Fターム[4C084AA16]の内容

蛋白脂質酵素含有:その他の医薬 (348,545) | 発明の種類 (49,201) | 化学的に特定されていない活性成分を含有 (16,769)

Fターム[4C084AA16]の下位に属するFターム

Fターム[4C084AA16]に分類される特許

1 - 20 / 173


【課題】ヘリコバクターの増殖を予防または阻害する方法、持続的慢性胃炎、潰瘍、および/または胃癌の予防または治療するための組成物の提供。
【解決手段】グルコシノラート、イソチオシアネート、またはそれらの誘導体もしくは代謝産物を含有する組成物。 (もっと読む)


【課題】安価で工業的に大量生産が可能な、生理活性成分の皮膚中濃度増加剤を提供する。
【解決手段】HLBが9〜12のモノグリセリン脂肪酸エステル、HLBが8〜11のジグリセリン脂肪酸エステル又はHLBが11〜14のポリグリセリン脂肪酸エステルを有効成分とする、生理活性成分の皮膚中濃度増加剤。 (もっと読む)


【課題】脳梗塞を簡便で効率よく検査することのできる方法を提供すること。
【解決手段】被検動物より採取された血液試料中のClusterin蛋白質の蛋白質量を測定する工程を含む、該動物における脳梗塞の診断のための検査方法、および脳梗塞の病型診断のための検査方法。 (もっと読む)


【課題】in vivoで強いTh2免疫賦活化を引き起こすTh2免疫賦活剤や該免疫賦活剤の製造方法を提供すること。
【解決手段】消化管蠕虫性寄生虫の一種であるニッポストロンジラス・ブラジリエンシス(Nippostrongylus brasiliensis)を超音波破砕処理した処理物と、界面活性剤の1つであるTritonX-114含有水溶液とを混合した後、水層と界面活性剤層との層分離処理を行う。かかる界面活性剤層を界面活性剤画分として抽出した界面活性剤画分からエタノール沈殿法によりTritonX-114を除去した脱界面活性剤抽出画分は、単回の経口投与によりTh2免疫賦活化の指標であるIgE量の増加、好酸球数の増加、又はIL−4発現量の増加作用を有する。 (もっと読む)


【課題】ラパマイシンのための最適化されたキャリアシステムを提供すること。
【解決手段】カテーテルバルーンのコーティングのための、少なくとも1つの油または脂肪または脂質またはリポイドまたはワックスまたはアジュバントまたはキャリアマトリックスと組み合わせた、抗増殖剤、免疫抑制剤、抗炎症剤、抗真菌剤、および/または抗血栓剤の活性薬剤の使用。1つの実施態様では、抗増殖剤、免疫抑制剤、抗炎症剤、抗真菌剤、および/または抗血栓剤の活性薬剤がラパマイシンである。 (もっと読む)


本発明は、新規式I


(式中、A、Y、R、R、RおよびRは発明の概要において定義したとおりである)
の化合物群、かかる化合物を含む医薬組成物および異常なまたは脱制御されたキナーゼ活性と関連する疾患または障害、特にB−Rafの異常な活性化が関与する疾患または障害の処置または予防のためにかかる化合物を使用する方法に関する。
(もっと読む)


【課題】種々のヒトがんで発現されるRAAG10に結合するモノクローナル抗体を提供すること。
【解決手段】本発明は、疾病およびがんに関連する抗原、RAAG10の同定およびキャラクタリゼーションを提供する。さらに本発明は、抗原RAAG10を結合するモノクローナル抗体のファミリを提供し、RAAG10を発現する種々のヒトのがんおよび疾病を診断し処置する方法も提供する。別の態様では、本発明は、年4月9日および年4月23日にアメリカン・タイプ・カルチャー・コレクションにて保管された特許管理番号ATCC番号PTA−4217、ATCC番号PTA−4218、ATCC番号PTA−4244、およびATCC番号PTA−4245の宿主細胞株の任意の一つによって産生されるモノクローナル抗体抗RAAG10である。 (もっと読む)


