ここで、該UVフィルターの組合せが成分(b1)-(b14)のうちの少なくとも2種類のUVフィルターを含む)の使用が開示されている。 (もっと読む)


【課題】 外観的に需用者の目を引くものでありながら、需用者が求める塗布色を簡単に選択できる多色油性固型化粧料を提供すること。
【解決手段】 塗布色を呈する有色の第一の部分組成物と、これに挟まれた状態の見せ色を呈する有色の第二の部分組成物からなる油性固型化粧料であって、第一の部分組成物と第二の部分組成物は、それらの重量比が9:1〜7:3であり、第一の部分組成物を塗布した際の隠蔽度と第二の部分組成物を塗布した際の隠蔽度の差が、15以上であることを特徴とする多色油性固型化粧料。 (もっと読む)


本発明は、皮膚陥凹部のフィルインによる皮膚の平滑化方法であって、1ヘルツの応力頻度について25℃で20000パスカル超の弾性率と、500パスカル超の降伏価と、降伏応力未満の負荷応力について100000Pa.s超の粘度とを有するフィルイン生成物を用いて前記陥凹部を埋めるステップを含み、前記フィルイン生成物が、前記皮膚陥凹部への適用後、蒸発反応又はレーザー重合反応以外の反応に続いて、機械的性質が変化する、方法に関する。 (もっと読む)


【課題】メーク落とし時にたれ落ちがしにくく、また使用時には皮膚上でののびが良くさっぱりとした使用効果を有し、さらに高い洗浄効果を与える化粧料を提供する。
【解決手段】
(A)HLB8〜13のアルキルエチレンオキサイド型界面活性剤と、(B)油性成分10〜40質量%と、(C)水とを含有する組成物であって、該組成物がディスコンティニュアスミセルキュービック液晶相であることを特徴とする化粧料。また、前記化粧料は、成分(A)と成分(C)の質量比が、(A):(C)=20:80〜70:30であることが好適である。また、前記化粧料は、洗浄剤組成物であることが好適である。前記洗浄剤組成物は、皮膚又は毛髪洗浄料であることが好適である。また、前記洗浄剤組成物は、メーククレンジング基剤であることが好適である。 (もっと読む)


本発明は、2つの平行な主要面を有する透明で薄片状の均質に構成された基材と、マグヘマイトを含む被覆とを含む磁性顔料、前記顔料の製造方法、ならびにこれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、真珠層の温度を40℃未満に保つことを特徴とするマイクロメートルオーダーの真珠層粉末のメカノ合成によるメカノ構造化真珠層の調製方法に関する。本発明は、また前記メカノ構造化真珠層およびその使用、特にメカノ構造化真珠層が堆積されるインプラントおよび骨代用材における使用に関する。 (もっと読む)


【課題】 均一な化粧膜を形成し、ツヤおよび鮮やかな二色性を有し、立体感のある化粧効果を付与できる油性化粧料を提供すること。
【解決手段】 (A)常温で液状であり、24℃における屈折率1.47以上である油剤と、(B)板状粒子上に低次酸化チタンの単層を形成させることで外観色と干渉色の色調が異なる二色性を呈する顔料を含有することを特徴とする油性化粧料。 (もっと読む)


【課題】有用なβ−シトステロールを多く含むシトステロール含有抽出物を、簡便に得る方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、植物油精製時のアルカリ処理工程で得られる油滓から、植物ステロール成分を有機溶媒で抽出する工程を包含する、シトステロール含有抽出物の製造方法を提供する。また、本発明の製造方法によって得られたシトステロール含有抽出物は、特に化粧料組成物の成分として好ましく用いられる。 (もっと読む)


【課題】サクラエキス含有組成物におけるサクラエキスの保存安定性を向上させて、その抗酸化力を維持させ、サクラエキス含有組成物の香りの良さも維持できる手段を提供する。
【解決手段】バラエキスを有効成分とするサクラエキス安定化剤。サクラエキスを含有する組成物に対して前記サクラエキス安定化剤を配合するサクラエキス安定化方法。サクラエキスを含有する皮膚外用剤組成物であって、前記サクラエキス安定化剤を更に配合した皮膚外用剤組成物。 (もっと読む)


