説明

Fターム[4H104CA01]の内容

潤滑剤 (53,396) | 高分子炭化水素又はその酸化変性物からなる成分 (964) | モノエン化合物を含む単量体からのもの (849)

Fターム[4H104CA01]の下位に属するFターム

Fターム[4H104CA01]に分類される特許

161 - 180 / 280


【課題】微小電流の接点でも低温域での使用においてチャタリング(電圧降下)を発生させることなく、銅表面、銅合金表面、貴金属表面(銀メッキ表面、金メッキ表面等)の摩耗を有効に低減し得る電気接点用グリース組成物を提供すること。
【解決手段】増ちょう剤、基油、及び添加剤を含む電気接点用グリース組成物において、添加剤としてヘクトライトの第4級アンモニウム塩を含む電気接点用グリース組成物。 (もっと読む)


【課題】微小電流の接点でも低温域での使用においてチャタリング(電圧降下)を発生させることなく、銅表面、銅合金表面、貴金属表面(銀メッキ表面、金メッキ表面等)の摩耗を有効に低減し得る電気接点用グリース組成物を提供すること。
【解決手段】増ちょう剤、基油、及び添加剤を含む電気接点用グリース組成物において、基油として40℃における動粘度が9〜40mm2/sである合成炭化水素油を含み、添加剤として有機亜鉛化合物及びチアジアゾール系化合物からなる群から選ばれる少なくとも1種を含む電気接点用グリース組成物、好ましくは、さらにチタネート系カップリング剤及び/又はアルミニウム系カップリング剤を含む。 (もっと読む)


【課題】潤滑油を保持する固形潤滑剤の前記保持力を向上させると共に、外力による変形によって滲み出す潤滑油量を必要最小限に留めることのできる固形潤滑剤とすることである。
【解決手段】潤滑油を含む潤滑成分および樹脂成分を必須成分とし、前記樹脂成分は発泡して多孔質化された固形物であり、かつ前記潤滑成分を樹脂内部に吸蔵してなる多孔性固形潤滑剤とする。樹脂成分を発泡した状態で樹脂内に潤滑成分を吸蔵させるので、樹脂の柔軟性により、例えば圧縮、膨張、屈曲、ねじりなどの外力による変形により潤滑成分を滲み出させて樹脂の分子間から外部に徐放できる。潤滑油の保持量は単なる気孔内の含浸による保持量よりも多くなる。 (もっと読む)


【課題】スラッジ分散性と冷凍機用圧縮機のアルミニウム及び/又は鉄からなる摺動部における摩耗、焼付け防止との双方を満足し得る冷凍機用組成物、これを用いた圧縮機及び冷凍装置を提供する。
【解決手段】鉱油及び合成油から選ばれる少なくとも1種である基油に、イミド化合物を冷凍機油組成物全量基準で0.01〜5質量%含むことを特徴とする冷凍機油組成物、これを用いた圧縮機及び冷凍装置である。 (もっと読む)


【課題】潤滑剤被膜を形成すべく像担持体の表面に塗布しても、割れ、カケの発生を少なくすることができ、しかも、像担持体の表面に塗布された潤滑剤被膜の帯電ハザードによる膜減り量を低減すると共に、小粒径、球形トナーを用いてもクリーニング性を低下させない潤滑剤成形物を提供する。
【解決手段】断面略L字状の固定部材3a、又は、両端に横断面略V字状の折り曲げ部を有する固定部材3bであって、該潤滑剤成形物3cが、(A)メラミンシアヌレート、並びに、(B)ポリテトラフッ化エチレン、脂肪酸アミド、脂肪酸金属塩及び2硫化モリブデンから選ばれる少なくとも1種の潤滑性化合物からなる潤滑性粉体材料と、(C)熱可塑性樹脂粒子と、の混合物で構成されているものとする。 (もっと読む)


【課題】長期間に亘って、繰り返し、応力が加えられても、ちょう度が上昇して、潤滑基油が離油したり、離油した潤滑基油が漏れたりしない、新規な潤滑剤組成物と、前記潤滑剤組成物を用いた減速機、および電動パワーステアリング装置を提供する。
【解決手段】増ちょう剤として、リチウムステアレートを含む、少なくとも2種の増ちょう剤を併用した、混和ちょう度(25℃)が355以上の潤滑剤組成物と、微小粒子を含む前記潤滑剤組成物を充てんした減速機50と、前記減速機を組み込んだ電動パワーステアリング装置である。 (もっと読む)


【課題】低温流動性に優れ、かつ蒸発性が小さい上、酸化安定性の良好な内燃機関用潤滑油組成物を提供する。
【解決手段】メタロセン触媒を用いて、炭素数2〜20のα−オレフィンをオリゴマー化して得られた炭素数16〜40のα−オレフィンオリゴマー、その水素添加物並びにメタロセン触媒を用いて得られたα−オレフィン二量体から誘導される炭素数16〜40のα−オレフィンオリゴマー及びその水素添加物の中から選ばれる少なくとも1種を含む基油を用いてなる内燃機関用潤滑油組成物である。 (もっと読む)


