説明

Fターム[4H001XA00]の内容

発光性組成物 (40,484) | 母体構成元素 (22,982)

Fターム[4H001XA00]の下位に属するFターム

 (29)
He
Li (264)
Be (122)
 (341)
 (127)
 (790)
 (2,008)
 (323)
Ne (1)
Na (239)
Mg (979)
Al (1,398)
Si (1,301)
 (438)
 (711)
Cl (359)
Ar (1)
 (224)
Ca (1,225)
Sc (341)
Ti (189)
 (131)
Cr (29)
Mn (75)
Fe (26)
Co (26)
Ni (66)
Cu (107)
Zn (964)
Ga (756)
Ge (311)
As (76)
Se (199)
Br (251)
Kr (2)
Rb (139)
Sr (1,264)
 (890)
Zr (142)
Nb (45)
Mo (56)
Tc
Ru (4)
Rh (3)
Pd (7)
Ag (35)
Cd (267)
In (473)
Sn (135)
Sb (67)
Te (96)
 (219)
Xe
Cs (249)
Ba (1,133)
La (481)
Ce (168)
Pr (106)
Nd (98)
Pm (46)
Sm (123)
Eu (135)
Gd (576)
Tb (172)
Dy (97)
Ho (90)
Er (95)
Tm (93)
Yb (111)
Lu (395)
Hf (92)
Ta (51)
 (88)
Re (4)
Os (3)
Ir (3)
Pt (10)
Au (19)
Hg (43)
Tl (33)
Pb (60)
Bi (47)
Po (1)
At
Rn
Fr (1)
Ra (4)
AC系列元素 (4)
不特定のLa系列元素 (45)

Fターム[4H001XA00]に分類される特許

1 - 20 / 35


【課題】レーザ光を照射したときの発光部の温度上昇を抑えることが可能な照明装置を提供する。
【解決手段】ヘッドランプ1は、レーザ光を出射する半導体レーザ2と、酸窒化物蛍光体を焼結させた蛍光体焼結体を含み、半導体レーザ2から出射されたレーザ光を受けて蛍光を発する発光部5と、を備える。これにより、ヘッドランプ1は、発光部に発生する熱を迅速に外部に放熱させることができるため、高出力・高密度のレーザ光を照射したときの発光部の温度上昇を抑えることができるという効果を奏する。 (もっと読む)


【課題】蛍光体粒子の周囲を覆う樹脂等の媒体についても考慮して、該蛍光体粒子の該媒体における分散性を向上させた波長変換部材を提供する。また、該波長変換部材において、蛍光体粒子の分散性を制御し、半導体発光素子と組み合わせ、色むらが無く発光効率の良好な発光装置を提供する。
【解決手段】蛍光体粒子の表面をコーティング材料粒子で被覆してなりコーティング材料粒子の平均粒子径は、蛍光体粒子の平均粒子径の1/10以下とする複合蛍光体、を備える波長変換部材およびこれを用いた発光装置に関する。 (もっと読む)


本発明は、湿式粉砕により得られる、粒径分布D90が<5μmの無機発光体、この顔料の製造方法、及びその使用に関する。粒子の90%が直径5μm以下、特に3μm以下、極めて特に1μm以下である、湿式粉砕された無機発光体粒子の使用により、一般に考えられるのとは対照的に、改善された蛍光性を得ることができる。
(もっと読む)


【課題】結晶の密度や実効原子番号を小さくすることなく、しかもシンチレータとして用いると光電子増倍管に十分適したものとなるシンチレータ用結晶及びこれを用いた放射線検出器を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表されるシンチレータ用結晶である。Ln(1−y)Ce:M (1)(一般式(1)中、Ln(1−y)Ceは母体材料の化学組成を示し、Lnは希土類元素からなる群より選択される1種以上の元素を示し、Xはハロゲン元素からなる群より選択される1種以上の元素を示し、Mは母体材料中にドープされているドーパントの特定の構成元素を示し、yは下記式(A): 0.0001≦y≦1 (A)で表される条件を満足する数値を示す。) (もっと読む)


【課題】 特性に優れた新規シンチレータ材料の提供。
【解決手段】 シンチレータ材料はある種のハロゲン化ランタニドマトリクス材料に基づく。一実施形態では、マトリクス材料はハロゲン化ランタニドの混合物、すなわち、塩化ランタンと臭化ランタンのような2種以上のハロゲン化物の固溶体を含む。別の実施形態では、マトリクス材料はヨウ化ランタンのみからなるもので、オキシヨウ化ランタンを実質的に含まない。シンチレータ材料は、単結晶の形態でも多結晶の形態でもよく、セリウムのような賦活剤も含む。これらのハロゲン化物シンチレータの阻止能及びシンチレーション効率をさらに向上させるためのビスマスの添加についても開示する。本シンチレータを用いた放射線検出器についても、高エネルギー放射線の検出法と併せて開示する。 (もっと読む)