本発明は、一般に、免疫学に基づく診断アッセイの分野に関する。より具体的には、本発明は、細胞性免疫応答を測定するための方法を考慮したものである。本発明はさらに、病態、治療薬及び環境汚染物質の免疫抑制効果の測定を可能にする。また、本発明の分析アッセイは、病理学のアーキテクチャに統合することも可能であり、その結果、診断報告システムを提供し、さらにポイント・オブ・ケア臨床管理(point of care clinical management)を促進する。 (もっと読む)


【課題】ビタミン受容体結合性薬剤送達結合体、およびその調製法の提供。
【解決手段】薬剤送達結合体は、ビタミン受容体結合成分、二価のリンカー(L)、および薬剤から成る。ビタミン受容体結合成分は、ビタミン、または、その、ビタミン受容体結合性類縁体または誘導体であり、薬剤は、その類縁体または誘導体を含む。ビタミン受容体結合成分は、二価リンカーに共有結合され、薬剤またはその類縁体または誘導体は、二価リンカーに共有結合され、二価リンカー(L)は、一つ以上のスペーサーリンカー、放出リンカー、およびヘテロ原子リンカーを含む。この薬剤送達結合体を用いた、病原細胞集団を除去するための方法、および製薬組成物。 (もっと読む)


【課題】細胞増殖が制御されなければない疾患を治療する目的で、適切な体腔へ注入するための薬物を調製する方法の提供。
【解決手段】毒性が低下したTNFファミリーのリガンド及びリガンドのアゴニストの新たな投与方法として、多量体型のTNFファミリーのリガンドを使用するものであり、TNFファミリーのリガンドはFasリガンド、CD40L, TRAILとAPRILの間から選択される。また、多量体型のTNFファミリーのリガンドは6つのモノマーからなる6量体であり、互いに集合し、モノマーの各々は式(I)のポリペプチドからなり、H-L(I)ここで、LはTNFファミリーのリガンドの可溶性細胞外画分からなるC末端のリガンド部分を表し、且つ、HはN末端の6量体部分を表す。 (もっと読む)


【課題】有益な薬剤を被験者に移植することにより全身的または局部的に投与するための方法および組成物の提供。
【解決手段】所望する位置に注入することができ且つ短期間にわたる有益な薬剤の調節された放出を与えうるデポ剤ゲル組成物を包含する。これらの組成物は、低分子量の生腐食性の生体適合性重合体、重合体と共に粘性ゲルを生成し且つ移植片による水吸収を制限する低い水混和性を有する生体適合性溶媒、並びに有益な薬剤を含んでなる注入可能なデポ剤組成物。 (もっと読む)


【課題】atonal関連核酸またはアミノ酸配列の治療用途のための組成物および方法を提供する。
【解決手段】atonal関連核酸またはアミノ酸配列の治療用途のための組成物および方法、atonal関連遺伝子の不活性化に関してヘテロ接合性の動物であって、atonal関連プロモーター配列により推進された発現を検出するために用いられる異種核酸配列の挿入により置換された少なくとも1つのatonal関連核酸配列(当該atonal関連核酸配列の不活性化はatonal関連遺伝子の発現を妨げる)を有する動物。 (もっと読む)


【課題】新規皮膚外用剤の提供。
【解決手段】炭酸脱水酵素阻害剤を含有する紫外線照射による皮膚の炎症を改善及びその発症を抑制するための皮膚外用剤。 (もっと読む)


水溶性ポリマー、特に、ポリシアル酸(PSA)または修飾PSA(mPSA)を、血液凝固タンパク質以外の糖タンパク質、ガングリオシド、またはドラッグデリバリーシステムの酸化した糖質部分と該水溶性ポリマーとを接触させることにより、該酸化した糖質部分に結合体化させる。該水溶性ポリマーがアミノオキシ基を含み、該酸化した糖質部分と該水溶性ポリマー上の該アミノオキシ基との間でオキシム結合が形成されるか、または、該水溶性ポリマーがヒドラジド基を含み、該酸化した糖質部分と該水溶性ポリマー上の該ヒドラジド基との間でヒドラゾン結合が形成される。このようにして得られるアミノオキシ−またはヒドラジド−水溶性ポリマー(例えば、PSAおよびmPSA)の結合体は、該PSAまたはmPSAが糖質部分を介して付着されている。
(もっと読む)