【課題】等速ジョイントの低温時の回転抵抗変動を低減する等速ジョイント用グリース組成物及び等速ジョイントを提供する。
【解決手段】下記の成分(a)〜(g)を含むことを特徴とする等速ジョイント用グリース組成物及びこれを封入した等速ジョイント。
(a)下記一般式(1)で表されるジウレア系増ちょう剤、
1NH-CO-NH-C64-p-CH2-C64-p-NH-CO-NHR2 (1)
(式中、R1とR2は同一もしくは異なる、炭素数8〜20のアルキル基を表す。)
(b)エステル系合成油、(c)鉱油および/または合成炭化水素油、(d)ジアルキルジチオカルバミン酸モリブデン、(e)二硫化モリブデン、(f)ポリテトラフルオロエチレン、及び(g)ジチオリン酸亜鉛化合物。 (もっと読む)


【課題】大型トラックなどの高荷重用ギアなどに使用される、耐摩耗性及び熱的に安定な潤滑剤組成物を提供する。
【解決手段】潤滑剤組成物は、エステル、粘度指数向上剤、および立体的に込みあった硫黄を含有した、リン含有化合物とその塩のうちの少なくとも一つを含んだ潤滑剤組成物である。エステルとしては、一価アルコール、または多価アルコールと一塩基酸とのエステルであり、粘度指数向上剤としては、高粘度ポリアルファオレフィンが好適であり、硫黄含有リン化合物としては、例えば、ジイソブチルチオリン酸、あるいはネオペンチルグリコールチオリン酸などの3級アルキルアミン塩である。 (もっと読む)


【課題】導電性グリースの改良により、高速用途でも、導電性能を発揮すること。
【解決手段】各試験結果を油膜パラメータΛで整理することで、試験軸受以外の軸受の各条件に適応することが可能となる。本発明に係る導電性グリースを用いることで、特にΛが大きな(実施例では、Λ=22,6まで)領域で、従来の導電性グリース以上に導電性能を向上させることが可能となることが当該グラフより判断できる。Λは、回転数が大きいほど、荷重が小さいほど、温度が低い(潤滑油粘度が高い)ほど、大きくなるものであり、即ち、本発明の用途となる高速回転の分野で効果があるといえる。 (もっと読む)


【課題】有機鉛化合物の添加を必要とせず、低温度における特性や流動点を低下させ、低トルクで、アウトガス特性、グリース飛散特性の優れたピボットアッシー軸受用グリース組成物、及びそれを封入したピボットアッシー用軸受を提供する。
【解決手段】増ちょう剤と基油の全質量に対して、増ちょう剤5〜25質量%と基油95〜75質量%を配合したグリース組成物であり、増ちょう剤として、脂肪族、脂環式、芳香族の置換基、またはこれらの組み合わせになる置換基をもつジウレア化合物を含むウレア2種以上を用い、基油として高粘度ポリα−オレフィンと、低粘度ポリα−オレフィンとを、質量比15〜30:85〜70で混合し、40℃における動粘度が 40〜70mm/sであるポリα−オレフィン混合物を用い、添加剤として非鉛系の添加剤を使用したことを特徴とするピボットアッシー軸受用グリース組成物及びそれを封入したピボットアッシー用軸受。 (もっと読む)


【課題】シール性を向上させる潤滑剤組成物の提供。
【解決手段】少なくとも一つの分散性粘度指数向上剤と少なくとも二つのシールスウエル添加剤を含んだ添加剤組成物を開示する。 (もっと読む)


【課題】 高温での蒸発損失が少なく、かつ低温での潤滑性に優れた潤滑剤組成物を提供することである。
【課題を解決するための手段】 潤滑性基油の少なくとも一部がモノ4級化2,2'−ビイミダゾリウムカチオンもしくはジ4級化2,2'−ビイミダゾリウムカチオンおよびアニオンからなる凝固点の低いイオン性液体(AB)である潤滑剤組成物である。
そして、30℃で半固体状である潤滑剤組成物の場合は、固体潤滑剤および増ちょう剤からなる群から選ばれる少なくとも1種を含有する。 (もっと読む)


【課題】像担持体の表面に形成された潤滑剤被膜の帯電ハザードによる膜減り量を低減すると共に、高画質化が達成できる小粒径、球形トナーを用いてもクリーニング性を低下させない像担持体を提供する。
【解決手段】潜像を担持する感光層1cの表面に潤滑剤被膜1aが形成された像担持体1において、前記潤滑剤被膜1aが、(A)メラミンシアヌレートと、(B)熱可塑性樹脂粒子と、の混合物で構成されているものとする。また、前記潤滑剤被膜1aは、(A)メラミンシアヌレートと、(B)熱可塑性樹脂粒子と、(C)ポリテトラフッ化エチレン、脂肪酸アミド、脂肪酸金属塩及び2硫化モリブデンから選ばれる少なくとも1種の潤滑性粉体材料と、の混合物で構成されたものであってもかまわない。本発明の像担持体1においては、好ましくは、前記感光層1cと前記潤滑剤皮膜1aとの間に、表面に多数の凹凸を有する表面保護層1bが設けられている。 (もっと読む)