【課題】 特定のセリウム付活珪酸塩化合物の単結晶、特にLnとしてイオン半径がTbよりも小さいDy、Ho、Er、Tm、Yb、Lu、Y及びScからなる群より選ばれる少なくとも1種の元素を用いた単結晶であっても、蛍光出力のバックグラウンドの増加が十分に抑制され、しかも蛍光出力のばらつきも十分に防止でき蛍光出力特性が十分に向上可能となる単結晶の熱処理方法を提供する。
【解決手段】 特定のセリウム付活珪酸塩化合物の単結晶を酸素の少ない雰囲気中、下記式(3)で表される条件を満足する温度T(単位:℃)で加熱する工程を有する単結晶の熱処理方法。
800≦T<(Tm1−550) (3)
ここで、式(3)中、Tm1(単位:℃)は上記単結晶の融点を示す。 (もっと読む)


【課題】画像ノイズの発生を低減し、高画質な画像を得ることができる放射線画像変換パネルの製造方法及び放射線画像変換パネルを提供すること。
【解決手段】蒸着工程を経て、支持体2と、支持体2上に形成される蛍光体層3とから構成される蛍光体プレートを形成する放射線画像変換パネルの製造方法において、蛍光体層3の表面上に存在する突出部のみを平坦化させる平坦化工程を有する。 (もっと読む)


【課題】 温度特性の良好な提供する。
【解決手段】 下記一般式(1)で表わされるAlNポリタイポイド構造を有する非酸化物系化合物を母体とし、発光中心元素を含有することを特徴とする蛍光体である。
(Al,M)a(N,X)b (1)
(上記一般式(1)中、MはAlを除く一種類以上の金属、XはNを除く一種類以上の非金属であり、aおよびbは正の値である。) (もっと読む)


【課題】結晶性のよいα−サイアロンを合成することにより高強度の発光を得ることを目的とするとともに、発光を短波長にシフト(ブルーシフト)させることにより演色性に優れた白色LEDを提供する。
【解決手段】α−サイアロン設計において、一般式(Lix、,Cay,Euz)(Si12-(m+n)Alm+n)(On16-n)で示されるα−サイアロンであって、0<x<2.0、0<y<2.0、0<z≦0.5(ただし0.3≦x+y+z≦2.0)、0< m≦4.0、0< n≦3.0の範囲に調製することによって解決する。 (もっと読む)


本発明は、従来の希土類付活サイアロン蛍光体より高い発光輝度を有する酸窒化物蛍光体を提供することにある。その解決手段は、酸窒化物蛍光体の材料設計を一般式MA1(Si6−zAl)N10−z(ただし、MはLa、Ce、Pr、Nd、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb、Luから選ばれる1種または2種以上の元素)で示されるJEM相を主成分として生成せしめ、これによって例えば、蛍光スペクトル最大発光波長が420nm以上500nm以下、励起スペクトル最大励起波長が250nm以上400nm以下の高輝度の酸窒化物蛍光体を提供しうるものである。
(もっと読む)


【課題】蒸着装置内にモニタ基板を設置することなく蛍光発光特性の測定を行い、所望の発光特性の蛍光体を成膜することを可能とする蒸着システム及び蒸着方法を提供する。
【解決手段】蒸着システム1に、基板ホルダ7に保持された基板6と、蒸発源10,11と、真空容器5の側面に形成された観察窓と、蒸発源10,11から蒸発して真空容器5の内部に付着した蛍光体に励起光を照射する励起用光源19a〜19cと、発光光を受光して光電変換する受光センサ20a〜20cとを備えた蒸着装置2と、A/D変換装置3と、ネットワークを介してA/D変換装置3から受信したデジタルデータに基づき、真空容器5の内部に付着した蛍光体の発光特性に関する測定値が蒸着装置2の基板6において所定の発光特性を有する蛍光体層を得るための目標値となるように蒸着装置2の各構成部分を制御する制御装置4と、を設ける。 (もっと読む)


【課題】 蛍光体層と支持体との接着性が良好で、かつ感度の向上した放射線像変換パネルおよびその製造方法を提供する。
【解決手段】 支持体およびその上に気相堆積法により形成された下地層と蛍光体層とからなり、該支持体の下地層側表面における水の接触角が50゜より小さく、該蛍光体層が蛍光体母体化合物と付活剤とからなる蛍光体から構成され、そして下地層が該蛍光体母体化合物からなる相対密度が60〜98%の範囲にある層であることを特徴とする放射線像変換パネル。 (もっと読む)


【課題】本発明は、プラズマディスプレイパネル用緑色蛍光体組成物及びこれより製造されたプラズマディスプレイパネルに関する。
【解決手段】本発明による前記緑色蛍光体組成物は、希土類金属酸化物を、Zn2−xMnSiO(0.07≦x≦0.2)、(Zn,A)SiO:Mn(Aはアルカリ土類金属)、(BaSrMg)O・aAl:Mn(1≦a≦23)、(LaMgAl:Tb)(1≦x≦14、8≦y≦47)、ReBO:Tb(ReはSc、Y、La、Ce、及びGdの中から選択される一つ以上の希土類金属)、及びMgAl:Mn(1≦x≦10、1≦y≦30)からなる群から選択される蛍光物質の表面にコーティングした蛍光体、またはこれらの混合物を含む。 (もっと読む)