【課題】向上した肌感触を有するBiOCl又はBN粉末を含有する顔料混合物を提供する。
【解決手段】成分Aがオキシ塩化ビスマス(BiOCl)又は窒化ホウ素(BN)を含み、成分Bが少なくとも1つの金属石鹸で処理された合成フレーク又は少なくとも1つの金属石鹸で処理された鉱物フレークを含む、少なくとも2つの成分を含むことを特徴とする、顔料混合物であり、合成フレークが、マイカ、シリカ、アルミナ、ホウケイ酸塩、アルミノケイ酸塩の群から選択され、鉱物フレークが、マイカ、粘土、タルク、及び/又はカオリンから選択される顔料混合物。 (もっと読む)


【課題】化粧料において、顔がリフトアップして若々しく見せるメイクアップ効果を有する化粧料を提供すること。
【解決手段】薄片状基質表面上に酸化チタンを含有する金属酸化物被覆層が形成されて成るパール顔料の表面を、粒子径200〜400nmの球状有機粉体で全量の2.0〜10.0重量%被覆した複合粉体をメイクアップ化粧料へ含有させ、それを塗布することによって、顔全体を明るくしながら、顔の凸の部分はより輝かせ、顔の周りの部分は相対的に明るさが低く見えて顔が膨張して見えることなく、リフトアップした、若々しい印象を得られる。 (もっと読む)


【課題】基体となっている粉体が持っていた好ましい性格はそのままにとどめ、或いは、更に発展させつつ、新たな機能を付加するような化粧料用粉体の改変技術を提供する。
【解決手段】少なくとも2種の異なる表面処理を為された粉体であって、該異なる表面処理は、それぞれが異なる粉体部位に独立して為されている粉体。また、独立した表面処理を為された部位の数と、粉体の表面処理の種類の数が等しいことが好ましく、少なくとも2種の異なる表面処理として、1)親油性処理又は撥水性処理と、2)親水性処理又は皮膚親和性処理とを構成に含むことが更に好ましい。 (もっと読む)


【課題】固化されて口唇用の棒状製剤となった場合に、十分な透明性を呈することができ、更には、満足できる使用感も提供することができる油性組成物を提供すること。
【解決手段】(A)下記式(1)で表されるN−アシルアミノ酸誘導体と、(B)ポリアミド樹脂と、(C)液状油分とを含有していることを特徴とする油性組成物。


(式(1)において、R1及びR2は、それぞれ独立に炭素原子数1〜26の炭化水素基であり、R3は、炭素原子数7〜18の炭化水素基であり、nは、1又は2である) (もっと読む)


【課題】
食品、化粧品に用いられる花粉及び花粉荷の栄養成分を効率的に有効利用する手段を提供する。
【解決手段】
花粉又は花粉荷を微細に粉砕し、必要に応じて、水又は含水溶媒で抽出して、ポリフェノール類を含む栄養成分に富む花粉又は花粉荷粉砕組成物及びその抽出エキスを得る。 (もっと読む)


【課題】肌にみずみずしいツヤ感および若々しさを与え、使用性にも優れた固形粉末化粧料を提供する。
【解決手段】荷重2ポンドにおけるオルセン針入硬度が60〜95である固形粉末化粧料であって、着色されていても良い繊維状粉体を含有する固形粉末化粧料。前記着色されていても良い繊維状粉体の含有量が化粧料全体の0.1質量%〜30質量%であることが好ましい。また、固形粉末化粧料は着色されていても良い繊維状粉体を含有する粉体成分と油剤からなる化粧料基剤に揮発性油剤を加えてスラリーとなし、該スラリーを容器に充填した後、前記揮発性油剤を除去して調製する粉末固形化粧料が好ましい。 (もっと読む)


【課題】 エタノールを50質量%以下で高配合しても安定であり、皮膚等に塗布した後は優れた耐水性を示す水中油型乳化基剤を提供する。
【解決手段】 (A)0.1〜10質量%のHLB(Si)が5〜10のポリエーテル変性シリコーン、(B)5〜50質量%以下のエタノール、(C)0.01〜3質量%の親水性増粘剤、及び(D)0.1〜15質量%以上のポリオールを含有することを特徴とする水中油型乳化化粧料。特に、紫外線吸収剤を更に含有する日焼け止め化粧料とするのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】自然なツヤ感の演出及び使用性に優れたメークアップ化粧料を提供する。
【解決手段】油脂70〜93質量%と、粉体5〜20質量%とを含有するオイルゲル化粧料に於いて、平均粒径が5〜30μmである鱗片状ガラスを含有することによって、オイルゲル化粧料の硬度が安定に維持され使用性に優れる。更にリップカラーとして使用した場合、この鱗片状ガラスにより自然なツヤ感を演出する効果に優れたメークアップ化粧料を提供することができる。 (もっと読む)


241 - 260 / 1,118