【課題】耐樹脂性に優れ、運転時のスティックスリップを防ぐとともに、長期間安定したトルクを示すトルクリミッタ用潤滑油または潤滑グリースおよびそれを用いたトルクリミッタを提供する。
【解決手段】ポリ-α-オレフィン油である基油に添加剤、または増ちょう剤および添加剤を配合してなるトルクリミッタ用潤滑油、またはトルクリミッタ用潤滑グリースであって、上記添加剤は、ジアルキルジチオリン酸金属塩、または、下記の式(1)で表されるグリセリン誘導体である。


(R1は 炭素原子数 5〜20 の炭化水素基を表わす。) (もっと読む)


【課題】潤滑剤組成物中の硫化極圧添加剤の可溶性を向上させる方法、および改良型潤滑剤組成物を得てその用途に供する。
【解決手段】当方法には、有機酸とアミン成分のプレミックスを作るために、有機酸と潤滑剤組成物用の潤滑剤パッケージのアミン成分とを予め混合することが含まれる。当該のプレミックスは、100℃での粘度が約5.5センチストローク未満である硫化極圧添加剤と混合され、潤滑剤パッケージを提供する。前述のプロセスを用いることにより、添加剤パッケージを含んだ潤滑剤組成物の濁度特性は、プレミックスなしで有機酸およびアミン成分と硫化極圧添加剤とを混合することによって作られた潤滑剤組成物の濁度特性よりも低くなる。 (もっと読む)


【課題】ブベアリング運転時にグリース中に水が混入するような過酷な潤滑条件下でも、機械構造用炭素鋼を用いたハブベアリングの耐表面起点型剥離性を向上させるハブベアリング用グリース、および該グリースを用いた長寿命を示すハブベアリングを提供する。
【解決手段】非水系基油と、増ちょう剤とからなるベースグリースに、水を該グリース中に均一に分散させることができる添加剤を配合して得られるハブベアリング用グリースであって、上記添加剤が界面活性剤であり、上記増ちょう剤は、下記式(1)で表されるウレア系化合物であり、かつ上記ベースグリース 100 重量部に対して 1〜40 重量部配合され、ハブベアリング6には該ハブベアリング用グリースを封入する。


(式中、R2 は、炭素原子数 6〜15 の芳香族炭化水素基を、R1 およびR3 は、脂環族炭化水素基および芳香族炭化水素基から選ばれた少なくとも一つの炭化水素基をそれぞれ示す。) (もっと読む)


【課題】 粘度指数が高いため、季節を通じてドアの開閉速度の変化がなく、また耐摩耗性、せん断安定性に優れ、シール材との適合性が良好であるため長期に安定して使用できると共に、ドアの開閉時に異音を発生させることがなく、しかも適切な速度でドアが円滑に閉まるなど実用性に優れた、ドアクローザーに好適な油圧作動油組成物を提供すること。
【解決手段】 150℃以上の引火点を有し、かつ40℃における動粘度が5〜50mm2/sである炭化水素系基油に、粘度指数向上剤及び潤滑性向上剤が配合されてなり、40℃における動粘度が20〜120mm2/sである油圧作動油組成物である。 (もっと読む)


【課題】 この電気接点間のアークによる損傷抑制方法は,電気接点間にグリース又はオイルを塗布して,電気接点間でのアークによる損傷を防止する。
【解決手段】 この電気接点間のアークによる損傷抑制方法は,配線に設けた一対の端子を相対移動によって断接する電気接点に,フッ素系オイルを除く基油の95〜70重量%と,増ちょう剤と添加剤との5〜30重量%とから構成されたグリースを塗布し,電気接点の遮断時に発生するアークによる接点領域の損傷を抑制する。増ちょう剤としては,有機化ベントナイトが好ましく,ベースオイルとしては,エステル油やグリコール油,ポリ−α−オレフィンが好ましく,また,ベースオイルが低粘度であることはアークによるエネルギーが小さく好ましい。 (もっと読む)


【課題】極低温での冷却を行うための改善したシステムを提供する。
【解決手段】多成分冷却剤はポリアルファオレフィンベースのオイルで潤滑されたコンプレッサーで圧縮され、そのオイルは圧縮された冷却剤から除去され、そして、圧縮された冷却剤は冷却受容体への(冷却の)供給準備のために極低温で冷却を生成するために膨張される。 (もっと読む)


161 - 180 / 280