【課題】 従来のものよりも発光効率が高い赤色発光蛍光体およびそれを用いた高輝度の発光モジュールを提供する。
【解決手段】 下記一般式で表されることを特徴とし、励起ピーク波長が350〜420nmであることが好ましく、385〜405nmであることがさらに好ましい。
(M1-x,Eux)P39
(式中、Mは希土類元素であり、0≦x<1である)
該赤色発光蛍光体は、発光ピーク波長が350〜420nmの半導体発光素子と共に、高輝度の発光モジュールを構成することができる。 (もっと読む)


【課題】 輝度に優れ、振動特性の良好な放射線画像変換パネル製造方法の及び放射線画像変換パネルの提供。
【解決手段】 支持体12上に気相堆積法(気相法)により輝尽性蛍光体層11を形成後、何れか1種の化合物が脂肪族系化合物であるアミン化合物及びイソシアネート化合物を用いて蛍光体層上にポリウレア保護膜15を蒸着により形成する。 (もっと読む)


【課題】 (1)希土類金属蛍光材料の高濃度ドープが可能で、(2)消光の抑制、(3)光学的透明性の確保、および(4)経済性の確保が満たされた希土類金属含有有機無機複合体を用い、電気エネルギーを光エネルギーに変換する発光装置用蛍光体として応用すること。特に、発光効率が高く、発色性、経済性に優れたLEDを発光要素とする発光装置を提供する。
【解決手段】少なくとも1種の希土類金属と、これに酸素を介して他の金属種が配位してなる無機分散相からなる希土類金属蛍光材料を用いる。この希土類金属傾向材料は光学的に透明な有機重合体との複合体を形成して用いられる。希土類金属と、これに酸素を介して他の金属種が配位してなる無機分散相の直径は0.1〜1000nmであることが好ましい。希土類金属の割合は、固形分換算で、有機重合体および希土類金属分散相の総量の90重量%以下であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 高い蛍光出力を有し、減衰時間が短く、かつ、結晶内でのシンチレーション特性の均一化が図られたシンチレータおよびそれを用いた放射線検出器を提供する。
【解決手段】 一般式:Ce2xLn2yLu2(1-x-y)SiO5(式中、Lnは、Luを除くランタノイド元素のうちの少なくともいずれか1種の元素であり、2×10-4≦x≦3×10-2、1×10-4≦y≦1×10-3)で表されるセリウム活性化ランタノイドケイ酸塩の単結晶からなるシンチレータを用いる。 (もっと読む)


【課題】現状のPET(Positron Emission Tomography)装置で主流のシンチレータ材料であるBGO(Bi4Ge312)よりも発光量が大きく、かつ、未だ提案されていない組成のシンチレータ材料を提供する。
【解決手段】一般式:Lu1-xLnxBO3(ただし、Lnは、La、Ce、Pr、Nd、Pm、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Ybから選ばれた1種または2種以上の元素であり、xの値の範囲は、0<x≦0.1である。)で表示されるシンチレータ材料を用いる。 さらに、発光強度を大きくし、発光量を多くするため、前記シンチレータ材料の全質量に対してCeを5質量%未満ドープすることが好ましく、また、前記xの範囲は0<x≦0.05であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】刺激光に対して改良されたスピード及び応答を有する光刺激性又は貯蔵燐光体の製造方法を提供する。
【解決手段】ホスト又はマトリックス化合物及びドーパント又はアクチベ−タ化合物又は要素から構成される燐光体を含む刺激性燐光体層を製造するための方法であって、10−3μm〜10μmの範囲のサイズを有する沈殿物又は含有物がホスト、ドーパント及び沈殿物のためのプリカーサ化合物を含有する一つ以上のるつぼを準備し、気化された潜燐光体クラウドとしてプリカーサ化合物の全ての蒸発を起こす温度までるつぼの温度を増大し、気化された潜燐光体クラウドを層の形で温度制御された支持体上に蒸着し、支持体を冷却し、さらに燐光体層を35℃〜200℃の範囲の温度でアニールする方法。 (もっと読む)


【課題】製造上の均一性に優れ、且つ、高輝度、高鮮鋭性を示す放射線画像変換パネル及び前記放射線画像変換パネルの製造方法の提供。
【解決手段】支持体上に輝尽性蛍光体層を有する放射線画像変換パネルにおいて、少なくとも1層の該輝尽性蛍光体層が気相法(気相堆積法ともいう)により50μm〜20mmの膜厚を有するように形成され、該蛍光体層上に保護膜が蒸着プロセスで形成されており、該蛍光体層上保護膜の屈折率が1.2〜2.0とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 35