【課題】形状変化が誘発可能な、活性細胞への取り込みが制御可能な粒子の提供。
【解決手段】粒子は生物活性のある分子または診断薬の担体として用いることができ、この粒子は球状の形状では、細胞への取り込みが可能な大きさを持っている。いずれの粒子も一時的な形状である、非球形の形状であって、そしてこれにより取り込みが可能でないかまたは僅かに取り込み可能な形状を取り、この形状は適切な刺激によって球状に移行可能であり、そしてこれにより取り込み可能な形状に移行可能である。 (もっと読む)


【課題】錠剤化が容易であり、かつ薬物放出性に優れたNO−供与非ステロイド系抗炎症化合物含有組成物の提供。
【解決手段】本発明は1または2種以上のNO−供与非ステロイド系抗炎症化合物を、任意に1または2種以上の界面活性剤と混合してなる多孔性粒子、上記多孔性粒子に第二の活性薬物を任意に組み合わせてなる新規な固体薬物送達組成物に関する。さらに本発明は、上記多孔性粒子、固体薬物送達組成物の製造方法、ならびに医薬の製造における上記組成物の使用に関する。NO−供与NSAIDは、油状でもまた熔融状態であってもよい。 (もっと読む)


【課題】新規な神経活性化合物を発見すること。
【解決手段】本発明は、1位に窒素原子、8位にヒドロキシ基若しくはメルカプト基を有する2個の縮合6員環でその少なくとも一つが芳香環という複素環式化合物である神経に対し活性な化合物に関する。具体的には、例えば、8−ヒドロキシ−4(3H)−キナゾリノン、8−ヒドロキシ−キナゾリン、8−ヒドロキシ−キノキサリン、[1,6]ナフチリジン−8−オール、9−ヒドロキシピリミド[1,6−a]ピリミジン−4−オン、8−ヒドロキシ−シンノリン、6−ヒドロキシ−フェナジン、4−ヒドロキシ−アクリジン、4,7(4,10)−フェナントロリン−5−オールなどに関する。また、これらの化合物の調製方法、及び、医薬品若しくは獣医用医薬品としての、とりわけ神経状態、より具体的にはアルツハイマー病などの神経変性状態へのそれらの使用も開示する。 (もっと読む)


本発明は、トリアジン化合物、並びに、プロテインキナーゼを調節するため、及び該プロテインキナーゼが介在する疾患を治療するためのその使用方法に関する。 (もっと読む)


【課題】界面活性剤と治療剤とを有する組成物を、ある患者に投与することにより、その患者のある領域を標的化するための方法の提供。
【解決手段】気体もしくは気体前駆体充填マイクロスフェアを含み、前記気体もしくは気体前駆体充填マイクロスフェアが油、界面活性剤、および治療学的化合物を含む標的化治療剤輸送系。標的化治療剤輸送系を製造する方法も、油および界面活性剤を含む溶液を気体前駆体の存在下、界面活性剤のゲルから液晶への相転移温度以下の温度で処理して気体もしくは気体前駆体充填マイクロスフェアを形成させ、そして前記マイクロスフェアに治療学的化合物を添加して標的化治療剤輸送系をもたらすことを含む態様とされ、前記処理は、調節下での撹拌、調節下での乾燥、およびそれらの組み合わせ物からなる群より選択される。 (もっと読む)


実施形態は、被検者に高用量または負荷用量のTPO調節因子を投与することについての方法を提供する。実施形態は、被検者において血小板減少症および/または好中球減少症を治療することについての方法をさらに提供する。さらに、実施形態は、被検者において血小板生産を増加させるおよび/または末梢血幹細胞数を増加させることについての方法をさらに提供する。 (もっと読む)


1 - 20 / 173